• 関連の記事

「日本気象協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本気象協会」に関する情報が集まったページです。

40度を超える日は「酷暑日」、30度以上の夜は「超熱帯夜」 日本気象協会が独自に命名
日本気象協会は2日、最高気温が40℃以上の日を「酷暑日」、最低気温が30℃以上の夜を「超熱帯夜」と呼称すると発表した。(2022/8/2)

「Emotetってどんなウイルスだっけ?」 知っている人から届く“開いてはいけないメール”の脅威
非IT系企業も関係なく襲うコンピュータウイルス「Emotet」。メールを媒介に感染を広げるこのウイルスは、クレカ情報を盗んだり取引先からの信用を落としたりといった問題を持っている。(2022/7/29)

KIRIMIちゃん.が「きあつ……ずつう……」と悲鳴 気圧変化のせいでぐったりする姿に共感多数
停滞前線がまた来たせいで……。(2022/7/15)

電動化:
継続的な再エネ導入にEVや蓄電池を活用、東電やホンダなど17社で実証事業
東京電力ホールディングスは2022年6月15日、蓄電池や電気自動車(EV)、自家発電などの分散型エネルギーリソースを活用した実証事業を開始すると発表した。送配電事業者、小売電気事業者、システム/ICT事業者、エネルギーリソースプロバイダーが参加し、革新的なエネルギーマネジメントシステムとリソースアグリゲーションの確立を目指す。(2022/6/16)

Emotetの攻撃急減 メール送信停止も「必ず再開」 JPCERT/CCは警戒訴え
Emotetの被害が減少している。3月は感染爆発していたが、JPCERT/CCの調べで、4月上旬以降はサイバー攻撃が停止されていることが明らかになった。ただ、いつでも攻撃を再開できる態勢になっているとされ、同センターは警戒を呼び掛けている。(2022/4/26)

つらい花粉症をスマホで乗り切る方法 飛散量の情報収集から“花粉撲滅アプリ”まで
花粉症にはスギ、ヒノキ、イネなどさまざまなアレルゲンがあるが、どの花粉症でも変わらないのは「目がかゆくなり、鼻がムズムズする」こと。花粉が多く飛散する日の外出は避けるため、スマホで簡単に花粉の飛散状況をチェックできるアプリを紹介する。(2022/3/31)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、花見イベント2022
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/3/22)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Emotet」って何? 感染拡大している理由は? 対策は? 副編集長に語らせた
送信者を偽って、マクロファイルを添付したメールを送りつける「Emotet」が感染拡大している。Emotetとは何か、どう注意したら良いのか、ITmedia NEWS副編集長が解説する。(2022/3/14)

Emotet、3月はすでに300件超えの被害相談 “先月比7倍”で大幅拡大中 IPAが注意喚起
情報処理推進機構(IPA)は3月1日から8日までに、Emotetの感染被害についての相談が323件あったと明かした。先月同時期(2月1日〜8日)に比べ、約7倍の相談件数に上るほど大幅に拡大しているとして、改めて警戒を呼び掛けている。(2022/3/10)

Emotet感染爆発で謝罪企業相次ぐ 沖縄県、気象協会、いすゞなど【訂正あり】
マルウェア「Emotet」の再拡大が進み、各地で感染報告が相次いでいる。2月以降、沖縄県やリコー系列会社、NPO法人、食品会社などさまざまな業界の企業が、おわびと注意喚起を発している。(2022/3/4)

東京都内でスギ花粉が飛散開始 例年より9日遅く
ヤツが来てしまった……。(2022/2/17)

船も「CASE」:
“船長の技”のクラウド共有で、海のデジタルトランスフォーメーションを実現する
日本気象協会とアイディアが2021年9月27日、「海事デジタルトランスフォーメーション」を推進するパートナーとして協業することを発表した。(2021/12/24)

各地で積雪、SNSに美しい雪景色の投稿が集まる
(2021/12/18)

ドローン:
ドローン用地理空間情報に関する国際規格「ISO 23629-7:2021」が発行
ゼンリン、日本気象協会、三菱総合研究所が提案を進めていたドローン用地理空間情報に関する国際規格が、国際標準化機構より発行された。ドローンが安全かつ効率的に飛行するための地理空間情報の構成や項目などを4階層で定義している。(2021/10/12)

お盆は「災害級の大雨」に警戒を 各地で「過去経験したことのないような大雨」の可能性
九州や中国地方だけでなく、北陸や岐阜県・長野県付近も土砂災害などに警戒が必要。(2021/8/12)

