• 関連の記事

「VR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VR」に関する情報が集まったページです。

従来に比べ30%も省スペース化:
モレックス、基板対基板用Quad-Rowコネクター発売
モレックスは、0.175mmピッチの千鳥型回路レイアウトを採用した「基板対基板用Quad-Rowコネクター」の販売を始めた。これまでより30%の省スペースを実現できるという。(2022/6/27)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
「かっこいい未来都市」ではない 正念場を迎える日本型スマートシティー
「スマートシティー」には先端技術が詰め込まれた未来都市というイメージもあるが、日本で主流になるスマートシティーはこうした未来都市とは別のタイプだと筆者は予想する。先進国だけでなく新興国でも進むスマートシティーとの比較から浮かび上がる、「日本型スマートシティー」の課題とは。(2022/6/24)

次世代Wi-Fi製品がついに登場
QualcommがWi-Fi 7製品発表 Wi-Fiの世代交代は加速するか?
Wi-Fi 7製品がついに発表された。これとは無関係にWi-Fi 6/6Eが普及するのか、一気にWi-Fi 7時代になるのか。いずれにせよ世代交代は加速するだろう。(2022/6/24)

組み込み開発ニュース:
JDIは「技術立社」へ、ディスプレイ業界のArm目指し世界初と世界一を連打
ジャパンディスプレイ(JDI)が成長戦略「METAGROWTH 2026」に向け開発を進めている新技術について説明。次世代OLED技術「eLEAP」やバックプレーン技術「HMO」、透明ディスプレイ「Raeclear」など「世界初、世界一」となる独自技術の開発を推し進めるとともに、オープンなライセンス展開も行うことで「ディスプレイ業界のArmを目指す」という。(2022/6/23)

3.11で学んだ建設業が選択すべきデータ共有基盤:
PR:北海道の建設コンサルが白羽の矢 クラウドに代わる“扱いやすさ”“価格”“性能”がそろったストレージシステム
北海道の石狩湾を北に見て、海岸線からほんの数百メートルの地に本社を構える建設コンサルタントのHRS。同社は建設業界のなかでもIT化に先進的に取り組む企業として知る人ぞ知る存在だ。ただし、約10年をかけてIT活用を進める途上、同社はストレージにまつわる課題に直面。今後の事業に支障を来たしかねない状況に陥ったという。その打開に向け採用したのが、SeagateのRAIDストレージシステム「Exos X 2U12」と、拡張エンクロージャ「Exos E 2U12」。同社が両製品に着目した理由とは?問題はどう解消されたのだろうか?(2022/6/23)

“アバター展示即売会”8万人が来場 販売数、昨年の2.8倍に cluster
Clusterのアバター展示即売会にのべ8万3627人が参加し、7762のアバターが売れた。昨年8月に行った前回の約2.8倍に伸びた。(2022/6/22)

M2搭載の初号機、MacBook Pro 13インチは買いなのか?【先行レビュー】
M2世代になったApple Silicon、初の実機レビューは、13インチMacBook Pro。村上タクタ氏がその存在意義に切り込む。(2022/6/22)

PR:夏の買い換え/買い増しに最適な1台を探す 用途別おすすめモデルはこれだ!
行動制限が解除され、改めて仕事や学業などの動きが変わりそうだ。一方で極端な円安が進行するなど不安な要素も多い。そのような中で、改めて普段利用しているPCや周辺機器を買い直したり、新たに追加したりすることで、日々のライフスタイルを見直したいと考えている人に大きなきっかけとなるのがボーナスシーズンだ。今買うならどのようなモデルがお勧めなのかを、ポイントを絞ってまとめた。(2022/6/22)

未来のVRヘッドセットは「Mirror Lake」? Metaが開発中のデザインを公開
Meta(旧Facebook)が、同社の研究開発部門に関する情報公開イベント「Inside the Lab」を開催し、「VRディスプレイ研究」をテーマに開発中のデバイスなどを一挙に公開した。(2022/6/21)

「1000万円あげるから短編映画作らない?」 講談社がクリエイター支援企画 CGやVRもOK
「1000万円さしあげますから、ショートフィルムを作りませんか?」。国際映画祭での受賞を目指す映像の企画書を募集する「シネマクリエイターズラボ」を講談社が発表。講談社の編集者が完成まで伴走する。(2022/6/21)

