• 関連の記事

「国際競争力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国際競争力」に関する情報が集まったページです。

機密情報取り扱い資格を制度化へ 経済安保、改正案を来年提出
政府は、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス」の制度化に向け、2023年の通常国会に経済安保推進法改正案を提出する方針を固めた。(2022/6/21)

本田雅一の時事想々:
スパコン富岳が世界1位から転落 「2位じゃダメなんでしょうか?」を、もう一度考える
理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳(ふがく)」が、計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界2位に転落した。このニュースに伴い、富岳の開発背景を振り返りながら、2009年にスパコンの予算を巡る国会の事業仕分けで発された「2位じゃダメなんでしょうか?」という問いについて考える。(2022/6/3)

Tower Semiconductorと協業で:
インドが「国内初」の半導体工場建設へ
半導体の国際コンソーシアム(企業連合)であるISMCが、インド南西部のカルナータカ州に国内初となる半導体工場を建設すると発表した。これを受け、インド政府が準備を進めている。(2022/5/12)

NTTとNTTデータ、海外事業を統合へ 発表巡る株価の乱高下に澤田社長も苦笑
日本電信電話とNTTデータが海外事業を統合すると発表した。NTTでグローバルでデータセンター・ネットワーク事業を展開する「NTT Ltd.」と、NTTデータの海外事業を統合し、国際競争力の強化を目指す。(2022/5/9)

東京が変わる:
東京メトロ「有楽町線」「南北線」の延伸で、どうなる?
東京メトロ有楽町線と南北線の延伸が決定した。コロナ禍で事業環境が大きく変化する中、東京メトロが計画する今後の戦略とは。(2022/4/21)

モノづくり最前線レポート:
「DXはDIYで」、自力でトライすることを重視する安川電機のDX
2021年12月にリアルおよびオンラインで開催された「新価値創造展2021」(リアル展2021年12月8〜10日、オンライン展同年12月1〜24日)で、安川電機 代表取締役会長兼社長の小笠原浩氏が「安川デジタルトランスフォーメーション(YDX)」をテーマに講演した。(2022/4/11)

5種類の木を使用:
レクサスのショールームで提供される「木を飲むドリンク」 木を食べる未来がくるのか?
食用花や昆虫食など「一見、食となじみがないけど食材になっちゃったよ」シリーズに「木」が追加される未来もそう遠くないかもしれない。日本草木研究所が、ヒノキなど5種類の木材を使用した「木を飲むドリンク」を開発した。どのような商品なのかというと……(2022/3/31)

5Gの人口カバー率は2023年度末で95%に 総務省が「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」を発表
総務省は3月29日、「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」を公表した。5GやBeyond 5Gなどを含むデジタル基盤の整備が不可欠だという。現状の課題や整備方針を取りまとめている。(2022/3/30)

総務省、ITインフラ整備計画を公開 光ファイバー、5G、データセンターを中心に拡充
総務省がITインフラの整備方針やロードマップをまとめた「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」を公表した。光ファイバーや5Gのカバー率をほぼ100%にする他、地方でのデータセンター開設、Beyond 5Gの研究促進などを目指す。(2022/3/29)

2030年代半ば開業:
東京メトロ、南北線を品川まで延伸 国交省が許可 有楽町線も
東京メトロは3月28日、国土交通省に申請していた南北線と有楽町線の延伸事業が許可されたと発表した。(2022/3/28)

東京建物などが推進:
渋谷駅東側の再開発 二丁目西地区にバスターミナルや歩行者デッキ 29年度竣工予定
東京建物は3月24日、東京都渋谷区二丁目西地区の再開発「Shibuya REGENERATION Project」について、東京都および渋谷区より都市計画決定の告示を受けたことを発表した。(2022/3/25)

企業の未来をつくるオープンイノベーション:
企業は“成長の糧”をどう得るのか――自前主義が厳しい今、「オープンイノベーション」が生き残りのカギに
“失われた30年”を経た今、企業は成長の糧をどこから得ればいいのか。その答えはイノベーションを巻き起こすことだ。中でも自社にない知見や技術を活用できる「オープンイノベーション」に注目が集まっている。(2022/3/23)

サプライチェーン×DX:
豊田通商とゼロボード、サプライチェーン全体の排出量算定と脱炭素ソリューションを提供
日本政府が2050年のカーボンニュートラル実現を掲げて以来、産業界で脱炭素化が進んでいる。企業にGHG排出量の把握と削減が求められる中、サプライチェーン全体の排出量算定と脱炭素ソリューション提供のワンストップ支援に向け、ゼロボードと豊田通商が協業を開始した。(2022/3/16)

