• 関連の記事

「ジェスチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジェスチャー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“オーロラ輝子”の河合美智子、脳出血&リハビリ回復から8年……軽快にトークも「まだ右半身にまひ」「実は言語障害もあって」
かなり回復していてスゴい。(2024/7/10)

「Bling-Bang-Bang-Born」を手だけで踊る!? 約370万再生の“斬新なダンス”にハマる人続出「すごすぎます」
なんて美しいダンス。(2024/7/9)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「POCO F6 Po」の姉妹モデル「POCO F6」もコスパ抜群 Snapdragon 8s Gen 3搭載で約6万円
日本でも発売されたXiaomiの「POCO F6 Pro」は、Snapdragon 8 Gen 2を搭載しながら7万円を切るモデルとして、価格性能比の高さが話題となっています。海外ではその下のモデルとして「POCO F6」も販売されています。Xiaomiはミドルレンジからミドルハイレンジクラスのラインアップを強固なものにしています。(2024/7/7)

映画のワンシーンのような動画を生成できる:
テキストから動画を生成できる動画生成AI「Gen-3 Alpha」を提供開始 Runway
Runwayは同社の動画生成AIの最新モデルとなる「Gen-3 Alpha」の提供を開始した。前世代モデルよりも忠実度、一貫性、動きの表現が大きく改善されているという。(2024/7/6)

娘からの妊娠報告サプライズに気付かなかった父 理解した瞬間の反応に「きっとよいおじいちゃんになるね!」【米】
結局、一番喜んでいた父。(2024/7/6)

スマホ×AIはどう進化すべきか Nothingのカール・ペイCEOと深澤直人氏が語る未来のプロダクトデザイン
英Nothingの新製品発売を記念し来日したCEOカール・ペイ氏と日本を代表するプロダクトデザイナー深澤直人氏が、AIとデザインが融合する未来のスマートフォンについて語り合った。(2024/7/5)

おサイフケータイ対応:
モトローラ入魂の超急速充電ミドルハイスマホ「edge50 pro」「edge50s pro」登場 直販価格は7万9800円
モトローラのスマートフォン「edgeシリーズ」に新モデルが登場する。おサイフケータイや防水/防じんに対応し、直販サイトでは7万9800円(充電器付き)で販売される。ソフトバンクからも、メモリ容量を変更したカスタマイズモデルが登場する。(2024/7/3)

芸能界ケンカ最強男、“ビートたけしの一番弟子”をボコした壮絶過去 怒り心頭で先輩の頭つかみ……「知らないうちにガンってやった」
見るからに強そう。(2024/7/3)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
「Apple Vision Pro」 を手にしたら、周囲の人に体験機会を提供しよう!
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/3)

ネコ型配膳ロボに新モデル トレイにカメラ搭載、料理取った後のボタン操作不要に
ネコ型配膳ロボット「BellaBot」の新モデルは、トレイ上の物体の有無を検出し、料理を受け取った後にボタン操作不要で次のタスクに進める機能などを搭載した。(2024/7/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
約60万円の「Apple Vision Pro」が日本でも発売! 買うかどうか迷っている人に知っておいてほしいこと
ついに「Apple Vision Pro」が日本で発売された。米国で発売日に買った筆者だからこそ、日本で買おうかどうか迷っている人に伝えたいことがある。(2024/6/28)

ジェスチャーで手裏剣を打て! GraffityがApple Vision Pro向け空間シューティングゲーム「Shuriken Survivor」をリリース 買い切りで500円
Graffityが、Apple Vision Pro向け空間シューティングゲーム「Shuriken Survivor」をリリース。忍者のように自分で手裏剣を投げ、城を守る直感的なゲーム体験を提供する。価格は500円だ。【更新】(2024/6/28)

