• 関連の記事

「Windows 10 IoT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows 10 IoT」に関する情報が集まったページです。

Windows 11時代に突入するIoT機器向けWindows(1):
ついに登場したWindows 11、IoT機器向けでは何が変わるのか
2021年10月に正式リリースされたWindows 11。組み込み機器向けあらためIoT機器向けのWindowsは、このWindows 11の登場によってどうなるのだろうか。本連載では、何が変わるのか、そして何が変わらないのかを中心に最新情報を紹介する。第1回は、IoT機器向けWindows 10/11の全体像について解説する。(2022/1/26)

Windowsフロントライン:
Windows 10はいつまで使えるのか
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 バージョン21H2」(November 2021 Update)が配信された。今後、同OSのサポート周期などを整理した。(2021/11/29)

税込み2万2000円のWindowsタブ「mouse E10」を使って分かったこと【後編】
従来モデルから大幅に値下げしたことにより、税込み2万2000円でWindows 11も使える2in1 PCとなったマウスコンピューターの「mouse E10」について、CPUの異なる2モデルをテスト。Windows 11へのアップグレードや便利な使い方も紹介しよう。(2021/11/25)

「Windows 10 バージョン21H2」(November 2021 Update)の配信がスタート 今後の機能アップデートは「1年に1回」に
Windows 10の最新機能アップデートの配信が始まった。Windows Updateでの順次配信の他、更新アシスタントを使った更新やメディア作成ツールで作ったインストールメディアからの更新も可能だ。(2021/11/17)

エプソンダイレクト、第10世代Coreを採用した45mm幅のミニデスクトップ
エプソンダイレクトは、幅45mmの省スペース筐体を採用した小型デスクトップPC「Endeavor ST200E」を発表した。(2021/11/16)

PR:使いやすいくてコンパクト! 新しいワークスタイルにフィットする「Endeavor NL1000E」をお勧めする理由
緊急事態宣言が全面的に解除され、世の中の動きが戻りつつある。しかし、新しい働き方が広まった今では、PCに求められるポイントが従来とは異なる。テレワークにジャストフィットするお勧めの最新モデルを取り上げよう。(2021/10/29)

アイ・オー、Windows 10 IoTを採用したPentium搭載ミニデスクトップ
アイ・オー・データ機器は、OSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを導入したミニデスクトップPC「MPC-LVZ2」を発表した。(2021/10/27)

エプソンダイレクト、Windows 10 IoTを導入したウルトラコンパクトPC
エプソンダイレクトは、本体幅45mmの省スペース筐体を採用したWindows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 搭載デスクトップPCを発売する。(2021/10/19)

エプソンダイレクト、スリムな狭額縁筐体を採用したスタンダード15.6型ビジネスノート
エプソンダイレクトは、ビジネス向けスタンダード15.6型ノートPC「Endeavor NL1000E」の受注を開始した。(2021/10/6)

FAニュース:
データ処理能力を向上させたファクトリコンピュータの省スペースタイプ
NECは、ファクトリコンピュータ「FC98-NX」シリーズの省スペースタイプ「FC-E20W」「FC-E22K」「FC-E29U」の販売を開始した。処理能力を向上し、生産現場や設備機器、システムなどでの生産性向上や業務効率化を支援する。(2021/9/16)

アイ・オー、Web会議システムなどに向くWindows 10 IoT Enterprise搭載ミニデスクトップPC
アイ・オー・データ機器は、Windows 10 IoT Enterpriseを標準搭載したミニデスクトップPC「MPC-LVZ3P」を発表した。(2021/9/15)

FAニュース:
演算速度が約2倍向上、第7世代Intelプロセッサ搭載の産業用コントローラー
明電舎は、第7世代Intelプロセッサ搭載の産業用コントローラー「μPIBOC-I MODEL1200」を発表した。従来モデルより演算速度が約2倍向上し、標準搭載のRAS機能でシステムを安定稼働させるため、信頼性の高い運用が可能になる。(2021/9/14)

