• 関連の記事

「ジェスチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジェスチャー」に関する情報が集まったページです。

Xiaomiの新型スマホ/タブレット/スマートウォッチ/を一挙解説 「新カメラ」「AIお絵かき」「着せ替え」に注目
Xiaomiが新製品発表イベントを開催。ライカと共同開発したスマートフォン「Xiaomi 14シリーズ」をメインに、タブレット、スマートウォッチの新モデルも発表した。スマートフォン以外の製品にも搭載する独自OS「Xiaomi HyperOS」についても説明した。(2024/2/26)

ギャップがすごい! 食べ物の好みが変わる“日本に染まった外国人” 3年間の変化に「面白い」「好きすぎる」
日本に馴染んできた2年目のかわいさにも注目です!(2024/2/16)

xR:
Apple Vision Pro用のBoxアプリ提供開始 図面や画像、3Dモデルをシームレスに共有
Boxは、Apple Vision Pro用のBoxアプリをリリースした。Boxに保存されている設計図や画像を開き、異なるプロジェクト関係者と仮想の現場を訪れ、場所を問わずに情報共有が可能になる。(2024/2/19)

体調不良の飼い主にむらがる猫を撮っていたはずが…… 突然のホラー展開に「訳分からんぐらい笑った」「初めて見ましたw」
猫たちのかわいさを超える衝撃!(2024/2/19)

2カ月赤ちゃんとパパ、寝る前の反省会が「かわいくて愛があふれてる」と130万再生 一生懸命なお返事と笑顔に心が浄化されていく
とても楽しそうな反省会!(2024/2/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
試して分かった「Apple Vision Pro」の体験価値、可能性、そして課題
予告通り、筆者は「Apple Vision Pro」を手に入れた。手に入れてすぐ試して思ったことを、つらつらとつづってみようと思う。(2024/2/7)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「3Dデータ公開」のニュースで10年前を思い出す
何だかとても懐かしい気持ちになりました。(2024/2/6)

iPhoneの「空間ビデオ」、Meta Questシリーズで再生可能に
米MetaのXRヘッドセット「Meta Quest」シリーズのアップデートにおいて、iPhoneで撮影した空間ビデオの再生に対応する。該当バージョンは「v62」で、順次提供予定としている。(2024/2/3)

Meta QuestシリーズがiPhoneの「空間ビデオ」再生に対応
空間ビデオを再生できるようになるのは、「Quest 2/3」「Quest Pro」の3機種だ。(2024/2/2)

モビリティサービス:
自動運転技術は低速域でも着実に進化、ホンダが道の駅で実証
本田技術研究所はアグリサイエンスバレー常総において、一般の訪問者を対象にした自動走行技術の実証実験を開始する。(2024/2/2)

Innovative Tech:
スマホの“環境光センサー”から情報を取得するサイバー攻撃 カメラ使わずに画像化できるか検証
米マサチューセッツ工科大学の研究者らは、スマートフォンやタブレットなどの電子機器に搭載している環境光センサーを利用して、ユーザーのタッチ操作や手のジェスチャーを取得する攻撃に関する研究報告を発表した。(2024/2/1)

Mac40周年:
あの時、Appleは何をしていたのか 数々のデジタル革命をApple視点で振り返る(後編)
初代Macintoshがデビューしたのは、今から40年前の1984年1月24日だ。その歴史は山あり谷ありだったが、次の50周年に向けて歩みを振り返ってみた。(2024/1/31)

「Edge」で使ってみないと分からない「Windows Copilot」の進化
Copilotといえば「副操縦士」という意味ですが、生成AI以降、その意味は変わってしまいました。そのCopilotをいう名称を多く使っているのが米Microsoftです。(2024/1/30)

STマイクロ VL53L8CX:
新世代のVCSEL採用、8×8マルチゾーン対応ToF測距センサー
STマイクロエレクトロニクスは、最新世代の8×8マルチゾーン対応ToF測距センサー「VL53L8CX」を発表した。従来品に比べて、測距性能の向上、周辺光耐性の向上、低消費電力化などを図った。(2024/1/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
管理職のダメな話し方、5つのクセ――部下に話が伝わらないと嘆く前に
話し方のプロとして数多くのビジネスパーソンにレクチャーをする中で、「部下に話が伝わらない」という管理職の悩みをよく聞きく。どうすれば“伝わる”話し方を習得できるのか。(2024/1/18)

『ちいかわ』最新話、禁酒状態のくりまんじゅうが“限界”に…… 酒の代わりにコーラをあおる姿に「リアルすぎる」
自販機の柿の種とビールは高いのに買いたくなる時あるよね。(2024/1/15)

Appleが空間コンピューティングデバイス「Vision Pro」を米国で発売 約50万円から
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」が、米国で2月2日に発売される。予約開始は1月19日からで、米国が居ての展開は現時点で不明だ。(2024/1/9)

“過去最大体重”更新の大家志津香、男芸人のズボン入らず「さすがにショック」→10キロ以上減、最新体重も公開
それでも楽しそう。(2023/12/25)

