ニュース
» 2022年06月02日 06時00分 公開

新型RXは電動化時代のレクサスらしい走り、運転する楽しさを体現電動化(1/2 ページ)

トヨタ自動車は2022年6月1日、レクサスブランドのSUV「RX」をフルモデルチェンジして世界初公開した。多様化するユーザーのニーズに対応して、さまざまなパワートレインを用意した。日本では2022年秋に発売する。

[齊藤由希,MONOist]
レクサスブランドのSUV「RX」をフルモデルチェンジした[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

 トヨタ自動車は2022年6月1日、レクサスブランドのSUV「RX」をフルモデルチェンジして世界初公開した。

 多様化するユーザーのニーズに対応して、さまざまなパワートレインを用意した。日本では2022年秋に発売する。

  • 設定するパワートレイン
    • 排気量2.4l(リットル)の直列4気筒ターボエンジンと高トルク対応型の8速ATを組み合わせた「RX350 2.4L-T」(FFと4WD)
    • 2.5lの直4エンジンとシリーズパラレル方式のハイブリッドシステム、バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載する「RX350h 2.5L HEV」(FFと4WD)
    • 2.5lの直4エンジンにシリーズパラレル方式のプラグインハイブリッドシステム、リアモーターを搭載する「RX350h+ 2.5L PHEV E-Four」(4WD)
    • 2.4lの直4ターボエンジンとパラレル方式のハイブリッドシステム、リアにeAxleを搭載した「RX500h F SPORT Performance 2.4L-T HEV DIRECT4」(4WD)

 RX500hは電動化技術による新たなドライビング体験を提供する役割を担う。PHEVのRX450h+は、クラストップレベルのEV走行距離(エンジンを使わずモーターのみで走行)と力強い加速性能を実現したとしている。その他のグレードも含めて新型RXでは「対話できるクルマ、走って楽しいクルマ」を目指し、車両の素性を鍛えてレクサスらしい乗り味に進化させた。

 新型RXは、高い運動性能を実現する改良版のGA-Kプラットフォームで、リアにマルチリンク式サスペンションを採用した。重心高は従来モデルから15mm下げた。全長は従来モデルと同じだが、ホイールベースを60mm延長し、トレッドをフロント15mm、リア45mmずつ拡張することで、ヨー慣性モーメントを低減させる。

新型RXの外観[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

 マルチリンク式サスペンションの採用にあわせて、GA-Kプラットフォームのリア部分を変更している。サスペンションの入力を支えるため、リアボディーはねじり剛性の高い骨格配置とした。リアサスペンションとリアサスペンションメンバーの取り付け部は高い着力点剛性を確保した。骨格の接合には、レーザースクリューウェルディング(LSW)や構造用接着剤、短いピッチで溶接できる短ピッチ打点技術を採用して接合剛性を高めた。

 フロントフェンダーをアルミ化した他、Bピラーには「世界初」(トヨタ自動車)だという2GPa級のホットスタンプ材を採用。従来モデル比で90kgの軽量化を図った。こうした軽量化や高剛性化といった素性の改善により、上質な乗り心地と高い静粛性を実現する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.