• 関連の記事

「シリコンバレー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シリコンバレー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

孫泰蔵がシリコンバレーで見た自動運転車の未来 「移動にお金を払う時代」は終わる
連続起業家の孫泰蔵氏は「ほぼ日」の株主ミーティングに参加し、講演した。「AIによってこれから大きく世の中が変わる」と語った講演の内容をお伝えする。(2024/2/14)

味の素、シリコンバレーにスタートアップ投資拠点
味の素が、シリコンバレーにコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の拠点を新設したと発表した。同社のCVCはこれまで日本国内で活動していたが、新拠点を設立し、米国スタートアップとのつながりや情報収集を強化する。(2024/2/13)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

東京発・AIドリームチーム「Sakana.ai」が45億円調達 元Googleトップ研究者らが設立 AI業界の著名人や日本の大手IT企業も出資
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏が東京で立ち上げたAI企業Sakana.aiが、シリコンバレーのベンチャーキャピタルやNTTグループ、KDDI、ソニーグループなどから45億円の資金を調達したと発表した。(2024/1/16)

ChatGPT、Bard、Poe……「AIアプリ」ランキング 業種別の便利アプリも解説
米シリコンバレーの著名ベンチャーキャピタル「Andreesen Horowitz」が「How are Consumers Using Generative AI(消費者はどのように生成AIを使っているのか)」というレポートを発表。アプリレイヤーの動きを解説している。(2023/12/16)

編集部コラム:
シリコンバレー発のベンチャーが手掛ける“ラーメン”を正直にレビューしてみた
日本の国民食であるラーメン。これを自動販売機で提供するフードテックベンチャーがあるのを知っているだろうか。ラーメン好きの筆者が実食して正直にレビューした。(2023/12/13)

“日立流”生成AI時代の組織再編 「ルマーダ売上2.65兆円」につなげる狙い
日立製作所が組織再編を進めている。米シリコンバレーに本社を置く「Hitachi Vantara」のデジタルソリューション事業を分社化し、新たに「Hitachi Digital Services」を設立する。その狙いは?(2023/11/29)

AI:
AIアシスタントとIoTで現場監督に環境変化を報告、MODEの「BizStack Assistant」
シリコンバレー発のIoTソリューションを提供するMODEは、作業現場の状況変化や異変を生成AIがチャットで報告する「BizStack Assistant」のβ版を提供開始した。リアルデータを活用し、分かりやすい自然言語で報告する。(2023/11/27)

米国の先端半導体コンソーシアムにも参画:
レゾナックが米国に新開発拠点、半導体各社と共創強化へ
レゾナックは2023年11月22日、都内で会見を開き、後工程の開発拠点を米国シリコンバレーに新設すると発表した。さらに、Intel、AMDらで構成される先端半導体コンソーシアムに、日本メーカーとして初めて参画することも明らかにした。(2023/11/24)

材料技術:
レゾナックがシリコンバレーに研究開発拠点を開設、AI向け半導体の情報も収集
レゾナックは、東京都内で半導体戦略説明会を開き、米国カリフォルニア州のシリコンバレーに半導体のパッケージングおよび材料の研究開発センターであるパッケージングソリューションセンターを開設することを発表した。(2023/11/24)

「HP」という社名は創業者の“コイントス”で決まった――シリコンバレー生誕の地「HP Garage」で知る、意外な逸話
HPとHPE(Hewlett Packard Enterprise)のルーツは、米カリフォルニア州パロアルト市にある民家とガレージにある。現在そこは「HP Garage」としてHP/HPEの顧客向けのミュージアムとして運用されている。その展示内容と、HPが社名を決定するまでの“逸話”を紹介しよう。(2023/10/5)

経産省、シリコンバレーに新拠点 活用したい日本のスタートアップ募集中
経済産業省は、米カリフォルニア州シリコンバレーに、日本のスタートアップなどが活用できる拠点を設置し、2023年秋以降にオープンする。(2023/9/20)

シリコンバレー銀行破綻の余波【後編】
シリコンバレー銀行破綻で給与が払えない――人事給与ベンダーはどう動いたのか
シリコンバレー銀行が経営破綻したことで、米国では給与支払いトラブルが続出。人事・給与関連ベンダーは対処に追われた。具体的にどう動いたのか。(2023/6/1)

