ニュース
» 2022年06月06日 13時00分 公開

バッファローが法人向けWi-Fiに本腰、中規模ユーザー向けラインアップを強化製造業IoT(1/2 ページ)

バッファローが法人向け事業戦略および新製品の発表会を開催。オフィスや工場、倉庫、店舗などの中規模ユーザー向けスタンダードモデルとして、Wi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント「WAPM-AX4R」を2022年8月上旬に発売すると発表した。

[長沢正博,MONOist]

 バッファローは2022年6月2日、オンラインで法人向け事業戦略および新製品の発表会を開催。オフィスや工場、倉庫、店舗などの中規模ユーザー向け無線LANアクセスポイントのスタンダードモデルとして、Wi-Fi 6対応の「WAPM-AX4R」および専用セキュリティカバー「WLE-OP-SCD」を2022年8月上旬に発売すると発表した。価格(税込み)はWAPM-AX4Rが5万4780円、WLE-OP-SCDが4180円。

Wi-Fi 6対応の「WAPM-AX4R」セキュリティカバー「WLE-OP-SCD」 左=バッファローが発売するWi-Fi 6対応の「WAPM-AX4R」 / 右=バッファローが発売するセキュリティカバー「WLE-OP-SCD」[クリックで拡大] 出所:バッファロー

 WAPM-AX4Rは2×2のデュアルバンドとなっており、Wi-Fiの通信速度(理論値)は5GHz帯が最大1201Mbps、2.4GHz帯が最大574Mbps。有線LANはPoE受電対応(IEEE 802.3at)可能な1GbEポートを搭載しており、1台で最大256台の多台数接続が可能だ(各バンド128台、理論値)。

 航空レーダーや気象レーダーとの干渉を避けるためにこれらのレーダー波を検知すると5GHz帯のWi-Fi電波を停止してしまうDFS(Dynamic Frequency Selection)を回避できるように、レーダー監視専用アンテナによってレーダー波を検知すると干渉しないチャンネルへと自動的に切り替えるDFS障害回避機能(特許取得済み)を搭載した。その他、オフィスや工場への来訪者に既存ネットワークへの接続を許可せずにインターネットだけを利用できるようにするゲストポート機能、多台数端末への通信のバラつきを制御する公平通信制御機能などを備えている。

 また、導入先におけるネットワーク運用の負担を減らす遠隔管理機能として、インターネットを利用した無料のリモート管理サービス「キキ Navi」に対応している。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.