• 関連の記事

「回収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「回収」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

駅を環境エコ拠点に:
JR東、不要な衣服を駅で回収 「一風堂」などのユニフォームに再生
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインなどは、アパレルブランドを運営するオールユアーズと協業し、不要になった衣服を回収し再利用化する実証実験を始める。(2022/6/24)

自然エネルギー:
新しい熱回収技術で地熱発電の「ゲームチェンジャー」に、東電と三井石油が共同事業
東京電力リニューアブルパワーと三井石油開発が、関東エリアにおける新たな熱回収技術を適用した地熱発電事業を共同で検討することに合意したと発表。新技術により、従来型地熱発電では難しい地域での開発も行える可能性があるという。(2022/6/17)

材料技術:
リチウムイオン電池の再生材料をさらにもう1度リサイクル、ドイツが産学連携で研究
フォルクスワーゲン(VW)は電動車の駆動用リチウムイオン電池を複数回リサイクルするプロジェクトを開始したと発表した。使用済みのバッテリーから回収した電極材料や電解質、黒鉛を適切に処理し、再びバッテリーで使用するのに適した品質を確保することで、クローズドループリサイクルを長期的に維持することを目指す。(2022/6/15)

ターンバックル不具合:
三菱ふそうトラック・バス 「ふそうエアロスター」2610台のリコール
三菱ふそうトラック・バスは6月14日、ターンバックルに不具合があるとして、「ふそうエアロスター」計2610台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2022/6/14)

脱炭素:
工場などが排出する低濃度CO2に特化、デンソーが大気CO2回収システムを開発
デンソーは、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」において、「大気CO2回収システム」を展示した。街や工場から排出される大気中濃度で7%程度までの低濃度CO2を効率よく回収できることが特徴。回収した低濃度CO2をメタン化などによってエネルギー循環させることでカーボンニュートラルに貢献できるという。(2022/5/27)

蓄電・発電機器:
廃車のリチウムイオン電池をソーラー街路灯に、スズキがリユース技術を開発
スズキは2022年5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池をソーラー街灯用電源にリユースする技術を開発したと発表した。(2022/5/25)

産業動向:
下水道のグリーンイノベーションに向けて6技術を新たに採択
国土交通省は、2022年度に着手するB-DASHプロジェクトに2技術、下水道応用研究に4技術を新たに採択した。最初沈澱(ちんでん)池での下水エネルギー回収技術の技術実証事業や、省エネ型深槽曝気技術に関する実証事業などが選ばれている。(2022/5/17)

スニッカーズにガラス片混入 販売会社が自主回収を発表
「スニッカーズ(R) ピーナッツ シングル」の一部ロット製品に、ガラス片が混入していたことが判明した。同商品と同じラインで製造している製品を全て自主回収する。(2022/5/13)

キャスターを固定するボルトが外れる:
カインズ、スチール台車を自主回収 台座に「仕様と異なる部品」
ホームセンター大手のカインズは5月11日、「スチール台車」3商品の一部を自主回収すると発表した。(2022/5/11)

ふぉーんなハナシ:
ドコモのAndroidスマホ初! 「AQUOS R7 SH-52C」はeSIM+デュアルSIM対応!
NTTドコモの携帯電話端末の詳細スペック表に追加された「デュアルSIMパターン」の表記。ドコモが発売するiPhone以外の端末でもデュアルSIM対応が進む“伏線”と予測した筆者ですが、その回収は思ったよりも早くなりました……。(2022/5/9)

家電リサイクルは6年連続で増加、不法投棄は微増 経産省が21年度の実績発表
経済産業省は19日、21年度の家電リサイクル状況を発表した。テレビやエアコンなど4品目の回収台数は6年連続で前年度を上回った。(2022/4/19)

部品同士のはめ込みに不具合:
カインズ、「ハムスターホイール」を自主回収 ハムスターの手足が挟まる恐れ
ホームセンター大手のカインズは4月14日、ペットのハムスター向け用品の「Pet's One ハムスター ホイール」を自主回収すると発表した。部品同士がうまくはまり合わない不具合があった。(2022/4/14)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
トヨタ自動車は2022年4月12日、EV(電気自動車)の「bZ4X」を5月12日に日本で発売すると発表した。個人にはサブスクリプションサービス「KINTO」で、法人にはリースで提供する。5月12日からは第1期として3000台の申し込みを受け付ける。第2期の申し込みは2022年秋を予定している。2022年度としては5000台の生産と販売を計画する。(2022/4/13)

