• 関連の記事

「脳波」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳波」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Innovative Tech:
寝不足で失われた「記憶」、後で十分寝ても手遅れ? 繰り返し高速再生する機能は戻らず 米研究者らが検証
米ミシガン大学メディカルスクールどに所属する研究者らは、睡眠不足が脳における記憶の固定化にどのように影響を及ぼすかを調査した研究報告を発表した。(2024/6/24)

スピン経済の歩き方:
サウナーの次はアワラー? 「人工炭酸泉」がじわじわ広がる、3つの理由
最近、温泉・入浴施設では「サウナブーム前夜」の時と同じような「トレンドの変化」が感じられる。「人工炭酸泉」だが、なぜそう思うかというと……。(2024/6/19)

磁気シールドレスで脳活動を計測:
ダイヤモンド量子センサー、低周波磁場でも高感度
東京工業大学と東京大学、物質・材料研究機構(NIMS)および量子科学技術研究開発機構(QST)らによる研究グループは、ダイヤモンド中の窒素−空孔中心(NVセンター)を利用したダイヤモンド量子センサーにおいて、5〜100Hzの低周波数領域でも9.4pT/√Hzという高い磁場感度を実現した。(2024/6/18)

櫻坂46、9thシングル「自業自得」ジャケ写公開 メンバーの脳波から生まれた花をビジュアル化
脳波を測定して表現。すごい。(2024/6/10)

ロボット開発クローズアップ:
スケートボードから万能人型ロボットの開発へ「ロボットスケートパーク」を公開
ATR(国際電気通信基礎技術研究所)は、人の脳波や筋電、モーションキャプチャーなどのデータ収集と、ヒューマノイドロボットによる学習実験を並行/連携して実施できる「ロボットスケートパーク」をメディア向けに公開した。(2024/3/28)

週末に「へえ」な話:
ワタシのことが好きでしょ? え、なんで分かったの? “ときめき”を可視化するイヤリングが面白い
「あなたワタシと話をするときにドキドキしているよね」――。こうした人の“ときめき”を可視化するプロダクトが登場した。どういったモノなのかというと……。(2024/1/20)

勉強中に特定の“音”を聞くと集中力が向上する可能性を発見 芝浦工業大学などの研究チーム
芝浦工業大学、三菱鉛筆、ストーリアの研究チームは、学習の際に特定の音で聴覚を刺激することで、集中力を向上させる可能性を発見した。(2023/12/22)

NTTデータ、カプセルホテルを開設へ 眠りのデータを収集・活用 24年7月オープン
NTTデータは、2024年7月にカプセルホテルを開業すると発表した。睡眠解析に特化したコンセプトで、本人同意のもとで宿泊者の睡眠データを取得する。(2023/12/6)

Innovative Tech:
集中力を高めないと抜けない"聖剣” 東大が開発 脳波と視線で集中力を推定
東京大学に所属する研究者らは、フィードバックされた集中力を用いて祭壇に埋まった聖剣を抜くというVR体験を提案した研究報告を発表した。(2023/11/16)

Innovative Tech:
「前歯を舌でタップ」「舌をかむ」 VRヘッドセットを“舌操作” 米Microsoftが開発
米ジョージア工科大学と米Microsoft Researchに所属する研究者らは、VR/ARヘッドセットなどで、口を閉じたまま舌を使って操作するインタフェースに関する研究報告を発表した。(2023/10/25)

浸かれる「CHILL OUT」爆誕! 老舗銭湯「小杉湯」とコラボした「チルアウトの湯」を体験してきた
メディア体験会を取材してきました。(2023/10/20)

関東大震災から100年に考えるBCP対策:
日建設計が構想する“レジリエント・シティー” IoTとVRで巨大地震の減災へ【設計者インタビュー】
関東大震災から100年の節目を迎えた今、南海トラフや首都直下など発生が近づいていると予測されている。そうした防災/減災が求められる社会変化に従い、日建設計は設計提案でBCP対策のプラスαとなる2つの防災ソリューションを展開している。双方の開発責任者に、開発意図や活用事例について聞いた。(2023/10/23)

