「コミュニケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

元AKB48メンバー、“呪術廻戦オタの妹”から届いたLINEに困惑 “おかか”に返事した結果……「初見殺し」「センスは特級」
オタクすぎるコミュニケーションエラー。(2024/6/21)

VRの普及は遠くない?【中編】
Web会議の「複数人だと話しにくい」問題を解消する“VR会議”とは?
Web会議はテレワークや遠隔のコミュニケーションを支える手段としてなくてはならない存在だが、参加者が増えるとうまく機能しないことがある。これに悩んだHPEのチームは、VRを活用することにした。(2024/6/19)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
「sudo」の読み方は“須藤”でよい? “難読”IT用語9個の読み方
開発者が目にするIT用語の中には、読み方が分かりにくいものが幾つかある。この機会に読み方を覚えて、円滑なコミュニケーションに役立てよう。(2024/6/16)

20代キャリア採用の面接で評価するポイント 2位は「コミュニケーション力」、1位は?
学情は、企業・団体の人事担当者を対象として、「20代採用における評価ポイント」に関する調査を実施した。「経験もポテンシャルもある層」として採用ニーズが高止まりする20代の採用で、企業が重視するポイントとは。(2024/6/13)

蛍の光=閉店はもう古い!? ダイソーが新しい”閉店音楽”を導入、「気分よく帰れる」曲の特徴は?
閉店を知らせる音楽といえば、「蛍の光(別れのワルツ)」が一般的だが、現在は「蛍の光=閉店」というイメージが結び付きづらい利用客がいるという。そこで、USEN(東京都品川区)と大創産業(広島県東広島市)は、早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所と共同で、新しい閉店音楽を作成した。(2024/6/12)

今日のリサーチ:
企業のサステナビリティ推進、予算が増えても解決しない課題は?――博報堂プロダクツ調査
博報堂プロダクツは「企業のサステナビリティコミュニケーションに関する調査2024」を発表。サステナビリティコミュニケーションの課題や各種施策の実施状況などをまとめました。(2024/6/8)

孤独・孤立対策メタバース「ぷらっとば〜す」を公開した理由 内閣府に聞いた
内閣府 孤独・孤立対策推進室が5月の「孤独・孤立対策強化月間」に合わせて公開したメタバース「ぷらっとば〜す」。会話禁止のルールなどが話題を呼んだ。内閣府はなぜぷらっとば〜すを実施し、なぜコミュニケーションを禁止にしたのか、その理由を聞いた。(2024/6/4)

Sansan、MIXI…… Notionで業務変革した企業の事例集
先行企業はどのような目的でNotionを導入し、どうやってコミュニケーションを変革したのか。SansanとMIXIの事例に学ぶ。(2024/5/27)

アミューズ、SNSのステマ憶測めぐりコメント 「代理店とのコミュニケーションが十分にできていなかった」と謝罪
Xに流出したPR広告のガイドに「PRタグを必須としない」旨が記載されていると指摘されていました。(2024/5/24)

今日のリサーチ:
AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較してどのような特徴を持つのでしょうか。(2024/5/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Teams」対「Zoom」の“勝者”はどっち?
Web会議機能を搭載したコミュニケーションツールの代表例が「Microsoft Teams」と「Zoom」だ。どちらを選ぶのが“正解”なのか。機能や導入のしやすさなど幾つかの観点で、両者を比較する。(2024/5/23)

今日のリサーチ:
電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホでのコミュニケーションにテキストを使用する割合が通話を上回りました。(2024/5/18)

現場管理:
施工管理アプリ「ミライ工事DX」にアルコールチェックと運転日報の新機能、JPTS
J-POWERテレコミュニケーションサービスは、ミライ工事とともに、施工管理アプリ「ミライ工事DX」にアルコールチェックと運転日報の新機能を開発した。(2024/5/15)

現場管理:
建設現場の遠隔臨場にリコーの双方向ライブ配信システム導入、安藤ハザマが社内標準ツールに採用
安藤ハザマは、リコーの双方向ライブ配信システム「RICOH Remote Field」を社内標準ツールに採用し、全国約270カ所の建設現場で導入を開始した。コミュニケーション業務を効率化して生産性向上につなげるともに、確実で効率的な技術伝承の実践にも活用する。(2024/5/15)

