• 関連の記事

「ミシュラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミシュラン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スゴい奴らだぜ……!! ケータハム・セブンに近未来の「エアレスタイヤ」履いて激走 「超クール」「これぞ車輪の再発明」
セブンに履いても大丈夫!(2022/4/25)

地産地消料理を提供:
トライアル、スーパーとレストランを合体させた新店舗を福岡にオープン
トライアルはスーパーとレストランを合体させた新店舗「グロッサリア」を福岡に開業。地元九州の食材を使った地産地消料理を提供する。同社は宮若市と協業し、リテールDXタウンとして街づくりを進めている。(2022/4/20)

製造マネジメントニュース:
金属積層造形のノウハウを群馬発で、ミシュランが共創拠点を太田サイトに設立
日本ミシュランタイヤは2022年4月15日、ミシュランタイヤ太田サイト(群馬県太田市植木野町)内に金属積層造形技術の共創型技術拠点「ミシュランAMアトリエ」を開設した。群馬積層造形プラットフォーム(以下、GAM)や産官学の連携を進め、群馬県から新たなモノづくりの姿を発信することを目指す。(2022/4/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
290円ラーメンに250円定食 びっくりドンキー、幸楽苑、なか卯で進む「朝食革命」の正体
朝食に力を入れる外食チェーンや飲食店の動きが目立ってきた。ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」、タピオカや台湾料理の専門店「春水堂」などが参入している。どのような戦略を打ち出しているのか。(2022/4/1)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
コロナ禍のライブエンタメはこの形態で 自宅で味の技も楽しめる「俺のホームディナーショー」
コロナ禍で苦境にあえぐライブパフォーマーたち。シルク・ドゥ・ソレイユにも出演したヨーヨーパフォーマーが考えた、新しいディナーショーの形とは?(2022/3/18)

写真で見る「2022国際ロボット展」 グラスを“シャー”っとするロボから最強クラスのロボットアームまで
(2022/3/12)

「横過ぎるって」「笑わない人いるんか」 千鳥ノブ、“端に寄せすぎた”レストランの前菜にツッコミ止まらず
あの名ツッコミを思い出す。(2022/3/2)

九州初進出:
ららぽーと福岡、4月25日開業 9つの“パーク”で活気あふれる空間を創出
三井不動産は「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」の開業日が、4月25日に決定したと発表した。(2022/2/25)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、デートで行きたいレストラン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/2/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ドバイの「スシロー」は1時間待ちの日も! 海外進出を続ける外食大手が狙う“コロナ後”の世界
コロナ禍でも積極的に海外進出する外食企業がある。海外の成長を取り込んでいく狙いがある。各社の戦略を追った。(2022/2/2)

村田製作所 タイヤ内蔵用RFIDモジュール:
小型で高耐久のタイヤ用RFIDモジュール
村田製作所は、ミシュランと共同で、タイヤ内蔵用RFIDモジュールを開発した。走行時の衝撃や埋め込み時の負荷にも耐えられる仕様となっており、タイヤのライフサイクルに匹敵する耐久性を備えた。(2022/1/13)

3社に聞いた:
注文後、10分で届く? 海外で急拡大する「ダークストア」は日本でも流行るのか
欧米で「Qコマース(クイックコマース)」が話題になっている。注文から30分以内をメドに日用品などを配達するサービスで、その多くは、消費者が立ち入ることができない「ダークストア(配達専門店)」を活用している。同事業を手掛ける3社の戦略と展望を聞いた。(2021/12/29)

2023年8月の移転完了を目指す:
日本ミシュランタイヤ、東京から群馬に本社移転 社員は転居か在宅勤務に
日本ミシュランタイヤは本社機能を東京都新宿区から群馬県太田市に移転する方針を発表した。今後、都内のオフィスを段階的に縮小し、2023年8月の移転完了を目指す。愛知県名古屋市のオフィス体制に変更はない。(2021/12/23)

スピン経済の歩き方:
ブリヂストン「中国企業への事業売却」を叩くムードが、日本の衰退につながったワケ
ブリヂストンが大規模なリストラを明らかにした。中国企業に「防振ゴム事業」を売却することに対し、批判の声が高まっているが、こうしたムードが強まるとどういったことが起きるのか。筆者の窪田氏は「日本を衰退させるという皮肉な現実がある」と指摘する。どういう意味かというと……。(2021/12/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
モータースポーツでのあなたの応援が、エンジンを生き残らせる?
土曜日です。1週間お疲れさまでした。今週は、ホンダがF1(フォーミュラ・ワン)で有終の美を飾ったというニュースから始まりました。F1最終戦であるアブダビグランプリにおいて、ホンダがパワーユニットを提供するRed Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)のマックス・フェルスタッペン選手が優勝し、ドライバーズチャンピオンを獲得したのです。(2021/12/18)

