「ディープラーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディープラーニング」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Metaの「DLRM」の高速化が可能に:
推奨モデル向けのAIチップ、台湾Neuchipsが設計完了
台湾のスタートアップ企業であるNeuchipsは、データセンターのレコメンデーション(推奨)モデル向けに特別に設計したAI(人工知能)アクセラレーター「RecAccel」をテープアウトした。(2022/7/4)

Innovative Tech:
「この写真を金髪に変えたい」──脳で考えた通りに画像を編集するAI、欧州チームが開発
フィンランドのUniversity of Helsinkiとデンマークのコペンハーゲン大学の研究チームは、人間が考えたことをもとにコンピュータに画像を編集させる深層学習を用いたブレインマシンインタフェース(BMI)技術を開発した。(2022/7/1)

3Dスキャナーニュース:
深層学習で透明や黒色、金属の物体を忠実に再現する3Dスキャン代行サービス
Preferred Networksは、多様な材質の対象物品をデジタル化する、3Dスキャン代行サービス「PFN 3D Scan」の提供を開始した。深層学習を用いた独自技術と3Dスキャン装置により、透明、黒色、金属などの物品でも忠実に再現できる。(2022/6/30)

「Python+PyTorch」と「JoeyNMT」で学ぶニューラル機械翻訳(1):
ニューラル機械翻訳(NMT)の基礎を「JoeyNMT」で学んでみよう(準備編)
精度向上により、近年利用が広まっている「ニューラル機械翻訳」。その仕組みを、自分で動かしながら学んでみましょう。第1回は海外の大学で教材として使われている「JoeyNMT」のインストール方法やモデルの訓練方法を紹介します。(2022/6/29)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新しい「13インチMacBook Pro」は誰のための製品か? 理想的な進化を遂げた「Apple M2チップ」の魅力
Appleの新SoC「Apple M2チップ」を搭載する13インチMacBook Airは、外観上はM1チップを搭載モデルと変わりない。しかし、実際に使い比べてみると、特に動画編集でパフォーマンスの差を体感できる。発売に先駆けて使ってみた感想をお伝えしよう。(2022/6/22)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの約8割が「リスキリング」を知らない――HubSpot Japan調査
あまり知られていないリスキリングですが、取り組んだ企業はメリットを感じているようです。(2022/6/22)

FAニュース:
人手作業を手指の関節点とモノの画像認識で正確に把握、NECがAI技術を開発
NECは2022年6月20日、AI(人工知能)を活用した映像解析により、手指の動きと作業するワークを高精度に識別し、工程の流れを見える化できる技術を開発したと発表した。工程当たり数回の映像による学習で、従来は難しかった細かい作業内容を正確に把握できる。製造の組み立て作業や物流の詰め込み作業などの人作業の見える化で2022年度中に製品化を進めていく。(2022/6/22)

ニューラルネットワーク入門:
NumPyでニューラルネットワークをフルスクラッチ実装してみよう
「線形代数を使ったニューラルネットワークの基礎を押さえたい!」という方にピッタリ。ニューラルネットワークをPython+NumPy(線形代数)でフルスクラッチ実装する。線形代数なしで実装した場合との差分から効率的に理解できる。(2022/6/22)

Innovative Tech:
「くすぐり」「息の吹きかけ」を感じるプニプニな敏感人工皮膚 ロボットに着せて人間みたいに
韓国のKAIST、米MIT、ドイツのUniversity of Stuttgartによる研究チームは、人間の皮膚をまねた柔らかく敏感な人工皮膚を開発した。人工皮膚を押すと変形し押した力や向きを感知するため「なでる」「くすぐる」「たたく」などのインタラクションを理解する(2022/6/21)

Innovative Tech:
動画の雑音をほぼ消す技術、米国などのチームが開発 声のみが強調されすぎてアフレコみたいな結果に
米Dolby LaboratoriesとスペインのUniversitat Pompeu Fabraの研究チームは、収録した映像のバックグラウンドノイズ(背景雑音)を強力に除去する技術だを開発した。(2022/6/15)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/14)

I'll be back:
「ターミネーター」のモト・ターミネーターを、2022年のテクノロジーで解説しよう(後編)
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2022年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」。「ターミネーター」後編は、3と4を中心に解説する。(2022/6/14)

