• 関連の記事

「対話型」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「対話型」に関する情報が集まったページです。

生成AIブームの裏側で暗躍する攻撃者たち “悪用の未来”をリサーチャーが語る
防御側で生成AIの活用が進む中、サイバー攻撃者たちもこれを悪用する機会をうかがっている。彼らはこれをどう悪用しているのか。チェックポイントのリサーチャーが生成AIがはらむ問題を解説し、悪用の今後の方向性を示した。(2024/7/24)

後編:
パーソナライズを嫌う若者 企業とサービスはどうすれば受け入れられる?
若者は「感情」を検索している……。背景には「分からない」をなくし、全て言語化したいという考えがあるというが……?(2024/7/24)

AppleはAIで遅れていた?【前編】
「SiriのChatGPT連携」がAppleユーザーに落とす“暗い影”
AppleはmacOSやiOSに関する大きな変更を幾つか発表した。その一つが、音声アシスタント「Siri」と「ChatGPT」の連携だ。これはApple製品の進化ではあるが、単純に良いことばかりではない事情もある。(2024/7/11)

Geminiシリーズ新モデルを徹底解剖【後編】
「Gemini 1.5 Pro」の“マルチな能力”を使いこなす、これだけの方法
GoogleのLLM「Gemini 1.5 Pro」はGemini 1.0から何が進化し、どのような用途に使えるのか。使いこなすための方法を、利用方法や料金プランと併せて解説する。(2024/7/11)

Google検索も不要に? 検索AI「Perplexity」がスゴすぎてちょっと怖い
“AI検索”サービス「Perplexity」(パープレキシティ)がスゴい。ChatGPTより正確だし、Google検索より便利かもしれない。(2024/7/5)

Amazfit製スマートウォッチで「GPT-4o」を統合した音声操作サービスが利用可能に
中国Zepp Healthは、Amazfitブランド製スマートウォッチのOSアップデートを発表した。(2024/7/5)

Social Media Today:
Z世代のGoogle離れはさらに進む 検索はますます「TikTok」「Instagram」依存に
若年層はSNSで検索する傾向が強くなっていることがForbes Advisorの調査で明らかになった。(2024/7/5)

CAEニュース:
AIチャットbotや効率的な最適化アルゴリズムを搭載する最新版「Optimus」
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェアの最新版「Optimus 2024.1」を発売した。ChatGPTを組み込んだAIチャットbotや、効率的な最適化アルゴリズムを搭載している。(2024/7/5)

パナHD、大規模言語モデル構築 社内専用、秋に利用開始 設計や製造現場で活用
パナソニックホールディングスは2日、社内専用の大規模言語モデルを人工知能開発のストックマークと協業し、構築すると発表した。ストックマークが開発したLLMに社内データを追加学習させることで、グループ内の業務に特化したLLMを構築。(2024/7/3)

宮沢賢治がトーナメントに出場したら…… “日本人ならなぜか分かる”優勝結果に「笑った」「好き」と7万いいね
宮沢賢治しか勝たん。(2024/7/3)

Social Media Today:
GA4がAI新機能を搭載 Cookie廃止後のWeb解析はどう変わる?
GoogleがGoogleアナリティクス4にAI活用の新機能を導入する。マーケティング担当者の意思決定を支援する機能というが、新機能を使えば何ができるのか。(2024/7/2)

2024年内に「Claude 3.5 Haiku」と「Claude 3.5 Opus」をリリース予定:
Anthropic、生成AI「Claude 3.5 Sonnet」を発表 推論速度は前世代上位モデルの2倍、図やグラフの解釈能力も向上
Anthropicは、同社の大規模言語モデルとして「これまでで最も高性能」とする「Claude 3.5 Sonnet」を発表した。(2024/6/27)

CRM領域で進む生成AI機能の実装:
Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始した。これを使うことで、ユーザーは自社のニーズに合わせて生成AIをSalesforceのCRMアプリで活用できるようになる。同社のAI製品のプロダクト戦略の方向性について、幹部に話を聞いた。(2024/6/25)

