• 関連の記事

「物流」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「物流」に関する情報が集まったページです。

物流のスマート化:
出荷前製品の数をAIが自動算出 物流現場の作業時間を約30%減らすソリューション
両備システムズは、トラックなどによる荷待ち時間の削減に貢献するAI画像ソリューションの提供を開始する。(2024/6/13)

現場改善を定量化する分析手法とは(8):
見落としがちな物流分析で生産性を高めコストを低減する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第8回は、物流改善に着目し、「物流分析」「積載効率の分析」「物流コストの分析」について説明します。(2024/6/13)

多機能ロッカーでのゆうパック受け取り、6月28日に開始 日本郵政とJR東日本が連携
日本郵政グループとJR東日本グループは、6月28日から駅構内の多機能ロッカー「マルチエキューブ」で宅配便「ゆうパック」が受け取れるサービスを開始する。再配達負荷の低減といった、物流2024年問題への対応に取り組む狙いだ。(2024/6/12)

物流のスマート化:
自動運転トラックを受け入れ可能な次世代物流施設を東北圏で開発
三菱地所は自動運転トラックなどの受け入れを視野に入れた「次世代基幹物流施設」の開発計画を始動した。(2024/6/12)

電子ブックレット(製造マネジメント):
物流2024年問題にいかに立ち向かうか
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、物流2024年問題に対する対応策や考えについての記事4本をまとめた「物流2024年問題にいかに立ち向かうか」をお送りします。(2024/6/10)

ロジスティクス:
延べ6万m2の「MFLP名古屋岩倉」竣工、「中継輸送」の拠点で物流2024年問題に対応
三井不動産が、愛知県岩倉市川井町で、2023年4月から錢高組の設計・施工で建設を進めていた物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)名古屋岩倉」が竣工した。新施設は、「物流2024年問題」の解決策の1つ「中継輸送」の拠点となる好立地に位置する。(2024/6/5)

ファミマ、天然水の鉄道輸送を開始 物流2024年問題を受け
ファミリーマートは6月4日、クリアウォーター津南(新潟県津南町)が製造するプライベートブランド「ファミマル 新潟県津南の天然水(370ml、600ml)」について、一部で貨物鉄道による輸送を導入したと発表した。青森県、秋田県、静岡県の物流センターへの納品が対象で、2024年4月からの取り組みという。(2024/6/5)

物流のスマート化:
ヤマトが共同輸配送のための新会社を設立、オープンプラットフォームを提供
ヤマトホールディングスは、共同輸配送のためのオープンプラットフォームを提供する新会社「Sustainable Shared Transport」を設立した。荷主企業の出荷計画や荷姿、荷物量などの情報と、物流事業者の運行計画などの情報をつなぐ。(2024/6/4)

仙石惠一の物流改革論:
物流で守るべき「一対一の原則」とは? 工場物流は「回収作業」を通して生産統制を実行せよ
工場内での回収作業において厳守したい「一対一の原則」とは――。(2024/6/3)

物流のスマート化:
5社共同でフィジカルインターネットを事業化、物流改革を促進
伊藤忠商事、KDDI、豊田自動織機、三井不動産および三菱地所は、2024年度中のフィジカルインターネットの事業化に向けた検討を進めることで合意し覚書を締結した。5社で業界を横断した物流改革を進める。(2024/5/31)

餃子の王将、6月21日から値上げ 餃子や炒飯など13種
餃子の王将を運営する王将フードサービス(京都市)は5月30日、グランドメニューのうち13の商品価格を6月21日より改定すると発表した。税抜20〜110円の値上げとなる。原材料価格や人件費、物流費などの上昇を受けてのものだという。(2024/5/30)

ロジスティクス:
東京ドーム4個分の物流施設が神奈川に誕生 55台接車で“物流2024年問題”に対応
オリックス不動産のマルチテナント型物流施設が、神奈川県愛甲郡愛川町で完成した。延べ床面積は東京ドーム4個分に相当し、オリックス不動産の物流施設としては最大規模となる。(2024/5/28)

物流のスマート化:
2030年の物流業界に関する調査結果を発表
矢野経済研究所は、2030年の物流業界に関する調査結果を発表した。需給ギャップが年間7億4600万tに達すると予測している。1カ月のうち約11.5日分の荷物が運べない計算となる。(2024/5/24)

