• 関連の記事

「回収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「回収」に関する情報が集まったページです。

業務スーパーで販売の「高コスパ人気冷凍総菜」に“ビニール片”混入…… 商品回収を実施
「コスパの高さ」で人気でした。(2024/6/13)

第14回「水素・アンモニア政策小委員会」等合同会議:
低炭素水素の普及を促す新施策、「価格差に着目した支援」の詳細設計
低炭素な水素の普及に向けた施策として、国は一定の基準を満たした事業を支援する制度の検討を進めている。各事業者がプロジェクトコストを回収できる水素の基準価格と、実際の供給コストの「価格差」分を支援する方針だ。第14回「水素・アンモニア政策小委員会」ではこの新制度の詳細設計について検討が行われた。(2024/6/13)

「ムヒのこども解熱鎮痛」15万箱を自主回収 発売元「深くお詫び申し上げます」と謝罪
健康被害はないとしている。(2024/6/12)

脱炭素:
CCUS技術による2050年度の国内CO2回収量は1億4600万tに拡大
矢野経済研究所は、国内のCCUS技術に関する調査結果を発表した。CCUS事業の拡大に伴い、2050年度にはCCUS技術による国内のCO2回収量が年間1億4600万tに拡大する見込みだ。(2024/6/12)

「マルシンハンバーグ」4商品にカビ発生 自主回収実施でメーカー謝罪…… 「深くお詫び」
岡山工場で生産した商品にカビが発生していました。(2024/6/11)

通販などで販売「干物」に“釣り針”混入 日本テレビと製造元が謝罪、自主回収を実施 「心よりお詫び」
「日テレポシュレ」などで販売された干物でした。(2024/6/7)

リサイクルニュース:
回収した使用済みプラスチックボトルからオフィス用チェアを共同開発
イトーキは、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングによる取り組みで回収した使用済みプラスチックボトルを活用して、オフィス用チェア「UMILEチェア」を共同開発した。このチェアを、リニューアルした同社本社オフィスに納入した。(2024/6/7)

脱炭素:
ベルギー製鉄所の高炉にて、CO2回収技術の実証実験を開始
三菱重工業ら4社は、製鉄所の高炉におけるCO2回収技術「Advanced KM CDR Process」の実証実験を開始した。アルセロール・ミタルが保有する、ゲント製鉄所の高炉にCO2回収装置を設置して、1〜2年間稼働する。(2024/6/6)

イオンモール、衣料品の回収ボックスを常設 年間1000トンの回収目指す
イオンモール(千葉県千葉市)は6月5日から、全国のイオンモールで常設の資源回収ボックスを順次設置すると発表した。1年間で1000トンの衣料品・雑貨の回収を目指すという。(2024/6/5)

脱炭素:
「CO2を食べる自販機」由来の道路用材料を開発、アサヒ飲料と前田道路
アサヒ飲料と前田道路は、「CO2を食べる自販機」で回収したCO2を活用し、道路用材料を共同開発した。既に、アサヒ飲料の研究施設内の道路に活用する実証実験を開始している。自動販売機を通じて吸収した大気中のCO2をアスファルト舗装材料に用いる取り組みは、両社によると国内で初めて。(2024/6/5)

リサイクルニュース:
イオンで不要な衣類を回収しリサイクルする事業がスタート
チクマはイオンリテールと連携し、不要な衣類を回収、リサイクルして新たな衣類や資源として再生する取り組みを実施する。衣類のサーキュラーエコノミーを進めることで、廃棄物削減に貢献する。(2024/6/4)

リサイクルニュース:
シュリンクラベルの水平リサイクル「ラベルtoラベル」の実証実験をスタート
伊藤園らは2024年6月1日に発売する「健康ミネラルむぎ茶」熊谷オリジナルパッケージに採用するシュリンクラベルを、埼玉県熊谷市の量販店や小売店などを中心に回収し、再び製品のラベルに使用する水平リサイクル「ラベルtoラベル」の実証実験を同月下旬から実施する。(2024/6/3)

仙石惠一の物流改革論:
物流で守るべき「一対一の原則」とは? 工場物流は「回収作業」を通して生産統制を実行せよ
工場内での回収作業において厳守したい「一対一の原則」とは――。(2024/6/3)

リサイクルニュース:
JALらが使用済み飲料用紙コップをリサイクルした「再生紙コップ」の提供をスタート
JAL、日本製紙、東罐興業は、飛行機内で分別回収した使用済み飲料用紙コップをリサイクルした「再生紙コップ」の提供を2024年6月から羽田発JAL国内線運航便でスタートする。(2024/5/31)

「虎に翼」、ヒロイン号泣にネットも涙 まさかの“伏線”回収に「この場面だったんだ」「エゲツな回じゃん」
今週は毎日泣いてるな……。(2024/5/30)

リサイクルニュース:
使用済み油付きPETボトルを回収する実証実験をイオンでスタート
キユーピーは、日清オイリオグループとともに、ドレッシングや食用油が付着したPETボトルの資源循環に向けて、イオンと協力し、千葉市内の「イオン」および「イオンスタイル」の8店舗で、2024年5月29日から使用済み油付きPETボトルを回収する実証実験を行う。(2024/5/28)

