ニュース
» 2022年09月16日 14時00分 公開

直感的にIoTシステムがつくれるワイヤレスブロックの通信仕様を公開組み込み開発ニュース

ソニーマーケティングは、直感的にIoTシステムを構築できるプログラミングツール「MESHブロック」の通信仕様を公開した。テキストプログラミング言語に対応することで、利用分野の拡大を見込む。

[MONOist]

 ソニーマーケティングは2022年8月31日、直感的にIoT(モノのインターネット)システムを構築できるプログラミングツール「MESH(メッシュ)ブロック」の通信仕様を公開した。テキストプログラミング言語に対応することで、利用分野の拡大を見込む。

キャプション テキストプログラミング言語に対応可能なIoTブロック「MESH」[クリックで拡大] 出所:ソニーマーケティング

 MESHは、大きさ約24×48×12mmまたは約24×48×20mmのブロック形状をした、重さ約13gのBluetoothタグ。各ブロックは、ボタン、LED、動き、人感、明るさ、温度湿度、GPIOの7種の固有機能を備える。

 各ブロックと身近なものを組み合わせることで、「人が通過したら信号を送る」「温度や湿度を計測して記録する」といったシステムやモバイルアプリを作れる。デジタルサイネージなどの既存システムにも、ブロックを容易に追加可能だ。

 また、「MESHアプリ」を利用すると、ドラッグ&ドロップ操作でMESHをプログラミングできる。そのため、小中学校のプログラミング教材、DX(デジタルトランスフォーメーション)人材の育成や試作にも活用されてきた。

 今回、通信関連の技術仕様を公開したことで、MESHアプリがなくても、JavaScriptやPythonなどテキストプログラミング言語からMESHを利用できるようになる。開発者やクリエイター、高等教育現場での利用を見込む。

 MESHブロックの通信方式はBluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)、出力はBluetooth標準規格Power Class 2、見通し距離は約10m。Micro USB経由で充電し、充電時間は約1時間とする。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.