• 関連の記事

「説明責任」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「説明責任」に関する情報が集まったページです。

仕事に役立つ「AI」資格10選【後編】
「AIの基本から応用」までをマスターできる“学習コース”5選
AI技術関連の認定資格を持っておくと、今後のビジネス開発やキャリア形成に役立つ可能性がある。AI関連の知識とスキルを習得できる学習プログラムを5つ紹介する。(2024/5/21)

「小」規模言語モデルの持つ可能性:
Microsoft、小規模言語モデル「Phi-3」公開 大規模言語モデルと異なる利用シーンを想定
Microsoftは、自社開発の小規模言語モデル(SLM)ファミリー、「Phi-3」を発表した。シリーズ最小のパラメーター数の「Phi-3-mini」を公開し、Microsoft Azure AI Studio、Hugging Face、Ollamaで利用可能になった。(2024/5/13)

生成AI、那覇市はどう活用? 職員も思いつかなかった、AIが提案したアイデアとは
2023年12月から生成AIを導入した沖縄・那覇市。利用シーンを6つのケースに絞り、文章のたたき台作成などに用いている。行政が生成AIなどの先端技術を使う意義とは――。(2024/5/13)

CIO Dive:
プロンプト作成は「ヒトに残された」仕事か? それともただの「時間の浪費」なのか
生成AI活用においてプロンプトの調整は重要だ。生成AI登場当初はプロンプトエンジニアが重宝されていたが、「AIの方が人間よりも優れたプロンプトエンジニアだ」と結論付ける論文が発表された。(2024/5/2)

CFO Dive:
「欧州 AI法」がついに成立 罰金「50億円超」を回避するためのポイントは?
AIの活用や規制について包括的に定める「AI法」が欧州議会で可決された。今後のAI規制の世界標準となる可能性が高く、厳しい罰則もある。企業が留意すべきポイントとは。(2024/4/25)

AIを作る、使う人たちへ 生成AI普及で変わった「AI事業者ガイドライン」を読もう
経済産業省と総務省が「AI事業者ガイドライン」を公表した。生成AI普及前のガイドラインをアップデートし、AI開発者、サービス提供者、利用者向けに重視すべきことを説明している。(2024/4/23)

Gartner Insights Pickup(347):
CISOが理解すべきアイデンティティーガバナンス/管理(IGA)の重要性と役割
アイデンティティーガバナンス/管理(IGA)は、さまざまな環境にわたってデジタルアイデンティティーのライフサイクル管理とコントロールを担う。本稿では、最高情報セキュリティ責任者(CISO)に必要な3つのステップを紹介する。(2024/4/19)

米国の気候変動の情報開示、5000社超に影響 日本企業もヒトゴトではいられない【表で解説】
米国では国家レベルで気候変動開示の義務化が進んでいます。5000社を超える企業に影響が出ますが、日本企業もヒトゴトではありません。具体的な内容を解説します。(2024/4/12)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(46):
システムが動かないなら、紙でオーダーすればいいじゃない
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第46列車は「ハンバーガーとシステム障害」です。※このマンガはフィクションです。(2024/4/4)

NEWS Weekly Top10:
「GPT-4」「Claude 3」「Gemini」、写真読み取り1本勝負! お題は「野ざらしの食洗機」 結果は……
「Gemini」「Gemini Advanced」「GPT-4」「Claude 3」の4種類の生成AIに写真を読み取らせてみた。お題は「野ざらしの食洗機」。どのような結果になるか?(2024/3/26)

セキュリティソリューション:
Google Cloudがマルチクラウド環境向けリスク管理ソリューションを発表 AWS、Azureにも対応
Google Cloudはマルチクラウドリスク管理ソリューション「Security Command Center Enterprise」を発表した。クラウド運用チームとセキュリティチームの連携を高めてマルチクラウドにまたがる資産と脅威の可視化を実現する。(2024/3/19)

セキュリティニュースアラート:
マクドナルドで発生した世界規模でのシステム停止 その原因は?
マクドナルドは2024年3月15日に発生した世界的なシステム停止についてその原因を発表した。同問題は本稿執筆時点で解消している。(2024/3/19)

「サードパーティベンダーに説明責任を求める」と米マクドナルド 世界的なシステム障害で
米McDonald'sは、15日に発生した世界的なシステム障害について、「今後数日以内にこの問題を分析し、(社内の)技術チームとサードパーティベンダーに説明責任を求める」と表明した。(2024/3/18)

