• 関連の記事

「ジェスチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジェスチャー」に関する情報が集まったページです。

LiDAR用SPADから5.4MPのCISまで:
ソニー、イメージセンサーのデモを公開(車載用)
ソニーセミコンダクタソリューションズは2022年6月17日、同社の厚木テクノロジーセンター(神奈川県厚木市)にてメディア向けイベントを開催し、同社が手掛ける各種センサーのデモを報道機関向けに公開した。ここでは、車載に向けたデモを紹介する。(2022/6/21)

NXP Trimension UWB測距+レーダーデバイス:
UWBレーダーと測距機能を1チップに搭載
NXPセミコンダクターズは、UWBレーダーと測距機能を組み合わせたシングルチップソリューションを発表した。同社のUWB IC「Trimension」のポートフォリオに追加している。(2022/6/17)

PR:デヴィ夫人……ならぬ「ラヴィ夫人」が相談に乗ってくれるコールセンターがある!? 実際に電話をかけたらシュールすぎた
人生とPCの悩みについて相談してみました。(Powered by NECパーソナルコンピュータ)(2022/6/17)

指の動きまでアバターに反映 AR用SDK「ToF AR」ソニーセミコンダクタが一般公開
手や指の動きまでスムーズに描写できるAR用SDK「ToF AR」をソニーセミコンダクタソリューションズが一般公開した。(2022/6/16)

ウサギ「あっ」 イタズラを撮影するカメラに気付いたウサギ→ダッシュで逃げて知らんぷりな姿がかわいい
かわいい確信犯。(2022/6/16)

ホロライブ3期生のVTuber・兎田ぺこらが1カ月ぶりに配信活動を再開 「復帰おめでとう」「お帰りなさい」とファン祝福
休止の原因となった声帯結節は無事完治したそうです。よかった……!(2022/6/14)

auの「Mi 10 Lite 5G」がAndroid 12に 3本指でスクショも
KDDIは6月7日、Xiaomi製5Gスマートフォン「Mi 10 Lite 5G XIG01」のOSアップデートを実施した。アップデート後のOSはAndroid 12になり、指定時間帯に着信を通知したり、3本の指で長押しすると指定範囲のスクリーンショットを撮ったり、素早くカメラを起動したりできるようになる。アップデート方法はWi-Fi、5G/4Gの2通りある。(2022/6/13)

製造業IoT:
IoT機器とクラウド間のセキュア接続を可能にするレファレンス実装を発表
STMicroelectronicsとAmazon Web Servicesは、IoT機器とAWSクラウド間を完全かつ安全に接続するため、「Arm TF-M」ベースの新しいレファレンス実装を開発した。IoT機器開発キットとして提供する。(2022/6/9)

測距や角度の信号処理回路を内蔵:
ソシオネクスト、60GHz電波式測距センサーを開発
ソシオネクストは、人の位置や動きを高い精度で検知できる60GHz電波式測距センサー「SC1240シリーズ」を開発した。2022年第2四半期からサンプル品の出荷を始める。(2022/6/7)

スマホを見せられたチンパンジー 「画面をスクロールして」とジェスチャーで訴えるような姿に驚き! 【英】
賢すぎる!(2022/5/31)

モトローラが方針転換「おサイフ対応SIMフリースマホ」投入の背景は?
モトローラは6月3日、割安なフラグシップモデル「motorola edge 30 PRO」と日本市場に特化した「moto g52j 5G」の2モデルを発売する。新モデルの投入の狙いを松原丈太社長が語った(2022/5/30)

「クリスタ」の新機能が“神アプデ”と話題 iPhoneやAndroidスマホを片手入力デバイス化
セルシスが5月26日に配信した、イラスト作成ソフト「CLIP STUDIO PAINT」向けのアップデートが話題だ。主にスマートフォンをサブデバイスとして使うための機能で、Twitter上では「神アップデート」と投稿するユーザーもいるほど。(2022/5/27)

メガネとしても利用できるセミオープンスピーカー「HUAWEI Eyewear」登場 3万2780円
Huaweiがグローバル展開するメガネ型セミオープンスピーカー「HUAWEI Eyewear」が日本でも展開されることになった。レンズ部分は度付きのものに交換することも可能で、実際にメガネとしても利用できることが特徴だ。(2022/5/26)

QualcommがARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」発表 無線接続に対応し、フレームが40%薄く
米Qualcommは5月20日(現地時間)、ARメガネのリファレンスモデル「Wireless AR Smart Viewer」を発表した。新しいプロセッサ「Snapdragon XR2」を搭載し、Wi-Fi 6/6EとBluetoothによる無線接続が可能になり、フレームが40%薄くなった。製造は中国の精密機器メーカーGoertekが行い、ARヘッドセットのコンテンツ開発者向けプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」に対応する。(2022/5/23)

組み込み開発ニュース:
デジタルペンの体験向上で協業、ワイヤレスセンサーモジュールを共同開発
STMicroelectronics、ワコム、CEVAは、デジタルペン向けワイヤレスセンサーモジュール「Active ES Rear IMU Module」を共同開発した。ジェスチャー制御やモーション制御、3Dモーショントラッキングなどが可能だ。(2022/5/6)

Windows 11 Pro搭載で実売6万円切りのお手軽ノートPC「THIRDWAVE VF-AD5」を試す
サードウェーブから発売された「THIRDWAVE VF-AD5」は、税込み5万6980円を実現した低価格な15.6型ノートPCだ。どこにこだわり、何を割り切ったのか、実機をチェックした。(2022/4/25)

平愛梨、三男1歳の誕生日に家族ショット 慣れないフランスの出産で“泣きの授乳”に「気が滅入りそうだった」
看護師さんとも言葉が通じず……。(2022/4/23)

「Xperia PRO-I」がAndroid 12にバージョンアップ
ソニーは3月31日、SIMフリースマートフォン「Xperia PRO-I XQ-BE42」をAndroid 12へアップデートした。オーディオや片手モードの仕様などが変更となった。アップデート後のビルド番号は61.1.F.2.2となる。(2022/4/1)

Innovative Tech:
スピーチに応じた“ろくろ回しポーズ”を自動生成、映像に反映 中国などの研究チームが技術開発
中国科学技術大学とJD AI Researchの研究チームは、発話に応じた上半身の動作を自動で生成するモデルを開発した。単調な動きだけを繰り返すのではなく、韻律(抑揚、音調、強勢、音長など)を考慮した自然な動作を生成する。(2022/4/1)

小寺信良のIT大作戦:
パン・チルト・ズームができるWebカメラでワンオペがはかどる 「OBSBOT Tiny 4K」の意外な使いどころ
高額だが、その値段を出すに値するWebカメラを見つけた。配信のワンオペができるのだ。(2022/3/23)

Zoom、ジェスチャーを反映できるどうぶつアバターでの会議参加が可能に
ZoomはWeb会議に動物のアバターとして参加する「Avaters」機能を追加した。端末のカメラで顔を検出し、表情やしぐさを反映させる。12種類の動物から選択できる。(2022/3/23)

Apple、「iPadOS 15.4」を配布開始 Macとのユニバーサルコントロール機能に対応
macOSのアップデートに合わせて、iPadOSもユニバーサルコントロール機能に対応した。(2022/3/15)

Apple、「macOS Monterey 12.3」を配布開始 MacとiPadをシームレスに操作
ユニバーサルコントロールがベータ機能として追加された。1組のマウスとキーボードでMacとiPadの両方を操作できるようになる。(2022/3/15)

Apple、iPhoneのiOS 15.4を配布開始 マスク着けたままFace IDアンロック可能に
待望のマスク着用時のFace IDアンロックが可能になった。(2022/3/15)

iPhoneとiPadのOSが「15.4」に iPhoneはマスクを着けたままFace IDを利用可能に
Appleは一連のOSをアップデートした。「iOS 15.4」でマスク着用のままFaceIDが利用可能になる。「iPadOS 15.4」「macOS Monterey 12.3」で「ユニバーサルコントロール」を使えるようになる。(2022/3/15)

2022国際ロボット展:
双腕ロボットによる自動化と遠隔操作のハイブリッド、ピッキング現場を効率化
オカムラは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)に出展し、AIを搭載したロボットと遠隔操作技術を組み合わせてピッキング作業の遠隔操作を実現する「PROGRESS ONE」を紹介した。(2022/3/10)