ソフトバンク、LINEを活用した「ぶんタン通信」開始 離れて暮らす親子へコミュニケーションの話題を提供
ソフトバンクは、5月21日に離れて暮らす親子向けのサービス「ぶんタン通信」を提供開始。LINE公式アカウントを登録してグループを作ると、サービス内のキャラクターが親が住む地域のニュースを定期的に送る。(2024/5/14)

ふぉーんなハナシ:
LINEで最大6個のスタンプを1度に送信できる意味は? 「スタンプアレンジ機能」の意義を広報に聞く
LINEヤフーが5月13日から、コミュニケーションアプリ「LINE」で、「スタンプアレンジ機能」を提供している。対象スタンプの大きさや角度、位置を自由に変更できることに加え、最大6個のスタンプを自由に組み合わせて送信できる。本機能の提供理由や利用する意義を広報に聞いた。(2024/5/14)

価値を「分かりやすい形で示すこと」が重要:
D&AやAIなどに取り組むリーダーには「経営層との密接なコミュニケーション」が不可欠 ガートナージャパン
ガートナージャパンは、年次調査「最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)サーベイ」の結果を発表した。それによると、61%の組織が「破壊的なAI(人工知能)技術の影響を受けて、データ/アナリティクスのオペレーティングモデルの進化や再考を余儀なくされている」という。(2024/5/9)

DXセレクショングランプリ企業に学ぶ成功のカギ:
PR:「気付けばそれがDXの入り口だった」創業91年の醸造機器メーカーの社内改革
製造業でもDXが大きな注目を集めているが、なかなかその第一歩が踏み出せない企業も多い。こうした中で、コミュニケーションツールからデジタル化に取り組み成果を残しているのが、醸造機械メーカーであるフジワラテクノアートだ。(2024/5/8)

現場管理:
名刺サイズの遠隔臨場用カメラ「G-POKE」のレンタル販売開始、MIYOSHI
MIYOSHIは、電源1つでカンタン起動するウェアラブルカメラ「G-POKE」のレンタル販売を開始した。発注者が立ち会わずに、遠隔地から進捗状況や現場立会などを行う“遠隔臨場”に対応したコミュニケーションツールとなっている。(2024/5/7)

新入社員の“理想の上司”像 「声を掛けてくれる」「丁寧な指導」を抑えた1位は?
新型コロナウィルスの影響を大きく受け、オンラインによるコミュニケーションを中心に過ごしてきた2024年の新入社員が考える「理想の上司」とは。ALL DIFFERENT(東京都千代田区)の研究機関であるラーニングイノベーション総合研究所が調査を実施した。(2024/4/30)

独自のLLM搭載:
AIが瞬時に「自然で適切な言い回し」の文章を提案 CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力
独スタートアップDeepLは4月25日、大規模言語モデル(LLM)を搭載したビジネス向けの新サービス「DeepL Write Pro」を発表した。英語での文章作成をサポートするサービスで、グローバル展開する企業の社内コミュニケーションや、顧客向けのメッセージなど、ビジネスにおける多様なシーンでの活用を見込む。CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力は……?(2024/4/26)

ソニーのスマートホームサービス「MANOMA」が親の見守りセットを最大5500円引きで提供 6月18日まで
ソニーネットワークコミュニケーションズライフスタイルが提供するスマートホームサービス「MANOMA」が、母の日&父の日キャンペーンを開催する。6月18日までに申し込むと、「親の見守りセット」の2〜5カ月目の利用料金を毎月1100円(合計最大5500円)割り引く。(2024/4/24)

Snowflake、対面イベント用拠点を東京にオープン 顔を突き合わせて話せる場に
Snowflake日本法人が対面イベント向けの拠点を開設した。セミナーやハンズオンイベントなどを対面で実施できるようにし、顧客やSnowflakeの導入を考えている企業とのコミュニケーションを深化させる。(2024/4/24)

Archi Future 2023:
BIM確認申請で欠かせない「オープンBIM」と「CDE」 オープンBIM時代の到来で“建築/都市DX”実現へ
2009年のBIM元年から15年――。国交省の3D都市モデルプロジェクト「Project PLATEAU(プラトー)」との連携や2025年からスタートする「BIM確認申請」など、日本のBIM活用は新たなフェーズに突入している。今後、BIM活用が国内で進展するうえで、建設ライフサイクル全体でステークホルダーをつなぎ、コミュニケーションやコラボレーションを可能にする「オープンBIM」と共通データ環境(CDE)の重要度がますます高まるという。(2024/4/23)