Y!mobile、「AQUOS wish4」「moto g64y 5G」を7月4日に 3万1680円と2万1996円
ソフトバンクは、7月4日からY!mobileで「AQUOS wish4」「moto g64y 5G」を販売開始。moto g64y 5Gは国内のMNO通信事業者の中で独占販売となる。(2024/6/27)

OpenAI、5月に予告したChatGPTの高度な音声モード提供を延期
OpenAIは、「GPT-4o」発表イベントで予告した高度な音声モードの提供開始時期を、当初の6月下旬から延期すると発表した。「リリースの基準に達するまでにあと1カ月必要」としている。(2024/6/26)

xR:
インフォマティクスと北海電気工事がMR検査を実証 2024年問題への取り組みで
インフォマティクスと北海電気工事は、MRを用いた施工検査の実証実験を実施した。2D施工図から検査対象を自動で抽出し、検査項目を割り当て、現実空間に検査ポイントを表示して、報告書作成までも含む省力化につなげた。(2024/6/20)

ソフトウェア開発、新時代の幕開け:
WWDC24で見えたAppleのもくろむ未来 “5+1”の視点で読み解く
WWDC24で発表された数々の新機能やAppleの取り組みについて、林信行氏が解説する。(2024/6/20)

Apple Vision Proで「SteamVR」実現 PCVR化できる無料アプリ「ALVR」、App Storeに登場
非対応のVRヘッドセットであっても、PCとつなげて「SteamVR」に対応させる無料アプリ「ALVR」が、Apple Vision Proに対応した。これにより、PCからApple Vision Proへ、Wi-Fi経由でSteamVRに対応したゲームやアプリのストリーミングプレイが可能になるという。(2024/6/20)

「Apple Vision Pro」でSteamVRが使える「ALVR」がApp Storeで一般公開 誰でも試せるように
Apple Vision ProでSteamVRが使えるようになる「ALVR」が誰でもインストール可能になった。(2024/6/19)

95歳おばあちゃんを手伝う2歳やしゃご、しかしハプニングが…… 大切なことを教えてくれる光景に「泣いてしまった」「幸せな気持ちに」
おばあちゃんに会いたくなった。(2024/6/19)

サンワ、マルチタッチ対応のBluetoothワイヤレスタッチパッド
サンワサプライは、Bluetoothワイヤレス接続に対応したタッチパッド「MA-PB521GM」を発表した。(2024/6/17)

新しい日本語変体仮名フォントやジェスチャー機能の強化:
Android 15「Beta2」版リリース 見られたくないアプリやファイルを隠せる「プライベートスペース」機能など搭載
GoogleはAndroid 15の「Beta2」版をリリースした。プライベートスペースなどの新機能が搭載されたほか、大画面マルチタスクなどが改善されている。本記事では、UIに関するものを中心に紹介する。(2024/6/15)

PR:「OPPO Reno11 A」はどれだけ満足できる? 「Reno9 A」との比較で分かった“大幅な進化”
OPPOから最新スマートフォン「OPPO Reno11 A」が登場した。 OPPO Reno11 Aは前モデル「OPPO Reno9 A」と比べ、画面の見やすさやカメラ画質の向上はもちろん、お手頃なミドルクラスながらも生成AIによる写真編集機能を用意。大幅な進化を果たしつつも、価格は税込み4万円台に抑えている。(2024/6/20)

指先サイズのカメラ「Insta360 GO 3S」が登場 4K撮影やAppleの“探す”に対応
前モデルに比べて50%高速化したCPUによって、撮影できる動画の最大解像度が2.7K/30fpsから4K/30fpsに向上した。(2024/6/13)

VRの普及は遠くない?【前編】
対面×遠隔の「ハイブリッド会議」やWeb会議を“あれ”に使ってはいけない理由
テレワークの普及を機に一般的になったハイブリッド会議やWeb会議は、どのような目的にも適するわけではない。ハイブリッド会議やWeb会議をしてもうまくいかない不向きな目的とは。(2024/6/12)

