カーボンニュートラルへの挑戦

ダイキン工業と三浦工業が資本業務提携、空調とボイラーでCO2排出ゼロ工場実現へFAニュース

空調メーカーのダイキン工業と産業用ボイラーメーカーの三浦工業は資本業務提携する。

» 2024年05月31日 06時30分 公開
[MONOist]

 空調メーカーのダイキン工業と産業用ボイラーメーカーの三浦工業は2024年5月30日、資本業務提携することを発表した。

 今回の提携では、ダイキン工業が三浦工業に出資し発行済株式の4.67%を取得し、三浦工業がダイキンの100%子会社であるダイキンアプライドシステムズに出資し、発行済株式の49%を取得する。

 空調やボイラーに関する製品、技術、サービスなどを活用することで、両社は、1つの工場で使用される総エネルギーの約50%に関与できるようになる。資本関係を構築することで、日本各地の工場で空調や蒸気ボイラー、水処理システムなど熱、空気、水に関するトータルソリューションの提案をワンストップで行い、工場のカーボンニュートラルに向けた協業を開始する。

 ダイキン工業は、ヒートポンプやインバーターなどの環境技術を生かした省エネ性の高い空調機器を製造、販売し世界170ヵ国以上で事業展開している。グローバル各地域の特性や市場用途に応じた商品を展開している。その中で、ダイキンアプライドシステムズは、食品、医薬品、化学、電機など各種工場の冷却加熱設備や産業用空調設備、環境試験室、クリーンルームなどのシステムインテグレーションを行っている。

 一方、三浦工業は、産業用ボイラーのトップメーカーとして、工場やビル、病院など熱源となる蒸気ボイラーをはじめ、水処理機器、食品機器、メディカル機器などの製造、販売、メンテナンスを行っている。国内では工場内を熟知した1200人以上のフィールドエンジニアがメンテナンスやソリューション提案を行っている。

 今回の提携では、ダイキン工業の省エネ、環境性能が高い空調、冷熱関連の豊富な製品群と、ダイキンアプライドシステムズが培ってきたエンジニアリング力、三浦工業による設備運用やフィールドサービス力を融合し、工場全体での省エネやCO2排出量削減を実現する。産業用熱利用の現場においてさまざまな熱の融通を可能にし、熱のゼロエミッションへの挑戦を加速する方針だ。

≫「FAニュース」についてのその他の記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.