NPO法人国際CIO学会講演会:
日本再生の切り札は、グローバルで大きく先行する次世代コミュニケーション基盤と生成AI
少子高齢人口減少社会に向け、行政DXをどう進めるべきか。また日本再生を目指すために、グローバル先端技術をいかに活用すべきか。総務省の事務次官、および日米のビジネス論客がAIや未来技術などを議論した。(2024/4/16)

メカ設計メルマガ 編集後記:
新入社員と、新入社員を受け入れる設計現場にオススメしたい記事【3選】
MONOistの記事を新入社員とのコミュニケーションのきっかけにしていただけたらうれしいです!(2024/4/2)

ITmedia Security Week 2023冬 イベントレポート:
新社長就任の翌日にランサム被害 事例で学ぶインシデント対応の成功パターン
ランサムウェア攻撃は「いつか自社にも必ず訪れる」という意識で対策を講じる必要がある。万が一被害が発生した場合、どう動けばいいのか。詳細な被害事例からリスクコミュニケーションの成功パターンを紹介する。(2024/3/29)

LTVの罠:
一見素晴らしい「1to1コミュニケーション」施策の落とし穴 マーケティングの残念な事例
一人一人に最適化したコミュニケーションを取ろうとする施策。本当に実現するには欠かせない要素がある。(2024/3/28)

コミュニケーションの質とコスト削減を両立
テレワークで浮上した「固定電話どうするか」問題 スマホによる置き換え術とは
オフィスの固定電話や内線の運用は、ハイブリッドワークを進める上での代表的な課題だ。「今、誰がどこで働いているか分からない」中で、コミュニケーションの質を保ちながら電話の取り次ぎをスムーズに進めるための方策とは。(2024/3/26)

新社会人が感じるギャップ 3位「仕事量」、2位「上司とのコミュニケーション」、1位は?
新社会人が入社前後で感じるギャップは何か。auじぶん銀行(東京都中央区)が実施した調査によると、1位は「給与が低い」(34.0%)で、2位は「上司とのコミュニケーションが難しい」(20.4%)、3位は「仕事量が多い」(19.0%)だった。(2024/3/27)

現場管理:
現場コミュニケーションツールの「SynQ Remote」お絵かき機能がバージョンアップ、クアンド
建設現場向け遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote」のお絵かき機能が、バージョンアップした。お絵かき機能は、写真に指摘事項を現場と事務所の双方で書き込んで、リアルタイムに共有できる。(2024/3/26)

電話が苦手な理由、1位は「緊張するから」 10〜20代でテキストコミュニケーションを重視する傾向
ソフトバンクが調査結果を発表し、電話に対する苦手意識を持っている人の状況や、世代別の傾向が明らかになった。(2024/3/25)

『ルリドラゴン』連載再開記念レビュー 「ゆるい」多様性とコミュニケーションの素晴らしさ
大切なのはバランスなのかもしれない。(2024/3/24)

低コストで高いパフォーマンスを実現:
PR:生成AI対応、セキュリティ、生産性を考慮した新時代のPC選定のススメ
「対面から非対面」といったコミュニケーション形態の変化や生産性向上のニーズを背景に、PCの選定基準を見直す必要が出てきている。専門家が、トレンドを踏まえてPC選定のポイントを解説する。(2024/3/26)

職場になじめず、飲み会も誘われず……どう付き合えば?
職場で浮いている気がします。もともとコミュニケーションが得意な方ではないのですが、先日、自分だけ所属チームの飲み会に誘われていないことが分かり、少し落ち込んでしまいました。どうすれば職場でうまく人付き合いができるのでしょうか――。働き方のプロのアドバイスは?(2024/3/22)

元日向坂46・宮田愛萌、新作描き下ろし小説の発売が決定 「ずっと追われていた原稿はこれでした」
「コミュニケーションの難しさ」をテーマにした恋愛連作短編です。(2024/3/14)

5G:
安藤ハザマ、山岳部のダム建設現場でローカル5Gと衛星通信連接の実証に成功 東大と連携
安藤ハザマは東京大学と共同で、ローカル5Gと低軌道衛星通信を連接し、通信環境が脆弱な山岳エリアでも遠隔地と円滑なコミュニケーションが可能なネットワークシステムを構築した。現場の安全管理や施工管理業務を効率化する。(2024/3/13)

