• 関連の記事

「MIT(マサチューセッツ工科大学)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Massachusetts Institute of Technology

関連キーワード

世界を読み解くニュース・サロン:
中国出張でPCは“肌身離さず”でなければいけない、なぜ?
昨年、中央省庁の職員3人が中国出張中、PCに不審なマルウェアを埋め込まれていたことが分かった。わずかな時間でホテルの部屋に侵入されたという。特に海外出張では、PCを常に携行するなど、警戒を強めて行動することが必要だ。(2024/2/23)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第4回】
AI検出は「ChatGPTの文」をどこまで見抜けるのか? 複数ツールで試してみた
コンテンツがAI製なのか、人間製なのかを判別するための「AIコンテンツ検出ツール」がある。その実力はどうなのか。OpenAIをはじめ、複数のベンダーが提供する検出ツールを実際に使ってみた。(2024/2/3)

Innovative Tech:
スマホの“環境光センサー”から情報を取得するサイバー攻撃 カメラ使わずに画像化できるか検証
米マサチューセッツ工科大学の研究者らは、スマートフォンやタブレットなどの電子機器に搭載している環境光センサーを利用して、ユーザーのタッチ操作や手のジェスチャーを取得する攻撃に関する研究報告を発表した。(2024/2/1)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【後編】
専門家がそっと教える「事業目標を設定する10ステップ」
事業目標を設定するに当たって、どこから情報を調達し、どのような過程を踏めばよいのか。専門家の声から、適切な事業目標を設定するための10ステップを紹介する。(2024/1/31)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【前編】
だから事業目標を達成できない――適切な目標設定に不足している情報とは
事業目標の通りに成果を得られないとき、まず着目しなければならないのはどの部分なのか。専門家たちの見解を基に、事業目標とは何か、適切な設定には何が必要なのかを整理する。(2024/1/17)

Innovative Tech:
“AI生成の文章/画像だけ”でデータを学習する手法 人間が作るものは一切使わず GoogleとMITが開発
Google ResearchやMIT CSAILに所属する研究者らは、合成画像と合成キャプションから視覚表現を学習するアプローチを提案した研究報告を発表した。(2024/1/16)

CIO Dive:
「GPTー4」より高い評価を受けたLLMは? 2024年に生成AI活用で注意すべきポイント
ChatGPTが一般公開されてから1年以上たち、企業はAIをワークフローに組み込もうと躍起になっているが、問題は山積している。各種調査の結果から、生成AIを活用する上で注意すべきポイントを探る。(2024/1/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日中自動車メーカーのASEAN争奪戦
2024年ーーというか、ここから数年の間、自動車産業の重要なテーマの一つは「ASEANマーケットの覇者になるのは、果たして日本か中国か」だ。ASEANでは、現在進行形で、中国流のガバナンスを無視した発展と、日本流のガバナンスを守る発展の衝突が起きている。(2024/1/1)

「LLM」とは何か
「LLM」(大規模言語モデル)とは? 「ChatGPT」にも使われる仕組みを解説
生成AI分野に欠かせないのが「LLM」であり、これはOpenAIのチャットbotサービス「ChatGPT」にも用いられている。本稿はLLMの技術を詳しく解説する。(2023/12/26)

Appleが増大する個人情報への脅威を警告 セキュリティに関する最新報告書を公開
Appleから、セキュリティに関する報告書「The Continued Threat to Personal Data:Key Factors Behind the 2023 Increase」が公開された。その内容を林信行氏が読み解いた。(2023/12/8)

OpenAIの新取締役3人のプロフィール
OpenAIが発表した“初期段階”の取締役会のメンバー、アダム・ディアンジェロ氏、会長になるブレット・テイラー氏、ラリー・サマーズ氏のプロフィールを簡単に紹介する。(2023/11/24)

松尾豊東大教授が明かす 日本企業が「ChatGPTでDX」すべき理由
松尾豊東大教授が「生成AIの現状と活用可能性」「国内外の動きと日本のAI戦略」について講演した。(2023/11/10)

生成AIはサイバー攻撃側にメリット 米Akamaiトム・レイトンCEOが警鐘 対策は
米Akamai Technologiesのトム・レイトンCEOが取材に応じ、生成AIが情報セキュリティに与える影響を語った。(2023/11/2)