営業用貨物自動車の2030年度の需給ギャップを予測 月に約11.5日分の荷物が運べない恐れも
矢野経済研究所は国内の物流業界に関する調査を実施し、2030年度における営業用貨物自動車の貨物輸送に関する需給ギャップの予測を発表した。(2024/5/23)

イオン北海道 物流の2024年問題に向け、商品の一部を海上輸送する実証実験を開始
イオン北海道は、釧路市や栗林商船と連携し、「イオン釧路店」「イオン釧路昭和店」に5月24〜25日に納品するくらしの品、衣料品の一部商品について、栗林商船のRORO定期船で海上輸送する実証実験を行う。(2024/5/22)

「24年6月から1年かけ」協議へ:
半導体事業全般で技術開発や生産、販売なども、東芝との提携強化を狙うローム
ロームは2024年5月8日に開催した決算説明会で、東芝の半導体事業との業務提携強化に向けた協議を2024年6月に開始すると公表した。ローム社長の松本功氏は、すでに提携を進めるパワー半導体の製造に加え、半導体事業における研究開発や設計、調達、物流、販売といった幅広い分野での業務提携を目指す提案の概要および、シナジー効果を語った。(2024/5/17)

自動運転技術:
いすゞ自動車が北米の自動運転物流企業に出資、2027年度の量産目指す
いすゞ自動車は北米での自動運転事業でパートナーシップを構築するため、米国のGatikに3000万ドルを出資する。(2024/5/15)

働き方の「今」を知る:
建築業界「休めない、人手が足りない」 2024年問題を“さらなる苦境”にしないためには
2024年4月から、働き方改革関連法の「時間外労働の上限規制」が物流・運送業界、建設業界、医療業界にも適用される。これにより労働環境改善が期待されるが、一方で、一人当たりの労働者が合法的に働ける時間が減ってしまうことでこれまで以上に多くの人員を確保しなければならなくなる。中でも「休めない、人手が足りない、若手がいない」建築業界の課題と、その解決策を探る。(2024/5/9)

働き方の「今」を知る:
今さら聞けない「物流2024年問題」のウラ側 根本解決はできるのか?
さまざまなメディアで「2024年問題」が取り沙汰されている。その中でも消費者の生活に大きくかかわる物流・運送業界の現状と法改正における課題について、解説。根本解決への道を考察する。(2024/5/8)

仙石惠一の物流改革論:
物流現場は「宝の山」 生産効率を最大化する供給改善法とは
「仙石惠一の物流改革論」連載。供給改善によって見つかる「宝」とは?(2024/5/6)

キャリアニュース:
物流企画関連求人が2014年比で17.49倍に増加、異職種からの転職も7倍に
リクルートが「物流業界の生産性向上」に関する求人と転職の動向調査の結果を発表した。2014年を1とすると、2023年の「物流企画関連求人」の数はで17.49倍に増加し、「異職種からの転職者」は7.60倍に増加していた。(2024/5/2)

製造マネジメントニュース:
国内DX関連市場、30年度に8兆350億円規模へ スマート工場への投資も増
富士キメラ総研は、DX関連の国内市場調査結果を発表した。同市場は2030年度に8兆350億円まで拡大する見込みだ。特に、製造や物流、交通、金融、医療、介護などの業種で伸びが注目される。(2024/5/1)

顔認証:
顔認証システム拡販でDXYZとユアサ商事が連携 オフィスや工場向けにも提供
DXYZとユアサ商事グループは、DXYZが提供する顔認証プラットフォームの利用拡大を目指し連携する。集合住宅への導入を加速するとともに、オフィスや工場、物流施設などを対象に、新たなソリューションやビジネスモデルを開発する。(2024/4/23)

セキュリティニュースアラート:
江崎グリコ、基幹システムの切り替え失敗によって出荷や業務が一時停止
江崎グリコは基幹システムの切り替え失敗によって、チルド食品の出荷に影響が出ていると発表した。システム障害によって物流センターの業務を一時停止するとともに復旧作業を実施している。(2024/4/23)

自動物流道路導入に向け岸田首相がルート選定指示へ 22日のデジタル行財政会議
増大する物流需要やトラック運転手の不足に伴う「2024年問題」などの輸送危機に対応する「交通DX(デジタルトランスフォーメーション)」の一環で、今年の経済財政運営の指針「骨太の方針」にも反映する。(2024/4/22)

小寺信良のIT大作戦:
ネット社会は「身元不明死」に対応できるか
2025年問題というのをご存じだろうか。物流の「2024年問題」が来たばかりで、もはやいつがどの問題なのかわけが分からなくなっている方も少なくないと思うが、取りあえずこれから起こる一番近いのが、2025年問題である。(2024/4/16)