海外医療技術トレンド(105):
フィンランドが推進する医療と社会福祉のDX/SX戦略とイノベーション
本連載第32回、第45回、第51回、第57回、第90回、第100回で北欧全体のデータ駆動型デジタルヘルス施策を取り上げてきたが、今回はフィンランドの医療/社会福祉におけるDXやSXの動向に焦点を当てる。(2024/3/15)

Security Copilotで業務はどう変わる? Microsoftが考えるAI時代のセキュリティ
Microsoftは生成AIソリューションSecurity Copilotをセキュリティ業務にどう活用するか、そのユースケースを発表した。この中では同社が実践している、安全なAI利用に向けたフレームワークの整備などについても語られた。(2024/3/8)

2027年までに従来型オンプレは消滅? 「老朽化インフラの終活」をガートナーが提言
ガートナーの予測によると、2027年までに従来型オンプレミスのITベンダーは市場から消えるという。従来型のオンプレミスインフラが廃止される近い未来に向けて、大企業は何をすべきか。ガートナーが提言する。(2024/3/7)

不要なPCの廃棄・再利用の仕方【前編】
HDDデータを完全消去するにはあれしかない 「消したはずが……」を防ぐ方法
PCを処分する際、特に気を付けたいのが「データの消去」問題だ。一歩間違えると、訴訟に発展する可能性もある。HDDのデータを消去し、PCを安全に廃棄するための方法を紹介する。(2024/3/4)

FinOps成功の鍵【第2回】
クラウドが「高過ぎる」なら、次は脱クラウドじゃなくてFinOps?
クラウドサービスを利用する企業の悩みとして顕著になってきているのが、コストの肥大化だ。コストを最適化する手法として企業は「FinOps」に注目し始めているが、その実践は容易ではない。何が必要なのか。(2024/2/29)

製造マネジメント インタビュー:
生成AIを第2のWindowsにしたいマイクロソフト、Copilotパートナーを拡大
マイクロソフトは「Microsoft AI Tour-Tokyo」を開催した。本稿では、マイクロソフト エグゼクティブバイスプレジデント兼チーフマーケティングオフィサーの沼本健氏の基調講演と、その後に行われたメディアラウンドテーブルの内容を紹介する。(2024/2/28)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

FinOps成功の鍵【第1回】
クラウド料金が「高過ぎる現実」を前に払うしかない企業の本音
クラウドサービスのコストが上昇しており、それが負担になっている企業は珍しくない。企業はクラウドサービスについてどう感じているのか。どのように負担を抑えればいいのか。(2024/2/15)

「それは最悪手ですよ」 『セクシー田中さん』問題、「小学館は経緯発表予定なし」報道に作家たちが不信感
波紋が広がっている。(2024/2/7)

出演者「対応として最悪です」 「セクシー田中さん」騒動めぐるシナリオ作家協会の動画削除で物議
動画では出演者が原作者を軽視していると取られかねない発言があり、非難の声が寄せられていました。(2024/2/2)

クラウドに最適なネットワークとは【第2回】
ネットワークエンジニアなら知っておきたい「基本のセキュリティ対策」4選
クラウドサービスが普及したことを受けて、企業のネットワークチームはクラウドサービスのセキュリティについて考える必要がある。押さえておくべき基本を解説する。(2024/1/31)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【後編】
専門家がそっと教える「事業目標を設定する10ステップ」
事業目標を設定するに当たって、どこから情報を調達し、どのような過程を踏めばよいのか。専門家の声から、適切な事業目標を設定するための10ステップを紹介する。(2024/1/31)

吉本興業、松本人志さんの週刊誌報道に「お詫び」 事実確認を進め「説明責任を果たす必要」
当初は“事実無根”としていました。(2024/1/24)

「AIは開発者の思考や作業の抽象度を自然に引き上げるようになる」:
AIは開発者の「第2の脳」に?――GitHubがAIを使った開発の複雑さ軽減のアプローチを解説
GitHub Nextは、25人の開発者に対するインタビュー調査の結果をまとめたブログ記事「開発者の第2の脳:AIとの連携による複雑さの軽減」を公開した。(2024/1/24)

サイバーセキュリティトレンドと取るべき戦略を紹介:
ゼロトラスト、LotLランサムウェア――2024年CISOが直面するセキュリティ上の課題トップ6とは
Broadcomは、CISOの意思決定の在り方を大きく変えるサイバーセキュリティトレンド6選を同社の運営するセキュリティブランド「Symantec」の公式ブログで公開した。(2024/1/23)

