• 関連の記事

「インプラント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インプラント」に関する情報が集まったページです。

整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
美を保つのも大変だ……。(2022/6/29)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
パスワード桁数が知られるとまずい? 尼崎市民46万人分の個人情報入りUSBメモリ紛失問題
自治体の個人情報データが入ったUSBメモリが紛失されてしまった。この問題について編集部で話し合った。(2022/6/23)

医療機器ニュース:
デジタルと0.55テスラを組み合わせた、1.5テスラ相当の低磁場MRIを発売
シーメンスヘルスケアは、デジタルと0.55テスラを組み合わせることで、1.5テスラに匹敵する高画質と経済性を兼ね備えたMRI「MAGNETOM Free.Star」を発売した。開口径60cm、装置総重量3.1t未満と軽量のMRI装置となる。(2022/5/26)

ダイヤモンドに近い硬度の新素材:
銀歯は古い? デジタル技術で変わる歯科医療
金属修復(銀歯など)の代替材料として、セラミックスの「ジルコニア」に注目する。どういった素材なのかというと……。(2022/5/13)

CAD・3Dスキャナーで歯科治療に大改革 「安全・安心で、信頼できる治療が提供できる」末瀬氏
歯科医療の分野でCADや3Dスキャナーの導入が始まっている。レジンやセラミックスといった歯の修復素材は、口腔内スキャナーで型どりし、CADで設計。切削器や3Dプリンタで制作できるようになってきた。(2022/5/13)

Innovative Tech:
人体組織にデータを書き込み、体外へ無線送信する技術 米国とベルギーの研究チームが開発
米国とベルギーの研究チームは、体内の医療用インプラントからデータを送信する際に、人体組織内のイオンにデータを書き込み、体外の受信機にデータをワイヤレス送信するイオン通信技術を開発した。(2022/4/13)

導入事例:
CO2排出ゼロを可能にする次世代圧入機「ジャイロパイラーGRV0611e」をオランダ世界遺産PJで導入、技研製作所
技研製作所は、電動の鋼管杭回転切削圧入機「GRV0611e」と電動化させた「GRBシステム」を開発し、2022年1月にオランダの現場に適用した。(2022/3/17)

ICT施工:
既製杭などの出来形管理技術、国のICT施工の基準化へ検討具体化
国土交通省の「産学官連携によるICT施工の基準類作成」の取り組みで、矢板工、既製杭工においてICTで取得した施工履歴データによる出来形管理要領の作成が検討されている。技研製作所が国に提案し、2022年度からの基準化に向けて作業が進む。(2022/1/31)

PR:これは、私が夢で見た「人間とAIの未来」の“ちょっと不思議”なお話
50年後、人間とAIの未来はどうなっているのでしょうか。シンギュラリティが起こる、脳を機械にアップロードする――これらは実現するのか、夢物語なのか。一緒に未来をのぞいてみましょう。(2022/1/5)

「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
怖すぎ……。(2021/11/21)

導入事例:
独・鉄道の盛土補強に技研の「インプラント工法」と「GRBシステム」が採用、省スペース施工と仮設レス施工で狭隘地で施工
技研製作所の「インプラント工法」と「GRBシステム」が、狭隘地でも工事可能な省スペース施工と仮設レス施工のメリットが評価され、独・鉄道の盛土補強工事に採用された。今回受注した案件を追い風に、ドイツ市場をはじめ、欧州での採用拡大に拍車が掛かることが期待されている。(2021/10/13)

額にダイヤ埋め込んだラッパーが客席ダイブ→ダイヤを引っぺがされる ネット民「率直に言って訳がわからない」
サノスの仕業じゃん。(2021/9/9)

借りられるかが事前に分かる 銀行ローンの横断マッチング、クラウドローンが事前審査サービス開始
個人と銀行をマッチングし、銀行から自動車ローンなどの融資提案を受けられるプラットフォーム「クラウドローン」に、新機能の事前審査バージョンが登場する。信販会社のオリコが事前に審査を行うことで、借りられるかどうか、また利率が判明した状態で、複数の銀行からのオファーを受けられるようになる。(2021/7/1)

新庄剛志、「顔が違う」の指摘に「まだダウンタイムばってん 今はこんな顔ばい」 2017年に美容整形手術を告白
新庄さん「みんなしぇからしかねぇ〜顔変わった顔変わったち」。(2021/6/27)

米歌手、豊胸手術のせいで背中に痛み「私には大きすぎた」 インプラント除去手術を公表
激しいダンスとは相性が悪かった。(2021/5/26)

「私の実年齢の半分」 小柳ルミ子、“34歳”の体年齢に感激あらわ 体重38.9キロ、体脂肪率18.3%も報告
小柳さん、68歳なの……?(2021/4/5)

産業動向:
土木学会が「ジャイロプレス工法」の技術評価証と報告書の英語版を発行
土木学会は、技研製作所の圧入工法「ジャイロプレス工法」に関する技術評価証と報告書の英語版を発行した。(2021/3/23)

