• 関連の記事

「3次元仮想空間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3次元仮想空間」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

NVIDIAが「Omniverse」を拡張 新USDベースの「Connector」 や開発者向けフレームワークなどをリリース
NVIDIAが、3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を拡充する。新しい開発者向けのフレームワークやツールなどを公開する他、新しいアプリやプラグインも用意する。(2022/8/10)

ぴあ、独自メタバース「NeoMe」でアーティスト応援 バーチャルライブなど開催
ぴあは、独自のメタバース「NeoMe」で、バーチャルライブなど通じてアーティストを応援するキャンペーンを始める。(2022/8/8)

Marketing Dive:
コカ・コーラ vs. ペプシ マーケティング視点で振り返る「コーラ戦争」の歴史
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている。持続可能性を巡る社会の要請は、競争を協力に変えるかもしれない。(2022/8/8)

Marketing Dive:
誰も説明できない「メタバース」になぜ人は“未来”を感じるのか?
「メタバース」の認知度は急速に高まりつつある。だが、ほとんどの消費者はそこで何が起こるのか、まだほとんど理解していない。(2022/8/4)

2Dドット絵“メタバース”をバーチャルオフィスに 学研「MetaLife」 25人まで無料
RPGのような2Dワールド上で、ユーザー同士がコミュニケーションできる「MetaLife」を学研HDが公開。参加者25人までなら無料で利用できる。(2022/8/3)

八代亜紀さん、昭和テーマのメタバースで誕生日ライブ チケット代は“ヤシロ価格”の8460円
歌手の八代亜紀さんが昭和をテーマにしたメタバースで、自身の誕生日である8月28日にバースデーライブを開催する。ライブ会場のメタバース「宝島」を運営する海馬が発表した。同社によると、メタバースで有料の興行ライブを開催するのは日本初だという。(2022/8/2)

総務省のメタバース研究会が初会合 課題洗い出しへ
総務省が、メタバースの利活用が進んだ際にどのような課題が生じるかを議論するため、有識者で構成する研究会を立ち上げ、初会合を開いた。将来的な進展による社会や経済への影響について、利活用場面を想定した上で課題を洗い出すのが研究会の目的。(2022/8/2)

Metaが提唱 「責任あるメタバース」を構築するための4つの原則
メタバースへの注目が高まっている。メタバースを利用したサービスの発表が相次ぐが、課題は「責任あるメタバース」の構築だ。Metaが提唱する、メタバース「3つの特徴」と責任あるメタバースに必要な「4つの原則」とは。(2022/8/2)

東大が「メタバース工学部」を設立 DX人材の育成に注力
東大はDX人材を育成するためにメタバースで教育プログラムを提供する。3つのコースから自分に合ったものを選択できる。(2022/8/1)

XRやVTuber特化の求人サイト「Mogura VR Job」 メタバース関連の採用が活発化
VR・AR関連ニュースサイト「Mogura VR」を運営するMoguraは、XRやメタバース、VTuber分野に特化した求人情報サイト「Mogura VR Job」をオープンした。(2022/8/1)

3DグラフィックスUI:
PR:組み込み機器にも求められる3DグラフィックスUI、開発の近道を探る
メタバースやVR/ARなど日常的に用いられる3Dコンテンツが増える中で、組み込み機器のUIにも3D化が求められている。組み込み機器におけるUIの3D化は容易ではないが、The Qt Companyの「Qt」を活用すればその道を開くことができるだろう。(2022/8/1)

リアル展示会「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」に見た、日本のメタバースを支える理念と技術とサービス
Metaが主催するメタバースのリアル展示会「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」レポート。(2022/7/29)

メタ、四半期で初の減収 メタバース立ち上がりには時間
メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)は7月27日(米国現地時間)に第2四半期となる2022年4-6月決算を発表した。売上高は288億2200万ドル(前年同期比1%減)、純利益は66億8700万ドル(同36%減)だった。広告需要が低下したことによる四半期ベースで初の減収となった。次の第3四半期(7-9月)では、売上高を260億−285億ドルのレンジで予想。(2022/7/29)