モノづくり最前線レポート:
半導体強国復活に向けて日本は何をすべきか、日米連携でポスト3nmプロセス誘致へ
エレクトロニクス製品サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2021 Hybrid」(以下、SEMICON Japan、2021年12月15〜17日、東京ビッグサイト)のオープニングキーノートでは、衆議院議員自由民主党の甘利明氏が「半導体強国復活に向けて」と題して講演した。(2022/3/9)

船も「CASE」:
400海里、40時間の実証航海で見えてきた無人運航の実力
日本財団が進めている無人運航船プロジェクト「MEGURU2040」と、その支援を受けて無人運航船システムの開発を進めているDFFAS Projectコンソーシアムは、2022年2月26日〜3月1日にかけて実施した無人運航船実証実験に関する記者発表会を開催し、実証実験の概要と成果について明らかにした。(2022/3/8)

東京・八重洲:
東京駅前の再開発 2025年に新たな複合施設が誕生
東京建物が進めてきた「東京駅前八重洲一丁目東A地区市街地再開発事業」について、東京都知事より組合設立の認可を受け「市街地再開発組合」を設立したと発表した。(2022/3/4)

DX戦略の中心にオートデスクのBIMソフトRevitを採用:
PR:高砂熱学工業がオートデスクとともに“設備BIMの標準化”で目指す、業務プロセス変革
設備業界のトップランナー高砂熱学工業は、業務プロセスの変革を実現するべく策定したDX戦略の一環として、オートデスクとMOU(戦略的提携の覚書)を締結した。Revitを国内外含めた各拠点に導入し、建物設備に関わる全データを一元管理して可視化することで、建物のライフサイクル全般を最適化する体制を構築するほか、持続可能な社会の実現に向けて、BIMを利活用した生産性向上・脱炭素化も推進していく。なぜオートデスクがパートナーに、Revitが設備BIMの基盤に選ばれたのか。BIMで注力する3つの柱を紹介しつつ、Revitで実現する設備業務のプロセス変革について迫った。(2022/3/8)

3月24日開業:
地上38階建ての「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」が全面開業 高層部分にオフィスゾーン
阪神電気鉄道と阪急電鉄が、3月24日に大型複合ビル「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」を全面開業すると発表した。(2022/3/1)

九州人気企業がDXで生産性20%UP 「いまだにIT化と混同している人が多い」
システム開発会社「YE DIGITAL」は、就活学生の九州・人気企業ランキングに顔を出すなど注目度が高まっている。同社はDXかにより生産性を20%向上。DXによる情報管理が今までできなかったことを可能にする秘訣(ひけつ)という。(2022/2/28)

ロボットセキュリティ最前線(1):
増えるロボットの活用領域、同時に高まるセキュリティの問題
人手不足やコロナ禍などにより、産業用ロボットやサービスロボットなど、ロボットの利用領域は急速に拡大している。一方でネットワーク化が進むこれらのロボットのセキュリティ対策については十分に検討されているとはいえない状況が続く。こうしたロボットセキュリティの最前線を取り上げる本連載。第1回となる今回は、ロボット市場全般の動向とセキュリティへの意識について解説する。(2022/2/28)

法令違反を防ぐ太陽光発電の保安ポイント(2):
新条例で太陽光発電所の運用保守にも変化の兆し、今後のO&Mにおけるポイントとは?
昨今大きな課題になっている太陽光発電事業における法令順守や、適切なO&Mの実行に関するポイントを解説する本連載。今回は、優良な発電事業者を増やすためにまず取り組みたい、今後の保安業務における3つのポイントについて解説します。(2022/2/24)

29年度竣工予定:
新宿駅西口エリアの再開発、新たに東急不動産が参画 約260メートルの複合施設など
小田急電鉄と東京地下鉄が進める「新宿駅口地区開発計画」に、東急不動産が共同事業者候補として参画する。(2022/2/10)

イノベーションを阻害?:
仮想通貨の課税は、なぜ最高55%の雑所得なのか?
仮想通貨(暗号資産)は税金が厳しい投資先として知られる。株式やFXなどが、利益の20.315%の一率課税なのに対し、仮想通貨は給与所得などと合算され最高税率は55%にも達する。なぜこのような税率なのか。そして税制が変わる可能性はないのか。(2022/2/9)

産官学が協力、国際競争力を強化:
Beyond 5G向けデバイスの研究開発を本格開始
シャープ、シャープセミコンダクターイノベーション(SSIC)、東京大学大学院工学系研究科、東京工業大学、日本無線の5者は、Beyond 5G(B5G)向けIoT(モノのインターネット)ソリューション構築プラットフォームの研究開発を本格的に始める。産官学が協力し、B5Gの用途拡大と国際競争力の強化を図る。(2022/2/8)