「カムカム」最終話、怒涛の伏線回収で大団円 「色々ありすぎて鳥肌」「ひなたのラジオ番組だったのか」と感嘆の声
ヒロインを演じた川栄李奈さんからのラストメッセージも。(2022/4/8)

横浜DeNA、ファンクラブ特典のスマートウォッチを回収 “技適”未取得のため
横浜DeNAベイスターズが、ファンクラブの会員特典グッズであるスマートウォッチを自主回収する。スマートウォッチの技術基準適合証明の認証(いわゆる技適マーク)が得られていなかった。(2022/4/4)

売場から撤去:
セブン「豆大福」を回収、金属片が混入した可能性
セブン-イレブン・ジャパンは4月1日、首都圏などのセブン-イレブン店舗で販売していた「北海道十勝産小豆使用 豆大福」を回収。製造機器の一部である金属片が混入した疑い。(2022/4/1)

排ガス・燃費データ不正:
日野自動車、リコールで特別損失400億円 2年連続で最終赤字見通し
日野自動車は3月29日、エンジンの排ガスや燃費データを偽った問題で、リコール(回収・無償修理)に伴う費用など400億円の特別損失を計上すると発表した。過去のエンジン部品の不具合に伴うリコール費用も追加で計上し、同社の2022年3月期の業績は540億円の最終赤字になる見通し。(2022/3/30)

NFTゲーム「Axie Infinity」のサイドチェーン「Ronin」から6億ドル相当のイーサリアム盗難
人気のブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のサイドチェーン「Ronin」がハッキングされ、6億2500万ドル(約770億円)相当のイーサリアムとドルが盗まれた。現在Roninでの取引は凍結されている。ゲームを提供するSky Mavisは、回収に努めていると発表した。(2022/3/30)

脱プラスチック加速へ:
セブン店頭のペットボトル回収機 22年度に1000台追加へ
コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンは環境保護の取り組みとして、店頭に設置するペットボトル回収機を2022年度中に新たに1000台追加すると発表。(2022/3/29)

セブンの商品を自主回収 側面は「参鶏湯」で中身・蓋は「ミネストローネ」表記
セブンが「ミネストローネ」「参鶏湯」を自主回収する。一部商品のパッケージに誤表記があったという。乳製品・豚肉アレルギーのある人は該当商品を食べないよう呼び掛けている。(2022/3/23)

エネルギー管理:
セメント由来CO2で合成したメタンを供給、東京ガスと太平洋セメントが事業検討へ
太平洋セメントと東京ガスが、セメント製造工程から回収される高濃度CO2で合成したメタンを、既存のガスインフラにで供給するメタネーション事業の実現可能性調査を行うと発表した。(2022/3/23)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
モバイルバッテリー、どうやって処分する? 最近はどう呼ぶ? 気になったあれこれ
モバイルバッテリーなどの充電アクセサリで有名なAnkerがモバイルバッテリー無料回収キャンペーンを展開している。そもそも分かりづらいモバイルバッテリーの処分、どうすればいいの?(2022/3/7)

Anker、使用済みの同社製モバイルバッテリーを無償回収 1台につき300ポイント付与 期間限定で
アンカーが使用済みのモバイルバッテリーを無償で回収する。1台につき300ポイントを付与。3月14日までの期間限定で実施する。(2022/3/2)

「クロスボウ」の所持が3月15日から原則禁止へ 警察で無料回収を実施
今までよかったんだ……。(2022/3/2)

アンカー、モバイルバッテリーを無償回収&300ポイントプレゼント
アンカー・ジャパンはモバイルバッテリーを無償で回収し、公式サイトで使えるポイントを付与する「モバイルバッテリー回収サポート」第3弾を開始。対象は2018年12月31日以前に購入したAnkerのモバイルバッテリー。(2022/3/1)

