カーボンニュートラルへの挑戦
ニュース
» 2022年02月04日 14時00分 公開

三菱重工のAI活用、NTTデータが脱炭素関連のコンサルサービスを高度化脱炭素

NTTデータは、同社の製造業向けグリーンコンサルティングサービスを高度化すると発表した。三菱重工業のAIソリューションを活用してサプライチェーン全体のGHG排出量を可視化し、製造業のカーボンニュートラル達成を支援する。

[MONOist]

 NTTデータは2022年1月27日、同社が提供する製造業向けグリーンコンサルティングサービスに、三菱重工業のAI(人工知能)ソリューション「ENERGY CLOUD」を活用することで、サービスを高度化すると発表した。

 NTTデータのグリーンコンサルティングサービスでは、GHG(温室効果ガス)排出量の可視化や可視化を自動化するシステムを構築する。同サービスのうち、今回は「GHG排出量の可視化」「燃料転換設備投資シミュレーション」「産業用自家用発電の余剰電力活用提案」を高度化する。

キャプション 提供ソリューション概要(赤枠内が今回高度化する範囲)[クリックで拡大] 出所:NTTデータ

 三菱重工業のENERGY CLOUDは、製造プラントのリアルタイム実測データに基づいてプラントの運転状況のデジタルツインモデルを作成し、GHG排出量を可視化する。

 ENERGY CLOUDをグリーンコンサルティングサービスで活用することで、製品単位に加えて、生産時期やラインごとにカーボンフットプリント(CFP)を把握できるようになり、サプライチェーンの下流まで含めたGHG排出量の可視化が可能になる。

 これにより、排出量の算定、報告の世界的な基準である「GHGプロトコル」のScope1(直接排出量)、Scope2(間接排出量)削減に寄与する。

 さらに、デジタルツインモデルを使ったAIを用いて、GHG排出量を削減するための設備投資計画や自家発電計画を最適化するサービス、最適化によって生まれた余剰電力の活用を支援するサービスを提供し、製造業のカーボンニュートラル達成を支援する。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.