シリコンバレー銀行破綻の余波【中編】
シリコンバレー銀行の破綻で大迷惑を被ったベンダーの“嘆き節”
シリコンバレー銀行の破綻によって、ある給与計算システムが機能停止に追い込まれた。このトラブルに巻き込まれた給与計算システムベンダーが事態を振り返る。(2023/5/26)

半導体企業が内部にパイロットライン設置:
Applied、40億ドルで米国に半導体R&D施設を新設へ
Applied Materialsは最大40億米ドルを投じ、米国シリコンバレーの同社敷地内にR&D施設を新設すると発表した。施設では半導体メーカー各社が専用スペースを構え、次世代プロセス/装置の早期提供を受けることが可能になるという。(2023/5/24)

新山千春、14歳下恋人と“日米の遠距離恋愛”に シリコンバレー勤務で「時差を計算して連絡とる毎日」
「4年目にしてまた遠距離生活がはじまりました」(2023/5/19)

シリコンバレー銀行破綻の余波【前編】
給与を払えない――シリコンバレー銀行の破綻が招いた“予想外の事故”とは
2023年3月にシリコンバレー銀行が経営破綻したことで、“あるソフトウェア”のユーザー企業が給与支払いトラブルに見舞われた。何が起きたのか。(2023/5/19)

清水亮の「世界を変えるAI」:
ディープラーニングが激速に NVIDIAの牙城を崩せるか? SambaNovaに聞く
ディープラーニングにおいて、NVIDIAのGPUは欠かせない。ディープラーニングにおいてはNVIDIAのGPUに勝るソリューションは存在しないというのが常識だった。しかし今、この常識に風穴を開けようとするシリコンバレーのスタートアップがある。SambaNova Systems社だ。(2023/4/26)

Payments Dive:
シリコンバレーバンクの危機で分かったペイメント系スタートアップの明暗
スタートアップが頼りにしていた金融機関の破たんはペイメント系スタートアップ企業の経営にも大きな影を落とした。一方でこれを商機と見る企業もある。(2023/4/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
シリコンバレー銀行(SVB)破綻の衝撃! 米当局の“超法規的措置”が悪手といえるワケ
米シリコンバレー銀行(SVB)の経営破綻が波紋を呼んでいるが、果たしていったい何が問題なのか。あまり語られていない「格差」の観点から解説する。(2023/3/17)

米財務省、経営破綻のSVBの預金者完全保護を発表
米財務省、FRB、FDICは3月12日、10日に経営破綻したSilicon Valley Bankのすべての預金者を完全に保護すると発表した。12日に経営破綻したSignature Bankについても同様の措置をとる。預金者は13日から預金にアクセス可能になる。(2023/3/13)

米銀行SVBが経営破綻 EtsyやRobloxなどに影響
米銀行大手のSilicon Valley Bank(SVB)が経営破綻した。連邦預金保険公社(FDIC)が管財人となり、保険付き預金については払い戻す見込み。多数のIT系新興企業が利用しており、Etsyはこの影響で顧客への支払いが遅延すると通知した。(2023/3/13)

シリコンバレーから見た風景:
Appleが「オフィスで働いて」と社員に望む理由 日常が戻ってきた米国の「ハイブリッドワーク」事情
振り返ってみるとコロナ禍が始まってから3年がたちます。昨年からは経済再開に伴いオフィス勤務に戻る動き「RTO」(Return To Office)と呼んでいます。今シリコンバレーのエンジニアはどのように働いているのでしょうか?(2023/2/27)

Weekly Memo:
シリコンバレーに乗り込んだNEC「4年半」の成果 グローバルを見据えた新事業開発の進め方とは
NECが新事業の開発に向けて、自社が持つ技術を武器に米国シリコンバレーに乗り出して4年半。その成果とともに、同社の「グローバルを見据えた新事業開発の進め方」に注目したい。(2023/1/23)

シリコンバレーから見た風景:
返品・交換がビジネスチャンスに? アメリカで体験した「Happy Returns」のUXがナイスアイデア
シリコンバレーのIT企業に勤務する五島正浩さんが見た現地のテック動向を紹介する連載「シリコンバレーから見た風景」。第21回は、デメリットが大きそうなネットショッピングの返品・交換をビジネスチャンスにした企業を紹介します。(2022/12/8)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレーのエンジニアが転職時に使う「表と裏のSNS」 働く社員の本音はどう探る?
シリコンバレーのIT企業に勤務する五島正浩さんが見た現地のテック動向を紹介する連載「シリコンバレーから見た風景」。第20回は、シリコンバレーのエンジニアが転職時に活用するプロフェッショナル向けSNSを紹介します。(2022/11/11)

