ニュース
» 2024年01月29日 10時30分 公開

産業機器向けアプリのライセンスをスマホで認証 新クラウドサービス発売製造ITニュース

東京エレクトロン デバイスは、スマートフォンから産業機器向けアプリケーションのライセンス管理や認証ができるクラウドサービス「FalconGuardian」を発売した。

[MONOist]

 東京エレクトロン デバイスは2024年1月18日、スマートフォンから産業機器向けアプリケーションのライセンス認証と管理ができるクラウドサービス「FalconGuardian」を発売した。

キャプション FalconGuardianの利用イメージ[クリックで拡大] 出所:東京エレクトロン デバイス

 FalconGuardianは、ユーザーの環境がオフラインでも、スマートフォンから認証用の二次元バーコードを読み込むことで、クラウド上に構築したライセンス管理データベースと連携してライセンス認証を実行できる。USBドングルを使用しないライセンス運用管理が可能だ。

 また、暗号化によるファイル保護機能で、不正コピーや不正利用を防止し、ライセンス管理の安全を高める。既存の顧客管理データベースやRPAなどのアプリケーションとも連携できる。

 価格は、初期費用の30万円に加えて、年間利用料金(ソフトウェアの出荷数により異なる)が必要だ。同社では、今後3年間で1億円の売り上げを目指す。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.