やってみないと分からない:
就活生に贈る「自分に合ったIT企業の選び方」
「そもそもIT業界って何なの?」「どんな企業を選べばいいの?」「学生の間にどんなことをやっておけばいいの?」――複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回は、IT業界を目指す就活生に向けた「IT企業の選び方」を指南します。(2022/2/7)

製造業IoT:
5Gが真価を発揮する2022年、スタートアップ4社が東京でイノベーションを街中実装
サムライインキュベートが、東京都の「5G技術活用型開発等促進事業」に基づいて5Gによるイノベーションの街中実装や事業化を推進するアクセラレータープログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」の第1期採択スタートアップ企業4社を発表。2022年4〜7月にかけて大手企業や大学などの街中実装パートナーとの実証を進める。(2022/2/4)

核融合発電へ一歩 京大発ベンチャーが世界初の実証プラント建造へ
核融合関連の技術開発に取り組む京都大発のベンチャーが、核融合発電の実証実験プラントの建設を計画している。2023年中にも着工し、核融合反応で生じたエネルギーを発電用に転換する技術開発を進める。(2022/2/3)

プロジェクト:
「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」で組合設立
八重洲二丁目中地区市街地再開発組合と、鹿島建設、住友不動産、都市再生機構、阪急阪神不動産、ヒューリック、三井不動産の6社は、東京都知事の認可を受け、同市街地再開発組合を、2021年10月25日に設立した。同事業は東京駅前八重洲エリアに位置し、都内最大級との敷地に超高層大規模複合ビルを建設する再開発事業で、着工は2024年度、建物完工は2028年を予定している。(2022/2/1)

「IT人材養成ブートキャンプ」 プログラミング教育で人生と日本を変える
人材が欲しい企業側だけでなく、入学者にとっては人生の逆転を狙えるチャンス。ITエンジニアとして羽ばたこうと、多様な来歴の男女が集まる。バレエダンサーからの転身組にその実態も聞いた。(2022/1/24)

「IT人材養成ブートキャンプ」 プログラミング教育で人生と日本を変える
IT人材不足で育成が急がれる今「ブートキャンプ」と呼ばれる短期集中型養成所に注目だ。入学者にとっては人生の逆転を狙えるチャンスであり、ITエンジニアとして羽ばたこうと、多様な来歴の男女が集まる。(2022/1/24)

総務のための「オフィス」再考:
海外では当たり前! 総務がサラッと身に付けたい“おもてなし精神”
“おもてなし大国”である日本。顧客への「おもてなし」は海外と比べても秀でているが、社員への「おもてなし」では物足りない点も。社員の生産性向上につながるように、総務が心得るべき“おもてなし精神”とは?(2022/1/12)

連載「情報戦を制す人事」:
「人事データを人員配置、退職予測に使いたい」──その前に準備すべき3つのこと
「人事データを活用して戦略的な配置や退職予測を行いたい」と考える企業は多いが、当初の目的通りの効果を得られないケースも少なくない。目的達成に向けて頓挫することなく、有効に活用するためには?(2022/1/12)

総務のための「オフィス」再考:
外資系では「プロ扱い」なのに、日本では「何でも屋」 攻めの総務に求められる心構え
外資系企業などでは、総務はプロの社内サービス部門として機能しています。「何でも屋」といわれ、雑務が降ってくる“日本の総務”との違いとは?(2021/12/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アラブ首長国連邦の週休2.5日制、真の狙いは働き方改革ではない
ドバイやアブダビといった7首長国によって構成されるアラブ首長国連邦(UAE)は、2022年1月1日から週休2.5日制度を導入する。月曜日から木曜日までは1日8時間、金曜日が4.5時間勤務となる。(2021/12/10)

世界の都市総合力ランキング 3位「東京」、2位「ニューヨーク」、10年連続で1位を獲得したのは?
ランキングは世界48都市を対象にしたもので、2008年から毎年発表されている。(2021/12/1)

金融拠点の形成も:
東京・日本橋川沿いに大規模複合ビル 駅周辺の地下歩行者ネットワークを強化
東京建物は「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」について、東京都知事から「市街地再開発組合」の設立が認可されたと発表した。(2021/12/1)

製造マネジメントニュース:
半導体の国内産業基盤確保へ、経産省が3ステップの実行計画
経済産業省は2021年11月15日、「第4回 半導体・デジタル産業戦略検討会議」において半導体産業基盤緊急強化パッケージとして3ステップの実行計画を示した。(2021/11/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
副業は敵か、味方か――副業で自分を鍛え、ノウハウを本業に生かせる会社が若者に人気
DXや技術の進展により、人が複数の「コト」をする時代になっている。その背景として、多くの人が多様な価値観を持ち、さまざまなことを実現したいという思いと、健康で長生きできるようになったことがある。(2021/11/2)