メカ設計 年間ランキング2023:
Excelを使った周波数分析を筆頭に骨太解説が多数! カシオやAppleの話題も人気
2023年に公開したMONOist メカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2023年1月1日〜12月21日)をご紹介します。(2023/12/25)

PR:リモート会議の不満を解決! 「見る場所を自由に選べる」ツールを記者が体験
(2023/12/22)

Marketing Dive:
ドミノ・ピザのブランド責任者が語る、記憶に残るキャンペーンの神髄
Marketing DiveがDomino'sの最高ブランド責任者のケイト・トランブル氏と指定代理店であるWorkInProgressの共同創設者兼最高クリエイティブ責任者のマット・タルボット氏に実施したインタビュー後編。(2023/12/19)

Meta QuestシリーズでWord/Excel/PowerPointが利用可能に 公式アプリが無料で公開
Meta Questの公式ストアで、MicrosoftのOffceアプリが公開された。 Word/Excel/PowerPointの3タイトルを無料で利用できる。(2023/12/17)

LED:
服の色に合わせて光の演出が変わるフォトスポット、ハマスタに登場 パナソニック
パナソニック エレクトリックワークス社の「街演出クラウドYOI-en」が、2023年12月9〜17日にかけて横浜スタジアムで開催されるイルミネーションイベントで採用された。開催期間中の17〜21時に体験できる。(2023/12/13)

「EdgeTech+ 2023」:
汎用マイコンで画像認識を処理、STのエッジAIソリューション
STマイクロエレクトロニクスは「EdgeTech+ 2023」にて、汎用の32ビットマイコンで組み込みAI(人工知能)を実現するためのソリューションを展示した。組み込みAIソリューションは、同社が現在注力している分野だ。(2023/12/8)

PR:売れ筋スマホがMNPで1980円! IIJmioで入手できる“おすすめ4機種”の選び方を解説
年末商戦やクリスマスシーズンに向けて、スマートフォンの買い換えやプレゼントを計画している人も多いのではないだろうか。スマートフォンは今やキャリアやECサイトなどで、回線契約なしの単体で購入することもできる。今回は、IIJmioでお得に入手できる4機種の選び方を解説する。(2023/12/8)

NXP Trimension NCJ29D6:
幼児の置き去り検知など、車載向けシングルチップUWBファミリー
NXPセミコンダクターズは、車載向けシングルチップUWBファミリー「Trimension NCJ29D6」を発表した。セキュアなカーアクセスや侵入警告、幼児の置き去り検出などに対応する。(2023/12/7)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
「HHKB Studio」は最強のコンパクトキーボード ただし物理キーの少なさに慣れるかが鍵になる
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/12/5)

品切れだった「HHKB Studio」販売再開、今後は継続的に入荷へ
リコー傘下のPFUは、在庫切れになっていた小型キーボード新モデル「HHKB Studio」について、販売再開のめどが立ったと発表した。(2023/11/29)

DX 365 Life(12):
Microsoft Igniteの重要発表を網羅 Copilotは働き方をどのように変える?(Microsoftのビジネスアプリケーション最終稿)
Microsoftは年次イベント「Microsoft Ignite」でさままざまなAIに関する発表を行いました。注目サービスを解説します。(2023/11/28)

「Insta360 Ace Pro」は1/1.3インチセンサーにライカの技術を組み合わせたお手軽アクションカム Vlogを意識したフリップ式ディスプレイも魅力
Insta360が“まっとうな”作りのニューモデル「Insta360 Ace Pro」を投入します。(2023/11/21)

腕時計型キッズ向けスマホ「myFirst Fone R2」発売 1.3型有機ELや500万画素カメラを搭載、2万9980円
myFirst Japanは、腕時計型キッズ向けスマートフォン「myFirst Fone R2」を発売。長押しで音声メッセージ送信、ダブルクリックでカメラ起動や音楽再生などニーズに応じて利用できるスマートボタンを搭載する。(2023/11/17)

InfineonはなぜImagimobを買ったか:
MCUサプライヤーがTinyMLプラットフォームと組む理由
Infineon TechnologiesがTinyML新興のImagimobを買収したことは、組み込みシステムにAI/MLの利点をもたらすため、MCUサプライヤーとTinyMLプラットフォームプロバイダーが協力する必要があることを強調している。(2023/11/17)

「Fire HD 10」第13世代モデルが新登場! 新たに対応したスタイラスペンによる手書きの実用性は?
Amazonのお手軽タブレット「Fire HD 10」に第13世代となる新モデルが登場した。新対応となるスタイラスペンは実用に耐えうるのか、実機を使って試してみた。(2023/11/16)

Humane、“ポストスマートフォン”のAIガジェット「Ai Pin」を699ドルで発売へ
米新興企業Humaneは、胸元にバッジのように装着して使うAI活用のためのデバイス「Ai Pin」を発表した。米国で699ドルで発売する。利用するにはネット接続のための月額24ドルのサブスクも必要だ。(2023/11/10)