がんになっても前を向くためには、どの荷物をおろせばいいか エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
「“病気のしんどさ”に向き合っていくなかで、“自分が抱え込んでいたしんどさ”が分かってきた」(2021/4/2)

がん患者への「かわいそう」「初期でよかったね」は傷つけてしまう言葉かも? 乳がんエッセイ漫画・原作者インタビュー
読者から反響があったという「がん患者を傷つける(可能性がある)NG言葉」。(2021/4/2)

正解が分からない“がんになったとき周囲に伝えるべきかどうか”問題 エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
仕事先、母親、子ども……相手が誰でも悩ましい問題。(2021/4/2)

知識だけでは割り切れない“がん治療のリアル” エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
家族とともに、乳がんと向き合った5年間の体験を描いたエッセイ漫画。(2021/4/2)

Innovative Tech:
脳からの命令を自分の手に伝え、動かす 脊髄損傷でも手を動かし触覚を得る試み
麻痺した人が脳のインプラントから自分の筋肉をコントロールすることに成功したという。(2021/3/10)

Innovative Tech:
着られる柔軟なスカートを3Dプリンタで印刷 MIT「DefeXtiles」開発
スカートがなくても、3Dプリンタとフィラメントがあれば印刷して着用できる。(2021/2/3)

2020年最後の大作から感じる「ウィッチャー3」からの進化と“苦い伝統” 「サイバーパンク2077」プレイレビュー
あっ! これウィッチャー3でやったやつだ! を感じてほしい。(2020/12/29)

現実と地続きのテクノロジーを「サイバーパンク2077」で発見 “SF考証”で参考にした技術は?
予約だけで800万本を売り上げた人気ゲーム「サイバーパンク2077」。ゲーム中にはさまざまなテクノロジーが登場するが、描写には現実の技術も参考にしているという。一体どんなテクノロジーを参考にしたのか、開発陣に聞いた。(2020/12/25)

導入事例:
全米で“最も汚染された運河”に、技研製作所の圧入工法が採用
技研製作所が製造販売している杭圧入引抜機「サイレントパイラー」を用いたインプラント工法が、米ニューヨーク市で進められているゴワヌス運河の護岸改修工事に採用された。(2020/9/28)

新工法:
GRBシステムを用いたインプラント工法による地すべり抑止杭を初完工
技研製作所グループ企業の技研施工は、九州新幹線彼杵川橋りょう工事において、不安定な地盤を乱さず、仮設レスで施工するGRBシステムインプラント工法による地すべり抑止杭工事を初めて完了した。(2020/9/7)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

市場動向:
技研ヨーロッパが蘭・工場新設、EU圏で「圧入」市場拡大を狙う
技研製作所グループでオランダに拠点を置く、Giken Europeの新工場と事務所棟が竣工した。新工場ではEU圏での圧入市場の拠点となると位置付けられている他、大型圧入機の実習も含めた研究機能も備えるため、日本で培った圧入技術のノウハウを欧州にも普及させるとともに、圧入事業の市場拡大をも狙う。(2020/8/21)

3Dプリンタニュース:
金属3Dプリントの市場規模予測、2019〜2025年に年平均24.41%で成長
グローバルインフォメーションは、2019年から2025年にかけて金属3Dプリントの市場規模は年平均24.41%で成長するとの予測を発表した。航空宇宙、防衛、ヘルスケア分野、医療関連での堅調な市場拡大が予測される。(2020/8/20)

NSAとFBI、ロシアがスパイ活動で利用というLinux向けマルウェア「Drovorub」のアドバイザリー公開
米国家安全保障局(NSA)と米連邦捜査局(FBI)が、ロシア政府とつながるハッカー組織apt28が利用しているというLinux用マルウェア「Drovorub」のセキュリティアドバイザリーを公開した。(2020/8/14)

導入事例:
技研の「コンビジャイロ工法」が北海道で初採用、壁体を低コストで構築
技研製作所が、製造販売する無公害の杭圧入引抜機「サイレントパイラー」を用いた「コンビジャイロ工法」が北海道函館市の「湯の川」護岸整備で採用された。(2020/6/30)

「心からの笑顔で笑えるようになりました」歯の矯正で人生が変わった体験漫画が壮絶 矯正期間は5年5カ月
頑張った先に幸せがある。(2020/6/27)

産業動向:
技研製作所の「ジャイロパイラー」が日本機械学会優秀製品賞
技研製作所が製造販売する鋼管杭回転切削圧入機「ジャイロパイラー」が、日本機械学会優秀製品賞を受賞した。(2020/4/17)

「こんなにたくさん」「まるでサイボーグの部品」 JRA三浦騎手の体内から取り出されたインプラントの数が話題に
三浦騎手のボディーメイクを担当している樫木裕実さんも驚き。(2020/2/13)

