• 関連の記事

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

華やかさ急上昇! パパママ芸能人の入学式フォーマルコーデまとめ 中村獅童からレイザーラモンHG夫妻まで
すてきな入学式の投稿が次々と公開。(2024/4/11)

キンコン梶原の14歳モデル長女、最新ショットに「透明感」「最高の仕上がり」 SNSで“新しい家族”も紹介
「あられのお陰でいつもより毎日が幸せです」と投稿。(2024/4/10)

「スナックバス江」の“謎のYouTubeアニメ”が話題 原作者が爆速で拡散、しかし関係性は不明
「スナックバス江」の自主制作アニメがYouTube上に突如投稿され、Xなどで話題になっている。YouTubeに投稿されたアニメは合成音声などを使っており、テレビアニメとの関連は不明だが、原作者・フォビドゥン澁川さん本人が自身のXで取り上げている。(2024/4/10)

今日のリサーチ:
2024年、X(旧Twitter)のエイプリルフールに関する投稿が直近3年で最多に
ホットリンクは、X(旧Twitter)のデータを分析し、エイプリルフールに関する投稿を調査しました。(2024/4/9)

“炎上リスク”投稿前にAIが探知 noteと弁護士ドットコムが共同で取り組み
noteと弁護士ドットコムは、「note」上で、誹謗中傷や炎上を未然に防いだり、巻き込まれてしまった場合のフォロー提供施策について検証する。(2024/4/9)

Xで“1秒動画”の投稿相次ぐ 「インプレッション稼ぎに有効」との声 しかし真偽は不明
X上にて、再生時間が1秒しかない動画の投稿が相次いでいる。普通の動画に加えて、“1秒動画”を添付する投稿形式が頻繁に見られており、一部のユーザーからは「インプレッション(閲覧数)稼ぎに有効」と指摘する声も見られている。(2024/4/8)

ジャッキー・チェン、古希の誕生日投稿でネット上の“健康不安”説を一蹴 「僕はもう70歳なのか?」「心臓が一瞬止まった」
生きる伝説。(2024/4/8)

Microsoft、中国のAIによる選挙操作を具体例で再警告
Microsoftは、中国が地政学的利益を高めるために世界の有権者の分断化を実験し、AIコンテンツを強化していると警告した。台湾総統選挙中にSNSに投稿された偽画像などの具体例を紹介している。(2024/4/7)

「大丈夫なのか」 SixTONESの“妄想グッズ”案を投稿→ファン賛否…… 福岡の家具メーカーが謝罪「配慮欠ける内容」
賛否の声が寄せられていました。(2024/4/6)

Instagram、Facebook、ThreadsのAI生成画像のラベル表示、5月から本格化
Metaは、、Instagram、Facebook、Threads上に投稿されたAI生成画像への「Made with AI」ラベル表示を5月から本格化させると発表した。7月からは、ガイドラインに反していないAI生成コンテンツの削除を停止する。(2024/4/6)

←夫がいるときのご飯 夫がいないときのご飯→  300万件表示の投稿に「100万回いいねしたい」「両方うっまそおおおおお」と共感と称賛の声
めちゃくちゃ分かる。(2024/4/5)

「スプラ甲子園開いたら殺す」任天堂に脅迫投稿 容疑で日立市職員逮捕
任天堂のホームページの投稿フォームに殺害予告のメッセージを送ったとして、京都府警は威力業務妨害の疑いで、茨城県日立市職員の風間健心容疑者(27)=同市=を逮捕した。容疑を認めている。(2024/4/4)

Galaxy S24シリーズはFMラジオを利用できる?
昨今、Xで「災害時にスマホでFMラジオを聴けない」との投稿が目立つ。新端末「Galaxy S24」シリーズが発表されたばかりだが、搭載可否は……?FMラジオがあればインターネットに接続できなくても、災害情報を取得できる。(2024/4/4)

沖縄のブルーシールアイス、台湾地震に関連したキャンペーンアンバサダーの不適切な投稿に謝罪
(2024/4/4)