全国初の「認知症チャットボット」導入へ、京丹後市が2025年度に
京都府京丹後市が来年度から、認知症のある人や家族の支援ツールとして生成人工知能(AI)を活用した自動会話(チャットボット)を導入する。認知症に関する相談に特化したチャットボットの導入は全国初という。市の担当者は「相談しやすい環境を整備することで、早い段階で適切な対応につなげることが可能になり、認知症の改善や進行防止などが期待できる」としている。(2024/6/24)

ジャストシステム、ノーコードクラウドデータベース「JUST.DB」に生成AIでシステム開発を行える新機能を追加
ジャストシステムは、同社提供のノーコードクラウドデータベース「JUST.DB」に生成AIでシステム開発を行える新機能「JUST.DB Blueprint」を追加した。(2024/6/24)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
NVIDIAの時価総額がMicrosoftを抜いて世界一に/AppleがおすすめMacを提示する「Help Me Choose」を公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、6月16日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/6/23)

ゴルフのプレイ中にアドバイス、対話型AIデバイス「BirdieTalk」発表 月額0円で初心者1人でも上達を
ソースネクストは6月20日、対話型AIがゴルフをサポートする小型デバイス「BirdieTalk(バーディ・トーク)」を発表した。Makuakeにて先行販売を実施する。(2024/6/20)

ポケトークの次はゴルフ! ChatGPT活用の対話型デバイス「Birdie Talk」をソースネクストが発売
ソースネクストがゴルフに特化したAIデバイスを開発した。ChatGPTによって自然な言葉でショットやルールのアドバイスを聞ける。(2024/6/20)

ソフトバンクと提携のPerplexity、「記事を盗用した」とForbesが非難
AI検索の新興企業で先日ソフトバンクとの提携を発表したPerplexityについて、ForbesとWiredが記事を盗用されたとしている。ForbesはCEOに対し、誤解を招く記事を削除するよう求める書簡を送ったと報じられた。(2024/6/20)

LLM×検索エンジンによる真価【後編】
「Google検索より便利」とうわさのPerplexity AIは本当に“使える”か?
Google検索に代わる存在としてAI搭載検索エンジン「Perplexity AI」が注目を集めている。本当にGoogle検索以上に役立つものなのか。筆者が実際に使ってみた。(2024/6/21)

RIZAPがAIマニュアル探索ツールを1カ月半で開発 AWSの支援を受けてRAGで実装
RIZAPのDX子会社が生成AIを使ったマニュアル探索ツールを内製で開発した。ARAGの手法を使った仕組みをWSの支援を受けて実装した。(2024/6/18)

チャットでSQLクエリを作成、改良可能に:
「Oracle APEX」が生成AIに対応 コーディング不要で生成AIとの対話機能をアプリに組み込める
Oracleはローコード開発プラットフォーム「Oracle APEX」の最新バージョンとなる「Oracle APEX 24.1」を発表した。コーディング不要で生成AIとのチャット機能をアプリケーションに組み込んだり、自然言語を使ってSQLクエリを作成したりできる。(2024/6/18)

AI検索「Perplexity(パープレ)」でできること ChatGPTやGoogle検索とは何が違う?
ソフトバンクは、米国のAIスタートアップであるPerplexityとの戦略的提携を発表した。携帯ユーザーに1年無料でProプランを提供する。将来的にはソフトバンク製LLMの採用も目指す。(2024/6/17)

LLM×検索エンジンによる真価【前編】
Google検索とは全然違う? Perplexity AIの「AI検索エンジン」とは
Google検索など従来の検索エンジンに代わる存在として、AI搭載の検索エンジン「Perplexity AI」が注目を集めている。何ができるのか。(2024/6/14)

WWDC24:
AppleはAIのOS統合をどのようにデザインしたのか? 林信行の「Apple Intelligence」考
注目が集まっていたAppleの生成AIに対する取り組み。ついにWWDC24でその全貌が明らかになった。林信行氏が読み解く。(2024/6/12)