あの、シンプルすぎる質問でバツ2男性アナを“やさぐれモード”にしてしまう 「1人で死ぬんです」「なんでズバリ聞くの?」
佐野アナ「家に誰も居ないんですよ……」(2023/11/7)

「HHKB Studio」でPFUが狙う新しいユーザー層とは? あとポッチを赤くしてみた
正直、「HHKB Studio」はもっと賛否両論あるのではないかと思っていました。なにしろ、キースイッチの変更があり、これまでにない大きな要素が2つも追加されたからです。(2023/11/6)

アンカー子会社、ペットロボットを発売 ChatGPTモードで会話も
Anker子会社のルーナ・ジャパンは2日、ChatGPTなどの新技術を取り入れたペットロボット「Loona Blue」を発表した。(2023/11/2)

ChatGPT活用のペットロボット「Loona Blue」、Ankerが発売 月額不要で買い切り
「子犬や子猫のような多彩な動きや豊かな感情表現ができる」という小型のペットロボットをAnkerの子会社が発売する。(2023/11/2)

「15インチMacBook Air」を買うべき人は? ベンチマークテストも交えて解説
6月に発売された「15インチMacBook Air」は、15.3型のディスプレイを備えながらも約11.5mmの薄さと約1.51kgの軽さを実現した。その秘密はファンレス設計なのだが、実用的に使えるのだろうか。検証してみたい。(2023/10/30)

「HHKB Studio」の登場でヒートアップ! 思わず落合陽一氏も乱入した「HHKBユーザーミートアップVol.7」を冷静に振り返る
新しいコンパクトキーボード「HHKB Studio」を発表したばかりのPFUが、10月25日に毎年恒例のイベント「HHKBユーザーミートアップ」を開催した。スペシャルゲストを招いての開発秘話や、便利な使い方についての特別講演、新製品のタッチ&トライなどが行われた模様をお届けする。(2023/10/30)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマ発の倒れないバイク「モトロイド」が進化、スクーターへの展開も
ヤマハ発動機は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」のプレスカンファレンスにおいて「MOTOROiD 2」の動作デモンストレーションを行った。(2023/10/27)

Apple Watchで片手操作を実現する、ダブルタップに対応した「watchOS 10.1」を配信
「Apple Watch Series 9/Ultra 2」では、装着している腕の指先を動かすジェスチャー操作「ダブルタップ」が使えるようになる。(2023/10/26)

PFU「HHKB Studio」の誕生背景 企画開発に5年もかかったワケと米国で開発した理由
PFUが10月25日に「Happy Hacking Keyboard」の新モデルとして「HHKB Studio」を発売した。HHKB Studioはキーボード、マウス、ジェスチャーパッドが一体になったのが特徴だ。同日に行われた発表会では、どのような語られたのだろうか。(2023/10/27)

「HHKB Studio」が、静電容量無接点スイッチを採用しなかったワケ 担当者に聞いた
HHKBといえば、エンジニアにとって必要かつ最小限のキー配列と同じぐらい、東プレ製の静電容量無接点スイッチを採用していることが大きな特徴となっている。新作「HHKB Studio」では、スイッチが変更されたことでSNSでは残念がる声も多く見られたが、なぜPFUは静電容量式ではなくリニアタイプのメカニカルスイッチを採用したのだろうか。(2023/10/25)

「Happy Hacking Keyboard」にポインティングスティックとジェスチャーパッド搭載のモデルが登場
「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)シリーズに「HHKB Studio」が登場。(2023/10/25)

HHKBにもう1つの選択肢! メカニカルキースイッチ+スティックのキーボード「HHKB Studio」を試す
PFUの高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズに、満を持してフラッグシップモデルとなる「HHKB Studio」が加わった。その明らかになった全貌を伝えるべく、早速実機をレビューしよう。(2023/10/25)

マウス操作できる「HHKB Studio」新登場 キースイッチは交換可能、ジェスチャーパッドもある
リコー傘下のPFUは、小型キーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)の新モデル「HHKB Studio」を発表した。同シリーズで初めて、ポインティングデバイスやスワップ可能なメカニカルキースイッチ、ジェスチャーパッドを採用している。(2023/10/25)

Innovative Tech:
「前歯を舌でタップ」「舌をかむ」 VRヘッドセットを“舌操作” 米Microsoftが開発
米ジョージア工科大学と米Microsoft Researchに所属する研究者らは、VR/ARヘッドセットなどで、口を閉じたまま舌を使って操作するインタフェースに関する研究報告を発表した。(2023/10/25)

PFUが「HHKB Studio」を発表! ポインティングスティック+ジェスチャー操作も使える“オールインワン”仕様の新モデル
PFUは、同社製コンパクトキーボード「HHKB」シリーズにポインティングスティック搭載の新モデル「HHKB Studio」を追加した。(2023/10/25)

CEATEC 2023:
日本航空電子の透明フィルムヒーター、車載タッチパネル向け技術の応用で実現
日本航空電子工業は、「CEATEC 2023」で、開発中の透明フィルムヒーターと既に販売している車載用タッチパネル用を披露した。(2023/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。