エプソンダイレクト、POS用途などに好適な11.6型タッチ液晶一体型デスクトップ
エプソンダイレクトは、同社製小型デスクトップPCとタッチ操作対応11.6型液晶ディスプレイを一体化した小型デスクトップPCを発売する。(2021/8/31)

FAニュース:
電断プロテクト機能を搭載した、IoTエッジコントローラーの新モデル
コンテックは、IoT Edgeコントローラーの新モデル「CPS-BXC200-NA01M05」「CPS-BXC200-W10M01M05B」を発売した。シャットダウン不要の電源断運用に対応する、電断プロテクト機能を標準搭載する。(2021/7/20)

FAニュース:
レノボがエッジコンピューティング領域強化を本格化、新ブランド立ち上げ
レノボ・ジャパンは2021年7月6日、エッジコンピューティングの専門ブランド「ThinkEdge」を立ち上げ、専用端末「ThinkEdge SE30」「ThinkEdge SE50」を発売すると発表した。(2021/7/7)

エプソンダイレクト、ミニデスクトップ「Endeavor ST50」をベースにした液晶一体型PCを発売
エプソンダイレクトは、同社製ミニデスクトップPCにタッチ対応液晶ディスプレイをセットにした「15.6型タッチ液晶一体型 PC」の新モデルを発表した。(2021/6/15)

FAニュース:
美しい画面表示と滑らかな操作性を備える産業用パネルコンピュータ
コンテックは、タッチスクリーン一体型産業用パネルコンピュータ「PT-V15WB」シリーズを発売した。静電容量方式のタッチパネルは美しい画面表示と滑らかな操作が可能で、耐傷性、透過性にも優れている。(2021/6/14)

Windowsフロントライン:
IE11がついに2022年6月15日で終了へ 日本でのシェアは?
ついにInternet Explore 11のサポート終了日程が明らかにされた。その意味と今後の影響、日本におけるブラウザシェアから見えてきたことを考える。(2021/5/21)

ミントウェーブ、テレワークにも適した13.3型/15.6型モバイルシンクライアント端末
ミントウェーブは、13.3型/15.6型ノートPC型筐体を採用したモバイルシンクライアント端末2製品の販売を開始する。(2021/4/28)

エプソンダイレクト、ディスプレイ背面設置もできる幅33mmのミニデスクトップ 4画面出力もサポート
エプソンダイレクトは、本体幅33?の省スペース筐体を採用したミニデスクトップPC「Endeavor ST50」を発売する。(2021/4/6)

ソーシャルディスタンス対応も:
PR:オフィス改革の救世主 「置くだけ」で次世代会議室が作れる、Zoom Rooms専用機の威力
勤務場所をフレキシブルに選択できるようになっても、「コミュニケーションハブ」としての機能は必要であり、その役割を担っていくのがオフィスなのは間違いない。そこで本記事では、次世代のオフィスに必要な会議室改革にうってつけのZoom Rooms専用機「DTEN D7」と「Neat」を紹介する。(2021/3/31)

LIVA、重量約174gの超小型筐体を採用したCeleron搭載ミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、74mm四方に収まる超小型筐体を採用したミニデスクトップPC「LIVA Q1D」の取り扱いを開始する。(2021/3/19)

エプソンダイレクト、ベーシック設計の13.3型モバイルノート 第11世代Core搭載
エプソンダイレクトは、第11世代Coreプロセッサを搭載した13.3型ノートPC「Endeavor NA521E」を発売した。(2021/3/16)

