ニュース
» 2022年03月14日 08時00分 公開

ドローンや搭載物を落下の衝撃から守る、緊急パラシュートシステムドローン

日本化薬は、産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム「PARASAFE」の販売を開始した。さまざまなドローンに搭載可能で、異常時も安全に降下して機体本体や搭載物を保護し、人や設備への被害も抑える。

[MONOist]

 日本化薬は2022年2月15日、産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム「PARASAFE」の販売を開始した。空撮、物流、点検、測量ドローンに搭載することで、異常が発生した場合でも安全に降下して、機体本体や搭載物を保護し、人や設備への被害も抑える。

キャプション 産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム「PARASAFE」[クリックで拡大] 出所:日本化薬

 PARASAFEは、ドローンの落下を検知すると、遠隔操作で瞬時にパラシュートを展開し、ドローンを安全に降下させる装置だ。パラシュートの展開技術には、同社が長年携わってきたエアバッグ用ガス発生装置を応用している。

キャプション 「PARASAFE」展開後の様子[クリックで拡大] 出所:日本化薬

 外形寸法は130×154mm、パラシュート面積は11m2。重量はパラシュートデバイスが930g、トリガーデバイスが120gとなっている。展開高度は30〜150mで、総重量25kgで飛行していた場合の降下速度は理論値で6m/秒だ。誤作動を防ぐための安全ピンを備え、通電回路を遮断している。なお同社では、15kg、50kg、150kgドローン向けのパラシュート製品を開発中だ。

キャプション 誤作動防止の安全ピン[クリックで拡大] 出所:日本化薬

 ドローンは、2022年度中に有人地帯目視外飛行(レベル4)の達成が予定されている。同社はドローンの普及と安全性向上に貢献する。

⇒その他の「ドローン」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.