5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2022年01月18日 07時30分 公開

ローカル5GによるAGV運用にめど、コニカミノルタとNECが「未来工場」実現へFAニュース(1/2 ページ)

コニカミノルタとNECは2022年1月17日、両社で推進する「未来ファクトリー」構想を具現化する取り組みの1つとして、ローカル5Gを用いたAGV(無人搬送車)の高効率自動制御システムを共同開発し、技術的検証のめどが付いたと発表した。今後は両社の工場などでの実用検証を通じ、商品化を検討する。

[三島一孝,MONOist]

 コニカミノルタとNECは2022年1月17日、両社で推進する「未来ファクトリー」構想を具現化する取り組みの1つとして、ローカル5Gを用いたAGV(無人搬送車)の高効率自動制御システムを共同開発し、技術的検証のめどが付いたと発表した。今後は両社の工場などでの実用検証を通じ、商品化を検討する。

photo 実証の様子[クリックで拡大] 出所:コニカミノルタ

未来ファクトリー構想を推進

 コニカミノルタとNECでは2020年11月から「ローカル5G」を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するパートナーとして協業を開始。コニカミノルタが持つ画像IoT(モノのインターネット)およびAI(人工知能)技術、エッジデバイス開発技術と、NECが持つ5Gを含めたネットワーク技術、業種におけるDXの知見を組み合わせ、共創を通じたさまざまな取り組みを進めている。

 その中の1つがコニカミノルタが推進する「未来ファクトリー」構想の実現に向けた各種の取り組みだ。「未来ファクトリー」構想は、コニカミノルタが考える2030年の生産の姿で、工程で共通の産業用ロボットを使った多品種生産を行い、工程間のモノの移動が自動化されている工場を構想している。具体的には「人と機械が共存する安全・安心ファクトリー」と「多品種・小ロット生産を実現する自律型デジタルジョブショップ」の2つの実現を目指している。その1つの要素として開発を進めるのが、AGVを活用した自律的な搬送だ。

photo コニカミノルタが推進する未来ファクトリー構想[クリックで拡大] 出所:コニカミノルタ

 コニカミノルタとNECの共同開発では、搭載したカメラ映像のAI処理による「AGVの高効率制御」とローカル5Gを活用した「大容量・低遅延の無線通信」、複数台のロボットと生産機器とを連携させ効率的制御を行える「AGV/ロボットなどの生産機器制御」の3つの技術が核となっている。

 この内、AGVの高効率制御については、コニカミノルタが推進するAI処理技術群「FORXAI Imaging AI」の物体検出アルゴリズムを活用し、複数種の物体を100fpsのスピードでリアルタイムで認識することを可能としている。大容量・低遅延の無線通信についてはNECによるローカル5G技術を活用している。そして、生産機器制御については、NECが展開する多種多様なロボットを一元管理できる「NEC マルチロボットコントローラ」と、コニカミノルタのIoTデータ管理プラットフォーム「FORXAI IoT Platform」を用いている。

photo 物体認識の様子[クリックで拡大] 出所:コニカミノルタ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.