Innovative Tech:
AirPodsで脳信号を記録──イヤフォンに貼るセンサーを米研究者らが開発 ストレスや集中度を監視
米カリフォルニア大学サンディエゴ校に所属する研究者らは、脳活動と運動レベルをイヤフォンで連続的に記録するための柔軟なスクリーン印刷センサーに関する研究報告を発表した。(2023/10/10)

医療技術ニュース:
食品用ラップのように脳表面に密着できる薄膜電極を開発
東京工業大学は、脳表での電位記録と電気刺激の両立が可能な厚さ約8μmの薄膜硬膜下電極を開発した。複雑な曲面を持つ生体組織表面にも食品用ラップのように密着することが可能だ。(2023/10/5)

「侵襲型」と「非侵襲型」でデバイス開発が進展:
念じてコーディングも可能に? 脳波×AI活用「ブレインテック」の今
4年ぶりのリアル開催となった「東京ゲームショウ2023」で展示されていたのは、脳波を活用して感情分析する「NEO×AI.R」だ。ビジネスシーンで脳波を活用する価値とは何か、プロダクト開発に、脳波がどう役立つのか。「BrainTech」の現状と併せて話を聞いた。(2023/9/22)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
将来は「脳と結合するARグラス」も――XREAL創業者×SF作家が語る未来の“リアル”
未来では、AR技術で「無数のリアリティーのバージョン」が存在する――ARグラス「XREAL Air」を世に送り出したXREALの創業者はこう語ります。SF作家とテクノロジーの未来について語った様子をお届けします。(2023/9/8)

「オッペンハイマー」原爆描写に米国でも賛否両論、ノーランはなぜヒロシマを描かなかったのか 在米ライターが解説
観客のアイデンディティーによって感じ方が異なる作品だからこそ。(2023/8/26)

Innovative Tech:
耳の穴に入れる、らせん状の脳波計測器 脳とコンピュータを接続 中国の研究者らが開発
中国の清華大学などに所属する研究者らは、装着者の内耳を通して人間の脳をコンピュータに接続できる非侵襲的なインタフェースを提案した研究報告を発表した。(2023/8/2)

人間とAIの共存には何が必要なのか【第1回】
もはや“古典的な問い”になった「AIは敵か味方か」に有識者が出した答えは?
人工知能(AI)技術の台頭は、「人間にメリットをもたらす」という見方がさまざまな分野に行き渡りつつある。だがそれに反対する意見もある。各業界の有識者が議論して出した結論とは。(2023/7/13)

Innovative Tech:
脳波から画像を生成するAI「DreamDiffusion」 テンセント含む中国の研究者らが開発
中国の清華深セン国際大学院、Tencent AI Lab、Peng Cheng Laboratoryに所属する研究者らは、脳波(EEG)から高品質でリアルな画像を生成する拡散モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/7/5)

日本ものづくりワールド 2023:
ジョッキ飲みできる缶オープナーなど、デザインを中核としたモノづくりを発信
346は「日本ものづくりワールド 2023」内の「MiraiTech 新価値創造展 in 機械要素技術展2023」に出展し、手軽に缶ビールの“ジョッキ飲み”を楽しめる缶オープナーなど、同社がこれまで手掛けてきた製品開発事例の一部を紹介した。(2023/6/27)

筆記具の動きから集中力を予測できるようになる? 東大など共同研究により明らかに
近未来感。(2023/6/14)

センシング回路の消費電力を7割削減:
電池レスで、脳波信号の計測と無線伝送を可能に
大阪大学は、脳波計測に用いるセンシング回路の消費電力を、従来に比べ7割削減できる技術を開発した。この技術を応用し、体温を利用して生成できるわずかな電力だけで、収集した脳波データを無線伝送できることを実証した。(2023/5/30)

「寂しくなったら自分を抱け!」:
愛に飢える筆者が、自分で自分を抱きしめてきた
最後に「ハグ」をしたのはいつだろうか。子供の頃は多かったハグの機会も、年を重ねるに連れて減っていると思う。Dentsu Lab Tokyoが開催した、自分で自分を抱きしめる「Hugtics」の体験会に筆者も参加してきた。(2023/5/25)

今後は自作するしかないのか:
「エルゴノミクスキーボード」は、時代の遺物ですか?
皆さんはどんなキーボードを使っていますか? きっと、それぞれにこだわりがあるでしょう。自作されている方もいらっしゃるかもしれませんね。(2023/5/17)

