「コミュニケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ウマにお手伝いを頼んでみると…… 飼い主と二人三脚で寝床を整えるコミュニケーション能力に「いい仕事をするウマですね」【米】
お手伝いが上手!(2024/3/3)

今日のリサーチ:
Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識を共同調査しました。(2024/3/2)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第3回】
テキストだけの“SNS老人”にならないために知っておきたい「映像・音声SNS」5選
かつてインターネットでの交流はテキストが主体だったが、近年は映像や音声を使ったコミュニケーションへと人気が移りつつある。映像や音声のやりとりを爆発的に普及させた主要SNSとは。(2024/2/29)

現場管理:
鹿島建設とシャープ、山岳トンネル向け遠隔コミュニケーションシステム開発
鹿島建設とシャープは共同で、動画と静止画をハイブリッドに組み合わせて送信する山岳トンネル工事向けの遠隔コミュニケーションシステムを開発した。実際のトンネル工事で現場実証を行ったところ、通信環境が良好でないトンネル坑内の切羽の状態を目視判定した。(2024/2/28)

「部下への忖度」経験ある上司は9割 パワハラを恐れ、言えないこととは?
働き方の多様性、価値観の変化などを背景に、職場内でのコミュニケーションのあり方が変化している昨今、上司と部下の関係性はどのように変化しているのか。ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/22)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第1回】
いにしえから現代まで受け継がれた、もはや「レジェンド」なSNSの機能とは
個人的なコミュニケーションからビジネスまで、ソーシャルメディアはなくてはならない存在になりつつある。歴史をひもときながら、社会生活を彩るソーシャルメディアの役割を振り返る。(2024/2/15)

営業コミュニケーション大解剖:
「家庭の事情で営業活動に集中できず成果も上がらない」 社内で気まずくならない2つの方法
育児や介護など、家庭の事情で思うように営業活動に邁進できないこともあるでしょう。社内で気まずくなりにくくするための日頃の振る舞いやコミュニケーションについて考えてみましょう。(2024/2/13)

仏人義母に初めて“酢豚”を作ったら…… 予想外のひと言と反応に妻びっくり「幸せな食卓ですね」「異文化コミュニケーションが最高」
今日のごはんは酢豚で決まり!(2024/2/11)

「事業部長のおごり自販機」「ペットロボ」活用 TOPPANが“5つの仕掛け”で狙った社内改革に迫る
TOPPANが進めた社内コミュニケーション改革。「雑談倍増」を掲げて取り組んだユニークな“5つの仕掛け”を紹介する。(2024/1/30)

キャリアニュース:
男性上司より女性上司のいる管理職の方が「今の仕事が好き」の割合が高い
JTBコミュニケーションデザインが「女性管理職の本音とマネジメント行動に関する調査」の結果を発表した。男性上司よりも女性上司がいる管理職の方が「今の仕事が好きである」の回答割合が高かった。(2024/1/26)

日清食品グループ内でも評価:
発売1年で2億本 ピルクル ミラクルケアの「安い」と言い切るマーケ戦略、なぜ成功した
日清ヨークの「ピルクル ミラクルケア」が好調だ。「安い」と言い切るマーケティング戦略で、発売1年で2億本を売り上げた。価格訴求はブランドを傷つける可能性もある、諸刃の剣だ。なぜ「安い」と言い切るマーケ戦略を採用したのか、販売戦略とコミュニケーション設計を取材した。(2024/1/23)

9200キロ先にアバター 2025年、見たことない世界示せるか
意思や感情を伝え合うコミュニケーションを進化させてきた人類の歴史。はるか遠の人が目の前に−。2025年大阪・関西万博では、近未来の技術が出現する。(2024/1/21)

MetaのザッカーバーグCEO、AGI開発宣言 「AIとメタバースは繋がっている」
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社の後期的なビジョンはAGIの構築だと語った。AGIとのコミュニケーションにはスマートグラスが適しており、「AIとメタバースは繋がっている」としている。(2024/1/19)

