• 関連の記事

「交通事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通事故」に関する情報が集まったページです。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

ヨチヨチ歩きの元保護子猫が大きくなって…… ドーンと貫禄たっぷりに成長したビフォーアフターがかわいい
成長したな〜!(2022/1/12)

6日の積雪、都内で交通事故多発「前日比30倍」 首都高スリップなど……SNS分析
SNSを分析してリスク情報を把握するサービス「FASTALERT」によると、1月6日の積雪の影響で、都内の交通事故が激増したことが確認できたという。(2022/1/11)

ソニー損保調べ:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はレクサス、2位はBMW、1位は?
ソニー損害保険は新成人(2001年4月2日〜02年4月1日生まれ)を対象に実施した「2022年 新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。新成人が欲しい車とは?(2022/1/10)

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ネタバレなしレビュー 史上最高の“「子ども時代の終わり」映画”
青天井な期待値のハードルを飛び超えた。(2022/1/7)

消防局長官の車両が凍結した路面でスリップ 道路脇に乗り上げてすってんころりん 雪に覆われた米ニューヨークで
大惨事にならなくてよかった。(2022/1/6)

若者の車離れに一石:
日産が提案する次世代のEVとは? 5年間で2兆円を投資
トヨタ自動車がEVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。米テスラをはじめとして世界の自動車メーカーは一気に「EVシフト」を進めている。EVの先駆けである日産リーフを発売した日産自動車は、この潮流をどう見ているのかを取材した。(2022/1/6)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「黙認していた自転車通勤」で社員が事故──労災になる?
自転車通勤をしていた社員が、通勤時に事故を起こし軽傷を負ってしまった──公式には自転車通勤を認めていないが、コロナ禍以降、黙認していた企業は、どのように対処すべきなのだろうか? 社労士が解説する。(2022/1/5)

コロナ禍でメンタルをやられていた人が、2年ぶりで推しのライブに参加できた漫画に「涙出ました」「わかりみが深い」の声
無事に参加できてよかった……!(2021/12/30)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2021年アニメ”ランキングTOP20! 『バック・アロウ』『ゲキドル』ら快作を抑えた1位は?
映画部門には意外な作品もランクイン。(2021/12/29)

二重脅迫がさらに進化
ランサムウェア集団に広がる「脅迫の多様性」
バックアップの普及によって、データを暗号化しただけでは身代金が取れなくなった。ランサムウェア集団は二重脅迫の手口をさらに凶悪化させてきた。彼らが使う手口とは?(2021/12/26)

原作脱落組による「劇場版 呪術廻戦 0」レビュー “「呪術」初心者”でも楽しめるこの冬一番の話題作
花澤香菜のヤンデレボイスもすごかった。(2021/12/24)

高根英幸 「クルマのミライ」:
旧車ビジネスが拡大するワケ レストアでクルマは新車状態に
日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。(2021/12/20)

「今日も1日無事に生かした」道路への飛び出し、一気食い……息子の予想外な行動に翻弄される日々を描いた漫画に共感集まる
1日を終え、ホッとしつつも、途方に暮れてしまう夜。(2021/12/19)

いまさら聞けない自動車業界用語(18):
高齢者とクルマの運転、技術は何をできるのか妄想してみよう
皆さんは将来の自動運転車の在り方や、高齢者の移動問題がどのようになると思いますか。運転が好きな方は、自分の身体機能や認知機能が衰えたときに未練なく免許を返納できるでしょうか。それとも、いつまでも運転できる方法を探すでしょうか? 今の技術や社会から、ちょこっと妄想してみませんか。(2021/12/17)

このキアヌ……CG? 本物? 話題の「マトリックス」×「Unreal Engine 5」技術デモ、実際に触って感じたその“スゴさ”
これが次世代のオープンワールドか……!(2021/12/12)

亡き妻のために料理を作る夫の漫画がしみる 天国で「最高の一皿」を食べてもらえるように……
亡くなった妻の願いをかなえるために。(2021/12/12)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

初ドライブで操作ミスか 1000万円超のスーパーカーが路肩に停められていたバンに突っ込む
修理費はかなり高くなりそうです……。(2021/12/10)

ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
他のメンバーは全身打撲を負ったとのこと。(2021/12/8)

「母がクモ膜下出血で倒れた」実録漫画が壮絶 母は管だらけで父はパニック障害発症、地獄の3週間の記録
無事で良かった。(2021/12/7)