Innovative Tech:
壁を見るだけで“壁の先にある物体”を脳活動から画像化 英国の研究者らが技術開発
英グラスゴー大学に所属する研究者らは、見えない向こう側の物体の反射光を見た脳活動から、その物体を画像として再構築するブレインコンピュータインタフェース(BCI)を提案した研究報告を発表した。(2023/4/20)

「健康」を追求:
リカバリーウェアが15万枚も売れた 成長が続くテンシャル社の強みは2つ
ウェルネスブランド「TENTIAL」が、健康意識の高い社会人やスポーツ選手などから注目されている。2万円ほどのリカバリーウェアの累計販売数は15万枚に。なぜこれほど支持されているのか。(2023/4/16)

MWC Barcelona 2023:
OPPOが初のWi-Fiルーターや紛失防止タグを発表 スマホは「折りたたみ」を訴求
OPPOは2月28日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催されている「MWC Barcelona 2023」で記者説明会を開催。OPPOが開発した新しい技術や製品、環境保全への取り組みなどについて説明した。同社初のWi-Fiルーターや紛失防止タグも発表した。(2023/3/1)

インリン、「心臓が一瞬止まった」と訴える12歳長男の精密検査を報告 意外な結果に“モヤモヤ”
体の中で何が起きているんだろう?(2023/2/28)

房野麻子「モバイル新時代」:
脳波をアバターのオーラで可視化 ドコモが取り組む、“1万人が集まれる”メタバース「MetaMe」とは何か
ドコモが力を入れているのがメタバースの新サービス「MetaMe(メタミー)」だ。MetaMeは「自分らしさを表現し、目的や価値観に応じて他者とつながることが可能になる『メタコミュニケーション』を体験するサービス」として、2月21日にベータ版の提供が開始される。(2023/2/20)

海外医療技術トレンド(92):
米国の医療ロボットセキュリティを主導するオープンコミュニティーの広がり
本連載第88回で「対米外国投資委員会による国家安全保障リスクの進展に対する堅牢性の考慮の確保に関する大統領令」を取り上げたが、その典型的な対象製品の一つが、医療介護福祉分野で普及するロボットだ。(2023/2/17)

医療機器ニュース:
汗の成分を検出するファイバーを織り込んだ衣類用生地を開発
東北大学は、汗の中に含まれるナトリウムや尿酸などを高感度かつ選択的に検出し、モニタリングできる多機能ファイバーの生地を開発した。(2023/2/2)

Innovative Tech:
脳波を解読して聞いている音楽を特定するAI 70%以上の精度で識別 英国チームが開発
英エセックス大学に所属する研究者は、ユーザーの脳波を記録し解読することで、今聞いている音楽を特定し復元する深層学習モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/2/1)

「睡眠時無呼吸」の自宅検査も可能:
睡眠改善用ウェアラブル機器が続々登場
「ウェアラブル EXPO」(2023年1月25日〜27日、東京ビッグサイト)では、脳波やいびきを自宅で計測できる睡眠改善用のウェアラブルデバイスが多数展示された。(2023/1/30)

ぽっちゃりお嬢様とお調子者青年の関係性の尊み 五臓六腑にしみ渡る映画「金の国 水の国」レビュー
浜辺美波と賀来賢人が完璧。(2023/1/29)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(10):
「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみる
今回は、「なぜ、カルトの信者はあんなに幸せそうなのか」という疑問に端を発して、「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみました。(2023/1/16)

「ねむパ」向上へ:
寝るだけで10万円? カルビーが「睡眠人材」募集 目的は
カルビーは睡眠の質向上を目的に、自宅で参加できる「睡眠人材」の募集を始めた。同社の睡眠サポートプログラムに参加し、脳波測定などを実施してもらう。募集人数は5人で、謝礼は1人当たり5万円。睡眠スコアの改善が見られた場合は、追加で5万円を支払う。(2022/12/12)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
色メガネで身体機能が変わる、だと? コダック「フィジカルサポートカラー」を試して驚いた
コダックの「フィジカルサポートカラー」は、見ている色によって、体幹が安定したり不安定になったりするという“身体機能の変化”を応用した製品。中々にうさんくさい話なのだけど、実はこれが馬鹿にしたものではないのだ。(2022/11/25)