本田雅一の時事想々:
アップルはどこへ向かう? 成熟した市場の中で、“王者の道”を探る
近年のアップルについて「世の中を刷新しようとしていない」「つまらなくなった」などの論調で嘆く声を耳にする。成熟した市場の中で、アップルは今後の成長軸をどこに見据えているのだろうか?(2022/6/21)

Meta、アバター向けアパレルショップ開店 「メタバースで自分を表現する方法」とザッカーバーグCEO
Metaは、Facebook、Instagram、Messengerで共通で使えるユーザーアバターに着せる服のデジタルアパレルショップを開店する。まずはプラダ、バレンシアーガ、トム ブラウンがアイテムを提供。メタバースでも着られるようになる見込みだ。(2022/6/18)

15キロの高性能爆薬にも耐える!? トヨタ「ランドクルーザー」VIP向け防弾仕様車の安全テストが激ヤバ
さすがの耐久性。(2022/6/17)

クリエイターの仕事場:
見た目はミニマル、中身はマキシマム――登録者数16万人のガジェットYouTuber「トバログ」さんのデスク
クリエイターの作業環境から、人となりが見えてくる。新連載「クリエイータズデスク」では、クリエイターの机に焦点を当て、こだわりを訪ねていく。初回は「トバログ」管理人の鳥羽恒彰さん。(2022/6/17)

“メタバースで撮ったVR写真”に県知事賞 「新文化の発展に寄与」
「VR写真大賞2022」で、最優秀賞を受賞した作品を撮ったユーザー「kiiik」さんに、三重県知事賞が授与された。(2022/6/17)

アニメ中心のNFTマケプレ「animap」博報堂系が公開 まずタツノコプロの作品から
Ethereumを活用したNFTマーケットプレイス「animap」を博報堂系の企業が公開。第1弾として、タツノコプロの作品NFT 500点を各3000円で発売した。(2022/6/17)

Facebook、政治家と若者がVR空間で議論するイベント 議員は「没入感がある」「実証実験に使える」など
Facebook JapanがVR空間で若者と政治家がディスカッションするイベント「メタバースで政治・選挙はどのように変わるか」を開催した。参加した衆議院議員は「没入感がある」「政策の実証実験に使える」「法案提出を急ぎたい」などと話したという。(2022/6/17)

VRニュース:
高精度なフィンガートラッキング用グローブ型デバイス、2022年後半発売予定
アスクは、Manus VRが開発したフィンガートラッキング用のグローブ型デバイス「Quantum Metagloves」を発表した。用途に応じて3つのセンサーの装着方式から選べ、サブミリメートルの高精度なトラッキングができる。(2022/6/17)

英国政府肝いりの「5G活用」の行方【前編】
「2G、3G終了のお知らせ」を英国政府が出した“本当の狙い”とは?
英国政府は「2G」「3G」といった古いモバイルネットワークから「5G」への刷新に力を入れている。自動運転やスマート農業といった新技術への応用につなげる目的もあるものの、無視できないもう一つの狙いがある。(2022/6/17)

「ハイブリッドワーク」時代にあるべきオフィスの姿とは? 日本マイクロソフトがリニューアルした品川オフィスをオンラインで公開
日本マイクロソフトがオンラインイベント「ハイブリッドワーク2022」を開催した。このイベントの中で、リニューアルが完了した同社の品川オフィス(本社)の様子が初めて公開されたので紹介する。(2022/6/16)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
4年間で15%→36%に カプコンの営業利益率はなぜ急上昇したのか
今回取り上げるのはカプコンです。モンスターハンターやバイオハザードなどの人気ゲームを提供している企業で、家庭用ゲーム機向けのゲームソフトをメインに提供しています。営業利益の推移を見ると、20年3月期は大きく伸びていて右肩上がりで成長を続けています。どうして利益率が伸びていたのでしょうか?(2022/6/16)

点群:
「中銀カプセルタワービル」を丸ごと3Dデータ化、デジタルアーカイブで後世へ残す
メタボリズムの名建築として知られる東京・銀座の「中銀カプセルタワービル」が老朽化で取り壊されることに伴い、3次元データで保存を試みるプロジェクトが進行中だ。(2022/6/15)