OpenAI、AIの“壊滅的な”リスクに取り組む「Preparedness」チーム結成
OpenAIは、AIの“壊滅的な”リスクに取り組むためのチーム「Preparedness」を結成した。また、そうした壊滅的リスクとその対処についてのアイデアを募集するコンテストも開始。優秀な回答には2万5000ドル分のAPIクレジットを提供する。(2023/10/27)

Innovative Tech:
人間の好みを対話で引き出す言語モデル「GATE」 米MITが開発
米マサチューセッツ工科大学(MIT)などに所属する研究者らは、人間の好みを対話で引き出す言語モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/10/25)

研究開発の最前線:
第2高調波発生強度を最大化するための手法を実証
東北大学は、光の第2高調波発生強度を最も強くする、ヤヌス型2次元物質の積層構造を検証した。広く存在する元素から高強度のSHGを発生できる物質の設計、探索に寄与する研究成果だ。(2023/10/13)

レガシー装置を眠らせない:
半導体製造装置の「中古市場」を作り出す 米新興企業
米スタートアップのMoov Technologiesは、中古の半導体製造装置を手掛けるビジネスに活路を見いだしている。(2023/10/11)

最初は注目されなかった:
ノーベル賞受賞のカリコ氏が語る「苦難と信念」 コロナワクチン開発に貢献した開拓者精神とは?
ノーベル生理学・医学賞に、コロナワクチンの開発に貢献した独ビオンテック社のカタリン・カリコ上級副社長と、米ペンシルベニア大学医学大学院のドリュー・ワイスマン教授が選ばれた。その背景には、苦難の研究者人生があった。困難にめげず信念を貫いて道を切り開いた姿勢は、多くの経営者のヒントになるだろう。(2023/10/3)

産業用メタバースに集まる注目と疑問 製造業を大きく変えるその価値とは
Siemens USAのCEOであるバーバラ・ハンプトン氏が、産業用メタバースと製造の未来を語った。(2023/9/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
米カジノ運営元が「ランサムウェア」被害 20億円の身代金を支払って“しまった”理由
9月に入って、米ラスベガスのカジノ運営元が、相次ぎ「ランサムウェア」の被害を受けた。このうち、1社は身代金を支払ってしまったという。「身代金を支払わない」が基本対応にも関わらず、支払った背景には企業なりの理由があった。(2023/9/24)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「うちの会社でも使えそう」な事例を紹介 ブロックチェーン活用サービスの最前線【後編】
「まだうちの業界には関係ない」と思う人も多いブロックチェーン。しかし、さまざまな業界で活用事例が増えている。認証やサプライチェーン管理の事例を紹介しつつ、非競争領域のインフラとしての可能性も探る。(2023/9/22)

材料技術:
樹脂に混練できる近赤外蛍光色素が「目に見えないタグ」の印字に採用
DICは、近赤外蛍光色素やそれを用いた樹脂材料が、米国マサチューセッツ工科大学の新技術「BrightMarker」に採用されたことを発表した。(2023/9/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が米テスラに“撤退圧力” 企業が再考すべき「チャイナリスク」とは
「処理水」海洋放出を決めたことで、中国から日本国内の各所に迷惑電話が多発し「中国リスク」というものが浮き彫りに。同様に中国では米テスラへの撤退圧力が強まっており、企業は中国との関係を再考する時期が来ている。(2023/9/8)

「2段階認証を実装していたのに不正アクセス」 なぜなのか:
あの「オニギリペイ」に学ぶ、「セキュリティ要件準拠」でもインシデントが起きる理由
過去のセキュリティインシデントを教訓にセキュリティを意識する企業は増えている。だが、セキュリティ要件などを考慮して作られつつあるWebアプリケーションにも落とし穴があるという。「Cloud Native Week 2023夏」に登壇した徳丸 浩氏が解説した。(2023/9/1)

Innovative Tech:
“目に見えないタグ”を物に埋め込み、追跡できる技術 米MITの研究者らが開発
米MIT CSAILなどの研究者らは、目には見えないタグを物に埋め込み追跡できるシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/8/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
新興SNS「スレッズ」は「X」に勝ち目なし? ブームはなぜ沈静化したのか
新興SNS「スレッズ」の利用数が伸び悩んでいる。その背景要因を考察する。(2023/8/24)

