連載
» 2020年11月18日 10時00分 公開

FreeCADのレンダリング関連ワークベンチはまだまだ発展途上!?無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみよう(7)(4/5 ページ)

[小林由美,MONOist]

「LuxCoreRender」編(1)

 次に、LuxCoreRenderを試してみたら、こちらは一応動作した。

 手順は、プロジェクトファイルのアイコン(図20)が違うだけで、その先の操作はPOV-Rayとほぼ同じだ。モデルツリー上にできる要素名は「LuxProject」となり、実行する際はPOV-Rayのようにファイル名の指定はいらない。

LuxProjectを作成する。ここでは「LuxClassic」を選ぶ 図20 LuxProjectを作成する。ここでは「LuxClassic」を選ぶ [クリックで拡大]
LuxProjectがモデルツリーに追加された 図21 LuxProjectがモデルツリーに追加された [クリックで拡大]

 青い球のアイコンでレンダリングを実行すると、ウィンドウが立ち上がり、すぐにノイジーなレンダリング画像が表示された(図22)。

LuxCoreRenderが動いた! 図22 LuxCoreRenderが動いた! [クリックで拡大]

 レンダリングの画面上部に、小さな文字のメニューが並んでいる。クリックしてみるとサブメニューが表示される。メニュー[Rendaring]の中に、[Export]や[Save rendering]などがある。

LuxCoreRenderのメニュー。デフォルトでは文字サイズが小さいが、設定画面からポイント数を大きくできる 図23 LuxCoreRenderのメニュー。デフォルトでは文字サイズが小さいが、設定画面からポイント数を大きくできる [クリックで拡大]

 デフォルト設定のまま、数秒で処理が完了した画像が図24だ。窓のサッシらしきもののそばに、筆者が作ったモデルが置かれている。この風景は、デフォルトで設定されているテンプレートのようだ。フィレットは形状を認識していないようだが、縁取りのような画像に置き換えられている。モデルの色を透過させ、もう一度試してみたが、やはりそれも反映されないようだ。

レンダリングできた!! 図24 レンダリングできた!! [クリックで拡大]

 [Engine」のメニューから処理の種類と精度が選べる。名前からして、CPUレンダリングのようだ。筆者が使用する貧弱なノートPCでは、処理中にファンがよく回っていたが、3D CADでガッツリと作業できるワークステーションなどであれば、もっと快適に利用できることだろう。ちなみに、デフォルトは[BIDIRCPU]で、どうやら横の数字は精度を示しているようだ。

[Engine]メニュー内の各項目 図25 [Engine]メニュー内の各項目 [クリックで拡大]

 試しに[LIGHTCPU]に切り替えてみると、暗闇で撮影した写真のような画像を出力できた(図26)。

LIGHTCPUに切り替えて再度実行した結果 図26 [LIGHTCPU]に切り替えて再度実行した結果 [クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.