ニュース
» 2023年12月06日 14時30分 公開

OKIとパナソニック、EV充電シェアサービスの保守管理で提携製造マネジメントニュース

OKIクロステックとパナソニック エレクトリックワークス社は、EVチャージャーのシェアリングサービス「everiwa Charger Share」のインフラ設備保守、運用サービスにおいて提携した。

[MONOist]

 OKIは2023年11月15日、同社グループのOKIクロステックとパナソニック エレクトリックワークス社(パナソニック)が、パナソニックが提供するEVチャージャーのシェアリングサービス「everiwa Charger Share」のインフラ設備保守、運用サービスで提携したと発表した。

 everiwa Charger Shareは、充電設備を貸し出す「EVチャージャーホスト」と、充電器を利用したいEVユーザーをつなぐプラットフォームだ。パナソニックは同サービスの展開によりEV充電インフラの拡充を推進してきたが、EV充電インフラはその設置後に適切な保守、運用管理が不可欠となる。

 今回の提携により、OKIクロステックは、インフラ設備保守、運用サービスの利用を希望するEVチャージャーホストの設備に対し、保守管理を提供していく。OKIクロステックはATMやICT機器の保守運用業務で培ってきたノウハウや全国180カ所のサポートサービス網を活用して、インフラ設備の保守、運用に関する手間や不安を解消し、充電スポット数やEV充電インフラの拡充を目指す。

 提携の第1弾として、千葉県市川市役所第1庁舎のEV充電スポットにある充電器の保守で連携を開始した。本格的なサービスの展開は2024年春を予定している。

キャプション 千葉県市川市役所第1庁舎の充電スポット 出所:OKI

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.