Japan Drone 2023:
RCの鉄筋とコンクリートのように“樹脂に繊維を流し込む”3Dプリンタ アルミに匹敵する強度でUAVパーツ製作
日本3Dプリンターは、航空宇宙エンジニアのグレッグ・マーク氏が設立したMarkforgedの3Dプリンタ「Mark Two」で、ドローンのパーツ製作を内製化することを提案している。Mark Twoは、樹脂材料の中にカーボンファイバーをはじめとする繊維材料を、長繊維状態で流し込めるのが特徴だ。(2023/8/22)

ダイバーシティー改善に挑むIT業界【中編】
学歴でも顔でもなく「名前」でまさかの不採用――不条理極まる採用事情
IT業界に限らず、さまざまな業種に人種や性別の偏りが残っている。偏りが如実に表れるのが人材の採用だ。幾つかの実験で、人種や性別が採用に影響しているとみられる赤裸々な実態が明らかになった。その内容とは。(2023/8/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
激化するサイバー攻撃への切り札 「脅威インテリジェンス」が抱える課題
近年、企業などへのサイバー攻撃の数は見過ごせないレベルにある。そんな状況から、近年、通常のセキュリティ対策だけでなく「脅威インテリジェンス」と呼ばれるセキュリティ対策が注目されるようになった。(2023/7/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「タテシナ会議」で、TRIギル・プラットCEOが語った未来
長野県茅野市で、4年ぶり2回目となる「タテシナ会議」が開催された。自動車メーカーやサプライヤー、業界団体のトップなど、そうそうたるメンバーが名を連ねたが、そこでTRIのギル・プラットCEOが語ったことは……。(2023/7/24)

「Solid」が目指す新しいWeb【中編】
「Webの父」ティム・バーナーズ・リー氏が次世代Web「Solid」を開発するまで
新しいWebアーキテクチャ「Solid」を設計したのは、Webの生みの親であるティム・バーナーズ・リー氏だ。バーナーズ・リー氏はなぜSolidを生み出したのか。その背景をたどる。(2023/7/14)

外部磁場なしで磁化反転が可能に:
光でも電気でも書き込める不揮発性磁気メモリ材料
東北大学は、光で情報を記録できる単結晶コバルト(Co)/白金(Pt)構造において、外部磁場がなくても電流注入で磁化反転させることに成功した。光でも電気でも情報を書き込める不揮発性磁気メモリ材料として期待される。(2023/7/12)

「Solid」が目指す新しいWeb【前編】
Webで生じた「データは誰のものなのか」問題を次世代Web「Solid」が解決する?
エンドユーザーが生成するデータを利益に変えることが珍しくなくなる一方、データプライバシーやデータ所有権を巡る議論や規制が活発化している。次世代Web「Solid」が動き出したのは、こうした動きと無縁ではない。(2023/7/6)

伊藤穰一氏、千葉工業大学の学長に
伊藤穰一氏が千葉工大の学長に。「日本の技術者不足という問題と、技術者のさらなる社会的地位向上に貢献する」とコメントを寄せている。(2023/6/30)

医療現場で活躍する「AI」の役割【第4回】
「病院がAIを使いたくない理由」はこれだ 医療従事者への調査で明らかに
AI技術は医療にとってメリットがあるが、デメリットもある。具体的には、どのようなデメリットがあるのか。医療従事者への調査結果と専門家の意見を基に考察する。(2023/6/29)

Innovative Tech:
Twitterのbot自動検知ツールは“正確ではない”研究結果 米MITが発表
米MITに所属する研究者らは、Twitterのbotアカウントを検出するために使われる既存のサードパーティー製ツールが正確ではないと実証した研究報告を発表した。(2023/6/26)

医療現場で活躍する「AI」の役割【第3回】
医療従事者が明かす「AIが本当に役立つ用途」はこれだ
MITとGE Healthcareの調査によれば、医療従事者はAI技術をおおむね好意的に受け入れている。その理由は何か。また、どのように役立っているのか。調査レポートのポイントを紹介する。(2023/6/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
ローカル5G「安全神話」に異議あり 広がる導入に潜む誤解とリスク
再びよく目にするようになった「5G」。今では一般ユーザーのスマホも5Gで通信できるのが当たり前になっているが、5Gの本当の恩恵を実感できない人が多いのではないだろうか。5Gの通信は、もっと小規模なエリアで効果的に利用されているのだ。(2023/6/15)

