• 関連の記事

「交通事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通事故」に関する情報が集まったページです。

物損事故で活動自粛の「インパルス」堤下、免許返納へ 2017年6月同日にも交通トラブルで謝罪
世田谷区のコンビニ駐車場で2件の物損事故を起こしていました。(2022/6/18)

死んだ幼なじみが3Dプリンターで“生き返った” 接し方に戸惑う少女の漫画が考えさせられる
姿形も記憶も同じ。それは「同じ人間」なのか?(2022/6/14)

注意すべき5つのポイント めちゃくちゃタメになる妊婦向け「正しいシートベルト着用方法」を解説するイラスト
「ベルトが腹部を横切らないようにする」「ベルトがねじれていないか確認する」などのポイントをわかりやすく解説。(2022/6/2)

大量のアジにペンギンが発狂→「あ、あ……あぁあああ!!!!」 歓喜の雄たけびをあげる姿が700万回再生突破!
大好きなものがたくさんあるとうれしいよね!(2022/6/2)

都市OS構想からプライバシーテックまで:
リサーチャーが見たデータ活用大国・中国の「データガバナンス」の現在地
都市OSの実験や巨大プラットフォーマーによるエコシステム構想、国民ID基盤の整備など、データを駆使した事業や公共サービスを次々に打ち出してきた中国。物量を強みとしたデータ活用が目立っていたが、この数年でその方向性を「質」に変えつつあるという。隣国のデータ活用におけるテックトレンドをリサーチャーに聞いた。(2022/6/2)

「電動キックボードで飲酒運転」などに対処 警視庁、Luupら3社に安全対策の強化を要請
電動モビリティのシェアリングサービスを展開するLuupは、電動キックボードによる交通事故や交通違反への対策を検討するよう警視庁から要請を受けたと発表した。(2022/5/26)

足を引きずって歩く猫を保護→下半身のマヒが判明して…… リハビリを頑張り、少しずつ歩けるようになった姿に胸が熱くなる
頑張る姿を見ると、元気がもらえます。(2022/5/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
Aピラー、Bピラー、クロスメンバー? クルマのボディ骨格に使われる構造の意味
クルマの解説には専門用語が多く使われる。中でもクルマのボディの各部分の名称は、独特なものがある。ボディの各部には、それぞれ役割が与えられているからだ。(2022/5/19)

75歳以上の「運転技能検査」新設:
改正「道路交通法」が施行 “スタイリッシュな電動車いす”に商機か
5月13日、改正道路交通法が施行された。この改正では、75歳以上のドライバーの免許更新手続きが変更。一定の違反歴がある場合、運転技能の検査が義務となった。これを受け、電動車いすなどの近距離移動を助ける製品の需要が高まると考えられる。(2022/5/13)

安全システム:
PR:シートベルト着け忘れ防止や幼児置き去り検知、乗員保護センシングの課題
シートベルト着け忘れ防止、幼児置き去り検知、子どもを対象としたエアバッグの展開制御など、乗員向けの安全機能に対する要求が高まっています。しかし、1つの機能に対して1つのセンサーで対応するのはコストアップの要因となるため、新たなソリューションが必要です。(2022/5/9)

ボロボロの野良猫→室内飼いでモフモフの幸せ猫に! 猫の完全室内飼いを呼びかけるビフォーアフターに「広まってほしい」の声
外の暮らしの過酷さがわかる……。(2022/5/3)

本当に免許不要でノーヘルをOKにするの? 電動キックボードの規制緩和にさまざまなメディア・団体から警鐘 多事走論 from Nom
電動キックボードの規制緩和を含む改正道交法が成立しました。(2022/5/2)

高速道路に散らばったナゾの草 米ミズーリ、接触事故に巻き込まれたトラックから「マリファナ」約226キロが散乱
マリファナを輸送していたクルマが交通事故に巻き込まれたもよう。(2022/4/25)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

セミナー:
PR:モビリティサービスの将来を見据えた品質を創造する。Veriserve Automotive Conference 2022 〜MaaS/CASE時代の開発技術最前線〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/4/26)

鉄道版「ドラレコ」7割導入 安全を追求 福知山線脱線事故17年
鉄道版「ドライブレコーダー」の設置状況について、産経新聞がJRと大手私鉄の計22社を対象に調べたところ、約7割が導入していることが明らかになった。JR福知山線脱線事故から17年。専門家はドラレコのさらなる広がりに期待を寄せる。(2022/4/25)