「サイバー犯罪者は策略を進化させている」:
Emotetが2冠――「最も危険なマルウェア2019」を発表、ウェブルート
ウェブルートは「最も危険なマルウェア2019」を発表した。2019年に破壊的な連鎖攻撃を与えたという、3つのマルウェア「Emotet」「Trickbot」「Ryuk」による脅威などが挙げられた。(2019/12/19)

導入事例:
「ジャイロプレス工法」を建築物の基礎工に国内初導入した技研高知工場が竣工
技研製作所は、独自の「ジャイロプレス工法」を基礎工に用いた「高知第三工場」が竣工し、2019年11月25日に稼働を開始した。(2019/11/27)

材料技術:
ランボルギーニ、国際宇宙ステーションでカーボンファイバー素材の研究を実施
Automobili Lamborghiniは、国際宇宙ステーションで、5種類のカーボンファイバー複合素材の研究を実施する。ランボルギーニ車と医療分野での将来的な応用を視野に入れ、5種類の複合素材が宇宙空間においてどう反応するかを分析する。(2019/11/13)

FAニュース:
スピードと複合加工性を両立する主軸台移動形CNC自動旋盤用ATC装置
シチズンマシナリーは、主軸台移動形CNC自動旋盤「Cincom L20XII型」用専用オプションのATC装置を発表した。B軸ツールの自動交換が可能になり、自動旋盤の速やかな加工と、複合かつ複雑な加工性を両立する。(2019/11/11)

新工法:
地球と一体化する“インプラント工法”、都内の道路拡幅などインフラでも採用増
技研製作所が開発した「インプラント工法」の国内採用件数は、2019年8月末時点で883件になったという。(2019/10/18)

海外医療技術トレンド(50):
欧州の医療機器規制改革とサイバーセキュリティ動向
欧州連合(EU)では、ICT基盤を支える一般データ保護規則(GDPR)やサイバーセキュリティに加えて、医療機器規制全体を取り巻く改革が進んでいる。(2019/9/13)

臨床医学研究に「AWS」を使う【前編】
名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?
臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。(2019/9/13)

医療×テクノロジー:
5G、AIが「がん治療」を変える!? 山中教授らが語る未来
楽天は2019年8月2日、同社のイベント「Rakuten OPTIMISM 2019」(パシフィコ横浜/2019年7月31日〜8月3日)で、医療最前線:がん治療の革命児たち」と題したパネルディスカッションを実施。京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏ら、がん治療のスペシャリストが、AIや5G(第5世代移動通信)などの最新テクノロジーが医療にもたらす可能性について語った。(2019/8/19)

海外医療技術トレンド(49):
オーストラリアの医療機器サイバーセキュリティと国際協調
本連載でこれまでも何度かオーストラリアのデジタルヘルスを取り上げたが、医療機器の分野でもユニークな動きを見せている。(2019/8/9)

施工管理:
杭精度管理システム「インプラントNAVI」のレンタル・リースを開始、技研製作所
技研製作所は、杭精度管理システム「インプラントNAVI」のレンタル・リースを開始する。施工中の杭の貫入深度や変位などをリアルタイムで取得し、杭の施工品質管理と出来形資料作成の省力化・迅速化が可能となる。(2019/8/2)

3Dプリンタニュース:
ディスペンサーノズルの異業種応用、リスクの少ない乳房再建技術の実現に貢献
テクダイヤは、特殊加工を施した同社のディスペンサーノズル「ARQUE」が、ドイツのBellasenoが開発中の3Dプリンタに採用され、乳がん手術における乳房再建技術の開発に貢献したことを発表した。(2019/8/2)

イーロン・マスクが立ち上げたNeuralink、脳マシンインタフェースを披露
米NeuralinkがBMI(Brain Machine Interface:脳マシンインタフェース)デバイスを披露。2020年に人を対象とした臨床試験を行う方針を示した。(2019/7/18)

産業動向:
技研ヨーロッパがオランダ本社を増築、欧州でインフラ案件獲得を目指す
技研製作所グループは、海外売り上げ比率を全体の7割と掲げ、欧州市場での受注拡大を目的に、オランダで新工場と事務所棟を新設する。欧州の拠点強化を図り、独自の圧入技術を用いた構造物を急速に構築できるインプラント工法を武器に、オランダで年13億ユーロの投資が計画されている堤防補強工事などの受注を目指す。(2019/7/16)

耐震:
技研製作所、ため池の耐震化工事にインプラント堤防を採用
技研製作所は、高知県室戸市のため池「黒茂谷池」において、技研施工の施工により、耐震化を目的としたインプラント堤防(鋼矢板二重締切)の補強工事を行ったと発表した。(2019/7/3)

医療機器ニュース:
歯科口腔外科向け骨再生材料を製品化
東北大学は東洋紡と共同で、歯科口腔外科領域の骨欠損を対象とした骨再生誘導材を製品化した。商品名は「ボナーク」で、2019年秋から販売を開始する。(2019/7/1)

PR:インプラントネット 全国のインプラント専門歯科医院の検索サイト


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。