電動キックボードに青切符、12月にも開始 警視庁取り締まり強化
利用者の急増とともに事故が相次いでいる電動キックボードに関し、警視庁が12月中にも、歩道走行や信号無視などの違反をした運転手に対し、交通反則切符(青切符)を交付できるようにする運用を始める。(2021/12/3)

公道テスト中にトラブルか フェラーリ「SF90 ストラダーレ」プロトタイプと見られる車両が事故、何度もガードレールに衝突
車内にはテスト用機材と見られるものが満載。(2021/11/30)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(16)STEM教育(4):
GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ
今回は、全国の小中学生に1人1台のコンピュータと高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組みである「GIGAスクール構想」と、その課題から、“江端流GIGAスクール構想”を提案してみました。(2021/11/30)

「痛いどころじゃない」 交通事故で内臓破裂→医師に誤診されて生死をさまようレポ漫画が「怖すぎ」だと話題に
大家さんが出てくるまでの登場人物が全員ヤバイ。(2021/11/27)

電動システム:
鉄とニッケルでレアアースフリーのモーター用磁石、デンソーが開発中
デンソーは2021年11月18日、メディア向けに説明会を開き、先端技術研究所の取り組みを紹介した。(2021/11/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
車検制度はオーバークオリティー? 不正も発覚した日本の車検の意義
自動車メーカーが、生産工場からの出荷時に行う完成検査で不正をしていたことが明らかになったのは2017年のことだった。そして今年は、自動車ディーラーでのスピード車検で不正があった。日本の乗用車に関する法整備は昭和26年(1951年)に制定された道路交通法、道路運送車両法によって始まっている。その中には幾度も改正されている条項もあるが、全てが実情に見合っているとは言い難い。(2021/11/22)

狙いはどこにあるのか:
人気のコースター「高飛車」 ポニーテールはお断り 安全姿勢確保を徹底
絶叫マシンで知られるテーマパーク、富士急ハイランドは、人気のコースター「高飛車」での「ポニーテールお断り」を導入した。ジェットコースター「ド・ドドンパ」で、昨年12月から骨折などの人身事故が相次いだことから、有識者による第三者委員会の指導をもとに施設の安全面を見直し、他のコースターなどで前倒しで取り入れた。(2021/11/20)

死んだ兄が道路の向こうから手招きを…… 「化けて出た」かと思いきや暖かい気持ちになる独特なホラー漫画
そっちは危ないからこっちへ来なよ。(2021/11/20)

Uber Eatsも出前館も 自転車配達員集め交通安全講習会
新型コロナウイルスの流行で増加した食事配達サービスをめぐる交通トラブルを抑えるため、警視庁は世田谷区喜多見の警視庁交通安全教育センターで、配達員らの講習会を開いた。(2021/11/19)

「Arlo Essential」を使って今時のホームセキュリティを考える
今やドライブレコーダーの装備は当たり前となったが、自宅時間が増える中で、「ホームセキュリティ」を意識する機会も多くなった。Arloの屋内用カメラで、そのあたりのことを考えてみた。(2021/11/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「これ以上の豊かさはいらない」といえる分野、いえない分野
自分に向けて言うのはいいかもしれませんが、他者、特に次世代に向けて言うべきではありません。(2021/11/11)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの「とがったアイデア」を展示、蔦屋家電+でプロトタイプ展開催
パナソニックは2021年11月8日〜14日にかけて、同社が展開するデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」が制作したプロトタイプを紹介する「未完成の未来 FUTURE PROTOTYPE展」を「蔦屋家電+」で開催中だ。(2021/11/10)

モビリティ×デジタルは何を創造するか:
トヨタとNTTが「ウーブンシティ」で目指す未来
トヨタが建設中の「ウーブンシティ」はどのような街になるのか。トヨタとNTTが考えるスマートシティのあるべき姿とは。(2021/11/11)

PR:変態人妻は忍者である! ネット騒然の“全年齢向け”人妻バトルマンガ『淫獄団地』がたどり着いた日本製エンタメの真髄
やべー漫画です。マジで。(2021/11/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高齢者の踏み間違えは防げるか? 誤発進抑制機能の有効性
毎日のように報道を賑(にぎ)わせている交通事故として、クルマが商店などに飛び込んでしまうという誤発進による事故が目に付く。そのほとんどは高齢ドライバーが引き起こすもので、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と自らの運転操作ミスを認める内容の発言も報じられることが多い。(2021/11/8)