次世代Siri? Apple、画面内の状況を理解できるAI「ReALM」を論文発表 GPT-4超えとアピール
米AppleのMachine Learning Researchが、論文投稿サイト「arXiv」において「ReALM: Reference Resolution As Language Modeling」を発表した。ReALMは、画面上の物体への曖昧な言及や、会話での背景の文脈を理解し、音声アシスタントより自然なやりとりを可能にする新たな人工知能システムだという。(2024/4/3)

岸田首相「台湾に支援を用意」とX投稿 蔡英文総統「感謝」と返信 M7.2の地震受け
4月3日朝に台湾東部で発生した地震について、「必要な支援を行う用意がある」などと岸田首相が投稿。台湾の蔡英文総統が感謝の気持ちを返信している。(2024/4/3)

MIXIの会話ロボット「Romi」と話せるAIチャットアプリ公開
MIXIは、会話AIロボット「Romi」と同様にAIとテキストチャットが行える無料Webサービスを公開。アカウント登録後に会話をするとRomi購入後に会話内容が引き継がれる。Romi本体が当たるSNS投稿キャンペーンも開催する。(2024/4/3)

エイプリルフールではない:
ポータブル電源? ASUSが「ROG MJOLNIR(ミョルニル)」の画像を公開 COMPUTEX TAIPEI 2024で詳細を発表
ASUSのゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」のSNSアカウントが、“エイプリルフールではない”と銘打って「ROG MJOLNIR(ミョルニル)」という製品の画像を投稿した。詳細はCOMPUTEX TAIPEI 2024で発表される。(2024/4/3)

「足が複雑骨折してました」 BD出場者の「4月1日」SNS投稿にCOO溝口勇児が“激怒”「おまえしばくぞ」→本人謝罪
としぞうさん「素直にしばかれたいです」(2024/4/3)

マクドナルド、次のコラボは「サンリオ」!? 匂わせ投稿がまたしてもバレバレ
(2024/4/3)

海自護衛艦いずもをドローンで撮影? 動画拡散、木原防衛相「捏造の可能性含め分析」
海上自衛隊の護衛艦「いずも」をドローン(無人機)で撮影したとされる動画が交流サイト(SNS)上で拡散され、物議をかもしている。映像は中国のSNSに投稿された。いずもが停泊する海自横須賀地区はドローンの飛行が禁止されている区域で、木原稔防衛相は2日の記者会見で「映像が悪意を持って加工、捏造(ねつぞう)されたものである可能性を含めて現在分析中だ」と述べた。(2024/4/2)

焼肉ウエスト、従業員が食材の入った段ボール箱に乗る不適切な行動を謝罪 「ヤバいどんどん肉が潰れて行きよる」と動画撮影
敷地内での一場面として撮影者が投稿したものが拡散された。(2024/4/2)

Threads「いいね!」に桜咲く
「Threads」のアプリで「#桜」「#さくら」などの文字が含まれた投稿に「いいね!」を押すと、ハートマークが一瞬、桜の絵文字に変わる。(2024/4/2)

「マックの内弁当」のマクドナルド 「語呂を楽しんでもらえるよう何度も検討を重ねた」
日本マクドナルドが1日、ウソをついてもよいとされるエイプリルフールに合わせて「幕ノ内弁当」ならぬ「マックの内弁当」の販売決定をX(旧ツイッター)に投稿したことが反響を呼んでいる。(2024/4/2)

『ボボボーボ・ボーボボ』まさかの舞台化 4月1日の発表に「嘘だろwww」「ガチ?」
ネタ投稿からの本当の発表。(2024/4/1)

複数回整形公表の42歳アイドル、“完全無加工ショット”投稿で「42の現実」見せつける→ネット驚き「20代にしか見えない」
「肌もそのまま」とのこと。(2024/3/29)

靴下屋の80デニールレギンスタイツ、「このくらいのすね毛は隠しちゃうカバー力あります」投稿が690万件表示 驚きのカバー力に「すっげえええ」
二度見しました。(2024/3/29)

