ニュース
» 2021年11月09日 09時00分 公開

三菱電機グループとJUKIが新会社設立、自動車産業などで工業用ミシン事業強化製造マネジメントニュース

三菱電機グループの名菱テクニカは2021年11月8日、三菱電機、JUKIと共同で工業用ミシン事業の合弁会社を設立すると発表した。新会社名はJUKIテクノソリューションズで、2022年4月に設立する計画だ。

[池谷翼,MONOist]

 三菱電機グループの名菱テクニカは2021年11月8日、三菱電機、JUKIと共同で工業用ミシン事業の合弁会社を設立すると発表した。新会社名はJUKIテクノソリューションズで、2022年4月に設立する計画だ。

 JUKIテクノソリューションズの所在地はJUKIの本社が位置する東京都多摩市弦巻2丁目11番地1となる予定。事業内容は、工業用ミシンの開発、設計、販売、アフターサービスとしている。資本構成はJUKIが80%、三菱電機が20%。営業開始日は2022年5月となる見込みだ。

 三菱電機グループとJUKIは新会社の設立を通じて、自動車産業を中心とするノンアパレル産業の顧客を対象に、高付加価値の製品、サービス提供を目指す。

 工業用ミシン事業においては、JUKIはアパレル産業とノンアパレル産業向けの両方で、三菱電機グループはノンアパレル産業向けの事業展開をそれぞれ行っている。両社は今後、ノンアパレル産業への事業競争力を強化することで合意し、合弁会社の設立を通じて工業用ミシン事業に共同で取り組むことに合意した。

 名菱テクニカがこれまでに自動車産業で培ってきた先進技術力や製品力に、JUKIが強みとする汎用技術力、汎用製品力を組み合わせて、JUKIのグローバルな販売網を活用することでノンアパレル産業における工業用ミシン事業の拡大を狙うとしている。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.