検閲員の過労死で見えた、中国ネット検閲のリアル クラウドとAIでは足りない理由
大手動画サイトで1人のスタッフが過労により亡くなった。彼の担当は動画検閲だったという。(2022/4/20)

操作ミス:
「運転免許証の返納を考えた」60代以上で3割、きっかけは?
自身の運転免許証の返納について、考えたことがある人はどのくらいいるのだろうか。「考えたことがある」と答えたのは11%。きっかけを尋ねたところ……。(2022/4/10)

LINEリサーチ調べ:
高校生が将来欲しいと思う車、「デザイン」「乗り心地の良さ」を抑えた1位は?
LINEが運営するLINEリサーチが、全国の高校生を対象に「車の免許に関する意識調査」を実施した。(2022/4/9)

行けない場所に侵入、逃げられるはずのキャラに追い付く…… 発売から9年の「GTA5」を今なお検証し続ける動画が人気、投稿者に話を聞いた
トレバーだけ生き残るプランDやマイケルとトレバーが両方死ぬプランEも誕生。(2022/4/7)

自転車ながらスマホを防ぐオンライン授業キット KDDIが学校に無償提供
KDDIは4月6日、「自転車ながらスマホ」の危険性をオンラインで体験できる「自転車ながらスマホを防ぐオンライン授業キット」の無償提供を始めた。自転車乗車中の交通事故が多い高校生を中心に、全国の学校の授業で利用できるよう無償提供するとしている。3月14日には、東京都の北豊島高等学校で授業キットを活用したトライアル授業を実施。(2022/4/6)

汚名返上へ:
横断歩道の一時停止率、岡山県がワースト1位 自動車会社がPR動画を制作
横断歩道で一時停止する車の割合が岡山県は全国ワースト1位――。そんな汚名を返上しようと、岡山市の自動車販売会社、岡山トヨペットは4月6日、PR動画を作成し、公開した。(2022/4/6)

ガチャピン、白バイに乗る 「案外乗り心地いいんですね!」
似合いすぎのお姿ー。「危険な運転ダメ、ゼッタイ!」です。(2022/4/5)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

「どんな動物も幸せになるために生まれてきてる」 障がいがある猫たちの写真展「オンリーにゃんず」が名古屋で開催
みんなちがって、みんないい。(2022/4/2)

エイプリルフールネタじゃないんですかぁああああ!! 『搾精病棟 全年齢版』がヤンマガWebで連載開始へ、編集部に話を聞いた
4月10日に連載開始、だとぉ……?(2022/4/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
並行在来線会社名「ハピラインふくい」 未来に“福”はやって来るのか
2022年、日本の鉄道は開業150周年を迎える。長い歴史ゆえに保守的な考え方に支配されやすい。しかし第三セクター鉄道会社は「道南いさりび鉄道」「IGRいわて銀河鉄道」など、保守的な考えを破ってきた。そして22年7月、新たなキラキラネーム会社が誕生する。「株式会社ハピラインふくい」、愛称「ハピライン」だ。(2022/4/2)

「殺処分を依頼して、笑顔で帰る飼い主がいる――」 高齢・病気の犬猫保護団体「フィリックス・アニマ」が支える命の現場
動物保護団体「フィリックス・アニマ」に取材しました。(2022/3/25)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(7):
やはりイノベーションに完璧なセキュリティを求めるのはまちがっている。
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、前回に引き続き、ABC化学薬品の傘下に加わったABCアグリが開発中のスマートドローンのセキュリティ対策について考える。イノベーションとセキュリティの両立は可能なのか!?(2022/3/24)

企業のDX志向は高く、IT投資は増加傾向 2030年度のDXソリューション市場は5兆円超へ――富士キメラ総研予測
富士キメラ総研によると、コロナ禍によるリモート化や顧客接点の改革、内製化などのニーズが高まり、国内企業のDX関連投資は増加傾向にあり、2030年度のDXソリューション市場は5兆1957億円に達する見通しだ。(2022/3/18)

「とにかく命があってくれて良かった」 なだぎ武、交通事故で右足の甲を骨折 妻・渡邊安理がコメント
青信号で渡っていたところひかれたもよう。(2022/3/2)

