• 関連の記事

「モバイルOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルOS」に関する情報が集まったページです。

AndroidでのBYOD実践方法【後編】
スマホで仕事をするなら「Android」の“あれ”を使うべし
スマートフォンなどのモバイル端末を業務に使用する際、どのような機能を検討すればいいのか。GoogleのモバイルOS「Android」の機能から、業務に役立つ点を紹介する。(2024/5/11)

AndroidでのBYOD実践方法【前編】
“私用スマホ”で仕事ができる「Android」の使える機能群
GoogleのモバイルOS「Android」は、スマートフォンを業務に使うことを想定した機能を提供している。「BYOD」(私物端末の業務利用)としてAndroid端末を利用する際に役立つ機能とは。(2024/5/4)

「Android 15」のデベロッパープレビュー 1が登場
Googleは、次期モバイルOS「Android 15」の最初のデベロッパープレビュー版をリリースした。対応する端末はPixel 6以降。(2024/2/17)

Androidの断片化を克服する【後編】
モバイルOS「Android」にリスクがある理由と“危険にしない”方法
Androidを搭載したデバイスにはさまざまな種類があるため、IT部門にとっては管理が複雑になる。セキュリティのリスクが生じる問題もある。IT部門が取るべき対策とは。(2024/1/19)

Androidの断片化を克服する【前編】
大人気の「Android」が“危ないモバイルOS”になるのはなぜ?
オープンソースであるAndroidは、さまざまなデバイスにカスタマイズされて導入される。こうした多様性はメリットであると同時に、リスクを招く要因にもなる。なぜなのか。(2024/1/12)

iOSはAndroidより安全なのか【後編】
「iOS」でも「Android」でも攻撃される隙を与えない“3大ルール”とは
モバイルOSを利用する際は、どのモバイルOSを利用するかよりも、どのように安全策を講じるかが重要だ。「iOS」と「Android」の安全利用につながる、セキュリティの注意点とは。(2023/11/30)

MMD研究所調査:
iPhoneとAndroid、利用率どっちが高い? 4万人に聞いた
iPhoneとAndroidでは、どちらの方が利用率が高いのか。MMDLabo(東京都港区)が運営するMMD研究所が「2023年9月スマートフォンOSシェア調査」を実施した。(2023/11/28)

サブ/オンラインブランドはiPhone、MVNOはAndroid利用率が高い MMDのOSシェア調査
MMD研究所が、11月21日に「2023年9月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表。メイン利用スマホのOSシェアはiPhoneが50.0%、Androidが49.7%で、iPhoneは10〜20代、Androidは60代の利用率が最多となった。(2023/11/21)

避けては通れない「BYOD」【後編】
iPhoneやAndroid端末を「BYOD」で仕事に使う プライバシーを守るには?
BYODを実践するときに避けて通れないのは、セキュリティに関するさまざまな懸念だ。モバイルOSのベンダーが提供する“ある機能”を参考にしつつ、その対策を考える。(2023/11/21)

セキュリティ、ユーザーエクスペリエンス向上などに対応:
Android 14公式リリース前最後のアップデート、Android 14 β5を発表
GoogleはモバイルOSの次期バージョン「Android 14」のβ段階における最後のアップデートであるβ5をリリースした。(2023/9/5)

Googleが“Playストア外アプリ”の安全性を担保する方法 「場合によってはアプリを無効化する」
政府が議論を進めるモバイルOSのサイドローディング義務化について、Googleが10日に実施したイベントにおいて、Google PlayのAPAC地域責任者が言及した。Androidは“3つのステップ”でサイドローディングに対応しているという。(2023/7/10)

「スパイウェア」「脆弱性悪用」がもたらす脅威【前編】
そのiPhoneは監視されていた――Googleが語る「スパイウェア」の背筋が凍る実態
「スパイウェア」による攻撃が広がっていると、Googleのセキュリティ専門家は警鐘を鳴らす。特に注意が必要なのは、「Android」「iOS」といったモバイルOSの脆弱性を突くスパイウェアだという。その危険性とは。(2023/7/8)