現状から予測する「ソニー×ホンダのEV」 なぜ両社はタッグを組んだのか
ソニーとホンダがEVで手を組んだ。一体どういった車両を世に出してくるのか、両社が提携するに至った背景も含めて紐解いてみる。(2022/3/8)

本田望結、氷上での本田姉妹ショットを投稿 妹・紗来の成長に注目集まる「大人っぽく」「垢抜けた」
動画でいつもの“妹LOVEガチ勢”ぶりも披露。(2022/3/5)

Windowsフロントライン:
2022年後半にやってくるWindows 11の機能あれこれ
最近のWindows Insider Programでユーザーに提供されている新機能から、今後のWindows 11の展開を見ていく。(2022/3/3)

現場レポーターの背後にオカン襲来 「コンニチハー!」と手を振るハプニングにカメラマンも爆笑
その後、スタジオでも共演。(2022/3/1)

メカ設計メルマガ 編集後記:
先行する自動車業界から学ぶ、熟練技術のデジタル化
企業規模に関係なく重要なテーマの1つです。(2022/3/1)

PR:“軽さ、速さ、強さ、使いやすさ”でハイブリッドワークを支える「dynabook RJ74」
Microsoftから新OSの「 Windows 11 」が登場し、話題を集めている。Windows 11時代に合わせて登場した14型モバイルノート「dynabook RJ74」の特徴をDynabookの担当者に聞いた。(2022/2/28)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第2回):
今日から君もラッパーに! カメラで写した猫も楽器もAIでラップ化 「Giorgio Cam」でテンションUPだ
カメラで写したものをAIで認識して、即興でラップ化するWebアプリケーション「Giorgio Cam」で遊んだ。ペンや楽器、本物の猫などで試してみると、AIの得意/不得意が見えてきた。誤認識されてもラップでテンションは上がるので心配なし!(2022/2/22)

PR:やっぱりLTE内蔵PCは便利! モバイルだけど大画面で軽量な「DAIV 4P」を試す
マウスコンピューターの「DAIV 4P」は、クリエイターやクリエイティブな作業を行う機会の多いビジネスマンに最適な14型モバイルノートPCだ。1kgを切る軽量ボディーながら、そのパフォーマンスは非常に高い。その実力を実際に運用して確かめてみよう。(2022/2/21)

Innovative Tech:
空中に書いた指文字を入力できるスマートウォッチ 中国の研究チームが開発
中国の浙江大学の研究チームは、表面を必要とせず、空中で指(人差し指)を動かして文字が書けるスマートウォッチを開発した。(2022/2/16)

Innovative Tech:
ジャケットなど、ゆるい服の全身の動きを追跡 電子楽器「テルミン」をセンサーに利用
ドイツのDFKIとドイツのTU Kaiserslauternによる研究チームは、ゆったりとした衣服で全身の動きを検出するシステムを開発した。テルミン技術と導電性テキスタイルアンテナを使い、男性用ジャケットに組み込まれたプロトタイプでモーションキャプチャーを行う。(2022/2/14)

【新連載】「自動運転未満」なクルマとドライバーの関係:
クルマのUXはキケンな過渡期 最近のクルマはコクピットドリルで説明しきれない問題
自動車という工業製品のUI/UXについて語る新連載です。(2022/2/1)

「“痛いの痛いの飛んでいけ”を考えた人にノーベル育児賞をあげたい」 1歳息子への効果を実感するママの漫画
一瞬で泣き止むすごいおまじない!(2022/1/28)

Innovative Tech:
「同席しているみたい」──ビデオ会議の相手を3Dモデル化 Googleの「Project starline」 その仕組みは?
米Google Researchの研究チームは、対面式テレプレゼンス・システム「Project starline」の技術的仕組みを詳細に書き記した論文を発表した。Project starlineは、互いの上半身を取得し、3Dモデルとして離れた相手側のディスプレイにリアルタイムに表示し続けられる。(2022/1/27)