「iOS 18」登場、対応機種は? Face IDでアプリをロック、ホーム画面はカスタム自在に 新AI機能も
米AppleはiOSの最新版「iOS 18」を発表した。無料のソフトウェアアップデートとして2024年秋に提供開始予定で、対象の機種は18年発売のiPhone Xs以降。独自のAI機能「Apple Intelligence」を搭載する他、Face IDを使ったアプリロックなどが可能になる。(2024/6/11)

Apple Vision Pro向けOS「visionOS 2」が2024年秋に登場 Macの仮想画面機能を強化 一部機能はバージョンアップ後に提供へ
Apple Vision Pro向けOS「visionOS」に初めてのメジャーアップデートが行われる。2024年秋に提供される予定だが、一部機能は2024年後半をめどに提供される。(2024/6/11)

Appleの「Vision Pro」が日本上陸、6月28日に発売 59万9800円
Appleが、XRヘッドセット製品「Apple Vision Pro」を日本で6月28日に発売することを告知した。Vision Proは、Appleが「空間コンピュータ」をうたうデバイス。2023年の開発者向けイベント「WWDC23」で発表され、2024年2月2日に米国にて発売された。(2024/6/11)

1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
お兄ちゃんの気配りがすごい。(2024/6/11)

「Intel AI Summit Japan」にAI PCが勢ぞろい! 少し先のミライを見てきた
Intelが世界中で順次開催しているAI関連セミナー「Intel AI Summit」が、日本にもやってきた。この記事では、日本向けイベントに展示されていたCore Ultraプロセッサ搭載PCを簡単に紹介する。(2024/6/10)

embedded world 2024:
エッジ機器で本格的なAIを実現、Infineonが「PSOC Edge」第1弾の詳細を公開
Infineon Technologiesはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2024」において、IoT機器などでのエンドデバイスで本格的なAI搭載が実現できる最新マイコンファミリー「PSOC Edg E8シリーズ」の詳細を公開した。(2024/6/11)

PR:12コアCPUで仕事もエンタメも快適! 洗練されたボディーも魅力のスタンダードノートPC「mouse F4-I5U01OB-A」を試す
マウスコンピューターのスタンダードノートPC「mouse F4」シリーズは14型の大画面で持ち運べる重さを維持しながら、10万円台前半で購入できるお手頃価格が魅力のモデルだ。ここでは、実売12万円を切る評価機を徹底チェックした。(2024/6/7)

PR:自分だけのPCを育成できる時代に突入!? 「AI PC」で生活やパソコン選びはどう変わる?
最近、世の中にAI(人工知能)が急速に普及している。そんな中、AI処理に特化したNPUを搭載する、いわゆる「AI PC」も増え始めた。そのメリットはどこにあり、どう選べばいいのだろうか。AI PC用のCPU「Core Ultra プロセッサー」を提供するインテルから受けた説明をもとに解説する。(2024/6/5)

1歳娘、ママをまっすぐ見つめ披露してくれたのは…… かわいすぎる表情としぐさに「ずっと見てられる」「永久保存版」の声
たくさん覚えたね。(2024/5/25)

将来はパスワードに代わる存在になると予測:
Microsoft、コンシューマーアカウントにパスキーを導入 「Microsoft 365」などログイン時に使用可能に
Microsoftはコンシューマーアカウントにパスキーを導入したことを発表した。パスキーについて「パスワードの弱点を克服する技術」として紹介し、その概要とMicrosoftアカウントにおける使い方を解説している。(2024/5/22)

