• 関連の記事

「ガイドライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ガイドライン」に関する情報が集まったページです。

メルカリ、「ヤクルト1000」出品を削除 ガイドライン違反として
メルカリが、高額転売が相次ぐ乳酸菌飲料「Yakult1000」「Y1000」について、出品を削除していると明らかにした。食品の出品に関するガイドラインに違反しているとして、6月10日から削除対応に当たっているという。(2022/6/17)

ホロライブが「切り抜き動画」のガイドライン制定 制作者に登録求め、収益化も認める
有料コンテンツは特別に許可がない限り切り抜き動画は禁止。(2022/6/15)

VTuber事務所「ホロライブ」のカバー、切り抜き動画にガイドライン 順守すれば収益化もOK
バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは、同社のタレントやを使い作成される「切り抜き動画」のガイドラインを新たに制定した。(2022/6/15)

NHSの医療DXガイドライン【前編】
医療DXのガイドライン「WGLL framework」とは? 英国NHSが定義
英国NHSは、医療機関がITを適切に活用するためのフレームワーク「What Good Looks Like framework」(WGLL framework)を策定している。NHSのベストプラクティスに基づく医療DXの指針はどのようなものか。(2022/5/30)

拙速なルール化ではなくガイドラインの策定を――総務省が携帯電話の「対応バンド」について議論の方針を示す
携帯電話端末の「対応バンド」を巡って、総務省が有識者会議に対して議論の「方向性案」を示した。法令による義務化は見送る一方で、できるだけ多くのキャリアに対応できる端末作りを促すガイドラインを策定することになりそうだ。(2022/5/25)

医療機器ニュース:
クラウド上での医療情報ガイドラインに準拠したシステム運用を支援
キヤノンITソリューションズは、国の定めるガイドラインに準拠した、クラウド上での医療情報システム運用を支援する「医療ITクラウドコンプライアンスサービス」の提供を開始した。(2022/5/25)

手間をかけずに安全に始めるには:
PR:中小企業テレワークの“現実解” ガイドライン準拠でコストをかけずに実現する方法
テレワーク実施には複数の方式が考えられる。だが、コストや手間などを考慮すると中小企業が選択できる施策は限られる。テレワーク実施のセキュリティガイドラインに準拠しながら、低コストで効率良く運用できる方法を探る。(2022/5/18)

「ゆっくり茶番劇」商標登録者が方針転換 使用料は不要も「権利は当社のもの」
「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議を醸している問題で、商標登録を発表した柚葉さんが、年間10万円としていた商標使用料を不要とすると発表した。商標の使用許諾を取るよう求めたガイドラインは取り下げていない。(2022/5/17)

石川温のスマホ業界新聞:
「ガイドラインに書こうとしているのは間違っている」――スマホ全キャリア周波数帯問題でメーカー関係者が怒り心頭
スマートフォンの対応周波数帯(バンド)の問題を巡って、メーカーの関係者から話を聞く機会が増えた。以前紹介した所とは異なるメーカーの関係者は、対応周波数帯のガイドライン化に否定的な見解を示している。ユーザーの目には見えない所のコストが増えることを懸念しているようだ。(2022/5/15)

「アバターの肖像権」はどうする? メタバースなどで整理すべき課題をまとめたガイドライン公開
KDDIが代表幹事を務め、東急、みずほリサーチ&テクノロジーズ、渋谷未来デザインなどが参画するバーチャルシティコンソーシアムが、“都市連動型メタバース”における課題や論点をまとめた「バーチャルシティガイドライン ver.1」を公開した。(2022/4/27)

いまさら聞けないパスワード保護術【中編】
「めんどくさい」は通じない やはり「多要素認証」が欠かせない理由とは
パスワードセキュリティを強化する一つの手段として、多要素認証(MFA)がある。MFAや他のツールの活用、パスワードセキュリティガイドライン策定を軸にした保護策を紹介する。(2022/4/21)