ロジスティクス:
三井不動産が手掛ける『ZEB』認証取得の「MFLP海老名南」竣工 日本ロジテムが1棟賃借
三井不動産が錢高組の設計・施工で建設を進めていた「三井不動産ロジスティクスパーク海老名南(MFLP海老名南)」が、2024年3月31日に完工した。CO2排出量実質ゼロを目指した「グリーンエネルギー倉庫」で、日本ロジテムが1棟を賃借する。(2024/4/15)

製造マネジメントニュース:
中小製造業の2人に1人が「毎日FAX使う」、DXが進まない要因とは
Chatworkは、「中小企業の経営課題とDX、SaaS、リスキリングの実施状況・意向調査」を実施し、このうち、物流、建設、製造の3業種の現状を分析した。(2024/4/15)

物流のスマート化:
物流問題解決に向けファミマとローソンが連携 冷凍商品の共同配送を一部で開始
ファミリーマートとローソンは2024年4月8日、両社の冷凍商品を対象に、同じトラックで混載する共同配送を同月11日に開始すると発表した。(2024/4/12)

調査レポート:
中小建設業で2人に1人がDXを「聞いたことがない」 デジタル化を阻む要因はコストと旗振り役の不在
Chatworkは、「2024年問題」の影響が懸念される建設、物流、製造業の中小企業を対象に、DXやSaaSの認知度と理解度、活用状況などを分析した。建設業のDXやSaaSへの理解度はいずれも低く、デジタル化を阻む要因として、金銭面のコストや、社内に詳しい人がいないといった課題が明らかになった。(2024/4/11)

ファミマ、ローソンと初の共同輸送 「物流2024年問題」に向けて東北エリアで開始
ファミリーマートとローソンは4月11日、東北地方の一部地域において共同輸送を開始する。実験を除き、両社が共同輸送を行うのは今回が初。(2024/4/10)

物流のスマート化:
人手不足が深刻な物流を自社の武器へ、アパレル企業が導入した高効率自動倉庫
約50のアパレルブランドを展開するパルの直営ECサイト「PAL CLOSET」向けの物流拠点として「PAL CLOSET Robotics Solution Center」が稼働を開始した。(2024/4/9)

リテール&ロジスティクス:
九州最大級の物流施設「T-LOGI福岡アイランドシティ」が竣工、延べ床面積14.8万m2 東京建物など
東京建物、東急不動産、西日本新聞社、丸紅が開発を進めてきた、福岡県福岡市のマルチテナント型物流施設「T-LOGI福岡アイランドシティ」が完成した。地上6階建てで、延べ床面積は約14万8350平方メートルを見込み、延べ床面積ベースで九州最大の物流施設となる計画だ。(2024/4/8)

無人搬送車:
搬送作業や在庫管理を自動化する、AI活用の産業用協働型自律走行搬送ロボット
ロボットバンクは、産業用協働型自律走行搬送ロボット「StarLift150」「StarMax200」の販売を開始した。高度なAI技術と経路設計アルゴリズムが組み込まれており、搬送作業や在庫管理を自動化できる。(2024/4/8)

製造マネジメントニュース:
物流施設内の作業最適化にAI活用へ、オカムラとGROUNDが資本提携を強化
オカムラは物流テックのGROUNDに追加出資し、資本提携を強化した。AIソフトウェアを活用して物流施設内の作業を適正化、省力化し、企業の物流改革に寄与する。(2024/4/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
企業成長の鍵を握るもう一つの視点――リーダーに必要な「戦略物流思考」
スマートフォンの普及、コロナ禍によって消費者行動の変化が加速し、企業戦略における「物流」の重要性が高まっている。これからの時代、どんな仕組みを構築していくべきか。『顧客をつかむ戦略物流 なぜあの企業が選ばれ、利益を上げているのか?』を上梓した株式会社イー・ロジット会長・角井亮一氏が、物流を軸にした戦略づくりのヒントを提示する。(2024/4/4)

物流のスマート化:
Amazon、新物流拠点にロボット3000台導入 1日最大65万個を出荷
Amazonは、神奈川県相模原市にフルフィルメントセンターを新設する。国内最大規模のAmazon Roboticsを導入し、商品の棚入れや棚出しを効率化するとともに、格納スペースも節約する。1日最大65万個以上の商品出荷が可能だ。(2024/4/3)