Innovative Tech:
AIが信号機を自律操作 交通渋滞の軽減を目指す 英国の研究チームが技術開発
英Aston Universityの研究チームは、交差点にあるライブカメラの映像で交通状況を監視し、深層学習モデルで適切な信号操作をリアルタイムに行う、ビジョンベースの完全自律型信号制御システムを開発した。(2022/6/13)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Iris Dataset:あやめ(花びら/がく片の長さと幅の4項目)の表形式データセット
データセット「Iris」について説明。150件のあやめの「表形式データ(花びら/がく片の長さと幅の4項目)」+「ラベル(3種類のあやめの分類)」が無料でダウンロードでき、多クラス分類問題などのディープラーニングや統計学/データサイエンスに利用できる。scikit-learnとTensorFlowにおける利用コードも紹介。(2022/6/13)

迷い犬を「鼻紋」で特定 AIで解析「NoseID」アプリ公開 登録増えるほど精度アップ
一頭ずつ異なる犬の鼻の紋様(鼻紋)をAIで識別することで、迷い犬を探し出すスマートフォンアプリ「NoseID」のβ版をベンチャー企業が公開。「迷子になった1頭でも多くのわんちゃんが、飼い主の元へ戻れることを切に願っています」(2022/6/10)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
富士フイルム「X-H2S」はスピード&パワーと動画のカメラだった
富士フイルムもとうとう最先端に追い付いた、といっていいと思う。5月末のオンラインイベント「X Summit OMIYA 2022」で発表された「X-H2S」のことだ。(2022/6/6)

Synology、ディープラーニングによる顔認識を実現する監視業務向けソリューション
アスクは、Synology製となる監視管理ソリューション製品「DVA1622」の取り扱いを開始する。(2022/6/3)

本田雅一の時事想々:
スパコン富岳が世界1位から転落 「2位じゃダメなんでしょうか?」を、もう一度考える
理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳(ふがく)」が、計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界2位に転落した。このニュースに伴い、富岳の開発背景を振り返りながら、2009年にスパコンの予算を巡る国会の事業仕分けで発された「2位じゃダメなんでしょうか?」という問いについて考える。(2022/6/3)

製造ITニュース:
BIダッシュボード「MotionBoard」がAWSのAI/IoTサービスと連携
ウイングアーク1stは2022年5月25日、BIダッシュボード「MotionBoard」と、アマゾン ウェブ サービスの展開するAI、IoTサービスを連携したソリューションの提供を開始した。(2022/5/31)

日本製鉄、統合データプラットフォーム「NS-Lib」を構築 2030年までに全従業員をDX人材化
日本製鉄は、統合データプラットフォーム「NS-Lib」を構築した。経営上必要なデータをNS-Libでカタログ化して集約し、迅速な意思決定や課題解決につなげる。(2022/5/31)

EE Exclusive:
AI技術が切り開く「インメモリコンピューティング」の可能性
人工知能(AI)とインメモリコンピューティングへの関心が著しく高まる中、ReRAM(抵抗変化型メモリ)は人間の脳を模倣する能力を解き放つ鍵になり得る。とはいえ、まだ課題は残っている。(2022/6/1)

Weekly Memo:
なぜ「Amazon Prime」の顧客体験が好評なのか――AWSジャパン社長の話から解き明かす
Amazon Primeの迅速な商品配送による「顧客体験」が多くの利用者に好評なのはなぜか。AWSジャパン社長の年次イベントでのスピーチから解き明かしたい。(2022/5/30)

電子ブックレット(メカ設計):
仮想空間とCAEの融合/AIで解析結果予測/5Gアンテナの解析自動化
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年1〜3月に公開したCAE関連のニュースをまとめた「CAEニュースまとめ(2022年1〜3月)」をお送りする。(2022/5/30)

製造現場向けAI技術:
目視と比較して解析時間を約6割削減、人の視覚を代替する画像解析AIサービス
SOLIZEは、製造業における目視判断を代替する画像解析AIサービス「Alt Viz」の提供を開始する。製造業の上流工程から下流工程まで、人間の単純な視覚による判断をAIで代替する。(2022/5/27)

