特集
» 2014年11月25日 16時00分 公開

それでもソニーがスマホを再建しなければならない理由製造マネジメントニュース(3/5 ページ)

[三島一孝,MONOist]

スマートフォン市場の変化

 同社では2017年度までのスマートフォン市場について、台数ベースでは低価格の伸びが市場をけん引する一方で、金額ベースで過半を占める高価格帯製品は安定傾向に入ると予想。また市場の伸びをけん引してきた中国市場の伸びが鈍化し、欧州、北米、日本などと同じ傾向を示すようになる一方、アジア・太平洋地域が伸びの中心になるとしている。


photophoto スマートフォン市場の見通し。(左)は価格帯別の動きで(右)は地域別の成長率(出典:ソニー)(クリックで拡大)

 また、スマートフォンの販売は、携帯キャリアなどオペレータを通じた販売が中心となってきたが、海外では、端末のみを販売するオープン市場が拡大。特に低価格帯モデルの販売では比率を伸ばすことが予想されている。ただ、現状では、高付加価値帯製品についてはオペレータ市場が中心となっている。

photo スマートフォンのオペレータ市場およびオープン市場の動向(出典:ソニー)(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.