Weekly Memo:
生成AIは「対話型」だけじゃない 富士通が取り組む「特化型生成AI」のポテンシャルを探る
生成AIというと「ChatGPT」に代表される汎用の「対話型モデル」の利用が広がっているが、今後は企業のさまざまな業務を支援する「特化型モデル」も注目されそうだ。果たして、どれほどのポテンシャルがあるのか。富士通の取り組みから探る。(2024/6/10)

人事部門はなぜ生成AI導入をためらう? 背景と導入のヒントを紹介
生成AI活用が話題になる中、導入に消極的な部門も存在する。その一つが人事部門だ。人事部門が生成AI導入をためらう背景と、活用のヒントを紹介する。(2024/6/10)

働き方をデザインする:
「完全週休3日制」は職場をどう変えた? 伊予鉄流、働き方改革の進め方
伊予鉄グループが導入した「完全週休3日制」。うらやましく映る制度、実は社員には「レベルの高い要求をしている」という。一体、どういうことなのか。(2024/6/7)

医療分野での「生成AI」活用例【前編】
「生成AI」で医療現場が進化する? 代表的な活用例“6選”
医療分野における生成AIの活用が広がっている。どのような用途で生成AIが使われているのか。医療分野における6つの活用例を紹介しよう。(2024/6/7)

人工知能ニュース:
富士通が狙う「特化型生成AI」の市場 大規模データ活用時の企業課題解決を支援
富士通は、企業が膨大なデータを基に生成AIを活用するための環境や仕組みを提供する「エンタープライズ生成AIフレームワーク」を提供開始する。(2024/6/6)

Copilot for SecurityでMicrosoftのセキュリティ製品はどう進化するか?
2024年4月にリリースされた生成AIを使ったセキュリティサービス「Microsoft Copilot for Security」に続々と新たな機能が追加されている。従来のMicrosoftのセキュリティ製品にこれを組み込むことでどのようなメリットがあるのか。担当者がデモを披露した。(2024/6/5)

製造ITニュース:
自然言語による図面検索や管理が実現可能 日本語対応LLMによるAIエージェント
AI insideは同社の事業戦略に関する説明会を開催した。「DX Suite」や「Heylix」など同社のプロダクトについての戦略発表を抜粋して紹介する。(2024/6/5)

MIXI、「AIチャットくん」開発ベンチャーを子会社化
MIXIは、ChatGPTを使った対話型AIサービス「AIチャットくん」を運営するベンチャー企業のpiconを子会社化したと発表した。(2024/6/3)

生成AIを使った「ウイルス作成事件」も発生 米サイバーセキュリティ企業の打ち手は?
サイバーリーズンのエリック・ネイゲル社長に、サイバーセキュリティの現状と、日本での事業展開について聞いた。(2024/6/3)

「どの生成AIに課金すべき?」を見極めるためにAI検索サービスに課金するという方法
生成AI各社のアップデートが一通り出そろいました。でも、自分の仕事にどの生成AIが適しているのか、分かりませんよね。そこで提案したいのが、「Perplexity AI」に課金するというやり方です。(2024/5/31)

1年後、生成AIは採用市場をこう変えている──あるHRテックベンダーの予想
人材不足の解消法として、生成AIの活用が期待されているが、国内の生成AIの活用率は、どの調査結果を見ても10%前後にとどまっている。人事は業務の中でどのように生成AIを活用していくべきか。(2024/5/30)

夫「みたらし団子買ってきたよ」→思わぬ展開が420万表示! 食の趣味がドンピシャな夫妻へ「漫画みたい」「結ばれるべくして結ばれてる2人」
2つかぶるのはすごい。(2024/5/24)

Social Media Today:
「Google I/O 2024」で見えた生成AI時代の検索 Googleからのトラフィックはなくなってしまう?
Googleが年次開発者イベントで発表した生成AI関連の新情報を紹介する。(2024/5/17)

ハノーバーメッセ2024特別企画:
PR:ハノーバーメッセ2024に見るモノづくりでの生成AIの活用方法
マイクロソフトは世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2024」に出展し、MRデバイスや生成AI機能などを活用した新たなモノづくりの姿を紹介した。先進デジタル技術によって製造業はどう変わるのだろうか。(2024/5/17)