組み込み開発ニュース:
ミシュランと村田製作所がタイヤにRFIDタグ埋め込み、2024年ごろから乗用車にも
村田製作所は2021年12月13日、ミシュランとタイヤ内蔵用RFIDモジュールを共同開発したと発表した。RFIDモジュールにより、タイヤを製造段階から使用後に廃棄するまでライフサイクル全体で管理する。他のタイヤメーカーも利用できるようにし、業界標準となることを目指す。(2021/12/14)

ホントに初モノ!? 驚きの完成度:ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル ディテール解説
何だこの、初めてと思えないほどの完成度の高さは!! 驚きの完成度を見せつけたハーレー新世代の“アドベンチャー”モデル、ディテールをじっくり解説します。(2021/11/28)

11月からの旅行商品:
JAL、「サウナ旅」プランを発売 ミシュランを獲得したサウナが旅先に
JALは、ミシュランを獲得したサウナに行けるパッケージツアー「サ旅シュラン2021 ダイナミックパッケージ」を発売する。11月からの旅行商品として販売する。サウナ人気の高まりに伴った施策となっている。(2021/11/12)

スピン経済の歩き方:
なぜ某カフェチェーンは時給を上げないのか 「安いニッポン」の根本的な原因
アルバイトの応募が少ない――。某カフェチェーンから、このような嘆きの声が聞こえてきた。人口減少の問題もあるだろうが、なぜバイトが集まらないのか。その理由は……。(2021/11/9)

2021最新ライディングシューズ&ブーツカタログ〈イクソン〉
ソールはミシュランが設計! イクソン2021最新ライディングシューズ。(2021/10/22)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、昆布水つけ麺 16選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/10/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタSUV陣の最後の駒 玄人っぽいクルマ作りのカローラクロス
カローラクロスは、これまた難しいクルマだ。率直な感想としては「十分以上に良い。だけどこれといって光るとか、ウリになりそうな何かがない」。という書き方をすると、これがまた「だから80点主義なんでしょ?」という話になるのだろうが、そういわれると、そうじゃない。(2021/10/4)

金属3Dプリンタ:
ミシュラン合弁会社がモジュール式金属3Dプリンタを国内で本格展開
ミシュランの合弁企業であるフランスのAddUp(アダップ)は、パウダーベッド式金属積層造形装置「FormUp 350」最新機を発表し日本での展開を開始した。(2021/8/11)

大地真央、12歳下夫と結婚記念日にラブラブ夫婦ショット 「コロナ禍の中、静かにお祝い」と恒例の高級ディナーへ
大地さん「コロナ禍の中、静かにお祝い」。(2021/7/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型86とBRZ スポーツカービジネスの最新トレンド
トヨタとスバルは、協業開発したFRスポーツカーとして、2012年からトヨタ86とスバルBRZを販売してきた。この2台のスポーツカーがこの度フルモデルチェンジを果たし、袖ケ浦フォレストレースウェイで、プロトタイプの試乗会が開催されたのだ。そこで86/BRZのインプレッションレポートと併せて、何がどう変わり、それがスポーツカービジネスをどのように変えていくかについて、まとめてみたい。(2021/7/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
EV時代も新たな雇用を創出、ルノーと日産が強調
さて、今週も自動車業界は電動化の話題が絶えませんでした。まずは、2030年までに電動車の販売比率90%としていたルノーが、同年までにEV(電気自動車)の販売比率を90%にすると発表しました。(2021/7/3)

3Dプリンタニュース:
ミシュランと群馬県の企業が金属積層造形に挑戦、人材育成から量産まで確立目指す
日本ミシュランタイヤと群馬県の自動車部品メーカーなど8社は2021年6月25日、オンラインと群馬県庁で会見を開き、「群馬積層造形プラットフォーム」を設立すると発表した。(2021/6/28)

おぉぉ超ちっちゃい!! 手のひらサイズの“電動”空気入れ「LUNPEAR」登場 重さ690グラム
1台あるといろいろ便利そう〜。(2021/6/22)

東芝、日産、マック、ベネッセ:
東芝だけじゃない! プロ経営者の功と罪 車谷、ゴーン、原田泳幸に見る、“失政”の本質
渦中の東芝だけでなく、日産や日本マクドナルドなど、「プロ経営者」に振り回された日本企業は多い。なぜ、プロ経営者の失政は生まれるのか。(2021/6/18)

KDDI×menu提携の狙い au経済圏の拡大、ID連携によるシームレスなサービスを
KDDIが、フードデリバリー事業を展開するmenu(メニュー)と資本業務提携する。「アフターコロナ、ニューノーマル時代でも伸びる市場」と考えて提携を決めた。menuとの提携によって、店舗ラインアップを拡大し、ID連携によるシームレスなサービスを目指す。(2021/6/3)

冷凍自販機「ご当地ラーメンセレクション」登場 ミシュラン掲載店のラーメンが24時間買える
全国各地のご当地ラーメンを24時間365日販売する冷凍自動販売機「ご当地ラーメンセレクション」登場。カネキッチンヌードル(東京都)の「芳醇鶏醤油らぁめん」やジャンクストーリー(大阪府)の「塩のキラメキ」など。(2021/5/20)

タイムアウト東京のオススメ:
レストラン併設のグッチが銀座並木通りにオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/4/20)