不動産テック:
ChatGPTで不動産価格を査定 三菱地所が「住まいのAI査定サービス」β版を試験公開
三菱地所と三菱地所ハウスネットは、ChatGPTを活用した「住まいのAI査定サービス」の試験運用を開始した。住まいの資産価値がワンクリックで分かり、営業担当者と会話しているような感覚で不動産に関する双方向コミュニケーションが実現する。(2024/3/8)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「#」はシャープじゃなかった? “謎”のIT用語11選
IT業界では、独特な頭字語や略語、謎めいた言葉が幾つも生まれてきた。コミュニケーションの中で急に登場しても慌てたり、誤解したりしないために、知っておきたい11個の技術用語とスラングを紹介する。(2024/3/7)

配信者・布団ちゃん、オーイシマサヨシを巡り過去に不適切発言 曲の“パクリ”主張し炎上→謝罪 本人の耳にも届く
「配信でのコミュニケーションにおいて十分な慎重さを持ち、適切な言葉選びを心がけます」とつづっています。(2024/3/6)

600人に聞いた:
増える「〇〇ハラ」、7割の会社員が肯定的 その理由は?
時代の変化とともにハラスメントの種類が増え、職場でのコミュニケーションも慎重さが求められている。そんな中、「○○ハラ」が増加する風潮に対して、7割が「賛成」と答えたことが、キャリア支援サービスを手掛けるライボ(東京都渋谷区 )の調査で分かった。(2024/3/6)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
おはよう/おつかれの挨拶だけで出退勤登録 チャットボットで建設業の業務を効率化するL is B
L is Bは、「ライフ イズ ビューティフル」の頭文字を元とするソリューション開発会社。最近注力しているのは、生成AIを活用したビジネスチャット「direct」だ。開発当初は、さまざまな業種の現場で、円滑なコミュニケーション実現を目的としていたが、利用企業4000社超の半数近くを建設業が占めるという。(2024/3/5)

すべて“言葉”にして報告してくれる女の子 1歳とは思えないコミュニケーションに「かわいくってお利口さん!」【海外】
1歳8カ月とのこと。(2024/3/5)

ウマにお手伝いを頼んでみると…… 飼い主と二人三脚で寝床を整えるコミュニケーション能力に「いい仕事をするウマですね」【米】
お手伝いが上手!(2024/3/3)

今日のリサーチ:
Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識を共同調査しました。(2024/3/2)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第3回】
テキストだけの“SNS老人”にならないために知っておきたい「映像・音声SNS」5選
かつてインターネットでの交流はテキストが主体だったが、近年は映像や音声を使ったコミュニケーションへと人気が移りつつある。映像や音声のやりとりを爆発的に普及させた主要SNSとは。(2024/2/29)

現場管理:
鹿島建設とシャープ、山岳トンネル向け遠隔コミュニケーションシステム開発
鹿島建設とシャープは共同で、動画と静止画をハイブリッドに組み合わせて送信する山岳トンネル工事向けの遠隔コミュニケーションシステムを開発した。実際のトンネル工事で現場実証を行ったところ、通信環境が良好でないトンネル坑内の切羽の状態を目視判定した。(2024/2/28)

「部下への忖度」経験ある上司は9割 パワハラを恐れ、言えないこととは?
働き方の多様性、価値観の変化などを背景に、職場内でのコミュニケーションのあり方が変化している昨今、上司と部下の関係性はどのように変化しているのか。ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/22)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第1回】
いにしえから現代まで受け継がれた、もはや「レジェンド」なSNSの機能とは
個人的なコミュニケーションからビジネスまで、ソーシャルメディアはなくてはならない存在になりつつある。歴史をひもときながら、社会生活を彩るソーシャルメディアの役割を振り返る。(2024/2/15)

営業コミュニケーション大解剖:
「家庭の事情で営業活動に集中できず成果も上がらない」 社内で気まずくならない2つの方法
育児や介護など、家庭の事情で思うように営業活動に邁進できないこともあるでしょう。社内で気まずくなりにくくするための日頃の振る舞いやコミュニケーションについて考えてみましょう。(2024/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。