Maxtang、Ryzen Embeddedを搭載した組み込み向けミニPCを発売
リンクスインターナショナルは、Maxtang製の組み込み向けミニデスクトップPC「Maxtang VHFP30」の取り扱いを開始する。(2021/3/12)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】2021年春のアップデートは「こぢんまり」? LTSCはサポート期間短縮!?
2021年春(5月ごろ)に提供予定の機能アップデート「21H1」のプレビュー版が配布された。これまでの春の機能アップデートとは異なり、新機能はあまりないようだ。その理由などを探ってみた。(2021/3/12)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【後編】
Windows Virtual Desktopが快適に使える「シンクライアント」の条件とは?
シンクライアントを選ぶときは何を考慮すればよいのか。MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を利用する場合を例に挙げ、シンクライアント選びのポイントを説明する。(2021/3/11)

Windowsフロントライン:
Office 2021と日本市場 永続とクラウドのはざまで
Microsoftから、コンシューマー向けの「Office 2021」とエンタープライズ向けの「Office LTSC」の投入がアナウンスされた。ここから見えてくる、サポートライフサイクルや日本での動向を見ていこう。(2021/3/8)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【中編】
Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較
シンクライアントの代表的なベンダーにはDellとHP、IGEL Technology、NComputing、Stratodeskがある。これらの主要ベンダーが提供するシンクライアントの特徴を説明する。(2021/3/4)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(94):
次期Windows 10「バージョン21H1」も有効化パッケージ形式に、企業は移行すべきかどうかの判断が重要
Microsoftは2021年2月17日(米国時間)、Windows 10の次期バージョン「21H1」に関する情報を公開し、Windows Insider ProgramのBetaチャネルに対して次期バージョンの機能更新プログラムをリリースしました。Windows 10 バージョン21H1は、2021年上半期中にリリースされる予定です。(2021/3/2)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【前編】
Windows Virtual Desktopは「シンクライアント」で使うべき納得の理由
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」の仮想デスクトップを使うクライアント端末として「シンクライアント」を選ぶメリットとは何なのか。代表的なベンダーと共に説明する。(2021/2/18)

FAニュース:
ステンレス製筐体採用のタッチスクリーン一体型ファンレス産業用PCを発売
コンテックは、ステンレス製筐体を採用した、タッチスクリーン一体型ファンレス産業用PC「パネルコンピュータ CA-RU150」を発売した。IntelのCeleron 3965U CPUを搭載する。(2021/2/4)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(92):
導入済みWindows 10 Enterprise 2015 LTSBデバイスの刷新計画、はじめどき
2021年10月に、Windows 10の長期サービスチャネル(LTSC)製品の最初のバージョン「Windows 10 Enterprise 2015 LTSB」のメインストリームサポートが終了し、5年の延長サポートフェーズに移行します。対象のデバイスがある場合は、次のシステムへの移行に向けて計画を始める良いタイミングです。(2021/1/26)

PR:超小型PCで業務効率改善! Intel NUCにフォーカスするパソコン工房の狙いとは?
Intelの超小型PCとしておなじみの「Intel NUC」だが、さまざまなビジネスシーンでの導入が進み、高い評価を受けているという。その最前線の模様をパソコン工房やグッドウィルを運営するユニットコムに聞いた。(2020/12/23)

ユニットコム、第10世代Core i3を搭載した手のひら大サイズのミニPC
ユニットコムは、Intel製NUCベアボーンキットを採用したミニデスクトップPCの販売を開始した。(2020/12/17)

富士通、テレワークにも向くスリム筐体を採用した13.3型モバイルシンクライアント
富士通は、薄型軽量設計を実現する13.3型モバイルシンクライアント「FUTRO U9311M」など法人向けモデル2製品を発表した。(2020/12/15)

PR:もうあれこれ悩まない! フォトグラファー必見! 超小型デスクトップPC「Endeavor SG100E」の魅力
エプソンダイレクトが満を持して放つ超小型PC「Endeavor SG100E」。プロセレクションとデザインを統一したボディーは設置場所に困らず、パワフルな性能でフォトグラファーを力強くサポートしてくれる1台だ。そのポテンシャルを、実機を使ってチェックした。(2020/11/11)

