ニュース
» 2022年03月31日 09時00分 公開

パナソニックが「SAP S/4HANA Cloud」をコアとしたクラウドオファリング導入製造IT導入事例

SAPのERP「SAP S/4HANA Cloud」をコアとしたクラウドオファリング「RISE with SAP」をパナソニックが導入した。これによりパナソニックは、バリューチェーン全体のDXを加速させる。

[MONOist]

 SAPジャパンは2022年3月23日、SAPのERP「SAP S/4HANA Cloud」をコアとしたクラウドオファリング「RISE with SAP」をパナソニックが導入したと発表した。これによりパナソニックは、バリューチェーン全体のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させる。

 パナソニックは中核戦略の1つとして、DXプロジェクト「PX(Panasonic Transformation)」を展開し、各事業会社のDX支援とグループ全体のIT経営基盤の底上げを目指している。その一環として、SAPと戦略的なエンゲージメントを開始。SAPが提唱する「Intelligent Sustainable Enterprise」に賛同し、バリューチェーン全体のDXとクラウド化を加速するため、RISE with SAPを採用した。

 RISE with SAPを中心にPXを推進することで、デジタル技術やITを活用し、事業成功に直結するビジネスモデルや業務プロセスの在り方、社員の働き方を変革して経営スピードと質を高めていく。

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.