AIの公平性や個人のプライバシーなどへの配慮についても要求:
「AIシステムを適切に利活用するためのマネジメントシステム」の国際規格を発行 経済産業省
経済産業省は、AIマネジメントシステムに関する国際規格「AIマネジメントシステム(ISO/IEC 42001)」の概要を明らかにした。「これまで以上に安全なAIシステムを開発、提供、使用できるようになる」としている。(2024/1/17)

セキュリティはITの問題ではなく経営問題:
その場しのぎの対応は自らの首を絞める ガートナーがセキュリティに関する10の重要論点を発表
ガートナージャパンは、日本の企業がセキュリティに関して2024年に押さえておくべき10個の重要論点を発表した。同社は「セキュリティ戦略が不在のままその場しのぎの対応を継続すると、企業として責任を問われた際に説明に窮する事態に陥る」と指摘している。(2024/1/15)

セキュリティニュースアラート:
ガートナー、2024年に押さえるべきセキュリティに関する10の重要論点を公開
ガートナーは日本企業がセキュリティに関して2024年に押さえておくべき10の重要論点を発表した。クラウドやAI、法規制やサードパーティー、サプライチェーンなどに関連して生じる各種のリスクへの対応を訴えている。(2024/1/12)

労働市場の今とミライ:
定年後の再雇用、賃金50%減の「妥当性」は? ”異例の判断”が下った判例から考える
60歳の定年後、再雇用で賃金が下がるのはよく聞く話だ。再雇用社員の賃金が5〜7割下がるのが一般的だが、果たして妥当な設計なのか? ”異例の判断”が下った「名古屋自動車学校事件」の裁判例を基に考察する。(2024/1/10)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

ガバナンスフレームワーク、シフトレフトなど:
「完成してから考える」では遅い? AIの安全性を守るために何をすべきか、Googleが解説
Googleは開発者向けブログで、製品開発ライフサイクルを通じてAIの安全性とコンプライアンスへの取り組みを進めるための4つのポイントを解説した。(2023/12/27)

石川温のスマホ業界新聞:
自民党がNTT法のあり方を検討する組織を格上げ ――次の衆院選を乗り切り、NTT法廃止にこぎ着けられるか
自民党内の「『日本電信電話株式会社等に関する法律』の在り方に関するプロジェクトチーム」が、特命委員会に格上げされるという報道が一部でなされている。甘利明衆議院議員が旗振り役のようだが、もくろみ通りNTT法を廃止できるかは、今後の自民党の情勢次第となりそうだ。(2023/12/24)

リフト&シフトはどんな場合に最適?【前編】
いまさら聞けない「リフト&シフト」 なぜ人気でどこが駄目?
既存のアプリケーションやOSをそのままクラウドサービスに移す「リフト&シフト」方式は、クラウドサービスへの引っ越しを検討する企業にとって有力な選択肢だ。その長所と短所を解説する。(2023/12/18)

100億円超の大型投資:
NEC森田社長に聞く「生成AIで優位に立てた」理由 NTTやソフトバンクとの協業は?
ECの森田隆之社長は12月12日、アイティメディアなどのグループインタビューに応じ、生成AIを開発する国内企業との協業について「競争するところと協調するところは常に意識しており、そういう(協業する)動きになると思っている」と説明した。(2023/12/14)

SEMICON Japan 2023:
西村経産相「どんな立場でも半導体産業の発展に尽力」、SEMICON Japan開幕式で
「SEMICON Japan 2023」(2023年12月13〜15日/東京ビッグサイト)が開幕した。オープニングセレモニーには、SEMIジャパン代表取締役の浜島雅彦氏の他、経済産業大臣の西村康稔氏も登壇し、半導体産業発展に向けた意気込みを語った。(2023/12/13)

産業動向:
「ISO 30414」人的資本情報開示の保証、建設業界で初 BSIグループジャパンが山口重工業に授与
BSIグループジャパンは、人的資本の情報開示に関する国際的なガイドライン「ISO 30414」人的資本情報開示保証を山口重工業に授与した。ISO 30414は、2023年3月期決算から上場企業などを対象に義務化される人的資本情報開示の要求に伴い、今後関心が高まることが見込まれている。(2023/12/8)