矢野経済研究所が調査結果を発表:
車載用LiBの廃棄量は9万トン、回収量は想定を下回る
矢野経済研究所は2022年2月15日、リチウムイオン電池(LiB)のリユースおよびリサイクル動向についての調査結果を発表した。(2022/2/22)

“ファミマで不要スマホ回収”終了 問い合わせ多数で店舗に支障 再チャレンジも検討
ファミマで不要なスマホを回収するという実証実験を終了したと伊藤忠商事が発表した。同実験は2月1日にスタートしたが、想定以上の端末を持ち込まれていた。同社は終了理由を「店舗オペレーションへの影響があったため」としている。(2022/2/21)

ファミマ、中古携帯の回収を終了 想定を超える台数が持ち込まれたため
ファミリーマートは中古携帯電話を回収するサービスの受け付けを終了した。携帯電話を都内の25店舗に持ち込めば、ファミリーマートで利用可能な1000円分のクーポンがもらえた。想定を上回る台数が持ち込まれたことから、開始3日後の12日に中止した。(2022/2/21)

リサイクル:
ファミマ、中古のケータイ回収を中止→そのまま終了 1000円クーポンに申込殺到
ファミリーマートが、中古の携帯電話の回収サービスを終了。申し込みが殺到したため受け付けを中止し、そのまま終了となった。(2022/2/20)

“ファミマで不要スマホをクーポンに”事業、急きょ中止に 「想定を超えて数万台が持ち込まれた」
伊藤忠商事は、2月1日に始めた、不要になった携帯電話端末をファミリーマートで回収する事業の受け付けを中止すると、12日に発表した。想定よりも多くの問い合わせがあり、人的オペレーションに負荷がかかったためという。再開のめどは未定。(2022/2/14)

産業動向:
大成建設らの事業がNEDOのプロジェクトで採択、炭酸塩利用技術開発に着手
大成建設と住友大阪セメントは、NEDOが展開する「グリーンイノベーション基金・CO2を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」の「CO2回収型セメント製造プロセスの開発」における「多様なカルシウム源を用いた炭酸塩化技術の確立」のうち「炭酸塩利用技術開発」に事業を応募し採択された。今後、両社は、採択された事業の技術開発を2022年度から進め、カーボンリサイクルセメントおよびカーボンリサイクル・コンクリートに関わる技術の確立とその社会実装を目指す。事業期間は2021〜2030年度の見通しだ。(2022/2/10)

NEWS
NECが「GIGAスクール構想」向け端末を自主点検 回収までに注意すべき点は
発煙の発生により、NECは「Chromebook」を含む「GIGAスクール構想」向けノート型端末を自主点検する。点検対象端末の一覧と、対象端末を利用する際に気を付けるべき点をまとめた。(2022/2/7)

転職希望者の勤続意欲に影響を与える項目 2位は「給与」、1位は?
調査対象者は新卒入社1〜3年目の男女、有効回収数600サンプルを元に各資料を作成した。(2022/2/1)

デブリ回収にロボットアーム 福島で披露
東京電力福島第1原発事故で、2号機に溶け落ちた核燃料の試験的な取り出しに使うロボットアームが、神戸造船所から福島県楢葉町にある日本原子力研究開発機構の楢葉遠隔技術開発センターに運び込まれた。(2022/2/1)

ニトリと島忠、セラミックファンヒーターを自主回収 電源プラグの過熱で発火の恐れ
ニトリホールディングスは28日、ニトリと島忠の店舗で販売したセラミックファンヒーターの自主回収を発表した。(2022/1/28)

ソフトバンクが「認定中古iPhone」を販売 iPhone 8が2万1840円
ソフトバンクは、ソフトバンクオンラインショップ限定で「SoftBank Certified」を提供開始。下取りプログラムなどで回収したリユース端末を購入できるサービスで、価格はiPhone 8(64GB)が2万1840円(税込み)から。(2022/1/19)

業務情報、フリマで流出 退職者がHDD売却 情報セキュリティのラックが謝罪
ラックは、同社の社内ビジネス文書が保存されたHDDがフリーマーケットに出品され、購入者に情報が流出したと発表した。HDDは回収済みで、情報の拡散はない。(2022/1/14)