激変したIT環境、変わらない学びへの熱意:
20年目を迎えたセキュリティ・キャンプ、輩出された人材に見るその価値
2004年からセキュリティ人材の発掘、育成を目的に継続してきた「セキュリティ・キャンプ」。コロナ禍でオンライン/ハイブリッド開催を余儀なくされた時も工夫しながら継続し、ついに20年目を迎えた。2023年は久しぶりにオフラインの講義が主体となり、受講生や講師が4泊5日の期間中、顔を突き合わせ、密にコミュニケーションをとれる場が復活した。(2024/1/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(109):
大切なのは「原因の追究」か?――トラブル発生時のコミュニケーション
重大な問題が起こると、その原因を追究したくなるかもしれません。しかし、最も大切なのは「問題を解決すること」ではないでしょうか。(2024/1/17)

KDDI、社内TeamsにAIチャット導入 生成AIの企業利用、工夫や課題点を聞いた
KDDIグループでアジャイル開発事業を行うKDDIアジャイル開発センターは、KDDIが開発した生成AIをコミュニケーションツール「Microsoft Teams」上へ導入している。生成AIの社内活用のための工夫や、課題などを聞いた。(2024/1/15)

パナのスマートテレビが「Amazon Fire TV」ベースに Fire OS搭載3モデルを発表
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーションは、米Amazonと「Fire TV」のライセンス契約と協業を発表した。「VIERA」のスマートテレビのOSにAmazonの「Fire OS」を採用。第一弾として、65/55インチ「Z95A」と77インチ「Z93A」の新型OLEDテレビを投入する。(2024/1/9)

TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【前編】
Zoomではなく「Teams」を使う理由は? 料金や機能の特徴は?
「Microsoft Teams」は、Microsoft製アプリケーションと連携がしやすいユニファイドコミュニケーションツールだ。テレワーク中のコラボレーションツールとしてのTeamsのメリットと特徴とは。(2024/1/8)

優秀なのに「部下を育てられない」 原因は上司のある“思い込み”【マネジメントのヒントになる記事3選】
人材育成が難しい。「パワハラにならないように」と気を付けると、どうしてもコミュニケーションに消極的になってしまう。他責思考の部下とやりとりするのに骨が折れる……。多くのマネジャーが、部下への接し方に悩みを抱えていることでしょう。(2024/1/6)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
顧客との出会いを生むタッチポイントの見つけ方、増やし方
より良いユーザー体験を生み出すためには、さまざまなタッチポイントで適切なコミュニケーションを図る必要があります。それをどう探し、どう活用していくのか、考えてみましょう。(2023/12/28)

ソニー「poiq」、24年1月に再起動 “修行”終え、マルチモーダルに進化?
ソニーは20日、コミュニケーションロボット「poiq」が、2024年1月23日に「修行から帰ってくる」と明らかにした。(2023/12/20)

マネジメント力を科学する:
第21回:超多忙なマネジャーを救う、メンバーの「納得」と「主体性」を引き出すコミュニケーション術
コロナ以降、「部下が何を考えているのか分かりにくくなった」という相談が増えてきた。部下が自立して、いきいきと働いてもらうために、上司として何ができるのか。(2023/12/19)

石野純也のMobile Eye:
IOWNは6G時代のボトルネック解消になるか 「IOWN WEEK」で見えた実力と課題
NTT、ドコモ、東急不動産は、東京・渋谷に完工した「渋谷サクラステージ」で、次世代コミュニケーション基盤の「IOWN」を導入。これをお披露目する「IOWN WEEK」を12月13日から15日の3日間に渡って開催した。IOWNは、次世代モバイル通信規格の6Gを支えるバックボーンとしても期待されている。(2023/12/16)

今日のリサーチ:
「LINE」と「公式アプリ」、どちらかなくなるとしたら残してほしいのは?――DearOne調査
飲食店・小売店などの店舗が会員とのコミュニケーションを行う手法としてLINE公式アカウントと企業公式アプリは似た位置付けにあります。多くの企業やブランドが両方を提供している中、消費者はそれらをどう使い分けているのでしょうか。(2023/12/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を育てる、Z世代攻略コミュニケーション法
「最近の若者は」と言っていても始まらない人材育成。若手人材からの不満の声と企業からの求める声。ここに人材育成のヒントがある。(2023/12/14)

数量限定:
JAL、機内に搭載していた「救命胴衣」を再利用 何になった?
JALブランドコミュニケーションは、機内搭載していたライフベスト(救命胴衣)を再利用したバッグ2種類を販売する。価格はトートバッグが1万3200円、ショルダーバッグが1万1000円。(2023/12/12)

