2023国際ロボット展 特集
ニュース
» 2023年11月30日 07時30分 公開

ユニバーサルロボットが“力仕事がこなせる”30kg可搬の協働ロボットを初公開2023国際ロボット展

ユニバーサルロボットは「2023国際ロボット展」において、可搬重量30kgの協働ロボット「UR30」を世界初公開した。

[長沢正博MONOist]

 ユニバーサルロボットは「2023国際ロボット展」(2023年11月29日〜12月2日、東京ビッグサイト)において、可搬重量30kgの協働ロボット「UR30」を世界初公開した。2023年11月29日より受注を開始し、2024年第1四半期の出荷を予定している。

20kg以上あるタイヤを積載するデモンストレーションを会場で披露[クリックで再生]

 ユニバーサルロボットでは2022年に発表した主にパレタイジング用途向けの可搬重量20kgの協働ロボット「UR20」から新しいジョイント構造を採用しており、UR30も同様の構造になっている。

 新ジョイント構造ではトルクが従来比で最大25%向上して140N・m以上の締結が可能となっており、さらに従来より部品点数を50%削減している。

 他メーカーの可搬重量30kgの協働ロボットでは重量が100kgを超えるモデルもある中、UR30は重量63.5kgと軽量で天吊り型にも対応しやすく、設置面積も径245mmとコンパクトになっている。どの姿勢でも最大30kgのワークをハンドリングできる点も特徴だ。

 UR30のリーチはUR20の1750mmより短い1300mmとなっているが、これは重量物を高く積み上げるケースが少ないことを想定している。

 UR20と同様にアーム構造も変更している。従来の円筒形のチューブ形状から、テーパーのあるチューブ形状となり、より堅牢性を増している。

20kg以上あるタイヤを持ち上げる「UR30」[クリックで拡大]

 ユニバーサルロボット独自のステディモード機能により、高トルクねじ締め時などに受ける反力を受け流すことができ、保護停止することなく作業を続けることができる。

 また、ユニバーサルロボットのOS「PolyScope(ポリスコープ)」に新しく追加された「Transition」機能を使うと、実際に荷物を持ち上げる際にかかる力を設定した時間に沿ってロボットに伝えることができ、重量物を持ち上げた時に一時的にかかる大きな力によって起こる保護停止を防ぐことができる。

 これらの機能により、大型の段ボール箱や原料袋などの重量物の積み上げや、マシンテンディング、高トルクのねじ締めなど自動化だけでなく、バリ取りや研磨、攪拌などの重作業にも対応する。

⇒その他の「協働ロボット」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.