シリコンバレーから見た風景:
Amazonが人を“運ぶ”時代が来る? ロボタクシー「Zoox」とは サンフランシスコでテスト車両を目撃
シリコンバレーのIT企業に勤務する五島正浩さんが見た現地のテック動向を紹介する連載「シリコンバレーから見た風景」。第19回は、サンフランシスコの街並みを走る自動運転車両の加わった“新メンバー”にスポットを当てます。(2022/10/25)

シリコンバレーから見た風景:
Amazonの箱から「ARの犬」が飛び出てきた話
シリコンバレー生活でAmazonは重要なインフラになっていて、必要なものはAmazon.comで注文し自宅まで配送してもらうのが日常になっています。そんなある日、いつものシンプルな薄茶色の段ボールではなく、白い箱で犬のイラストが書かれた段ボールが届いたのです。(2022/9/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「シリコンバレーに起業家1000人派遣」にデジャビュを覚える
まずは「起業=シリコンバレー」という数式をアップデートしてほしいのです。(2022/8/18)

シリコンバレーから見た風景:
サンフランシスコのプライドパレードに参加した話 GAFAはどのようにアピールしていたか
シリコンバレーのテックジャイアントも参加するLGBTQ+の大きなイベント「プライドパレード」を紹介しよう。(2022/7/11)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレー企業の福利厚生動向とウェルビーイング補助
優秀なエンジニアを採用するためには、仕事内容や報酬だけでなく、福利厚生も大切。(2022/7/7)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレーは今や自動車開発の街 どんなクルマでどんな会社なのか、まとめてみた
シリコンバレーはIT企業だけのものではない。最近では次世代の自動車産業が勃興している。(2022/6/28)

体温と太陽光で発電 充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」登場
充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」が登場した。外気と体表面に1度でも温度差が生じれば発電できる。ストレッチやリラクセーションを通した健康管理支援サービスを「Re.Ra.Ku」を運営するメディロムが、米国シリコンバレーのスタートアップ企業MATRIX INDUSTRIESと共同開発した。(2022/5/9)

シリコンバレーから見た風景:
うまいラーメンを食べたいならApple Parkを目指せ 円盤本社に吸い寄せられるラーメンの名店たち
シリコンバレーではラーメンもAppleを中心に回っている。(2022/4/18)

政府も11億円支援:
エアアジア・ジャパン元CEOが、北海道大樹町で挑む「宇宙版シリコンバレー」構想
全日本空輸の元社員で元エアアジア・ジャパン社長なども歴任してきたSPACE COTAN(スペースコタン)の小田切義憲社長。観光産業ではなく、北海道の強みを生かした産業の復活を目指す「宇宙版シリコンバレー」構想を聞いた。(2022/4/6)

シリコンバレーから見た風景:
リモートと出社、どちらも快適にする「Envoy」でハイブリッドワークの生産性を高める
シリコンバレーの企業で導入され始めた、ハイブリッドワークのためのサービス「Envoy」について解説します。(2022/4/4)

シリコンバレーから見た風景:
Appleカーもあります シリコンバレーの公道を走り抜けるセルフドライビングカーを激写してきた
シリコンバレーは自動運転の技術開発に最適な場所。その証拠に、さまざまな自動運転車が走っています。筆者が遭遇したセルフドライビングカーを紹介しましょう。(2022/3/30)

AI:
スケッチや3Dモデルから多様なファサードデザインを生成するAI技術を開発、大林組
大林組は、米国シリコンバレーのSRI Internationalと共同で、スケッチや3Dモデルからさまざまなファサードデザインを提案するAI技術「AiCorb」を開発した他、AiCorbを設計者向けプラットフォーム「Hypar」と連携することで、ボリュームデザインを含めて一気通貫で設計する新たな手法を確立した。今後は、今回開発したAI設計効率化手法を改良し実用化を進めながら、Hyparも含めて、設計者の業務を補助するオープンな機能として広く使える形での公開を予定している。(2022/3/30)

シリコンバレーから見た風景:
手のひらだけで買い物をする体験はどんなもの? スマホも財布も不要な「Amazon One」を使ってみた
シリコンバレー在住のエンジニアが、Amazonのリアル本屋で「手のひら認証」による買い物を体験してみた。(2022/3/29)