営業コミュニケーション大解剖:
「結果重視・感覚派タイプ」の営業上司、どうコミュニケーション取る? 4タイプ別に解説
営業上司とはどのようにコミュニケーションを取るのが効率的・効果的でしょうか? 本記事では、上司のタイプを4つに分けてタイプ別の最適なコミュニケーションを探っていきます。(2023/12/11)

コラボレーションツールを業務に生かし切る条件【後編】
3つのスタイルから考える、コラボレーションツール成功の“虎の巻”
業務におけるコミュニケーションは、やりとりをする相手の数も内容の深刻度もさまざまだ。多様なコミュニケーションにコラボレーションツールをどう生かせばよいのかを、3つの視点から検討する。(2023/12/11)

営業コミュニケーション大解剖:
営業進捗を報告しない部下、何を考えている? 4パターンごとのコミュニケーション術
営業マネジャーであれば「部下が営業進捗を共有してくれない」と悩んだ経験を持っているだろう。その際、部下はどういう状況にいて、なぜ進捗報告をしないのか? 4つのパターンに分けたときの適切なコミュニケーションを考えていこう。(2023/12/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
若者こそ「忘年会したい!」 それでも昭和の上司が勘違いしてはいけないワケ
「忘年会に参加したい派」の割合が最も多いのは20代──そんな驚きの結果が、Job総研の調査で明らかになった。コロナ禍の影響で「人と会って話したい」欲望を持つ若者が増えているようだ。しかし、何のためにどのような忘年会をやるのか、部下とどのようにコミュニケーションすべきかについて、気を付けるべきこともあって……。(2023/12/8)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
世界の一流ブランドはなぜ「ゲーマー」を重視するのか
ブランドがZ世代を理解し、彼らと適切なコミュニケーションを取るためには、何よりもまず彼らの集まるコミュニティーに積極的に参加する必要があります。今回の無料eBookのテーマは「ブランドのゲーム活用事例」です。(2023/12/4)

シャープ、ロボホン向け対話アプリ「AI会話」提供 ChatGPT活用で月額330円
シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN」向けにChatGPTを活用した対話アプリ「AI会話」をリリース。先行体験を経たサービスインでは、回答をロボホンらしい言葉遣いで返答するようになった。(2023/11/30)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【後編】
「生成AI」が招く“4大リスク”とは? 医療現場は要注意
コミュニケーションが頻発する医療現場では、対話が可能な生成AIへの期待が高まりつつある。ただし医療機関が生成AIを活用するに当たっては、幾つかの課題を考慮する必要がある。4つのリスクにまとめて紹介する。(2023/11/30)

メカ設計ニュース:
協業で機械、PCB設計とマルチフィジックス解析の統合ソリューションを提供
Cadence Design SystemsはAutodeskと協業し、スマート製品の統合設計ソリューションを提供する。これにより、電気および機械設計者のシームレスな双方向コミュニケーションが可能になり、製品開発を効率化する。(2023/11/28)

若手技術者に向けたアドバイス6選【後編】
会議では「的外れだけど“あえて質問”」はOK? 若手が意識したい処世術
経験の浅い若手技術者は、職場でさまざまな悩みを抱えがちだ。その一部は、コミュニケーションのこつを押さえることで解決できることがある。会議中の質問や、上司への相談におけるアドバイスを紹介する。(2023/11/25)

オンライン展示もあり:
「docomo Open House'24」2024年1月に開催 先進技術やプロジェクトを展示
NTTドコモが、2024年1月17〜18日に「docomo Open House'24」をリアル開催する。通信技術、コミュニケーション、都市デザイン、交通、生成 AI、メタバース/XRなど6分野31展示が出展される。(2023/11/22)

社員が課題に感じていること、3位「上司とのコミュニケーション」 同率1位は?
グロービスの調査「学習実態や仕事への課題」から、正社員の約6割が「将来のキャリア目標がない」(59.0%)ことが分かった。社員が抱える課題についてはどのような回答が見られたのか?(2023/11/21)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

OpenAIの取締役会、サム・アルトマンCEOを解任 「取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしている」
OpenAIの取締役会は、共同創業者でCEOのサム・アルトマン氏が辞任したと発表した。同氏が「取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫して率直でなく、取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしているとの結論に達した」としている。ミラ・ムラティCTOが暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