石川温のスマホ業界新聞:
政府がアップルに対してアプリストアの開放を義務づけへ――果たして、誰がサイドローディングを実現したいのか
読売新聞によると、政府がスマートフォン向けOSにおけるアプリの「サイドローディング」を義務付ける方向で検討しているという。サイドローディングに対する危険性を指摘する声に対して、プラットフォーマーがサイドローディング用のアプリストアを審査することで安全性を担保するという妥協案を示すようだが、安全性にコストを払ってまで独自のアプリストアを運営をしたいという事業者はいるのだろうか。(2023/6/11)

Google、「Android 14 Beta 2」をリリース Pixel、OPPO、Xiaomi、Nothingなどで利用可能に
米Googleは開発者向けイベント「Google I/O」の開催に伴い、次期モバイルOS「Android 14」のβ 2(ベータ2)を公開した。Pixel、OPPO、Xiaomi、Nothingなどの端末で利用できる。カメラ、ヘルスケア、システムUIなどの改良が図られた。(2023/5/11)

「Android 14」の初パブリックβリリース Pixel端末にインストール可能に
Googleは次期モバイルOS「Android 14」の初パブリックβ版をリリースした。「Android 13」よりも2週間早いリリースだ。Pixel 4a(5G)以降のPixel端末にインストールできる。(2023/4/13)

iOSとAndroidに「十分な競争圧力が働いていない」と公取委が指摘する理由 法整備もある?
公正取引委員会は2月9日、日本におけるスマートフォンOS(モバイルOS)関する調査報告書を公開しました。報告書では「GoogleとAppleが提供するモバイルOS・アプリストアに対し、十分な競争圧力が働いていない」としています。その理由の1つが寡占による問題です。(2023/2/16)

正式リリースは2023年夏以降:
「Android 14」最初の開発者向けプレビュー版が公開 何が変わった?
Googleは、モバイルOSの次期バージョン「Android 14」の最初の開発者向けプレビュー版をリリースした。(2023/2/16)

「Android 14」の初開発者プレビューリリース
Googleは次期モバイルOS「Android 14」の最初のDeveloper Previewを公開した。Pixel 4a(5G)以降のPixelシリーズにインストール可能だ。フォント拡大率を上げるなどの新機能を紹介した。(2023/2/9)

深刻な脆弱性も減少:
Rustの導入で「Android」のセキュリティバグが低減か――Googleが報告
Googleは公式ブログで、モバイルOS「Android」の開発にメモリ安全なプログラミング言語「Rust」を導入する取り組みを進めてきた2019〜2022年の間に、同OSにおけるメモリ安全性の脆弱性が大幅に減少し、それに伴って深刻な脆弱性も減少していることを報告した。(2022/12/7)

Androidスマートフォンの“寿命”がiPhoneよりも短い理由
今回はスマートフォンをとりまくOSアップデートの実情、新たな取り組みについて考察する。AndroidスマートフォンのOSアップデートがiPhoneよりも少ない背景には、検証コストやプロセッサのサポート期間がある。そのAndroidスマートフォンでも、OSのアップデート長期化の流れも見え始めている。(2022/10/27)

「iOS 16」は9月13日に配信
Appleは新製品発表イベントに合わせ、次期モバイルOS「iOS 16」の既存モデルへの配信開始日を発表した。9月13日(火)。「iPhone 8」および「iPhone SE(第2世代)」以降のモデルでアップデート可能だ。(2022/9/8)

注意すべきモバイルデバイスの脅威【後編】
「『iOS』は『Android』より安全だ」が危険な思い込みである理由
モバイルOSの種類によって、ユーザーのセキュリティ意識は異なる。「Android」と「iOS」にはどのような違いがあるのか。モバイルデバイスを活用する企業が注意するべきポイントとは。(2022/8/26)

Google、「Android 13 Beta 4」リリース 正式版は「数週間後」
Googleは、次期モバイルOS「Android 13」の「Beta 4」をリリースした。これが正式版リリース前の最後のアップデートになる見込み。正式版は「数週間後」としている。(2022/7/14)

Google、「Android 13 Beta 3」公開 “プラットフォームの安定版”段階に
Googleが次期モバイルOS「Android 13」の「Beta 3」をリリースした。「プラットフォームの安定版」になり、開発者はアプリの最終的なテストが可能だ。7月に「Beta 4」が出て、正式版は今秋の計画だ。(2022/6/9)