「『旧札が使えなくなる』詐欺に注意して」 日本銀行、新紙幣発行後も旧紙幣は使えるとして注意喚起
「旧紙幣は使えなくなるので回収します」なんて手口がありそうで……。(2024/5/23)

イオンリテール、衣料品の分別回収を実施 環境月間の一環
イオンリテールは5月22日、「イオン」「イオンスタイル」の衣料品売り場で、不要となった衣料品の分別回収を実施することを発表した。関東・北陸信越・東海・近畿・中国・四国地方の約290店舗で実施する。6月の環境月間に合わせた取り組みの一環。(2024/5/23)

ベビーフードに「テフロン樹脂」混入 アサヒグループ食品が謝罪……「深くお詫び」
3商品を回収。(2024/5/20)

「238万円を全額回収」 VTuberグループ「ぶいすぽっ!」が所属タレントに誹謗中傷を繰り返した人物と示談 対応中の別件についても触れる
現在も複数の事案対応を並行して進めているそうです。(2024/5/14)

セブンプレミアム「おつまみナッツ」1.5万個を自主回収 風味不良の可能性
セブン-イレブン、イトーヨーカドーなどで販売。(2024/5/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
カビ騒動で「株価30%超下落」から半年……ベースフードはなぜ今“急成長”しているのか
ベースフードが大規模な自主回収騒動を引き起こしてから半年余りが経過した。件の騒動から半年、同社の業績は実際にはどのように推移したのだろうか。(2024/5/10)

ゴールドウイン「THE NORTH FACEキッズ」5商品を回収・返金 はっ水機能を誤表示
対象商品は購入店舗への持ち込みや着払いにて回収と返金を行う。(2024/5/9)

「はっ水機能有り」表示の服→実際は水はじかず…… 「THE NORTH FACE」運営企業が謝罪、自主回収実施 「深くお詫び」
5商品が対象。(2024/5/9)

敷島製パン「超熟」に小動物混入、食パン10万4000個回収 「深くお詫び申し上げます」
回収の対象は同期間同ラインで生産した「超熟山型5枚スライス」「超熟山型6枚スライス」。(2024/5/8)

人気カフェチェーン商品に「卵」表示欠落→アレルギー保持者が腹痛、嘔吐…… 運営会社が謝罪「深くお詫び」
自主回収を実施。(2024/5/7)

イオンモールで販売「シフォンケーキ」にカビ発生、5000個回収へ “下痢”の報告で調査中……出店企業が謝罪
消費期限表示も欠落していました。(2024/5/1)

ニトリが布団「Nクール」を自主回収 「中綿」表面に出てくる恐れ……「深くお詫び」
島忠での販売商品も。(2024/4/30)

リサイクルニュース:
日本郵船らが2万7000本の中古ベルトを回収し固形燃料に再利用
日本郵船、郵船商事、アズビル山武フレンドリー、加山興業の4社は、自動車専用船で使用し古くなった車両固縛用ベルトのリサイクルを2024年4月6日に開始したと発表した。(2024/4/30)

スマートファクトリー:
非固定設備で半導体洗浄装置の組み立てを効率化、AGVが部品配膳や完成品回収
MujinはSCREENセミコンダクターソリューションズの彦根事業所の新建屋内における半導体洗浄装置組み立て工程において、AGVを用いてフリーロケーションでの配膳部品管理および組み立てセルへの部品配膳、完成品回収作業の自動化システムを導入した。(2024/4/25)

LIBリサイクルの水熱有機酸浸出プロセス開発の取り組み(3):
廃棄リチウムイオン電池から環境に優しくレアメタルを回収する水熱有機酸浸出
本連載では東北大学大学院 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センターに属する研究グループが開発を進める「リチウムイオン電池リサイクル技術の水熱有機酸浸出プロセス」を紹介する。第3回では環境にやさしいクエン酸などを用いた水熱有機酸浸出の事例を取り上げる。(2024/4/25)

材料技術:
アミン成分排出量が従来の10分の1のCO2吸収液を用いたCO2分離回収設備を発売
東芝エネルギーシステムズは、CO2分離回収設備に用いる高性能なCO2吸収液「TS-X」の開発が完了したと発表した。(2024/4/23)

天然水に「カビ臭」で564万本回収 “トップバリュ天然水”の製造元……「お詫び申し上げます」
岐阜のメーカーが謝罪しました。(2024/4/20)

リアルな猫型ロボット「KIMIT」、不具合で販売中止、回収へ 「電源をオフに」呼びかけ
セガ フェイブは18日、猫型ペットロボット「KIMIT ラグドール」の販売停止と回収を発表した。(2024/4/19)

子猫のときからいつも一緒だったらしい、ぬいぐるみ…… 感動→大爆笑のオチが「うるうるしたのに……w」と180万再生
伏線回収が秀逸。(2024/4/18)