スピン経済の歩き方:
物流2024年問題で叫ばれる「多重下請撤廃」 それでも“水屋”がなくならないワケ
物流の「2024年問題」がいよいよ本格化していく。全日本トラック協会が「多重下請構造」について「2次下請までと制限すべき」と提言しているが、筆者はそう簡単になくならないと考えている。なぜかというと……。(2024/4/3)

ヤマト運輸と佐川急便、1日から値上げ 「2024年問題」でドライバー不足など顕在化
宅配大手のヤマト運輸と佐川急便は1日、宅配便の料金を引き上げた。物流業界の「2024年問題」によるドライバー不足への懸念や燃料費の高止まりを背景に、両社は2年連続の値上げに踏み切る。(2024/4/2)

太陽光:
壁面にペロブスカイト太陽電池を設置、新施工法で6時間での導入を可能に
積水化学工業と物流事業を手掛けるセンコーグループが、倉庫や工場の壁面にペロブスカイト太陽電池を導入する実証実験を開始した。(2024/4/2)

FAニュース:
転動部にホイールを採用した鉄道業界、物流業界向けユーティリティースライド
THKは、転動部にホイールを採用した鉄道業界、物流業界向けのユーティリティースライド「Advanced Wheel Guide」の受注を開始する。鉄道車両用ドアや自動倉庫ラック、工作機械の扉開閉部などへの需要を見込む。(2024/4/2)

佐川急便は積み降ろしで革新的車両 物流業界「2024年問題」を変革の好機にできるか
4月からの時間外労働の上限規制導入によってトラック運転手不足が深刻化する「2024年問題」。法施行から5年の猶予期間があったが、問題の根底にある「長時間の荷待ちや荷役作業」や「低賃金」などの改善に向けた取り組みは道半ばだ。(2024/3/30)

会員は100万人:
洋服サブスク「エアクロ」が、大きな物流拠点を構えた理由
100万人の会員がいる女性向けの月額制ファッションレンタルサービス「エアークローゼット」。事業を提供するエアークローゼット社は、循環型物流プラットフォームをリリース。レンタルを前提とした物流サービスで、「配送・返送・メンテナンス・在庫管理」を一気通貫で他社に提供するという。事業拡大の狙いを取材した。(2024/3/30)

FAインタビュー:
迫りくる物流の2024年問題、荷役効率化に向けた無人フォークリフト活用
三菱ロジスネクストは代表取締役社長の間野裕一氏の合同インタビューに応じた。(2024/3/29)

製造マネジメントニュース:
物流自動化でカギを握る“つなぐ力”、三菱ロジが新中計で目指す飛躍
三菱ロジスネクストは2024〜2026年度の新中期経営計画「Logisnext Transform 2026」を発表した。(2024/3/27)

ロジスティクス:
大和ハウスとJR貨物が千葉市美浜区に物流施設を新設 淺沼組の設計・施工で4月着工
大和ハウス工業とJR貨物は、千葉県千葉市美浜区で大型マルチテナント型物流施設「DPL千葉レールゲート」を新設する。(2024/3/22)

物流のスマート化:
2024年問題解決に向けて変化する物流拠点 日本GLPはグループ全体で取り組む
日本GLPは2024年3月6日、「物流2024年問題」の解決に寄与する同社グループ事業についての説明会を開催した。(2024/3/22)

法改正マスター2024 中小企業こそテック活用で乗り越えろ!:
「2024年問題」待ったなし 物流・建設業界の働き方はこう変わる
物流・建設業界の働き方が大きく変わる法改正が施行されます。いわゆる「2024年問題」、これらの業界はどのように対応していくべきか? 問題と対策とおさらいします。(2024/3/21)

2024年問題を解決する無人フォークリフト:
PR:高性能化が進む自動運転フォークリフト 物流の2024年問題解決の一手となるか
トラック運転手の時間外労働に上限が課される物流の「2024年問題」によって、荷役業務のさらなる効率化、省人化が急務となっている。解決策の一つになり得るのが、自動運転で荷役を行う無人フォークリフトの活用だ。(2024/3/28)

物流のスマート化:
高性能化が進む無人フォークリフト、人手不足の物流業務の自動化を後押し
三菱ロジスネクストは安土工場や滋賀工場を報道陣に公開し、AGF(無人フォークリフト)やAGV(無人搬送車)などの開発現場を紹介した。(2024/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。