大日本印刷とPwCがメタバースで協業開始 企業や自治体のメタバース参入をサポート
大日本印刷とPwCコンサルティングは協業を開始し、企業や自治体におけるバーチャル空間「メタバース」の導入や活用を支援する。メタバースへの注目が増す中で、両社の協業はメタバースに取り組みたい企業や自治体にとってどのようなメリットがあるのだろうか。(2022/7/28)

“まさに今”の国際宇宙ステーションを体験できるメタバース JAXAがイベントで日本初披露
JAXAが米Meta主催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」で、国際宇宙ステーションを体験できるメタバースを日本初公開した。ISSのモデルは現実のISS同じ緯度、経度にあり、現在の状態を追体験できる。(2022/7/27)

第1回「METAVERSE EXPO JAPAN」開幕 Meta主催 “メタバースの今”を現実でアピール
米Meta主催のイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が開幕した。メタバース関連のサービスや製品の展示、関連団体の講演などを実施する。(2022/7/27)

Marketing Dive:
Googleはメタバースより現実世界を重視 明日のデジタル広告はどうなる?
Googleはマーケター向けの年次イベントにおいて、検索結果にARショッピング広告を表示するなど、デジタル広告をよりインタラクティブな機能へと誘導したい意向を示した。(2022/7/27)

メタバース就活フェスってどんな感じ? 企業とユーザーをつなぐ「METANAVI」に参加してみた
メタバースに多くの企業・自治体が参加する昨今、企業活動の中でも重要な人材獲得をVRで行う試みが増えてきています。(2022/7/26)

「Meta Pay」強化が意味するMetaの戦略【前編】
「Facebook Pay」改め「Meta Pay」とは? Meta渾身の決済サービス
メタバースユーザーに「Meta Pay」を浸透させたい考えのMeta Platforms。「Facebook Pay」から名称変更したMeta Payとは、そもそも何なのか。同社はMeta Payで何を実現しようとしているのか。(2022/7/26)

東大に「メタバース工学部」 女子中高生向けプログラムなど用意
東京大学が「メタバース工学部」を設立する。女子中高生を中心に工学や情報学の魅力を伝え、年齢やジェンダーに係わらないDX人材の多様化を推進するとしている。(2022/7/22)

東京大学、DX人材を育成する「メタバース工学部」設立 中高生や社会人に工学情報を広く提供
「全ての人が工学や情報を学べる教育システム」を目指します。(2022/7/22)

阪急阪神HD、グループ内での顧客IDの共通化でデジタルマーケティングを強化 SAPの顧客管理クラウドを活用
阪急阪神ホールディングスは、グループが提供するサービスの顧客IDの統合管理基盤として「SAP Customer Data Cloud」を活用している。顧客IDの共通化によって、顧客データの統合管理や分析に加え、デジタルツインやメタバースをはじめとした各種チャネルでのデジタルマーケティングを推進するようだ。(2022/7/25)

Social Media Today:
Meta、メタバースに全振りの裏で過去の目玉プロジェクトからこっそり撤退 新たな黒歴史に?
Mataは、これまで取り組んできたスマートウォッチやビデオ通話デバイス、ARグラスなど、ハードウェア開発について見直しを余儀なくされている。(2022/7/22)

関西外大にVR演習室 メタバースで人材育成へ
関西外国語大学(枚方市)は、インターネット上の仮想空間「メタバース」の世界を体験できるVR(仮想現実)演習室を同市の中宮キャンパスに開設し、7月19日、報道陣に公開した。文系大学では初の本格的な施設という。(2022/7/20)

米メタ(旧フェイスブック)、「メタバース EXPO」開催 日系企業など30団体が仮想空間に出展
Metaが日本の約30の企業や団体、官公庁とメタバースの構築を促すイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」を7月27日と28日に、報道及び一部関係者向けに開催すると発表した。(2022/7/15)

総務省が“メタバース研究会”開催へ 課題の整理と影響を調査
総務省が「Web3時代に向けたメタバース等の利活用に関する研究会」を開催する。メタバースに関する課題の整理や社会経済への影響などについて研究する。(2022/7/14)