VR:
ショベルカー操作シミュレーションアプリが10万ダウンロード
トライアローのショベルカー操作シミュレーションアプリ「重機でGo」が、10万ダウンロードに到達した。操作訓練や安全教育に加えて、一般向けの建設現場での見学会やイベントに活用されている。(2022/6/14)

CADニュース:
日本HP、プロクリエイター向けモバイルワークステーション新製品5機種を発表
日本HPは、プロクリエイター向けモバイルワークステーション「HP ZBook G9シリーズ」の新製品5機種と、データサイエンティスト向けソリューションを発表した。(2022/6/14)

製造ITニュース:
ローコード開発で16年の実績を持つMendixが語る、DXがうまくいかない3つの理由
ローコードアプリケーション開発プラットフォームを展開するオランダのMendixは2022年6月9日、記者説明会を開催し、ローコード開発の現状と日本でのビジネス展開をについて紹介した。(2022/6/14)

“猫に顔面を蹴られて喜ぶ娘”に「面白すぎる(笑)」「飼い主の鏡」 踏み台役をまっとうする姿が127万回再生突破!
めっちゃ蹴られてる……。(2022/6/14)

Metaのメタバース「Horizon Home」が間もなくリリース Questのアップデートで利用可能に
Meta(旧Facebook)が開発を進めているメタバース「Horizon(ホライゾン)」に、個人のコミュニケーションを重視した「Horizon Home」が加わることになった。Meta Oculus QuestのソフトウェアをV41にアップデートすることで利用できるようになるという。(2022/6/13)

HTCがメタバースな製品を6月28日に発表か スマホのような画像をTwitterに投稿
HTCは公式ツイッターアカウントに6月28日に何らかの発表を行うと予告している。投稿には「Log in to the Future」という文言とともに日付「2022.06.28」が記載されている。予告画像にはスマホのようなシルエットが含まれている。(2022/6/13)

Innovative Tech:
iPhoneの自撮りで本物そっくりな動く3Dリアルアバター 米Metaが技術開発
米MetaのReality Labsの研究チームは、スマートフォンで自撮りした短時間のスキャン画像から、本物そっくりの3D頭部アバターを生成するシステムを開発した。異なる視点やフォトリアリスティックな表情を表現し、高い忠実度で再現する。(2022/6/13)

8歳の少年がジェットコースターに初乗車 アップダウンとともにコロコロ変わる表情がかわいい【英】
どきどきワクワクが伝わってくる!(2022/6/13)

Meta、メタバース「Horizon Home」提供開始 Quest v41アップデートで
MetaのザッカーバーグCEOは、Quest 2のv41アップデートで「Horizon Home」を提供すると発表した。ユーザー同士が自分のホームに友達を招待し合い、一緒に動画を鑑賞したりできる。(2022/6/11)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第10回):
「ガァッ」と鳴く“ARアヒル”が床を跳ね回る!? 不思議なWeb版ARアプリ 遊んで仕組みを考えた
画面上にアヒルやホットドッグを表示するAR機能があるWebアプリ「Bouncing Band」で遊んだ。ARの表現に疑問を抱き、その仕組みと技術を考えてみた。(2022/6/11)

Pico、PC接続/単体動作に両対応したVR HMD「Pico Neo3 Link」
アスクは、Pico Technology Japan製となるVR HMD「Pico Neo3 Link」の取り扱いを発表した。(2022/6/10)

家にパチンコ台あるぞ!? 仲里依紗、“秘密の別宅”ルームツアーに夫・中尾明慶も驚き
キツネさんも絶句。(2022/6/9)

Meta、Facebook Gamingで“簡単にメタバース環境を構築できる”「Crayta」を無料公開
Metaはクラウドゲームサービス「Facebook Gaming」でゲーム作成ゲームの「Crayta」を無料公開した。CraytaはRobloxやFortniteに似たゲーム世界を構築できるプラットフォーム。ザッカーバーグCEOは「2D環境でメタバース体験を構築できる」と語った。(2022/6/9)

「Snapdragon Insiders」が日本で今秋開始、Snapdragonのファンプログラム
Qualcommは、Snapdragonのファンプログラム「Snapdragon Insiders」を2022年秋に日本で開始すると明らかにした。(2022/6/8)

