特集
» 2005年12月13日 00時00分 公開

VS2005によるWindows CEアプリケーション開発組み込み開発環境としてのVS2005(後編)(2/4 ページ)

[松井 俊訓/杉本 拓也 富士通ソフトウェアテクノロジーズ,@IT MONOist]

マネージドコードアプリのビルドとデバッグ

アプリケーションのビルド

 アプリケーションのビルド方法も従来と同じである。Visual Studio IDEのメニューで[ビルド]−[XXXのビルド]を選択することにより、ビルドが可能である。メニューを選択すると、IDE下部の出力ウィンドウにビルドログが出力され、正常にビルドが完了すると、


ビルド: 1 正常終了または最新の状態、0失敗、0スキップ 

と表示される。

[ビルド]メニュー 画面5 [ビルド]メニュー

ビルドログ(正常終了時) 画面6 ビルドログ(正常終了時)

 デバッグ用に使用するデバッグ版モジュールや製品へ配布するリリース版モジュールは、IDE上のコンボボックスで選択できる。対象のプラットフォームについても、IDE上のコンボボックスで選択できるが、C#の場合は.NET Compact Frameworkでプラットフォーム依存を吸収するため、「Any CPU」のみとなる。

デバッグ/リリースの選択 画面7 デバッグ/リリースの選択

CPUの選択 画面8 CPUの選択

 Visual Studio IDEの[プロジェクト]−「XXXのプロパティ]を選択することで、ワークスペースのプロパティ編集タブが表示される。ここは、VS.NET2003のプロパティダイアログとは異なる構成となっている。

[プロジェクト]メニュー 画面9 [プロジェクト]メニュー

プロパティ編集タブ 画面10 プロパティ編集タブ

ターゲット上でのデバッグ

ターゲットの選択 画面11 ターゲットの選択

 ビルドが完了すると、アプリケーションの実行ファイル(EXEファイル)が生成される。続いてターゲット上でデバッグを行う。ターゲットデバイスは、Visual Studio IDE上のコンボボックスで選択できる。このリストに、インストールされているエミュレータやリモート接続するデバイスが表示される。今回は「Pocket PC 2003 SEエミュレータ」を選択する。

 デバッグを開始するには、[デバッグ]−[デバッグ開始]メニューを選択する。するとエミュレータが起動し、デバッグ接続が確立される。これで、アプリケーションのデバッグが可能となる。ブレークポイントを設定していれば、設定個所にコードが遷移したときにブレーク状態となり、ステップ実行が行える。

[デバッグ]メニュー 画面12 [デバッグ]メニュー

エミュレータ上でのアプリ実行 画面13 エミュレータ上でのアプリ実行

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.