医療機器ニュース:
デジタルと0.55テスラを組み合わせた、1.5テスラ相当の低磁場MRIを発売
シーメンスヘルスケアは、デジタルと0.55テスラを組み合わせることで、1.5テスラに匹敵する高画質と経済性を兼ね備えたMRI「MAGNETOM Free.Star」を発売した。開口径60cm、装置総重量3.1t未満と軽量のMRI装置となる。(2022/5/26)

Innovative Tech:
音声だけで完全な長文が書ける技術、東大教授が開発 ささやき声で“改行”や“修正”などコマンドを入力
ソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)フェロー・副所長であり東京大学大学院情報学環の暦本純一教授は、キーボードやマウスなどを使用せず、音声入力だけで長い文章が書ける技術を開発した。(2022/5/25)

GPUの用途と主要製品の違い【前編】
「CPU」と「GPU」は結局何が違い、どう使えばいいのか?
コンピュータの計算処理を担うCPUとGPU。2つの役割を整理して、GPUが必要になるのはどのような場合なのか、GPUをどう使えばよいのかを紹介する。(2022/5/23)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第8回):
AIに頼れば、絵心ゼロでもマンガのキャラクターを描けるのか? Googleの「Giga Manga」を試してみる
AIの力を借りて誰でもマンガのキャラクターを描ける「Giga Manga」を試してみた。AIで線画を加筆し、着色もほぼ自動でできる。絵心ゼロの筆者でもうまく描けるだろうか。(2022/5/21)

評価額10億円! 高専生が考えたディープラーニング活用事業の完成度
企業の間で活用が広がっているディープラーニングは、学生の研究対象としても大きな盛り上がりを見せている。「第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2022(DCON2022)」では、高専生の考えた事例に評価額10億円も。(2022/5/20)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(91):
AI・機械学習のための数学超入門 〜第2部 偏微分〜
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第91弾は、AI数学連載(全4部)の中から第2部を電子書籍化。AI/機械学習で頻出の微分と偏微分をマスターしよう。ステップ・バイ・ステップで基礎から実践応用まで効率的に学べる。(2022/5/19)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/17)

PR:インテル×日本HPが思い描くビジネスノートPCの近未来像 本田雅一氏が両社に聞く
(2022/5/23)

PR:AIやDXは事業サイクルを加速させる武器だ――松尾豊教授が語る 企業のAI活用を後押しするセミナーを徹底レポート
(2022/5/13)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(12):
【第12回】「見えないものを見る」AIとセンシング技術の可能性
連載第12回は、AIとセンシング技術を組み合わせて、肉眼では見えないインフラ構造物の内部を調べる新たな手法について解説します。(2022/5/13)

医療機器ニュース:
AI技術と自動化機能を搭載した、日本発のCT装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、AI技術と自動化機能を搭載したCT装置「Revolution Ascend」を発売した。企画から開発まで日本チームが主導しており、国内ユーザーの声を多く取り入れた製品となる。(2022/5/11)

“AWS公式サイト風”にカップ麺を紹介する画像が話題 分かりにくい説明文をそれっぽく再現 「もはやAWS文学」
カップ麺の特徴をAWSの公式サイト風に説明した画像が「もはやAWS文学」と話題に。公式による分かりにくい説明を再現しており「結局Qiitaなどの記事を見に行くやつ」などと、ITエンジニアを中心に注目を集めている。(2022/5/10)

AIの成熟化を幅広い観点から分析:
スタンフォード大研究所、AI動向の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開
スタンフォード大学の研究所が、AIの進歩や影響に関する最新の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開した。(2022/5/9)

Innovative Tech:
バーチャル内で“本当の食事”を体験できるか? 奈良先端大と東大が検証
奈良先端科学技術大学院大学と東京大学による研究チームは、VR内で実環境の食事を高い臨場感で食べるための支援技術を開発した。(2022/5/9)

MLPerfの推論スコア:
新興企業Syntiant、tinyMLベンチマークで圧勝
エンジニアリングコンソーシアムのMLCommonsが最近、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の推論(Inference)ラウンドのスコア結果を発表した。MLPerf Tinyでは、米国の新興企業Syntiantが、キーワードスポッティングのレイテンシとエネルギー消費量のベンチマークでトップの座を獲得している。一方NVIDIAとQualcommは、エッジ/データセンターのカテゴリーにおいて再び激しい争いを繰り広げた。(2022/5/6)