医療機器ニュース:
脳波も計測できる、肌に優しい高性能な生体ドライ電極を開発
大阪大学は、多機能かつ高性能な生体ドライ電極を活用し、人肌のような柔軟性を持つ薄膜センサーシートを開発した。医療機器レベルまで信号計測時のノイズを低減しており、脳波、心電などの遠隔計測システムを構築できる。(2022/11/9)

Innovative Tech:
脳波から言葉を生成するAI「Brain-to-Text」 “声道”への指令を解読、言葉に変換
米University of California, San Franciscoなどによる研究チームは、脳に電極を埋め込み、脳波から言葉を生成する研究報告を発表した。発声した際に声道付近の筋肉に指令を送る脳神経から読み取り、脳波から言葉を生成する。(2022/11/7)

医療機器ニュース:
生体密着機能と導電機能を両立する生体向け導電性粘着剤を開発
日本メクトロンは、生体密着機能と導電機能を両立する生体向け導電性粘着剤を開発した。乾燥に強く肌に優しい素材のため、24時間連続装用が可能だ。(2022/10/31)

SFプロトタイピングの事例を紹介:
2100年までぶっ飛ぶ――日本科学未来館がSF作品を創作 参加型イベントで「SFプロトタイピング」を使ったワケ
日本科学未来館が「未来の暮らし」を考えるイベントを開催しました。2100年という遠い未来を描くに当たり、SFプロトタイピングを活用しています。同館の科学コミュニケーターに、イベントの背景を取材しました。(2022/10/7)

左脳的アプローチにより「金融商品化する」エンターテインメント
エンタメは、ここ四半世紀の間にも、そのありようを変える大きな出来事を経て進化し続けている。そして、今、エンタメ企業としては無視できない潮流として「左脳的アプローチ」の浸透が挙げられる。(2022/9/20)

非接触で人の脈波を計測して解析:
三菱電機、人の感情を推定するセンサーを開発
三菱電機は、富士通コンポーネントやカレアコーポレーションと共同で、バイタルセンサー「エモコアイ」を開発した。非接触で人の脈波を計測し解析することによって、人の感情を推定し「見える化」することができる。【訂正あり】(2022/9/8)

【漫画】ベビーカーの赤ちゃんが真っ赤な顔で熱中症に!? 覚えておきたい対策と症状を小児科医に聞いた
子どもも大人も気を付けたいですね。(2022/7/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスパーソンに「睡眠」が重要視されるわけ――スリープコーチ 角谷リョウ氏
皆さんは、睡眠を改善するために、なにか工夫や投資をしているだろうか。オリンピック選手、日本代表選手の睡眠改善もサポートした睡眠のプロに、ベストな睡眠を手に入れる方法を学ぶ。(2022/7/26)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
岐路に立つテレワーク、不況で労働者の“踏み絵”に 監視ツールとしてのメタバースにも注目
世界各国での新型コロナウイルスの新規感染者がじわじわと増え続けている。しかし従業員に対してオフィス出社を求める企業は増えており、またテレワーク社員を監視するため技術としてメタバースに注目が集まっているという。(2022/7/6)

「粉ミルクをぬるま湯で作ると危ない理由を知ってほしい」 管理栄養士のTwitter投稿に4万いいねの反響、小児科医に詳しい話を聞いた
しっかり覚えておきたい。【2022年7月4日13時15分訂正】(2022/7/4)

Innovative Tech:
「この写真を金髪に変えたい」──脳で考えた通りに画像を編集するAI、欧州チームが開発
フィンランドのUniversity of Helsinkiとデンマークのコペンハーゲン大学の研究チームは、人間が考えたことをもとにコンピュータに画像を編集させる深層学習を用いたブレインマシンインタフェース(BMI)技術を開発した。(2022/7/1)

100秒1000円で脳波を買い取り、入場無料のイベント開催 主催企業の目的は?
アート企業のコネルが、来場者の脳波データを100秒当たり1000円で買い取るイベントを開催する。会場に専用の機材を設置。その場で100秒間脳波を計測するという。同社の目的は。(2022/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。