連載
» 2009年03月26日 00時00分 公開

プリント基板CADで“マイ”マイコンボードを作ろう!!イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(1)(2/3 ページ)

[横田一弘 埼玉県立新座総合技術高等学校 教諭,MONOist]

――二三夫さんがいう“USBで動くマイコン”とは一体どんなものなのでしょうか?

 それでは、本連載で製作する(健一君が製作する)マイコンボード「H8Tiny-USB」について見ていきましょう(画像3)。

 H8Tiny-USBは、USBケーブルでパソコンと接続でき、パソコンで作ったプログラムをマイコンに転送して実行することが可能です。また、USBから電源を供給してマイコンと周辺回路を動作させることができます。つまり、パソコンとH8Tiny-USBだけで(ほかにUSBケーブルも必要ですが)、イチからマイコンの使い方を学ぶことができるのです。


本連載では、こんなものを作ります「H8Tiny-USB」 画像3 本連載では、こんなものを作ります「H8Tiny-USB」

 本連載では、まず専用のプリント基板を設計してから、H8Tiny-USBを製作していきます。そして、完成したH8Tiny-USBを使って、GCC(GNU Compiler Collection)によるH8マイコンの制御プログラミングを解説していきます。

 図3にH8Tiny-USBの構成を示します。

H8Tiny-USBの構成 図3 H8Tiny-USBの構成

 H8Tiny-USBの心臓部は、秋月電子通商で販売されている「AKI-H8/3664タイニーマイコン」(画像4)です(比較的安価に入手できるマイコンボードなので、筆者も便利に使っています)。

AKI-H8/3664タイニーマイコン 画像4 AKI-H8/3664タイニーマイコン

 AKI-H8/3664タイニーマイコンには、ルネサス テクノロジのマイコン「H8/3664F」と、アナログ・デバイセズのRS-232ドライバIC「ADM3202」が搭載されているため、パソコンで作ったプログラムをマイコンのフラッシュROMに書き込んですぐに実行できます。

 しかし、現在販売されている大多数のノートパソコンには、シリアルポートがありません。一般的には「USB−シリアル変換ケーブル」などを用いて、パソコンとマイコンボードを接続しますが、今回製作するH8Tiny-USBはその機能をボード上に載せてあります。もう一度、図3を見てください。「FT232RL」は、USBをシリアル・インターフェイスへと変換するICで、比較的少ない部品で回路を構成できます。FT232RLの出力はマイコン信号レベルなので、「ADM3202」でRS-232レベルへと変換し、AKI-H8/3664タイニーマイコンのシリアル入出力端子につないでいます。

 図4にH8Tiny-USBの回路図を示します。

「H8Tiny-USB」の回路図 図4 「H8Tiny-USB」の回路図
※注:本連載では、筆者が実際にH8Tiny-USBを製作し、動作確認を行った内容を掲載していますが、読者個人で作成したH8Tiny-USBの動作保証や、H8Tiny-USBを使用したことによる、損害・損失については一切保証できません。すべての作業は自己責任で行ってください。よろしくお願いします。


プリント基板CADをインストールしよう

photo

ところで健一君、今日はノートパソコンを持ってきているかい?


photo

当然、いつも持ち歩いてますよ。

ボクだって理系男子のはしくれですからね(本当は最近買ったばかりなんだけど……)。


photo

おうそうか、それなら話が早い。

早速、CADソフトをインストールしようじゃないか!!



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.