スマホのOS調査、最も多かったのは「Android」 50〜60代に人気
MMDLaboは、スマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女に、「2022年5月スマートフォンOS シェア調査」を行った。メイン利用のスマートフォンで最も多かったのは「Android」だった。(2022/5/18)

メインスマホの利用率はiPhoneが44.1%、Androidが51.5%――MMD研究所の調査
MMD研究所は5月13日、「2022年5月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表した。この調査はスマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女1万人を対象とし、4月21日から24日までの期間に実施された。メインスマホの利用率はiPhoneが44.1%、Androidが51.5%となった。(2022/5/13)

「スマホOSの寡占」問題 政府の思惑は「日本独自OS」を作ることではない
日本政府が、スマートフォン用OSの寡占状態を懸念している。そこから、「日本政府が独自OSを欲している」との解釈も広がっている。結論からいうとその解釈は正しくない。(2022/4/28)

「Android 13」の初パブリックβリリース Pixel端末にインストール可能に
Googleが次期モバイルOS「Android 13」のパブリックβを公開した。一部のPixelシリーズにインストールできる。Bluetooth LEオーディオや新しいプライバシー機能などを試せる。(2022/4/27)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
iPhone vs. Androidのバトルは続く 「広告」で勝つのは?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「モバイルOSのトラッキング規制」です。(2022/4/25)

「Android 13」のDeveloper Preview 2リリース 日本語表示改善などの新機能
Googleは次期モバイルOS「Android 13」のDeveloper Preview 2を公開した。アプリのプッシュ通知許諾機能や日本語のテキスト表示の改善などが追加された。(2022/3/18)

Googleの折りたたみ・大画面向けモバイルOS「Android 12L」が正式版に SamsungやMicrosoftが採用へ
Googleは折りたたみ・大画面端末向け専用OS「Android 12L」の正式版をリリースした。Samsung、Lenovo、Microsoftの製品に年内に搭載される見込み。(2022/3/8)

iPhoneの利用率は45.7%、10〜20代では6割以上がiPhoneに――MMD研究所がスマホのOSシェア調査を実施
MMD研究所が「2021年12月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表した。メイン利用しているスマートフォンはiPhone(iOS)が45.7%、Androidが47.0%とAndroidの方が僅差で上回ったが、年代別で見ると10〜20代は男女共にiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回っているという。(2021/12/14)

「Android 12」、既存のPixelシリーズに配信開始
Googleは正式版モバイルOS「Android 12」を「Pixel 3」以降のPixelスマートフォンに配信開始した。Samsung Galaxy、OnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、Xiaomiなどの一部機種にも年内に配信する。(2021/10/20)

公取委がスマホOSの市場調査へ 「iOSやAndroidに他のOSが競争圧力与えているか」
公正取引委員会が、モバイル用OSの実態調査に乗り出す。OSとアプリの流通市場の構造や競争の実態を把握する。終了時期は未定だが、何らかの成果物を公表予定で、内閣官房とも連携するとしている。(2021/10/8)

リアルタイムOS列伝(14):
Android対抗の「Tizen」から派生した「TizenRT」はRTOSらしくないRTOS
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第14回は、Android対抗モバイルOSとして開発された「Tizen」から派生した「TizenRT」を紹介する。(2021/8/31)

Android 12 Betaに「表情で操作」機能 目線や口の動きがスクロールや選択に
米Googleが、開発者向けに配信している次期モバイルOS「Android 12 Beta」のバージョン4に、「口を開く」といった顔の動きでスマホを操作できる機能を追加した。8月11日のアップデートで、ユーザー補助機能の一つとして追加した。(2021/8/17)

Android 12 beta 4、顔で操作する新機能追加(ユーザー補助として)
Googleの次期モバイルOS「Android 12」のbeta 4がリリースされた。「ユーザー補助」に「カメラスイッチ」機能が追加され、登録した顔の表情で基本操作ができる。例えば口を開くとホーム画面に戻る、などが可能だ。(2021/8/17)

Google、公式アプリストアが独禁法違反だと米州検事総長連合が提訴
米国の36州とワシントン特別地区の検事総長らがGoogleを独禁法違反で提訴した。公式アプリストアで支配的な力を乱用したとしている。Googleは、“他のモバイルOS”と違いサイドローディングも認めていると反論した。(2021/7/8)