IoTセキュリティ:
無人航空機の情報漏えいを防止、サイバーセキュリティガイドラインを公表
NEDOと経済産業省は、無人航空機システムの記録映像やフライトログなどの情報漏えい対策として、「無人航空機分野 サイバーセキュリティガイドライン」を策定し、公表した。(2022/4/20)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

半径300メートルのIT:
他人ごとではない内部不正の問題 “従業員を守る”システムづくりのポイントは?
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン 第5版」を公開しました。内部不正に関する豊富な事例と企業が抑えるべきポイントを紹介します。「ウチの従業員は信頼できる」と考えている経営者こそ目を通すべき資料です。(2022/4/12)

内部不正対策にAIを使う場合の注意点などを追記:
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン」を5年ぶりに改訂
IPAは、「組織における内部不正防止ガイドライン」の第5版を公開した。個人情報保護法や不正競争防止法などの法改正に伴い、事業環境の変化や技術の進歩を踏まえた対策などを追加した。(2022/4/11)

IPAの「内部不正防止ガイドライン」、5年振りに更新 テレワーク普及など踏まえ改訂
IPAが、内部不正による情報セキュリティ事故を防ぐためのガイドラインを2017年振りに更新。コロナ禍によるテレワークの普及や個人情報保護法の改正、技術の進展などを踏まえ、新たに必要になった対策を追記した。(2022/4/7)

初音ミクも登場の音ゲー「プロセカ」の道徳的なガイドラインが「当たり前だけど大事」と話題 「他人を否定する言葉を使うのは避けましょう」
人付き合い全般の手引きにも。(2022/4/6)

スマホゲー「プロセカ」、マナーガイドラインを発表 「まるで道徳の授業」「公式がこれを出すとは」など反響
セガは、スマートフォン向けゲームアプリ「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」(iOS/Android)のマナーガイドラインを発表した。ユーザーからは「公式がこれ出すって…」や「まるで道徳の授業」などの反応が見られた。(2022/4/5)

ガイドラインを実践する際に参考になる事例を追加:
IPAが「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0実践のためのプラクティス集 第3版」を発行
IPAは「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0実践のためのプラクティス集 第3版」を発行した。「2020年度サイバーセキュリティ経営ガイドライン実践のためのプラクティスの在り方に関する調査」の結果を踏まえて、内容を充実させた。(2022/4/1)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(終):
世界で進むAI規制、開発者に求められる競争力とは
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第4回は、AI倫理に関する世界の主要なAI法規制やガイドラインと、AI開発者に求められることについて。(2022/3/30)

スマホゲーム「ヘブンバーンズレッド」、ゲーム全編を配信可能に ガイドライン改定で配信禁止箇所を削除
スマートフォン向けゲームアプリ「ヘブンバーンズレッド」(iOS/Android)を開発するWFSとビジュアルアーツは、同ゲームの全ての範囲の動画配信が可能になるよう配信ガイドラインを改定した。(2022/3/18)

フロム、ゲーム配信ガイドラインを更新 YouTubeの「Super Thanks」利用に注意喚起
フロム・ソフトウェアが、ゲーム実況などにおけるゲームの利用について定めたガイドラインを更新した。YouTubeの収益化機能「Super Thanks」利用時の配信について「(視聴者に対し)金銭を送らないよう注意喚起して」と呼び掛けた。(2022/3/16)

家庭や部活、放課後もデジタル化浸透 授業連携で利点、3月にも配布端末の持ち帰り指針公表
児童生徒に1人1台配布された端末だが、平常時は持ち帰りを禁止する学校も多い。文科省は3月にも家庭での利用を認めるガイドラインを公表。家庭学習や部活動向けの新サービスも生まれており、授業外のデータが教育のデジタル化の鍵を握っている。(2022/3/3)

フロム・ソフトウェアが配信ガイドライン更新 「エルデンリング」を遊ぶつもりの人は必ず確認を
PCを使った配信はOK、スパチャは不可に。(2022/2/22)

富士通が"AI倫理影響評価システム"のドラフト版を無償公開 「信頼できるAI」普及を目指す
富士通は、AI倫理ガイドラインに基づいてAIシステムの倫理上の影響を評価する方式を開発した。AIシステムの設計などで考慮すべき項目を網羅的に洗い出す仕組みだ。(2022/2/22)