若手技術者に向けたアドバイス6選【中編】
「できる人」だと思ってもらえる魔法のフレーズ集、避けるべき“NGワード”
職場において若手技術者はさまざまな悩みを抱える傾向にあるが、その解決策として重要なのが、言葉の選び方を含めたコミュニケーションスキルだ。すぐに仕事に役立つ「フレーズ集」を紹介する。(2023/11/18)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【前編】
“激務の医療現場”ほど「生成AI」が役立つ? 使えそうな活用例3選
生成AIの活用は、医療分野においても広がる可能性がある。患者とのコミュニケーションをはじめ、医療分野で広がると考えられる生成AIの活用例を3つ紹介する。(2023/11/16)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
「武勇伝ばかり語る上司」と思われていた 今後どうすればいい?
過去の成功事例をシェアしていたら、陰で「武勇伝を語っていて不快」と言われていました。そんなつもりではなかったのですが、どうやったら「武勇伝」と捉えられずにコミュニケーションが取れるのでしょうか?(2023/11/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
プロジェクトの遅延リスクをいち早く察知せよ、プロジェクトマネジメントの最適解とは
プロジェクト環境は、年々、複雑さを増していき、ステークホルダーの増加、コミュニケーション数の増大、市場要求の拡大は止められない。今、プロジェクトの課題に向き合わなければ増大し続けてしまう。(2023/11/16)

今日のリサーチ:
電話の利用率は7年連続で減少、消費者と企業のコミュニケーション実態――トランスコスモス調査
トランスコスモスは「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2023-2024」のレポートを公開しました。(2023/11/15)

エジプトの里帰り、孫が浴衣を着てみたら……? サプライズ和装に「世界一かわいい!」 エジプト人おじいちゃんがデレデレに
異文化コミュニケーション。(2023/11/16)

ハイブリッドワークの挑戦と舞台裏:
ユニ・チャームが見つけた「フリーアドレス最適解」 部署ごとシャッフルでどんな効果が?
コロナ禍を経てハイブリッドワークが浸透してきた。ユニ・チャームはコロナ禍で露呈した「コミュニケーション不足・格差」問題に対して、さまざまな面白い対策を取り入れた。同社が見つけた「ゆるやかなフリーアドレス」と自社専用の「内階段」の効果について聞いた。(2023/11/10)

「おじさん」の次は「おばさん構文」がやり玉に LINEを巡る世代間ギャップの背景
LINEをはじめとするSNSで中高年男性に特有の言い回しを揶揄する「おじさん構文」に続き、今度は「おばさん構文」が話題となっている。「おばさん〜」はギャル文化の名残も感じさせることが異なるが、共通するのは長文であることに加え、絵文字や顔文字を多用する点。専門家はこうした表現に若者が「イタイ」「サムイ」と違和感を覚える背景には、単なる世代間ギャップだけでなく、親しんできたコミュニケーションツールの違いがあると分析している。(2023/11/8)

オフィス探訪:
“オフィスの芝生”で仕事? パナソニックが「出社したい」を追求した新拠点
パナソニックは、家電事業に関わる部門・関連会社が集結した「パナソニック目黒ビル」(東京都目黒区)を10月にオープンした。テレワークで顕在化したコミュニケーション不足の解決とパナソニックらしさを意識した職場環境を目指したという。若手社員が中心となって取り組んだというパナの新オフィスを取材した。(2023/11/8)

優秀なのに「昇進したくない」と言う部下 どうしたらいい?
「昇進したいなんて思っていません。今のままでいいです」マネジャーとして1on1の時間を取った際、ある優秀なメンバーがあなたに対してこう話したとしましょう。安心感を持ってチャレンジしてもらうには、どうコミュニケーションを取ればいいでしょうか?(2023/11/7)

述べ1000件以上の回答から判明
調査で分かった、従業員が「在宅勤務がつらい」と感じる原因は
在宅勤務を実施する企業は、どのような課題に直面しているのか。4つのアンケート調査結果を分析したところ、「デバイス」「セキュリティ」「コミュニケーション」の分野で課題を抱える企業が少なくないことが判明した。何が課題なのか。(2023/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。