Meta、メタバースへの取り組みをアピールする関係者向けイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」を開催
Metaは、メタバースを実現するための取り組みなどを発信する関係者向けイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」の開催を発表した。(2022/7/13)

全ての企業がテクノロジー企業になる? アクセンチュアがそう予測するわけ
アクセンチュアは全ての企業がテクノロジー企業となり、メタバードが次のフロンティアになると予測する。メタバース黎明期の今、企業が知るべき潮流とは?(2022/7/14)

メタバースで行われた発表会に参加 Zoomに比べて何がいいの?
コンサルティング大手のアクセンチュア日本法人が、同社として初めて発表会をメタバース上で行ったので、参加してみた。果たして、メタバース発表会はありなのか。(2022/7/13)

隈研吾氏が顧問 サイバーエージェント、“メタバース建築”研究するラボ設立
メタバース空間の建築物や空間デザインの研究・企画・制作を行う「メタバースアーキテクチャラボ」をサイバーエージェントが設立。建築家の隈研吾氏を顧問に迎えた。(2022/7/12)

CIO Dive:
メタバース、AR、Web3.0の「誇大広告」に要注意 ビジネスで“本当に使える”最先端テクノロジーを考える
メタバースやAR、Web3.0など最先端のテクノロジーには大きな期待がかかっているが、それらがビジネスで有用かどうかには議論の余地がある。世界のITリーダーは今、これらのテクノロジーをどう活用しようとしているのか。先行する米国企業の“実際のところ”を見てみよう。(2022/7/8)

Meta、200言語対応のAI翻訳プロジェクト「NLLB-200」をオープンソース化
Metaは、200言語を中間言語なしに翻訳するAIモデル「NLLB-200」をオープンソース化する。FacebookやInstagramでも採用する他、「より多くの人々がメタバースにアクセスできるようになる」としている。(2022/7/7)

製造業メタバース:
新たなフロンティアはメタバース、アクセンチュアが語るその可能性
アクセンチュアは2022年7月5日、世界の最新テクノロジートレンドに関する調査レポート「Technology Vision 2022」の記者発表会を、3次元の仮想空間「メタバース」上で開催した。登壇者や報道陣も自身の分身「アバター」で参加した。(2022/7/7)

Marketing Dive:
ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、両ブランドはZ世代の共感を呼ぶための努力を惜しまない。もちろんデジタル空間でも精力的にその存在感をアピールする。次なる戦いの場はメタバースか。(2022/7/6)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
岐路に立つテレワーク、不況で労働者の“踏み絵”に 監視ツールとしてのメタバースにも注目
世界各国での新型コロナウイルスの新規感染者がじわじわと増え続けている。しかし従業員に対してオフィス出社を求める企業は増えており、またテレワーク社員を監視するため技術としてメタバースに注目が集まっているという。(2022/7/6)

あの「どこでもドア」が現実に メタバースの可能性
インターネット上の仮想空間「メタバース」をビジネスに活用するケースが増えている。(2022/7/4)

製造業メタバース:
SiemensとNVIDIAが産業向けメタバース構築で提携、XceleratorとOmniverseを接続
SiemensとNVIDIAは産業向けメタバースの構築に向けて提携を発表した。第1弾の取り組みとして、Siemensのオープンなデジタルビジネスプラットフォーム「Xcelerator」と、NVIDIAの3Dデザイン/コラボレーション向けプラットフォーム「Omniverse」を接続し、Siemensの物理ベースのデジタルモデルとNVIDIAのAI対応リアルタイムシミュレーションによる、産業向けメタバースの構築を可能にする。(2022/7/4)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがメタバース空間にキャリアショップをオープン――NTTドコモはリアルショップを3割閉鎖して、オンラインにシフト
昨今の社会情勢を踏まえて、キャリアショップにも変革が求められている。そんな中、ソフトバンクはメタバース空間に「ソフトバンクショップ」を開設することになった。一方で、NTTドコモはドコモショップを30%程度削減してオンラインでの手続きを強化するという報道がなされている。キャリアショップは今後どのような姿になっていくのだろうか。(2022/7/3)