公文書の電子媒体化「急速なデジタル化に対応」と官房長官
松野博一官房長官は、政府が公文書管理のガイドラインを改正し、原則電子媒体で作成・保存すると明記したことについて「急速なデジタル化の進展などに対応するためだ」と述べた。(2022/2/10)

海外医療技術トレンド(80):
AI実装に踏み込む米国FDAの医療機器ガイドライン策定計画
本連載第78回、第79回と、欧州の医療機器に関わる規制動向を取り上げた。一方、米国のFDAはAIをはじめとする新技術利用に重点を置いた規制改革を推進している。(2022/2/10)

TikTok、危険な“チャレンジ動画”対策強化 「失神チャレンジ」など問題に
「TikTok」の安全対策ガイドラインが更新。危険なチャレンジ動画などへの対策を強化する。(2022/2/9)

特集:クラウドネイティブのセキュリティ対策とDevSecOpsの勘所(2):
攻撃事例で考える「コンテナセキュリティ」のリスクと対策
コンテナ基盤にセキュリティリスクがあることは認識している。セキュリティのガイドラインなどもチェックしている。だが、いまひとつ攻撃やリスクのイメージが湧かない。そんな開発者に向けて、NTTデータのクラウドエンジニア、望月敬太氏が具体的な攻撃デモを通して、意識すべきリスクや対策について分かりやすく解説する。2021年11月4〜5日にオンラインで開催された「CloudNative Days Tokyo 2021」から「乗っ取れコンテナ!!〜開発者から見たコンテナセキュリティの考え方〜」で紹介された内容だ。(2022/2/2)

意外とやっかいな「消去の立証」
総務省の機器廃棄要件に困惑する自治体と企業、対応の近道とは
総務省は情報流出事件を受けて情報セキュリティガイドラインを改定し、情報資産や機器廃棄の在り方に方向性を示した。新たなガイドラインには「データ消去の証明」を求める項目もある。この“難題”に応える方法とは。(2022/1/21)

総務省、携帯「6G」開放へ指針 中国の寡占化を警戒
総務省が、6G通信システムについて、特定メーカーの技術に依存しない開かれた基地局整備を推進するための国際会議を立ち上げる。6Gでは欧米とも連携してオープンな通信網整備のガイドラインを策定。特定企業による寡占化を防ぐ狙いだ。(2022/1/5)

ヤフコメ、誹謗中傷対策を強化 ユーザーからの報告促進 法的リスク明示も
ヤフコメで、誹謗中傷などガイドライン違反のコメントをユーザーから報告してもらう機能を強化。(2021/12/24)

「経産省ガイドライン対応のため」と偽りカード情報詐取するフィッシングメールに注意
経産省の名前を利用し、カード会社を装うフィッシングメールが出回っている。(2021/12/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
岸田首相も同調した「自社株買い規制」、実現すれば明治時代に逆戻り?
“株もたぬ首相”、岸田文雄氏による金融市場のへ締め付けがとどまるところをしらない。岸田氏は14日の衆議院予算委員会において、企業が実施する自社株買いの質疑応答の場面で「自社株買い規制」を「重要なポイント」としたうえでガイドラインの制定に言及した。(2021/12/17)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(4):
冴えない工場セキュリティガイドラインの育てかた
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、ピンとこない工場セキュリティのガイドラインをどのように使いやすいものにしていくかを考える。(2021/12/9)

ソーラーシェアリング入門(51):
ついに公開!「営農型太陽光発電の設計・施工ガイドライン」 そのポイントを解説
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回はNEDOが公開した「営農型太陽光発電システムの設計・施工ガイドライン2021年版」について、その策定にも携わった筆者が内容のポイントを解説します。(2021/11/24)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(後):
仕組みは作った、人はまだか
民間人材の登用、標準ガイドラインや工程レビュー。政府は健全なベンダーマネジメントを行うためにさまざまな施策を行ってきた。だがしかし、1番大きな問題がまだ残っている。(2021/11/19)