ミシュラン星付き:
JR東「サフィール踊り子」、密を避けた旅行需要で予約は好調 4月から新パスタ提供
JR東日本は、伊豆エリアへの観光特急列車「サフィール踊り子」で提供するメニューを刷新した。狙いは?(2021/4/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍でも「横丁」は大繁盛 昼から酒を楽しむ人が殺到する理由とは
コロナ禍で大都市都心部の居酒屋やレストランが苦戦している。一方で、集客に成功している横丁が多い。その理由とは?(2021/3/29)

堀江貴文が説く「経営者は非常識であれ」:
ホリエモンが「修業は、まぎれもなく時間の浪費だ」と主張する真意
ホリエモンこと堀江貴文が考える「経営者に必要な能力」について語ってもらった。堀江は常に「修業はいらない」と主張している。その真意は?(2021/3/27)

モータースポーツ超入門(5):
GRスープラやNSX、GT-Rが競うスーパーGT、共通化と競争領域を使い分け
最高峰のGTレースにして、世界でも類を見ないコンペティティブな環境が整うレースカテゴリーが日本に存在する。それがスーパーGTだ。上位クラスのGT500ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が三つどもえの戦いを展開し、下位のGT300ではポルシェやランボルギーニ、フェラーリといった世界の名だたるスーパースポーツカーが参戦する。(2021/3/23)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、汁なし麺
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/3/10)

タイムアウト東京のオススメ:
町中華の気軽さで味わえるカウンターのみの名店、Chinese Restaurant 漢
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/2/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「DS3 クロスバック E-TENSE」 100年に渡る物語が導いたEV
本稿は、米欧2地域にまたがる世界第6位の自動車メーカーが誕生するのに至った歴史的背景の興味深さをひも解くと同時に、この度日本への上陸を果たしたPSAのフラッグシップブランド「DS」のEV、DS3クロスバック「E-TENSE」の立ち位置を解説しようという目論見で書かれている。E-TENSEEにはリアルな未来の先取りを感じるのである。(2021/2/22)

モータースポーツ超入門(4):
都市型モータースポーツ「フォーミュラE」、アウディBMWの撤退から見える転換点とは
自動車産業が直面する電動化のうねりはモータースポーツにも押し寄せている。F1は運動エネルギーと排気エネルギーを回収するエネルギー回生システム「ERS(Energy Recovery System」を搭載、世界耐久選手権(WEC)の最上位クラスではハイブリッドシステムを採用する。レーシングカーの電動化も市販車と同様に確実に進んでいる状況だ。(2021/2/1)

食の流行をたどる:
ミシュランの星を獲得したタイの「屋台めし」 70代女性シェフが究極の「顧客体験」を提供できている理由
タイのストリートフード(屋台めし)がミシュランの星を獲得した。筆者は2019年、店舗を実際に訪れたことがある。感動のあまり涙を流してしまった「カスタマーエクスペリエンス」とは。(2020/12/9)

片岡鶴太郎、三男の店舗がミシュラン一つ星を獲得 親子2ショットで笑顔見せる
開店直後にCOVID-19の影響を受けたとのことでした。(2020/12/8)

営業赤字を見込む:
藤田観光が早期希望退職者を募集 賞与の不支給や給与の減額も
ラグジュアリーホテルや高級旅館などを運営する藤田観光が早期希望退職者を募集する。コロナ禍の影響で業績が悪化している。賞与の不支給・給与の減額なども行うとしている。(2020/12/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
返礼品は「高級レストラン食事券」や「温泉利用券」 ふるさと納税に新たなブーム、企業のメリットとは
ふるさと納税の返礼品に“体験型”が増えている。「洋服仕立券」「レストラン食事券」「温泉利用券」などが登場。提供する企業や農家が享受するメリットとは。(2020/11/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
GRヤリス 一番速いヤツと一番遅いヤツ
GRヤリスの試乗会は今回が3度目である。そして年の瀬の足音が近づいてきた今頃になって、ようやく公道試乗会に至ったわけである。多分GRヤリスが欲しいという大抵の人には、RZ“High performance”がお勧めということになるだろう。こういうクルマは、買ってから後悔するくらいなら全部載せが無難だ。(2020/11/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マーケティングは、モビルスーツである
マーケティングを学ばずに素手と竹やりで戦い続けるのだろうか。モビルスーツを手に入れて、海外の企業と互角に戦う道を選ぶ時だ。(2020/11/19)

「ランフラットタイヤ」はなぜパンクしても走れるの?
タイヤの側面に秘密があります。(2020/10/27)

世界で1台だけ!? 前澤友作、エルメスとコラボした限定ブガッティ「ヴェイロン」をYouTubeで披露 価格は2億5000万円
わけがわからないよ。(2020/10/19)

タイムアウト東京のオススメ:
ザ リッツ カールトンがラグジュアリークルーズを開始
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/9/23)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる 価格の流動化と“新通貨”登場で新たに脚光を浴びる2つのビジネスモデルとは?
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/9/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。