組み込み開発ニュース:
機能拡張が進む「GitHub Copilot」、若手開発者へのレガシー言語の橋渡し役も
GitHub Japanは、AIペアプログラミング機能「GitHub Copilot」の開発進捗や米国本社における生成AIの活用状況、法規制への対応方針などについて説明した。(2024/5/15)

今日のリサーチ:
小売り、消費財、旅行商品の購入における「情報過多」の影響――アクセンチュア調査
消費者は意思決定にまつわる雑音に悩まされていますが、生成AIが問題解決の鍵となりそうです。(2024/5/14)

ドローン:
写真測量解析アプリのUIを作業工程順/対話形式に刷新、エアロセンス
エアロセンスは、写真測量や基準点測量の解析クラウドアプリケーション「エアロボクラウド」のインタフェースを作業工程順の対話形式に全面刷新した。順番通りに必要な項目を選択し、入力することで、写真測量を解析できる。(2024/5/13)

その悩み、生成AIが解決:
部下に飲み会、どう誘えば嫌われない? ChatGPTの答えは
チームをまとめる中間管理職として、お互いを知るために飲み会を開きたいと考えているが、今の若者は職場の飲み会を避けたがるという話も耳にする。無理に誘って嫌われたくはないが、面と向かって本音を聞くのも難しい……。(2024/5/13)

JP1は生成AIでシステム運用管理をどう変えるつもりか 開発担当者に聞くこれからのITインフラ運用の姿
「JP1 Cloud Service」で生成AIを用いた運用効率化、自動化サービスをリリースした。多数の国内ユーザーを抱えるJP1への生成AI実装が進むことで、国内のIT運用の変革は加速するか。(2024/6/3)

生成AIは2024年から「実装フェーズ」に どのような領域で活用進む?
ChatGPTが生成AI業界を席巻した2023年、まずは社内での活用を進めた企業が多かったように感じます。2024年からは一転、顧客や消費者に対して活用する「実装フェーズ」に入っていきます。具体的にどのような業界で活用が広がるか、考えてみましょう。(2024/5/7)

AIに聞く:
AIに予算20万円以下でピラーレスケースのビジネスPCを組んでもらって分かったこと
GWの連休中に、新しいPCを一式組んでみようという人も多いのではないだろうか。そこで、自作PCで人気のピラーレスケースを採用したビジネスPCを複数のAIアシスタントに聞いてみた。(2024/5/4)

Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:
編集後記「どうする? どうなる? 解決!Python」と「何をもってPythonicなのか」
かわさきからは「どうする? どうなる? 解決!Python」というタイトルでPython TIPS連載の今後についてChatGPTに聞いてみて思ったことについて、一色からは「何をもってPythonicなのか」というタイトルで執筆中に感じていた“Pythonic”という説明に対する戸惑いを解消するまでの体験談について書きました。(2024/5/1)

生成AIで協業を強化:
生成AIで美容業界の未来を創造 エスティ ローダーとマイクロソフトがAIイノベーションラボを設立
両社は消費者とのつながりを強化し、より迅速かつ効果的な市場投入を実現することを目的に、共同でAIイノベーションラボを設立する。(2024/4/30)

個人、研究、商用利用も可能 優れた効率性をうたう:
Snowflake、エンタープライズタスク向け大規模言語モデル「Snowflake Arctic」を発表
Snowflakeは、エンタープライズAIに最適なLLM「Snowflake Arctic」を発表した。エンタープライズインテリジェンス、画期的な効率性、真のオープン性という特徴を備える。(2024/4/30)

ファミマ「生成AIで業務を50%削減」の事例も 企業が活用するためのポイントとは?
コンビニ大手のファミリーマートが、生成AIの活用で一部業務を大幅に削減できる見込みが立ったと発表した。一方で多くの企業ではまだまだ生成AIの活用は進んでいない。どのような点がポイントになるのか、識者が解説する。(2024/4/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。