スパコンで30分後のゲリラ豪雨を予測→イベント参加者に情報提供 日本気象協会が実証実験
日本気象協会が、気象レーダーの観測データからゲリラ豪雨の発生確率を予測し、屋外イベントの運営者や来場者に通知する実証実験を行うと発表。スーパーコンピュータで30分後までの発生確率を予測するという。(2021/7/28)

熱中症を防ぐ「暑熱順化」マニュアル、日本気象協会が公開 急に暑くなる5月は要注意
日本気象協会が熱中症対策に有効な「暑熱順化」の進め方をまとめたWebサイトを公開した。PDF版も公開している。(2021/4/2)

画像認識AIで路面凍結を発見、降雪時の視界不良も測定 新潟で実証実験
日本気象協会がAIを活用して、悪天候時の路面状態や視界の悪さをリアルタイムで測定する実験を始める。計測機器がなくても路面凍結などを把握できるようになり、交通事故の抑止に役立つという。(2021/2/15)

花粉シーズンの換気は“壁際”にご用心 ダイキン調査
ダイキン工業が花粉シーズンの窓開け換気をシミュレーション。換気後は壁際に花粉が集まりやすいことが分かった。再び飛散させないために床掃除などの対策が有効。(2021/1/22)

2021年春のスギ花粉シーズンは早いところで2月上旬から 飛散量は「昨年比で多く」「例年比で少ない」地域が多い見込み
1月のうちから準備を。(2020/12/10)

勘や経験でない判断を:
伊藤忠と日本気象協会、気象データでアパレル需要予測――在庫の大量廃棄防止
日本気象協会と伊藤忠商事が提携。気象データからアパレル需要を予測する。勘や経験頼りだった販売計画を最適化。(2020/11/25)

気象庁サイトに異例の広告掲載、15日スタート 収益8700万円見込み
気象庁は省庁としては異例の公式サイトへの広告掲載に着手する。民間活用の一環で、今年度内に8700万円の広告収入を見込む。アクセス集中対策など年間2億4000万円のサーバ運営費の一部に充てるという。(2020/9/14)

台風10号 早めの対策を 今やるべき台風への備え
(2020/9/4)

災害時の行動をシミュレーション「マイ・タイムライン」 実際に作ってみよう!
(2020/9/3)

「日傘は女っぽいとか、もうやめませんか」 日本気象協会の熱中症対策ポスターに反響、制作の背景を聞いた
「問題は、紫外線ではなく偏見です」のコピーにもドキッとさせられます。(2020/8/26)

元テレビ局アナ気象予報士が教える「天気予報で使われる言葉」 天気予報に詳しくなろう
「これを知っていれば、誰かに自慢できる」という「天気予報で使われる言葉」や「気象用語」の意味などについて、元テレビ局アナウンサーで、気象予報士歴20年近い望月圭子さんが、お伝えします。まずは『天気予報に詳しくなろう』です。(2020/8/24)

「熱中症でボロボロになった」 救急搬送された体験談漫画であらためて知る怖さと予防の大切さ
人によっては長期戦に……。(2020/8/17)

朝から暑いぞ東京 熱中症警戒
12日の東京は、朝から気温が急上昇中。午前6時40分頃に30度に達しました。きょう日中の最高気温は、3日連続の猛暑日となる35度の予想も。危険な暑さ。都内に熱中症警戒アラート発表中。(2020/8/12)

Weekly Memo:
気象予測データをDXに生かせ KPMGと日本気象協会が展開する協業サービスとは
気象予測データをさまざまなビジネスに生かしてもらおうと、経営コンサルティング会社と気象情報機関が協業して総合コンサルティングサービスの提供を始めた。果たして、どんなサービスなのか。導入する企業にとってはデジタルトランスフォーメーション(DX)の足掛かりになりそうだ。(2020/8/11)

ゲリラ豪雨の兆候が見えるアプリ「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」 雨雲の断面図も
日本気象協会が首都圏の雨雲の状況をリアルタイムで確認できる「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」アプリを公開した。最先端の気象レーダーが観測した情報を表示する初のアプリ。(2020/7/7)

ダムの放流タイミング、AIで判断支援 15日先の降雨量を予測
日本気象協会はこのほど、AIで最大15日先の降雨量を予測し、ダムの事前放流の判断を支援するサービスの提供を始めた。余裕を持った事前放流を促せるとしている。(2020/7/3)