若者が語る低価格コンピュータの重要性
Raspberry Piが育んだ15歳の企業家の夢
Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。(2020/11/6)

ECS、組み込み利用などにも向くCeleron搭載の法人向けミニデスクトップPC「LIVA Q1L」
リンクスインターナショナルは、台湾ECS製のミニデスクトップPC「LIVA Q1L」の取り扱いを開始する。(2020/10/22)

レノボのWeb会議用マシンに新モデル 「Zoom」「Teams」向けに2種類 20万8000円
レノボ・ジャパンが、Web会議用マシン「ThinkSmart Hub」の新モデルを発表。前モデルから20%小型化し、小さな会議室でも設置可能にしたという。価格は20万8000円(税別)(2020/10/20)

エプソン、第10世代Core+GeForce GTXを搭載したフォトグラファー向けミニデスクトップPC
エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサを採用したミニデスクトップPC「Endeavor SG100E」を発売する。(2020/10/6)

FAニュース:
24時間連続稼働を想定したハイパフォーマンスFAコンピュータを発売
コンテックは、24時間連続稼働を想定したハイパフォーマンスFAコンピュータ「VPC-5000」シリーズの受注を2020年10月1日より開始する。第9世代のインテルXeon Eプロセッサ、Coreプロセッサに対応する。(2020/9/30)

サードウェーブ、法人向けのバッテリー非搭載タブレットPCに8型モデルを追加
サードウェーブは、バッテリーを非搭載とした法人向のWindows搭載8型タブレットPC「THIRDWAVE Pro BTL08IW」の販売を開始した。(2020/9/16)

FAニュース:
拡張ボードを最大11枚実装できる産業用コンピュータ、BTO方式を採用
コンテックは、産業用コンピュータ「Solution-ePC Q1700」シリーズ3種の受注を開始した。第6、7世代のインテルCoreプロセッサに対応し、OSをWindows10と7から選択できる。(2020/9/1)

エプソン、Core i9/Quadroの搭載にも対応したビジネス向けミニタワーPC
エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したビジネス向けミニタワーPC「Endeavor MR8300」を発表した。(2020/8/25)

アイ・オー、電子黒板「らくらくボード」に小型デスクトップPC付属のセットモデル
アイ・オー・データ機器は、同社製の65型電子黒板「IWB-651EB」にVESAマウント対応小型PCを付属したセットモデルを発売する。(2020/8/19)

Moxa MC-1220シリーズ:
AI、IoT用途の堅牢な小型エッジコンピュータ
Moxaは、AIやIoTコンピューティング用途に向けたエッジコンピュータ「MC-1220」シリーズを発表した。小型ながらも高性能で、多数の拡張スロットを備える。また、C1D2やATEXなどの認証を取得しており、屋外や危険な環境にも設置できる。(2020/8/19)

NECがビジネス/教育向けPCの新モデルを計16タイプ投入 最大24時間駆動を実現した13.3型軽量ノートなど
NECがビジネス/教育向けPCのラインアップを刷新。ノートPC「VersaPro」とデスクトップPC「Mate」の各シリーズの計16タイプに新製品を投入する。(2020/8/18)

ロジテック、Windows 10 IoTを搭載した据付け利用向けタッチPC
ロジテックINAソリューションズは、OSとしてWindows 10 IoTを導入した業務向けタッチPC「LT-HA10」を発売する。(2020/7/2)

PR:コロナ禍で働き方が激変 取り組んで分かったテレワークの課題を解消する方法とは?
(2020/6/15)

IoTセキュリティ:
組み込み機器向けセキュリティアプリケーションの最新版3.0を提供開始
カスペルスキーは、Windowsベースの組み込み機器向けセキュリティアプリケーション「Kaspersky Embedded Systems Security」の最新版3.0(英語版)の提供を開始した。ネットワーク攻撃防御機能などが新たに搭載されている。(2020/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。