イノベーションは日本を救うのか(39)番外編:
シリコンバレーの“光と影”
巨大テック企業や、有望なスタートアップがひしめくシリコンバレー。米国の富の源として強烈な“光”を放ってきたシリコンバレーだが、近年はそれらが生み出す深刻な”影”の部分も明らかになってきた。(2022/3/14)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンが作る「アパレル店舗」は成功するのか?
米アマゾンは今年、新たなアパレルストア「Amazon Style」の出店を計画している。しかし、Amazon 4-StarやAmazon Booksの撤退が決まるなど、アマゾンの実店舗事業は苦戦している。そんな中、このAmazon Styleは成功できるのだろうか? シリコンバレー在住の筆者が考察する。(2022/3/7)

事例に見る「IT企業のダイバーシティー」【後編】
Oracle米国本社の黒人比率も低水準 ダイバーシティーが進まないシリコンバレーの現実
Workday米国本社は従業員のダイバーシティーに取り組んでいるが「一企業の取り組みだけでは雇用は増えない」と事態を冷ややかに見る専門家もいる。シリコンバレーのIT企業の、人種的公平性に関する動向を探る。(2021/12/14)

全世界、移動するだけでマイルがたまるアプリ「Miles」 正式ローンチから24時間で10万人突破
 Miles Japan(東京都渋谷区)は10月21日、米国シリコンバレー発マイレージアプリ「Miles」(マイルズ)の日本におけるダウンロード数が、正式ローンチから24時間で10万人を突破したと発表した。また、App Storeの無料Appランキングにおいても1位を獲得した。(2021/10/22)

スマートニュース、251億円の大型調達 シリコンバレーのエンジニア採用などに投資
スマートニュースが251億円の大型調達。「国内スタートアップの1ラウンドあたりのエクイティ資金調達額としては過去最大級」(2021/9/16)

Go AbekawaのGo Global!〜Nir Horesh編:
シリコンバレーについた瞬間、全てのものがつながった――そうか、自分がやりたかったのはコンピュータだったのだ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はWix.comのNir Horesh(ニール・ホレシュ)氏にお話を伺う。よく遊び、よく学ぶ青年が「私がやりたいのはコンピュータだ」と気付いたきっかけとは何だったのか。(2021/8/24)

ガジェット展示スペース「b8ta」、渋谷に国内3店舗目 コロナ禍での実店舗検証
シリコンバレーで生まれた体験型展示スペース「b8ta」が、有楽町と新宿に続いてコロナ禍での出店。(2021/8/17)

イノベーションのレシピ:
Siriを生んだ研究所が、国内企業とシリコンバレーの“つながり”作りを支援
SRIインターナショナルと野村ホールディングスが提携して、米国に「野村SRIイノベーション・センター(NSIC:Nomura-SRI Innovation Center)を設立した。同組織は日本の国内企業とシリコンバレーのスタートアップとの「橋渡し」の役割を担う。(2021/6/22)

イノベーションのレシピ:
NECの技術はシリコンバレーで花開く、シーズから起業を狙う「NEC X」
NECは2021年5月18日、NECの先端技術を中核とする新事業創出を目的に設立したNEC Xの説明会を開催した。NEC Xはシリコンバレーの起業家や投資家のエコシステムを活用することで、これまでに3社の事業化に成功している。説明会ではNEC Xと米国トップアクセラレーターであるAlchemist Acceleratorとのパートナーシップ連携についても発表した。(2021/5/20)

宇宙開発:
目指すは“宇宙版シリコンバレー”、アジア初の宇宙港を北海道で実現せよ
北海道大樹町は2021年4月21日、人工衛星用ロケットの射場など宇宙産業のインフラを備えたアジア初の“民間宇宙港”、「北海道スペースポート」の本格稼働に向けた取り組みを開始すると発表した。同時に大樹町や道内企業6社が共同出資して、HOSPOの運営管理や顧客誘致などを担う企業SPACE COTANを設立する。(2021/4/23)

実際に使ってみた:
PR:シリコンバレーと日本企業の“いいとこどり” 徹底した使いやすさとコスパの電子契約サービス「SignTime」とは?
活況の電子契約市場に、新たなサービスが登場した。シリコンバレー出身のメンバーが開発し、メイドインジャパンならではの心配りで使いやすさとコストパフォーマンスを両立した「サインタイム」だ。本記事では、サインタイム社代表取締役、ならびに執行役員へのインタビューと製品レビューを通し、同サービスを徹底解説する。(2021/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。