ネックはどこに?:
「Web3.0はうちじゃ無理なの?」 日本企業の多くが頭を抱えている“超現実的”な理由
「NFT」「ブロックチェーン」「メタバース」といったWeb3.0関連のテーマ。これらは、自社のビジネスモデルに大きな影響を与える可能性があるが、うまく取り組めない日本企業も多い。その理由は?(2022/6/30)

コロナ禍のIT活用促進術【第3回】
はやり物が大嫌いなITリーダーこそ「メタバース」を追うべき理由
話題になったはずのITが一時的な流行で終わり、廃れることは珍しくない。それでも“はやりのIT”を注視することには意味がある。「ミーハーになれ」ということではない。これは「心構え」の問題だ。(2022/6/30)

デジタルツインを実現する「NVIDIA Omniverse」:
PR:品質向上と業務最適化に効く“モノづくりのメタバース”とは?
モノづくりの品質向上や業務最適化を図るためにデジタル化は欠かせない。だがツール併用によるデータ変換の手間など課題も多い。デジタルにおける諸課題や多様なビジネスプロセスの最適化に効く“モノづくりのメタバース”とは?(2022/6/29)

朝倉未来のNFTをリリース メタバースの世界で対戦
卸売業などを営む喜喜(横浜市)は、総合格闘家の朝倉未来(あさくら・みくる)氏初のNFT「朝倉未来:Meta Battle NFT」を世界同時リリースすると発表した。(2022/6/29)

群馬県がメタバースのワールド作成で公募 委託費は運営込みで250万円 個人も対象
群馬県がメタバースのワールド作成者の公募を始めている。法人だけでなく個人でも応募可能。ワールドは、同県内のデジタル若手人材育成拠点「tsukurun」のユーザーが作成したCG作品などを展示するという。(2022/6/24)

“メタバースなソフトバンクショップ”開設 24時間365日いつでもサポート
ソフトバンクは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」を6月23日にオープンした。「ZEPETOアプリ」(Android/iOS)をスマホなどにダウンロードし、3Dアバターを作った上で同店へ来店すると、メタバース空間でアバターによる接客などが受けられる。サービスの契約や、端末、アクセサリーなどの購入はオンラインショップへ推移し、ユーザー自身が行わなければならない。(2022/6/23)

「Facebook Pay」は「Meta Pay」に ザッカーバーグCEO、“メタバースのウォレット”構想を語る
MetaのザッカーバーグCEOは、「Facebook Pay」の「Meta Pay」への名称変更を発表した。将来的には「メタバースのウォレット」にしたいとしている。金銭だけでなく、作成・購入したデジタルアイテムも管理するデジタルウォレットだ。(2022/6/23)

メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」結成 MetaやSIE、W3Cなど33団体
メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」が結成された。Microsoft、Meta、SIEなどの企業の他、W3Cも創業メンバーだ。「スノウ・クラッシュ」のニール・スティーブンソン氏が共同創業したブロックチェーン決済企業も参加する。(2022/6/22)

「『仮想空間作ったけど人がいなかった』を解決」 REALITY、法人向けメタバース構築サービス開始
グリー子会社が、3D仮想空間を法人向けに提供するメタバース構築ソリューション「REALITY World」の提供をスタートした。(2022/6/20)

「メタバース」「NFT」に取り組みたいけどどうしたらいい? 日本企業が持つ期待と課題、そして解決策を解説
メタバース、NFTに関するビジネスに興味があるけど、どうすればいいか分からない。そんな企業も多いはずだ。PwCの調査を基に、現状と解決策が見えた。5つのステップで新時代に備える。(2022/6/20)

Meta、アバター向けアパレルショップ開店 「メタバースで自分を表現する方法」とザッカーバーグCEO
Metaは、Facebook、Instagram、Messengerで共通で使えるユーザーアバターに着せる服のデジタルアパレルショップを開店する。まずはプラダ、バレンシアーガ、トム ブラウンがアイテムを提供。メタバースでも着られるようになる見込みだ。(2022/6/18)

“メタバースで撮ったVR写真”に県知事賞 「新文化の発展に寄与」
「VR写真大賞2022」で、最優秀賞を受賞した作品を撮ったユーザー「kiiik」さんに、三重県知事賞が授与された。(2022/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。