自動運転技術:
ドライバーの体調が急変しても安全に止まるまで支援、脳機能低下の予兆もつかむ
マツダはドライバーに体調不良などの異変が生じた際に安全に停止するための運転支援技術「Co-Pilot Concept」を開発した。(2021/11/5)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

バイクの「盗難」「自損」も補償 三井ダイレクト損保が「みんなのバイク保険」発売
バイク盗難は絶対嫌! ツーリング時の単独事故なども悲しい……。(2021/10/27)

池袋暴走事故 遺族も苦悩 量刑下げた「SNSでの過激な社会的制裁」
池袋暴走事故を巡っては、実刑判決を受けた男に対し、SNSなどで苛烈な批判が渦巻いた。判決では、この状況が「過度な社会的制裁」とされ、量刑が減軽される理由の一つとなり、専門家は、過剰な正義感からくる私的制裁が行われやすくなっている危険性を指摘する。(2021/10/21)

「劇場版 呪術廻戦 0」、祈本里香役に花澤香菜 「最高じゃん…」「どういう風に演じるか楽しみ」とファンから期待の声
緒方恵美さん演じる乙骨憂太の幼なじみ。(2021/10/20)

車載半導体大手インフィニオンに聞く:
PR:すべてのクルマにADASを! 安全と低コストを両立する近未来の車載デバイス開発動向
より自動車の安全性を高めるADAS(先進運転支援システム)の新車における搭載率は年々高まってきた。今後は、法制化によって低価格な大衆車にもADAS搭載が義務化される見込みになっている。ただ、大衆車でのADAS搭載を実現するには「コスト」という大きな問題を解決する必要がある。そこで、すべてのクルマへのADAS搭載実現を目指して技術/製品開発を進める車載半導体大手インフィニオン テクノロジーズに、ADASのコスト低減に向けた半導体デバイス開発状況を聞いた。(2021/10/19)

安全な横断 音と振動がアシスト 信号にプラスアルファ 視覚障害者守る
視覚障害者にとって、道路の横断は最も緊張を強いられる瞬間だ。この課題を解決しようと、横断歩道の手前で音と振動によって伝える補助信号、信号の色を音声で伝えるスマホアプリなどが登場。安全な横断の実現を目指した技術開発が続く。(2021/10/13)

自動運転技術:
「幸せの量産」に向けて、自動運転からウーブンシティーに広がるトヨタの試み
2021年9月8〜10日にオンラインで開催されたイベント「オートモーティブワールド」で、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー プレジデントの奥地弘章氏が「モビリティカンパニーへの変革」をテーマに講演した。(2021/10/5)

カラーは4色:
「髪が崩れない」自転車ヘルメット、10代ターゲットの新ブランド「dolphin」
クミカ工業は、デザインや機能性に優れたヘルメット「dolphin(ドルフィン)」を3月下旬に発売。10月1日から愛知県で自転車用ヘルメットの着用が努力義務になったのを受け、名鉄一宮百貨店で期間限定ポップアップショップを開催している。(2021/10/2)

「ピンクのカツラでパンツを出す」 加護亜依、モー娘。時代に一番嫌いだったユニット明かす
確かに中学生女子にはキツいかも。(2021/9/23)

重視するポイントは?:
自動車保険の加入率は約7割 最も選ばれている保険会社は?
マイボイスコムは「自動車保険の利用」に関する調査を行った。自動車保険の加入率や加入している保険会社はどこか、どうやって選んだのかを聞いた。(2021/9/18)

「日本版MaaS支援事業」に見る、日本のモビリティにおける課題
人々の移動をテクノロジーで変える「MaaS」に求められるもの。特に日本という環境に適したシステムはどう設計するべきか。(2021/9/14)

相談130件超:
絶叫売りの富士急ハイランド「ド・ドドンパ」事故 問われる安全対策
絶叫マシンで知られる山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」が、安全問題で大きく揺れている。ジェットコースター「ド・ドドンパ」で、昨年12月から頸椎(けいつい)圧迫骨折などの人身事故が相次いでいたことが分かったからだ。(2021/9/12)

自動車業界の1週間を振り返る:
「夏には半導体不足解消」の予想は実現せず、不透明な中でもしこりを残さないで
さて、今週も引き続き、半導体不足の影響が話題となりました。「半導体が足りない!」と自動車業界がザワザワし始めたのは、2020年末から2021年の初めにかけてだったように思います。(2021/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。