医療機器ニュース:
軽度認知障害からアルツハイマー病に進行するかを予測するAI技術を開発
富士フイルムは、アルツハイマー病への進行をAIで予測する技術を用いて、軽度認知障害患者が2年以内にADへ進行するかどうかを最大88%の精度で予測することに成功した。(2022/5/6)

建設現場を“可視化”する「センサー技術」の進化と建設テックへの道のり(4):
【最終回】画像認識技術の応用が建設現場を進化させる!
本連載では、日立ソリューションズの建設ICTエバンジェリストが、建設業界でのセンサー技術の可能性について、各回で技術テーマを設定して、建設テック(ConTech)実現までの道のりを分かりやすく解説していきます。最終回の第4回は、画像データを活用した画像認識技術とセンサー技術について、建設業界での活用例も交えて紹介します。(2022/4/30)

ホリエモン×夏野剛(4):
KADOKAWAが宇宙産業に出資した理由 ホリエモンが描く「ニュースペース2.0」の世界とは
ドワンゴは、大型展示会「ニコニコ超会議」(超会議)を4月29日(金祝)と30日(土)に幕張メッセでリアル開催する。(2022/4/28)

Innovative Tech:
角膜に写る自分の姿から、スマートフォンの持ち方を特定する技術 慶應大などのチームが開発
慶應義塾大学 lifestyle Computing LabとYahoo! JAPAN研究所、東京工科大学の研究チームは、ユーザーの角膜に写るスマートフォンの像をインカメラで取得し、操作しているスマートフォンの持ち方を識別する技術を開発した。(2022/4/28)

医療機器ニュース:
AIによる画像処理技術を搭載した血管撮影システムの最上位機種
島津製作所は、画像処理エンジンにAIを搭載した、血管撮影システム「Trinias」の最上位機種を発売した。ディープラーニング技術を利用した画像処理技術などにより、透視によるX線被ばく量を40%以上削減した。(2022/4/28)

PR:激変するワークスタイル 変化を乗り切るためにインテル「Evo vProプラットフォーム」という確かな選択肢
(2022/4/26)

国内で被害続出の「Emotet」をも予防した実力
「深層学習」による予防型セキュリティは企業の救世主となるか
企業がさまざまなアプローチでセキュリティ対策を試みている一方で、それをかいくぐろうとする攻撃の高度化も止まらない。現状のセキュリティ対策が抱える問題点と、効果的な防御を実現する技術やアプローチとはどのようなものか。(2022/4/28)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
自作できる小型ロボット「犬」に物体追跡AIを搭載してみよう
身近な現実問題にAIやデータサイエンスの適用を試してみる新連載。今回は「ミニぷぱ」というラズパイベースの小型ロボット犬を製作し、OAK-D-LITEカメラを搭載することで物体検知して自動的に目で追うようにしてみる。(2022/4/27)

Innovative Tech:
動画内の顔を後から「SNOW」みたいに編集できるAI技術 Adobeなどの米国チームが開発
米Adobe Researchなどの米国の研究チームは、動画内の人物や動物の顔にステッカーなどをピタッと貼り付いているように編集できる深層学習を用いた技術を開発した。(2022/4/21)

人工知能ニュース:
マスク対応の顔認証をエッジに組み込み、オムロンが「OKAO Vision」に機能追加
オムロンが、マスクを着用したままでの顔認証が可能なAIを搭載する「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」を発表。入退室管理システムやセキュリティドア、工場設備などのログイン用途に向けて展開し、マスク対応版を含めた顔認証ソフトウェアライブラリの売上高を今後3年間で倍増させたい考えだ。(2022/4/20)

製造ITニュース:
低コストのサブスク形式で中小製造業にも導入しやすい図面検索AI
テクノアは2022年4月15日、AIの画像認識技術を活用したソフトウェア「AI類似図面検索」を発売した。図面点数が1万枚以下で、2ユーザーまでの場合、初期費用は税別で100万円、月額利用料は3万円。(2022/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。