素材/化学インタビュー:
リチウムイオン電池からのレアメタル回収に新技術、無機酸や有機溶媒を使わない
自動車の排ガス触媒やリチウムイオン電池から環境に優しく高効率にレアメタルを回収できる「イオン液体」と「深共晶溶媒」を開発した九州大学大学院 主幹教授の後藤雅宏氏に、両溶媒の開発背景やこれらを用いた溶媒抽出法のプロセスおよび成果、今後の展開と課題について聞いた。(2024/4/18)

「NEDO Challenge」第2弾:
リチウムイオン電池の発火を防げるか 開発コンテストで賞金1000万円をつかみ取れ!
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2024年4月10日、懸賞金型の研究開発コンテストの第2弾の公募を開始した。テーマとなるのはリチウムイオン電池(LiB)。近年課題になっている、ごみ回収におけるLiBの発火や爆発などを防ぐ技術の開発を促進する。(2024/4/17)

イオンのトップバリュ天然水「カビ臭」問題、原因は「外箱のカビ」だった 約86万本出荷で自主回収
大規模な自主回収が進められていました。(2024/4/16)

材料技術:
ごみに混ざったリチウムイオン電池を検知回収せよ、NEDOがシステム開発コンテスト
新エネルギー・産業技術総合開発機構と三菱総合研究所は、廃棄するリチウムイオン蓄電池(LiB)の検知/回収システムに関する研究開発に対して、懸賞金を提供するコンテスト「NEDO Challenge」を実施すると発表した。(2024/4/15)

カネボウ、単色アイシャドウ「ケイト ザ アイカラー(マーブルインク)」自主回収を発表 対象商品にアルミニウム小片付着の恐れあり
現時点で健康被害の報告はないとのこと。(2024/4/11)

天然水“カビ臭”問題で大手ホームセンターも自主回収…… 「トップバリュ」と同じ製造元、対象107万本に拡大
細菌、カビともに検出されず。(2024/4/11)

リサイクルニュース:
レゾナックが川崎市と海洋プラスチックごみリサイクルの実証実験を開始
レゾナックは、川崎市とともに、川崎港の海面清掃で回収した海洋プラスチックごみを、水素およびアンモニアなどの化学品原料やCO2にリサイクルする実証実験を開始すると発表した。(2024/4/10)

リサイクルニュース:
サカタインクスがサーキュラーエコノミー実現に向け印刷関連業界で実証実験を開始
サカタインクスは、印刷関連業界における廃棄物の回収から処理、資源の再生までの循環システムを構築し、サーキュラーエコノミーの実現を目標とする実証実験を開始すると発表した。(2024/4/9)

LIBリサイクルの水熱有機酸浸出プロセス開発の取り組み(2):
グリーン溶媒と水熱条件の基礎知識、LiFePO4からリチウムを回収する流通式水熱装置
本連載では東北大学大学院 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センターに属する研究グループが開発を進める「リチウムイオン電池リサイクル技術の水熱有機酸浸出プロセス」を紹介する。第2回ではグリーン溶媒と水熱条件の基礎知識や著者の研究室で利用している流通式水熱装置について紹介する。(2024/4/10)

「キャラパキ発掘恐竜」チョコ、4万個以上回収 製造設備のかけら混入のおそれ
「キャラパキ発掘恐竜」チョコの一部に製造設備のプラスチック樹脂カバーのかけらが混入したおそれ。(2024/4/8)

製造マネジメントニュース:
国内のプラスチックリサイクル市場、2023年の再生樹脂需要量は51万5000t
矢野経済研究所は、国内のプラスチックリサイクル市場に関する調査結果を発表した。需要量や回収状況などを分析し、2023年の国内における再生樹脂需要量を51万5000tと推計している。(2024/4/8)

小林製薬、紅麹製品のオンライン返品受付を開始へ 明日から
小林製薬は、自主回収を進めている紅麹関連製品について、インターネットを使った返品受け付けを6日から始めると発表した。(2024/4/5)

インボイス導入で企業の経理部門はどうなった? 「手間が増えた」8割近く 領収書の約4件に1件は不備──LayerX調査
LayerXは5日、インボイス制度の開始から半年を機に、企業の経理担当者420人に実施した領収書回収に関する調査の結果を発表した。領収書の約4件に1件で不備があった。(2024/4/5)

アンカー、「SoundCore」などスピーカー2製品を自主回収 バッテリーで内部短絡のおそれ
アンカー・ジャパンは4日、Bluetoothスピーカー2機種3製品の一部ロットに不備があるとして、自主回収を発表した。事故につながるおそれがあるという。(2024/4/4)

アンカー・ジャパン、会議向けスピーカーなどを自主回収 「一部のロット管理に不備」発覚
アンカー・ジャパンは、2024年4月4日に自社製品の自主回収を発表した。対象製品は「Anker SoundCore」「Anker PowerConf S3」。前者はスマートフォンなどとBluetoothで接続して使うスピーカーで、後者は全方位の音を拾いやすい会議向けスピーカー。両製品の一部ロットで、製造管理上の不備があったが、そのまま出荷されていたという。(2024/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。