脱炭素最前線:
三菱重工、30年の実績持つCO2分離・回収プラント コスト削減で首位維持へ
石油産業によって発展を遂げた米テキサス州ヒューストン。その中心部から南西60キロほどのところにある石炭火力発電所で今、脱炭素時代の象徴ともいえる設備が稼働している。(2022/1/13)

借金回収のため向かった先にいたのは「ブラック企業に洗脳された男」 いつも通りお金を支援して立ち直らせる“フレンドリーな取り立て屋”第3話
社長はどうなったんだろう……。(2022/1/5)

借金回収に向かった先で学費と生活の援助 やっぱり見た目に反して優しい“フレンドリーな取り立て屋”第2話
やっぱりお金を渡しちゃう。(2021/12/29)

FAニュース:
切削油、洗浄液の浄化ユニットに取り付け可能な浮上油回収ユニットを開発
スギノマシンは、切削油、洗浄液の浄化ユニット「JCC-HM」に取り付け可能な浮上油回収ユニットを開発した。マイクロバブルを活用した液中油分と液面油分の同時処理により、回収量を従来の2倍以上増やせる。(2021/12/13)

マンダム、スプレー5商品を自主回収 計108万本、卵アレルギーの子どもに健康被害
マンダムは同社のスプレー商品に含まれる卵由来の成分が原因で、卵アレルギーの子どもに健康被害が出ているとして、スプレー5商品、計108万本を自主回収すると発表した。使用中の商品も含め、同社に着払いで送ると、商品代金相当のQUOカードで返金される。(2021/12/7)

宇宙開発:
運用終了後の衛星を捕獲、スペースデブリ回収用のドッキングプレートを発表
アストロスケールホールディングスは、スペースデブリを回収するためのドッキングプレートを発表した。捕獲対象の宇宙機にあらかじめ搭載して、宇宙機の運用終了時に安全に捕獲することで、宇宙環境の保護に貢献する。(2021/12/3)

自然エネルギー:
バイオマス発電所でCO2回収、「カーボンネガティブ」を達成へ
太平電業が自社で運営する「西風新都バイオマス発電所」(広島県広島市)にCO2回収装置を導入すると発表。回収したCO2は、発電所の構内に設置する農業ハウスで活用するという。(2021/11/30)

蓄電・発電機器:
オムロンの住宅用蓄電池に発火の恐れ、対象機種1.5万台をリコール
オムロン ソーシアルソリューションズが、同社が販売した一部の住宅用蓄電システムについて、蓄電池ユニットに発火のおそれがあることからリコール(回収・無償交換)を実施していると発表。対象機種を購入したユーザーへの周知を進めている。(2021/11/24)

得意先管理の勘どころ:
売掛金を完全回収するには……倒産寸前に分かる“危険な兆候”
資金需要の高まる年末に向け、売掛金の完全回収を目指したいところです。日頃の得意先管理に加え、経理部門と営業部門との連携を強化するための方法について解説します。(2021/11/24)

使用済み紙おむつをリサイクル 凸版印刷など4社が都内で実証実験
凸版印刷など4社は、家庭ゴミとして出た使用済み紙おむつのリサイクル事業の実現に向けた実証実験を、東京都内で始めると発表した。回収コストなども試算し、事業化可能か検証する。(2021/11/12)

太陽光:
太陽光パネルメーカーで初、ネクストエナジーが環境省の「広域認定制度」を取得
ネクストエナジー・アンド・リソースが環境省から広域認定制度の認定を受けたと発表。自社の太陽光パネル製品などの広域的な回収やリサイクルを自ら実施し、資源循環の実現を目指すという。(2021/11/10)

産業動向:
バイオマス発電所で発生したCO2を輸送・貯留する技術の検討を開始、大成建設ら
大成建設は、石炭フロンティア機構を代表とする国内の13機関と共同で、商用規模のバイオマス発電所で発生する排ガスから分離・回収されたCO2を液化・圧縮後に、CO2輸送船で貯留地まで運搬し、海底下の地下深部に貯留する実証試験に向けた検討を進めている。事業の実施期間は2021年度から2025年度までの5年間を見込む。(2021/11/9)

約40年ぶりに人里へ帰還 アメリカの山奥で放置されたスズキ・ジムニーが回収チームによって持ち主の元へ
マジで修理できるの……?(2021/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。