総務省、NTTグループ各社に定期的なサービス利用料金のデータ提出などを要請 会食問題に関連して
総務省が、NTTやNTTグループ各社に対して要請を行った。MNO各社との公正な競争を促すもので、継続的なデータ提出や規律の順守などを求めている。ドコモグループとして再編されることを受けて、各社が公正な競争を阻害しないことを求める条項も含まれている。(2021/11/1)

コロナ禍の宅配量21億個 ヤマト、業務増でもコスト削減 「勘と経験からデータに基づいた経営へ」
宅配大手のヤマト運輸がデータに基づいた経営に舵を切った。コロナ禍で宅配需要が伸びる中、輸送コストを前年比約10%削減するなど成果を上げている。デジタルデータ戦略担当の執行役員に取り組みを聞く。(2021/10/28)

28年竣工予定:
東京駅前に高さ226メートルの“超高層複合ビル” 商業施設や劇場などを整備
三井不動産や都市再生機構などは、「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」において、都知事の認可を受け組合を設立したと発表した。(2021/10/27)

製造マネジメントニュース:
SEMIジャパンが帰国後行動制限緩和を嘆願、国内半導体関連企業の競争力低下を懸念
SEMIジャパンが海外渡航者の帰国後の行動制限緩和に関する嘆願書を経済産業省に提出したと発表した。海外渡航者が帰国した際に課せられる10日間の行動制限が、世界市場に半導体製造装置・材料・部品を供給する国内企業の大きな負担となっているため、一定の条件での行動制限緩和を求めた内容となっている。(2021/10/25)

産業用ロボット:
総菜×ロボット、労働生産性が課題となる食品製造業の自動化には何が必要か
食品製造業が自動化を進めるためには何が必要か――。FAプロダクツは2021年9月30日、東京都内で研究開発に関するメディア向け勉強会を開催。その中で「食品製造の現場における自動化の必要性と事例紹介」をテーマに日本惣菜協会 AI・ロボット推進イノベーション担当フェローの荻野武氏が講演した。(2021/10/22)

セミナー:
PR:日本の製造業の向かう先を示すオンラインセミナー LINX DAYS 2021
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/10/20)

スピン経済の歩き方:
魅力度ランキングに群馬県知事が激怒! 「ランキング商法」の背景に、何があるのか
ブランド総合研究所が発表している都道府県魅力度ランキングが「炎上」した。群馬県の山本一太知事が「信頼度が低く、ずさん」と批判し、法的措置も検討するとぶちまけたからだ。それにしても、なぜ日本人はランキングが好きなのか。背景に何があるのかというと……。(2021/10/19)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「40施設を売却」と報じられたプリンスホテルは“崖っぷち”なのか 現執行役員が語った生き残り策とは
プリンスホテルが進めてきたブランド戦略。3ブランド展開と共に進めたのがエリア体制だ。プリンスホテルの売却で何が変わるのだろうか。(2021/10/8)

宇宙開発:
低毒性燃料採用の超小型衛星用スラスター開発はリアル下町ロケットだった!?
低毒性燃料を採用した超小型衛星用スラスターを開発した由紀精密と高砂電気工業。両社とも老舗の中小企業で宇宙分野への参入が比較的新しいこともあり、小説やテレビドラマで話題になった「下町ロケット」をほうふつとさせるところもある。では実際の開発は、どのようなものだったのだろうか。両社の関係者に話を聞いた。(2021/10/7)

スピン経済の歩き方:
経済事件を予言? ビジネスパーソンこそ『ゴルゴ13』を読むべき理由
すご腕スナイバー、ゴルゴ13ことデューク東郷の活躍を描く漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏がお亡くなりになった。政治家や官僚など幅広い層に支持されているわけだが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンこそ読むべき」だという。どういう意味かというと……。(2021/10/5)

月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の地下鉄新路線(2):
「秋葉原〜ビッグサイト直結」の地下鉄計画どうなる? いろいろ将来が楽しみ「羽田アクセス線・新空港線」計画
どこに、いつできるの?──。実はかなりたくさんある、東京圏の鉄道・地下鉄新路線計画。国交省交通政策審議会の答申や東京都鉄道新線建設等準備基金の対象路線から、ワクワクな新路線計画をひもといていきます。2回目です。(2021/10/2)

5Gと4Gが実現する“つながるロンドン地下鉄”【後編】
ロンドン地下鉄が「地下鉄=圏外」の“常識”を打破したい本当の理由
チューブ(Tube)として親しまれるロンドン地下鉄が、全域で高速な通信インフラを整えている。目的は駅や車両でインターネット接続を可能にすることだけではない。その延長線上には、ある「大きな狙い」がある。(2021/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。