14型液晶×第12世代Coreで重量1kg切り 14型モバイルノート「dynabook RJ74」が2022年春に登場
(2022/1/26)

やっぱり10万円でどこでも使えるPCが欲しい! 「mouse X4-R5」をWindows 11/10で試す
あるときは会社で、あるときは在宅で、あるときは出先でと、働く場所が日々変わるハイブリッドワーク環境では、パワフルで軽量なモバイルPCが欠かせない。税別10万円を切るマウスコンピューターの「mouse X4-R5」をチェックした。(2022/1/24)

製造業DX:
PR:Lumada×5Gが実現する、製造業のレジリエントなビジネス基盤とは
不確実性の増すVUCAの時代を迎える中、複雑かつ曖昧で予測困難な未来への対応力を実現できるレジリエントなビジネス基盤が求められている。日立製作所は、製造業の間でも注目を集めている「ローカル5G」の環境の構築をワンストップで支援するとともに、デジタルイノベーションを加速するソリューション「Lumada」を5Gで強化するLumada×5Gによって、より高度なレジリエントなビジネス基盤の提供をめざしている。(2022/1/24)

Meta、Quest 2にVRでApple「Magic Keyboard」を使う機能やハンドジェスチャーを追加
米Metaは1月19日(現地時間)、VRヘッドセット「Quest 2」のソフトウェアアップデートv37の提供を始めた。段階的に提供を始めているため、入手に時間がかかることもある。(2022/1/21)

VR:
プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システムを開発、清水建設
清水建設は、プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システム「VR-Commons」を開発した。VR-Commonsは、室内の壁と床面に疑似立体投影した映像コンテンツを利用し、グループ学習や体験型学習の場を創出するVRシステム。利用者は、ゴーグル型ディスプレイなどのデバイスを装着せずに仮想現実の学習空間を体感でき、関連資料や教材を投影面に重ね合わせて表示することにも対応している。また、複数のVR-Commons拠点をつないで映像コンテンツを共有するため、遠隔地にいる学習者とも同一空間にいるかのような感覚で学び合える。(2022/1/19)

小寺信良のIT大作戦:
スマートスピーカーから考える、「本当に賢い」とは何か
スマートスピーカーを使わなくなってしまう原因について考えてみた。(2022/1/13)

Innovative Tech:
手書きのイラストと一緒に踊れるシステム、愛工大が開発 人の動きにイラストが反応
愛知工業大学の水野慎士研究室の研究チームは、オンラインユーザーが手描きスケッチした2次元キャラクターを遠方の現実空間に3次元CGキャラクターとしてプロジェクターで表示し、現地の人とインタラクションできるシステムを開発した。(2022/1/12)

VRニュース:
キヤノンが映像技術でメタバース環境を支援、VR基盤ソフトなどを開発
キヤノンは2022年1月4日(現地時間)、米国ラスベガスでハイブリッド型展示会として開催される「CES 2022」(2022年1月5〜7日)に先立ち、プレスカンファレンスを開催。デジタルカメラや監視カメラなどで培った映像技術を活用し、Web会議などの映像コミュニケーションの価値を高めるさまざまな技術を紹介した。(2022/1/6)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
コロナ禍のホテルで激増した「テレワークプラン」 “大きな声では言えない”ニーズがあった!
インバウンド活況から一転、需要が激減したホテル業界。その中で筆者は「ホテルのボーダーレス化」が顕著になったと指摘する。その中で目立った「デイユース利用」だが、ビジネスパーソン以外に目立った需要があった。それは……(2022/1/3)

AI・機械学習の業界動向:
2022年の「AI/機械学習」はこうなる! 8大予測
2021年は、Transformerを中心に技術が発展し、日本語モデルの利用環境も整ってきた。また、ローコード/ノーコードをうたうAIサービスも登場した。2022年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、8個の予測を行う。(2021/12/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Adrian Zulnedi編(前):
あの子が「できる」といったから、僕は“モノづくり”に目覚めた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はプラゴのAdrian Zulnedi(アドリアン・ズルネディ)氏にお話を伺う。インドネシアで30人もの親戚に囲まれて育ったズルネディ氏。同氏が小学校のときに経験した「一生モノの出会い」とは。(2021/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。