東急不動産、渋谷開発で米MITと連携 ITベンチャーの集積地に
東急不動産が米マサチューセッツ工科大学が主導する産学連携プログラム「ILP」に参加すると発表。同プログラムへの本格的な参加は、日本の総合不動産デベロッパーとして初となるという。(2023/6/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
ザッカーバーグ、メタバースの次は「ブラジリアン柔術」? 経営者が体を鍛えたがるワケ
世界の注目を集めるIT系起業家のイーロン・マスク。一方、主役の座を奪われ、苦戦続きのフェイスブック(現・メタ)創業者のマーク・ザッカーバーグ。彼が心のよりどころにしている意外なものが「ブラジリアン柔術」だ。(2023/6/8)

初心者でも分かる生成系AI入門:ChatGPTが開いた「AIブーム3.5」の扉(前編)
何かと話題の生成系AIの歴史は、実はとても古いもので、現在は「第3次ブーム」。画像系/テキスト系の生成AIの歴史や、それぞれの基本的な仕組みをざっくりと解説します。(2023/6/7)

「伝統的な経営文化」を捨てるには【後編】
本当にアジャイルな会社は「個人」以上に何を信じるのか
事業変革に取り組む企業が陥りがちな誤りの一つが「個人への過信」だ。GoogleなどのIT企業は個人の力を過信するのではなく、何を信じているのか。(2023/6/7)

頭脳労働者を脅かす「ChatGPT」【後編】
「ChatGPTに仕事が取られる」と不安で眠れない頭脳労働者が「ChatGPT」と共存する方法
人工知能技術の発展とともに自身の業務の先行きを考えて不安を覚える頭脳労働者もいる。だが、上手に付き合う方法はある。生成AIツールをどう使うべきなのか。どう使うべきではないのか。専門家に聞いた。(2023/6/2)

「伝統的な経営文化」を捨てるには【前編】
「90%症候群」と「うそつきクラブ」がプロジェクトを駄目にする残念な事情
老舗企業が事業変革に取り組む事例は続々と登場しているものの、古い慣習が成長を阻害する場面がある。企業が注意しなければならない「90%症候群」「うそつきクラブ」の問題とは。(2023/6/1)

日銀の植田和男新総裁による就任記者会見、期待されている発信力はどうだったか 非言語は課題あり
10年ぶりの交代となった日銀総裁。植田和男新総裁が副総裁2人と共に就任会見を4月10日に開いた。岸田文雄首相は日銀の黒田東彦総裁の後任にふさわしい人物像について「主要国の中央銀行トップとの緊密な連携、内外の市場関係者への質の高い発信力と受信力が格段に重要になってきている」とコメント。日銀総裁に求められる発信力と受信力とは何か、広報の観点から考える。(2023/5/31)

研究開発の最前線:
偶然の出会いから紫綬褒章へ、東大の岡部教授が語るチタン製錬への思い
令和5年春の紫綬褒章受章が決定した東京大学 生産技術研究所 教授 岡部徹氏に、紫綬褒章受章への思いやレアメタルの研究を開始した経緯、現在注力している研究、今後の展開について聞いた。(2023/5/29)

IBMも生成AI「watsonx」 透明性とカスタマイズ性で“ビジネスに使えるAI”強調
米IBMが、生成AIを含むAIとデータのプラットフォーム「watsonx」を市場に7月から順次投入する。市場のホットワードとなっている生成AIに対し、透明性やカスタマイズ性を付加価値としてビジネス向けの展開を図る。(2023/5/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
年間売上1億、ギョーザで起死回生の東スポ 次に狙う“鉱脈”とは?
購読者数の大幅減少が続くスポーツ紙。多くは一般紙の系列で、存続が危ういところまでは来ていない。後ろ盾がない「独立系」として奮闘する東スポが、起死回生の一手として打ち出したのが「ギョーザ」だった。(2023/5/11)

Innovative Tech:
空腹を操作できる飲むカプセル 胃の中で電気刺激 吐き気の緩和も可能 米MITなどが開発
米マサチューセッツ工科大学(MIT)、米ブリガムアンドウィメンズ病院、米ニューヨーク大学に所属する研究者らは、胃の中で電気刺激を与えられるカプセル型デバイスを提案した研究報告を発表した。(2023/5/8)

MacやWindowsには“元ネタ”があった 「パロアルト研」が残した「Alto」を振り返る
MacやPCなど現代コンピュータの“聖地”ともいわれる「パロアルト研究所」が米Xeroxのもとを離れる。同研究所で生まれた「Alto」がどういうマシンだったのか、そして今のPCにどういう影響を与えてきたのか、Altoとその“子どもたち”について語る。(2023/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。