日本気象協会「エヴァ」仕様の防災パンフ『防災知識補完計画』を無料公開
何事も備えが大事。(2020/6/26)

マスクで外出、こまめな水分補給を 日本気象協会が「例年以上の熱中症対策」呼びかけ
日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、新型コロナウイルス対策でマスクを着用したまま過ごす夏を前に、軽装や水分補給などの「例年以上の熱中症対策」を呼びかけた。(2020/6/22)

マスクを着用したまま過ごす夏、熱中症リスクが上昇 日本気象協会「例年以上に小まめな水分補給を」※修正あり
部屋にこもりきりの生活が続く人は特に注意。(2020/6/22)

関東など熱中症に注意を
11日は、本州や四国、九州は日中晴れて日差しが強まり、関東など所々で30度以上の真夏日に。暑さに体が十分慣れていない時期のため熱中症に要注意。北海道や奄美、沖縄は雨や雷雨。(2020/5/11)

外出自粛の今だからこそ! 「お家の防災対策」をやってみよう
(2020/4/17)

ちくわパン、ようかんパン、豆パン。北海道のご当地パン
(2020/4/13)

「卯月」の語源は卯の花が咲く頃だから? うと卯と兎と宇をめぐる旅〜後編〜
(2020/4/4)

和風月名・最大の謎「卯月」。うと卯と兎と宇をめぐる旅〜前編〜
(2020/4/3)

スギ花粉 そろそろ飛散ピーク突入か
つらい時期に突入。(2020/2/23)

「食品ロス」削減への現在地:
東京駅で「売れ残り」救出、その効果は? 食品ロス対策に“企業間連携”が欠かせない理由
東京駅改札内の店舗で、売れ残り商品を従業員向けに販売するサービスの実証実験が実施された。事業者にとっては、廃棄コストの削減や、欠品を出さないように商品を用意できるメリットがある。幅広い業界が関わる食品ロス対策には、企業や行政の連携が有効だ。(2020/2/21)

花粉飛散のサイン 関東各地で「花粉光環」みられる
18日の朝、関東地方などで「花粉光環(かふんこうかん)」が見られたとの情報が相次いだ。(2020/2/18)

花粉がああああ! 都内でいつもより早い「スギ花粉」飛散開始
東京都の発表によると、東京都青梅市と八王子市でスギ花粉の飛散が始まったとのこと。いよいよ花粉シーズン到来!(2020/2/6)

Twitterとのデータ連携も:
日本気象協会が挑む気象データからの需要予測 データ同士がつながることで初めて生まれる価値がある
データは単体で使うよりも、他のデータと掛け合わせることでより大きな付加価値を生む。気象データを通じた未来予測を企業のビジネスに生かすため、日本気象協会が試みていることとは。(2019/12/20)

2位の「令和」、押しのけ1位は? 2019年のGoogle検索ランキング
(2019/12/12)

太陽光:
卒FIT太陽光の余剰電力を予測、日本気象協会が新サービスを展開
日本気象協会が卒FITを迎える住宅太陽光を対象とした、余剰電力の予測サービスを開始。卒FIT太陽光の余剰電力を買い取るリソースアグリゲーターや小売電気事業者の支援を目的としたサービスだ。(2019/12/5)

商品の需要予測にツイートを活用 日本気象協会、「暑い」「寒い」など人の体感を見える化
Twitter Japanと日本気象協会が、Twitterのデータと気象データを活用した商品の需要予測の取り組みに関する説明会を開催した。(2019/11/7)

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト:
“空の道”の整備進む、ドローン37台を運行管理システムに相互接続
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」を推進している。この計画では、インフラ点検などの分野で活用できる無人航空機やロボットの開発、社会実装するためのシステム構築および飛行試験などを実施。物流ドローンが都市部で安全に使える環境の整備を目指している。2019年10月23〜24日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で行われた運行管理システムの相互接続試験では、一般事業者のドローンとつなげることを成し遂げ、ドローンを危険なく扱える土壌をさらに整えた。(2019/11/5)

千葉県で記録的大雨、広範囲で冠水・氾濫の報告も 身の安全を第一に行動を
今後さらに激しい雨との予想も。(2019/10/25)

今年最強クラスの台風、日本列島接近の恐れ 内閣府が対策をTwitterで呼び掛け
10月6日に発生した台風19号が、「非常に強い」勢力で今週末の3連休(12〜14日)に日本列島へ接近する恐れがある。内閣府政府広報オンラインは事前の対策を呼び掛けている。(2019/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。