産業動向:
高出力レーザー機器の屋外取り扱い安全ガイドラインが完成
レーザー施工研究会は、工事発注者・元請業者・施工業者に向けて、屋外工事において高出力レーザー機器を安全に運用するための安全ガイドライン案を安全部会で策定した。(2021/11/17)

普及の後押しになるか KDDIらが"都市連動型のメタバース"に向けコンソーシアムを発足
KDDIらは4社共同で都市連動型のメタバースの利活用に向けたガイドライン策定を目指す「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。自治体や管轄省庁と連携し、仮想空間と実在都市を相互的に発展させる計画だ。(2021/11/12)

「ウマ娘」公式が二次創作ガイドライン制定 「著しく競走馬のイメージを損なう二次創作が見受けられます」
禁止事項に当てはまる場合、法的措置も検討するとしています。(2021/11/11)

ウマ娘、二次創作ガイドラインを更新 「著しく競走馬のイメージを損なう二次創作がある」
ソーシャルゲームを制作、運営するCygamesは、スマートフォンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の二次創作ガイドラインを更新したと発表。(2021/11/10)

「都市連動型メタバース」で解決すべき法的課題とは? KDDIらがバーチャルシティ向けコンソーシアム設立
KDDIら4社が“都市連動型メタバース”のガイドライン策定を目指す団体「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。メタバースの利活用を後押しするための取り組みで、法的側面からも課題を整理していくという。(2021/11/10)

Apple、アプリ内課金以外の方法の紹介を条件付きで許可する規約改定
Appleは「App Store Reviewガイドライン」を改定した。7月の集団訴訟の和解を反映し、アプリ開発者がユーザーにメールなどでアプリ外での支払い方法を紹介できるようになった。(2021/10/25)

グループ企業の人材活用を高度化する
個別最適で複雑化するグループ人事管理、人的資本を最大限に活用する方法は?
人的資本の情報開示に関する国際標準ガイドライン「ISO 30414」への関心も高まり、人材の包括的なマネジメントが求められる今。だが、複数の子会社を持つ企業グループにおいてそれを実現するのは容易ではない。その理由と、解決策を探る。(2021/10/25)

「鬼滅の刃」家庭用ゲームに配信ガイドライン、BGMなど楽曲を含む動画は削除対象に
アニプレックスは、家庭用ゲームソフト「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」の生配信や動画・画像の投稿に関するガイドラインを発表。権利の都合上、楽曲を含んで配信された動画は削除対象になるという。(2021/10/13)

盛り上がる「テーブルトークRPG」に二次創作ガイドライン、KADOKAWAなど6社が策定
KADOKAWAなど6社は、合同でTRPGライツ事務局を設立し、TRPG(テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲーム)の二次創作活動に関するガイドラインを策定した。著作権法上のトラブルなどを防ぐとしている。(2021/10/12)

テーブルトークRPG出版社が6社合同で二次創作ガイドライン策定 シナリオやリプレイも対象に
管理対象は「クトゥルフ神話TRPG」や「トンネルズ&トロールズ」など全90作。ホビージャパン不参加のため、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は含まれていません。(2021/10/12)

iPhone 13のアクセサリーガイドライン、どこが変わったか ユーザー入力の自動実行、光学透過率、MagSafe干渉サイズ基準
iPhone 13などの情報を追加したアクセサリーガイドラインが公開。どこが変わったか、細かくチェックした。(2021/10/4)

「国際規格との整合性を図る」:
総務省が「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)」を公表
総務省は、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)」を公表した。クラウドサービスを取り巻く環境の変化を考慮したことに加え、国際規格などに記載されているセキュリティ対策との整合性を取ったという。(2021/10/4)

「男女共同参画ちゃん」イラスト続々――「萌キャラの広告起用ダメ」大阪府の資料に描かれたキャラのファンアート
「男女共同参画ちゃん」というハッシュタグ付きのイラストの投稿が相次いでいる。実は大阪府が定めた表現ガイドラインの中で「ダメな例」として示された“萌キャラ”のファンアートだ。(2021/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。