Android 12 beta 2リリース プライバシーダッシュボードや背面タップのショートカットなど新機能追加
Googleが今秋リリース予定のモバイルOS「Android 12」の「beta 2」をPixel端末向けにロールアウト中だ。「Material You」のデザイン反映やクイック設定の改善、プライバシーダッシュボードなどが追加された。まだ利用できないが背面タップのショートカットも追加された。(2021/6/10)

Google I/O 2021:
「Android 12」は「Material You」で大幅なデザイン変更
Googleの次期モバイルOS「Android 12」は新デザイン言語「Material You」により、デザインが大きく変わる。壁紙の色調を抽出してサービス横断でその色調を反映できる他、クイック設定やウィジェットのデザインも変わる。(2021/5/19)

「Android 12」の初開発者プレビュー公開 Pixel 3以降のPixelシリーズにインストール可能
Googleが次期モバイルOS「Android 12」のDeveloper Previewを公開した。Pixel 3以降のPixelシリーズにインストール可能。触覚ジェネレーターやメディアトランスコーディング機能を確認できる。(2021/2/19)

Huaweiが「HarmonyOS 2.0」を発表 2021年に対応スマホが登場?
Huaweiが9月10日に開発者会議「HUAWEI DEVELOPER CONFERENCE 2020」を開催。独自OS「HarmonyOS」の最新バージョンとなる「2.0」を発表し、年内にスマートフォン向けOSも展開する。高度なアプリを簡単に開発できる開発キットも提供する。(2020/9/11)

Android 11で起動できないゲーム続々 「ドラクエウォーク」「ドラクエタクト」「DQMSL」など
Googleの最新モバイルOS「Android 11」にアップデート後、ゲームアプリが起動できなくなる事例が複数報告されている。ゲーム運営会社はユーザーにアップデートを待つように呼びかけた。(2020/9/9)

Android 11公開 Pixel、OnePlus、Xiaomi、OPPOの端末にロールアウト
GoogleがモバイルOS「Android 11」の正式版をリリースした。同社オリジナルのPixelシリーズだけでなく、OnePlus、Xiaomi、OPPO、Realmeの端末にも同日からロールアウトしていく。(2020/9/9)

Facebook、「iOS 14の新機能は多数の開発者と広告主を傷つける」
Appleが9月中にもリリースする見込みの次期モバイルOS「iOS 14」の新たなプライバシー機能についてFacebookが、同社の広告サービスに大きな影響を与え、「多数の開発者と広告主を傷つける」と主張した。(2020/8/27)

AppleとGoogle、世界絵文字デーに新絵文字を披露
「世界絵文字デー」の7月17日、AppleとGoogleがそれぞれの次期モバイルOSに追加するUniode 13.0ベースの新しい絵文字をいくつか披露した。(2020/7/20)

「Android 11 β2」リリース プラットフォームの安定性を確定
Googleが次期モバイルOS「Android 11」のβ2をリリースした。開発者向けにプラットフォームの安定性を確定した。今秋予定の公式版リリース前に、あと1回βアップデートがある見込み。(2020/7/10)

「Android 11」の一般向けβ1リリースは6月3日に延期
Googleが次期モバイルOS「Android 11」のリリーススケジュールを更新し、5月に予定していた一般向けβ1を6月3日公開に変更した。同日、開発者向けオンラインイベントを開催し、ライブQ&Aも行う。正式版公開時期は第3四半期のままになっている。(2020/5/7)

充実するAndroidの代替OSとカスタムUI【後編】
Androidの「代替OS」「カスタムUI」選びで後悔しない4つの注意点
モバイルOSの主流である「Android」には、その代替OSやカスタムUIが多く存在する。企業がそれらの導入を考える場合には、注意すべき点が幾つかある。(2020/4/2)

「Windows 10 Mobile」予定通りサポート終了
Microsoftが12月10日、「Windows 10 Mobile」のサポートを予告通り終了した。2003年6月に「Windows Mobile 2003 Software for Pocket PCs」として登場したMicrosoftのモバイル向けOSは、これで終了することになる。(2019/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。