PR:14コアCPU×大容量メモリが生産性の向上に直結! 「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は仕事も学習もはかどるパフォーマンス志向のビジネスノートPCだ
ビデオ会議が定着する中で、仕事や学習用途を問わずPCのパフォーマンスは高い方がいい。MSIの「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は、広い画面と高性能なシステムを持ち運びやすいボディーにまとめた注目の1台だ。(2024/5/17)

iPhoneやiPadを「目で操作」可能に Apple、24年後半にアクセシビリティー機能を複数追加
(2024/5/16)

iPhone/iPadでアイトラッキング操作が可能に Appleが新しいアクセシビリティー機能を2024年後半にリリース
2024年後半にリリースされるiPhone/iPadのアクセシビリティー機能には、複数の新機能が追加される。(2024/5/16)

複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
なんという……。(2024/5/15)

「Meta Quest 2/3」にトラベルモードが追加 もう飛行機内でメニューが吹っ飛ばない
VR/MRヘッドセット「Meta Quest 2/3」が飛行中の航空機内でも利用できるようになる。(2024/5/14)

新しい「iPad Pro」と「iPad Air」どちらを選ぶ? 実機を試用して分かった“違い” 一新されたMagic KeyboardやApple Pencil Proも試す
まるでiPhoneのようなラインアップになったiPadだが、2022年以来のフルモデルチェンジとあって注目を集めている。そんな新しいiPad Pro(13型)、iPad Air(11型)を、非常に短い期間ながら試用することができた。2機種の違いも踏まえてレビューをお届けしよう。(2024/5/14)

“同一人物”が3回連続で話しかけてきたら…… 海外の“三つ子ドッキリ”が310万再生「すばらしいイタズラっ子たち」
これはびっくりするな。(2024/5/13)

ペラペラ外国人が「日本語が簡単」と語る“納得の理由”が話題 「内容が深い」「すごく勉強になる」
なるほど〜!(2024/5/13)

10歳娘が粘土で作った“コマ撮りアニメ”の完成度がヤバイ! ほっこりストーリーに20万いいね 「涙出た」「すごすぎ」
技術もさることながらストーリーにも感動した。(2024/5/11)

「まちがっちゃったかも…」 『ちいかわ』最新話、ハチワレの“勘違い”で大ピンチ→迫りくる絶望に「リアル」「冷や汗出てきた」
ここから入れる保険はありますか。(2024/4/22)

Core Ultra搭載の「Let's note FV5」を徹底検証 プレミアムモバイルの実力は?
持ち運びやすいボディーとパワフルなパフォーマンスを両立しつつ、大きめの画面とゆとりのあるキーボード、さらにWeb会議を快適にするインテリジェントな機能が盛り込まれている。(2024/4/19)

耳が聞こえないお客さんと美容師のやりとりが700万再生した理由は…… 本音での会話に「尊敬します」「感動しました」
手話でおしゃべりができるうれしさが伝わってきます。(2024/4/19)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(3):
生成AIを前提に通信網やデバイスが変化していく MWC 2024レポート(前編)
この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。前回のCES 2024最新動向レポートに続き、第3弾では、2024年2月26〜29日にかけてスペインのバルセロナで開催されたMWC Barcelona 2024から、通信業界の生成AIのトレンドを2回にわたり紹介します。(2024/4/11)

野鳥の夫妻がジェスチャーで会話する姿に「コミュ力すごい」「感動」「可愛すぎる…」 日本人学者の世界初の発見が話題
今後の研究にも期待が膨らみます……!(2024/4/4)

Galaxy AIで「ONE PIECE」を体験! Galaxy Harajukuでコラボイベント開催 オリジナルグッズもプレゼント
Galaxy AIの訴求をすべく、サムスン電子ジャパンがTVアニメ「ONE PIECE」とのコラボレーションイベントを開催する。不思議な海域の冒険をテーマに、AI機能を使って麦わらの一味と一緒に冒険するコンテンツを提供する。Galaxy AIを体験できるコンテンツもリニューアルする。(2024/4/3)

年が離れた姉と兄が赤ちゃんに対面した瞬間…… 感涙のリアクションに「とても美しい時間」「素晴らしい子どもたち」【海外】
いいお姉ちゃんとお兄ちゃんになりそう。(2024/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。