Manus VR、高精度なフィンガートラッキングを実現できるグローブ型VRデバイス「Quantum Metagloves」
アスクは、Manus VR製となるグローブ型VRデバイス「Quantum Metagloves」の取り扱いを発表した。(2022/6/7)

インフラDX:
インフラ分野のDXを実現するアクションプランを策定、国土交通省
国土交通省は、インフラ分野のデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを横断的に推進するために、個別施策の目指す姿と工程などをまとめた「インフラ分野のDXアクションプラン」を策定した。インフラ分野のDXアクションプランでは、インフラでDXを実現するために、国土交通省が所管する各分野の施策を洗い出し、インフラ分野のDXを達成する取り組みと実現する「具体的な工程(2025年度まで)」や「利用者目線で使える事項」をまとめた。(2022/6/7)

AppleはWWDC22で新型MacBook Airを発表するかも AR/VRヘッドセットは出ないけどヒントはあり?
AR/VRヘッドセットを発表しないが、それに関する多くのヒントは残す可能性があるという。一方、MacBook Airの新モデルは可能性があるようだ。(2022/6/6)

製造業IoT:
バッファローが法人向けWi-Fiに本腰、中規模ユーザー向けラインアップを強化
バッファローが法人向け事業戦略および新製品の発表会を開催。オフィスや工場、倉庫、店舗などの中規模ユーザー向けスタンダードモデルとして、Wi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント「WAPM-AX4R」を2022年8月上旬に発売すると発表した。(2022/6/6)

「最高に素敵」 織田信成、3年ぶりの「Fantasy on Ice」で羽生結弦&田中刑事と“神3ショット”
みんなうれしそう!(2022/6/3)

SIEが「PSVR2」向けタイトル公開 「バイオハザード」も
SIEは3日、PS5対応のVRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR2」向けに開発しているタイトルを紹介した。カプコンの「バイオハザード ヴィレッジ」はストーリーモード全編が対応する。(2022/6/3)

「バイオ4」のリメイク「バイオハザード RE:4」が発売決定! PSVR2向けのコンテンツも開発中
あの時の大興奮がよみがえるっ!!(2022/6/3)

PR:カメラも、ゲームも、音楽も極上の体験を 新フラグシップ「Xperia 1 IV」を使い倒す
2022年を代表するXperiaのフラグシップ5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」が登場した。3つのレンズ全てでソニーのデジタル一眼カメラ「α」譲りのリアルタイム瞳AFや、動画の4K 120fpsのスローモーション撮影に対応。ディスプレイ、オーディオ、ゲームに関連する性能も底上げされており、エンタメコンテンツを満喫できる。(2022/6/3)

日韓で国際メタバース協議会が発足 政策提言や事業推進に国際的視点を
VR文化への政策提言を行うNPO法人バーチャルライツは、国際メタバース協議会の設立を発表した。座長をバーチャルライツが務め、韓国のメタバース団体「VR文化権益委員会」が委員として参画する。(2022/6/2)

泉佐野市、メタバース内でふるさと納税呼び掛け 返礼品を3Dモデル化して展示
大阪府泉佐野市が、ふるさと納税の呼び掛けを目的にVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に出展する。開催元のHIKKYによれば、自治体がふるさと納税の呼び掛けを目的に同社のイベントに出展するのは初という。(2022/6/1)

黒木メイサ、34歳の“最新ショット”が変わらない美しさ 「白髪もシミもシワも順調に増えてる」とリアルも告白
本当に変わらない。(2022/6/1)

「バーチャルPayPayドーム」で野球観戦 スマホ×メタバースの可能性と課題
ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは、スマホとメタバース/ARを活用した新たな野球観戦サービスを開発。5月27日より提供を開始した。福岡PayPayドームからレポートする。(2022/6/2)

なぜ米国企業のAI活用は停滞しているのか? PwCが考える“2つ”の仮説
PwCは「2022年AI予測調査日本版」を公開した。同調査からは日本企業と米国企業のAI活用の現状と両社の進んでいる点、遅れている点が明らかになった。日本企業がAI活用でまず始めるべきこととは。(2022/6/1)

日産が取り組んだメタバース新車発表会の舞台裏 「アバターワーク」が重要
日産自動車の軽EV「サクラ」は正式発表日にバーチャル発表会とバーチャル試乗体験会も開催された。その舞台裏を担当者への取材から探る。(2022/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。