Gartner Insights Pickup(329):
医療における生成AI――責任ある展開をどのようにサポートするか
医療業界では、生成AIへの関心が急速に高まり、導入も急ピッチで進んでいる。だが、規制が追い付いていないため、医療機関がガードレールを設け、生成AIが責任ある方法で使われるようにすることが重要だ。(2023/12/8)

人工知能ニュース:
企業のカメラ画像利活用で問われる倫理観、パナソニック コネクトの取り組みとは
パナソニック コネクトがカメラ画像の利活用における企業のプライバシーガバナンスについて説明。同社はカメラ画像を含めた個人情報/パーソナルデータの利活用案件に対応するための専門組織を立ち上げ、データ利活用とプライバシーの両立に向けた取り組みを進めている。(2023/12/6)

事例で学ぶAIガバナンス:
「責任あるAI」チームを再編した米Meta ビッグテックですら手探り、AI倫理に“最適解”はあるのか
米Metaは「レスポンシブルAI」(責任あるAI)チームの再編を発表した。AIの開発や運用、利用が倫理的に行われているか運用していくチームに当たるが、なぜMetaはその再編を行うに至ったのだろうか。(2023/12/5)

セキュリティニュースアラート:
AI開発のセキュリティを確保するガイドライン CISAなど23組織共同締結
CISAとNSCS-UKはAIシステムの開発者に向けて、不正アクセスからデータを守るためのセキュリティ対策についてまとめたガイドラインを発表した。(2023/11/29)

「従業員監視」の法規制を巡る議論【後編】
従業員監視の是非を議論する英国 「つながらない権利」は保障されるのか
英国政府はコネクテッドデバイスの利用実態に関する調査資料を公開し、これを従業員監視に用いる際は「従業員の同意が必要」という見解を示した。政府の動向に対して、市民団体の反応は。(2023/11/28)

「COP28」を通じて考える気候危機への取り組み(前編):
世界の気候変動対策の現状と課題、「COP28」における主要な論点とは?
世界の気候変動対策において、大きな役割を持つ国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)。2023年11月末には最新の「COP28」が開催される。本稿ではこのCOP28を契機としたグローバルな気候変動への取り組みの現状と今後、そしてCOP28で想定される主要な論点ついて解説する。(2023/11/27)

AI人事採用ツールがもたらすリスク【前編】
AI人事採用ツールに急ブレーキか、規制法施行の米国が問題視する”AIの偏見”
米国ニューヨーク市は2023年7月に、自動人事採用ツール規制法を施行した。AIツールを採用判断に利用する企業に、第三者監査と結果の公表を義務付けた。この法規制がもたらすリスクについて、専門家の見解は。(2023/11/25)

Gartner Insights Pickup(326):
公共機関における生成AI利用の意義と課題
公共機関はAI(人工知能)技術への理解を徐々に深めており、サービス提供の改善に向けて投資を増やしている。だが、「ChatGPT」のようなモデルによる生成AIの台頭に伴う課題が生じており、新たなマインドセットが必要とされている。(2023/11/17)

CIO Dive:
P&Gは生成AIをどう使っている? 35のユースケースから見えた「推奨ポイント」
AIに長年積極的に投資してきたP&G。同社は2023年2月から独自開発した生成AI「chatPG」を導入している。他社よりもいち早く生成AIを本格導入したP&GのCIOが生成AIを活用する上で推奨するものとは。(2023/12/5)

自社の重要データを暗号化しなければならない理由:
PR:ランサムウェア対策には「暗号化」が必要不可欠 肝心なのは鍵の管理
企業の重要データを窃取しようとするサイバー攻撃に対抗するには、何が必要だろうか。防御策の一つが暗号化だ。データが暗号化されており、犯罪者がそれを復号できないのなら、データを盗まれたとしても損害は少ないからだ。では、データの暗号化にはどのような計画が必要なのだろうか。(2023/10/30)

民間宇宙産業向けサイバーセキュリティ入門(4):
今こそ民間宇宙システム事業者に求められる「攻めのセキュリティ対策」
「民間宇宙システムにおけるサイバーセキュリティ対策ガイドライン」を基に、宇宙産業スタートアップ企業のCISOの視点で捉えたサイバーセキュリティ対策のポイントと進め方例を紹介する本連載。最終回の第4回は、筆者がCISOを務めるアクセルスペースを題材に、民間宇宙システム事業者に求められる「攻めのセキュリティ対策」について説明する。(2023/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。