「真犯人フラグ」香里奈、“2人の息子”と怪奇ショット 視聴者から「怖すぎる」「笑顔だけどホラー」とおびえる声【ネタバレ注意】
メンバーと顔に目を疑った。(2022/2/28)

【新連載】プラマイデジタル:
転んでもタダでは起きない Apple Watchだけじゃない、転倒検出機能が注目される理由
注目されるデジタルテクノロジーをプラスとマイマスの両方から考察する、ジャーナリストの野々下裕子さんによる連載コラムがスタートしました。第1回は、Apple Watchで知られた「転倒検出機能」について。(2022/2/26)

2022年2月22日は超・猫の日 イエローハットが「全国交通にゃん全運動」実施 にゃんこの安全も守ろう
じーーっと見ていたら猫飛び出し注意!(2022/2/22)

メリットの声:
「テレワークはデメリットのほうが多い」52.1%、理由は?
帝国データバンクは、企業がテレワークで感じたメリット・デメリットについてアンケートを実施した。その結果……。(2022/2/16)

前編:
AIオンデマンド乗合タクシーの成功の秘訣 全国30地域に展開する「チョイソコ」の事例から
全国30地域で運行しているAIオンデマンド乗合タクシー「チョイソコ」。スポンサーとなった地域の医療機関や薬局、スーパーなどが停留所を設ける仕組みで、収益率を向上させている。このほかに、大きな特徴が2つあるという。(2022/2/12)

大学の実験中に死にかけた体験談に肝が冷える 気付いたときには身体中が薬品とガラスまみれに……
確実な安全確認の大切さ。(2022/2/9)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
5年に1度、「安全運転を心掛けなさい」と教わる意義
クルマだけが気を付けても仕方がない。(2022/2/2)

手足を離しても倒れない! 転ぶ不安を消し去るホンダの「自律バイク」とは
バイクなのに転ばない……! バイクへのハードルを下げ、事故軽減なども期待される革新技術、ホンダの「転ばないバイク 2.0」に乗ってきました。(2022/1/29)

MONOist 2022年展望:
システムが担う運転の「認知」「判断」「操作」、深化と普及が進む
レベル3の自動運転システムが世界で初めて製品化され、ハンズオフ機能が広がり始めた2021年に対し、2022年以降は、高度なADASやレベル3の自動運転の普及と競争が一層進みそうです。(2022/1/27)

ちゃんと前を見ていれば ピックアップトラックが米高速道路で起こした複数のクルマを巻き込む事故のドラレコ映像
前方の状況把握は重要ですね……。(2022/1/25)

2021年秋アニメ「満足度ランキング」 鬼滅の刃を抑えたトップ4は?
「Filmarks(フィルマークス)」を運営するつみきは「2021年秋アニメ 満足度ランキング」の集計結果を発表した。大人気アニメ『鬼滅の刃 無限列車編』は5位にランクイン。同作品の満足度を上回ったトップ4は?(2022/1/22)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(5):
たとえば中堅製造業のDXセキュリティ担当がいきなり社長にプレゼンするような物語
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、製造業のDXセキュリティ対策の予算獲得で最大の壁になるであろう役員会の承認を得るためのプレゼンについて考える。(2022/1/20)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「世の中にない全く新しいモノを作る」とは、どういうことか?
本質的な考え方は何も変わらないのかもしれませんね。(2022/1/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

ヨチヨチ歩きの元保護子猫が大きくなって…… ドーンと貫禄たっぷりに成長したビフォーアフターがかわいい
成長したな〜!(2022/1/12)

6日の積雪、都内で交通事故多発「前日比30倍」 首都高スリップなど……SNS分析
SNSを分析してリスク情報を把握するサービス「FASTALERT」によると、1月6日の積雪の影響で、都内の交通事故が激増したことが確認できたという。(2022/1/11)

ソニー損保調べ:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はレクサス、2位はBMW、1位は?
ソニー損害保険は新成人(2001年4月2日〜02年4月1日生まれ)を対象に実施した「2022年 新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。新成人が欲しい車とは?(2022/1/10)

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ネタバレなしレビュー 史上最高の“「子ども時代の終わり」映画”
青天井な期待値のハードルを飛び超えた。(2022/1/7)

消防局長官の車両が凍結した路面でスリップ 道路脇に乗り上げてすってんころりん 雪に覆われた米ニューヨークで
大惨事にならなくてよかった。(2022/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。