「ぼくは、はかせになりたいです」と書いた小学生がついにこの春…… 感動の姿に「母目線で涙が」「こういうのが1番かっこいい」
投稿者に話を聞きました。(2024/3/29)

突然ブームになった「好きな惣菜発表ドラゴン」とは? ほっこりするニコ動の動画、作者に制作のきっかけを聞く
2023年8月にニコニコ動画に投稿された動画がブームに。(2024/3/28)

人気絶頂時に薬盛られ、レイプ・誘拐・監禁 活動休止中のグラミー賞歌手ダフィー、約4年ぶりにSNS更新し心を揺さぶる投稿
「幸せ」についての投稿。(2024/3/28)

シャープ公式Xアカウント「不躾な言葉を反省」 レシピ募集企画めぐり謝罪 「まずまずうまい」の表現物議
投稿者の記載がないことや「まずまずうまい」の表現に批判が寄せられていました。(2024/3/28)

アツギの公式Xアカウントが女性蔑視的な投稿に「いいね」と指摘 「運用管理が不適切」と謝罪
公式Xアカウントを当面運用停止に。(2024/3/27)

スピン経済の歩き方:
「シーチキン 虫混入動画」で会社側が訴えても、逆にリスクになってしまう理由
シーチキンに虫が購入していたとする動画について、「はごろもフーズ」側が不可解な点があると指摘。SNS上では投稿者へ謝罪を求める声が上がっている。もし虚偽の動画だった場合、メーカー側は信用毀損(きそん)で訴えるべきなのか。(2024/3/27)

「きのこの山ワイヤレスイヤホン」、販売開始もすぐに売り切れ Xに「欲しかった」「この日を待っていたのに」との投稿が殺到
チョコレート菓子「きのこの山」を模した完全ワイヤレスイヤフォン「きのこの山ワイヤレスイヤホン」。明治が商品化し、2024年3月26日12時に「Makuake」でクラウドファンディングが始まったが、約1時間後に売り切れた。X(旧Twitter)を確認したところ、「欲しかった」「この日を待っていたのに」との投稿が多く、入手できなかった人が多いようだ。(2024/3/26)

「情報量多すぎ」「変態になった気分」 人気カリスマ主婦が投稿した“完璧なフランス流儀”の料理写真が“悪夢みたい”と話題に
二度見しちゃう。(2024/3/25)

「遺体の写真晒すのはさすがに」「不愉快」 坂間叶夢さんの葬儀に際して“不適切”写真を投稿で物議
漫画「はじめの一歩」の作者・森川ジョージさんが経緯を説明している。(2024/3/25)

“元アイドル”に暴行→逮捕報道の“ワタナベマホト”に「BreakingDown」溝口COOが怒り爆発 「弱い人に対して暴力とか」「いつまでたってもバカ」
過去のSNS投稿で紹介した「過去にありえない罪を犯した有名人」の正体を説明しました。(2024/3/22)

「重要な重要が重要で重要」 リニア・鉄道館サイトに奇妙な画面 誤ってテスト画面を表示
見つけた人が「どうしたJR東海」「お腹痛い」と投稿。(2024/3/22)

プリキュアの商品イラストに生成AI? Xで指摘相次ぐ→公式が否定する事態に 「現代の魔女狩り」との声も
商品イラストに画像生成AIは使っていない──テレビアニメ「プリキュア」シリーズの公式Xアカウント(@precure_15th)は、そんなポストをX上に投稿した。一部ユーザーから「商品イラストに生成AIを使っているのではないか」という声が上がっていたためだ。(2024/3/22)

宇野実彩子、結婚後投稿で左薬指に注目「ニヤニヤしちゃう」「ついに人妻に」 “におわせ歌詞”が物議も
結婚発表直後は配慮を求める声も。(2024/3/22)

「水原一平氏がドジャースを追い出される」 SNSで「大きなスーツケース」持って移動する姿が拡散されるも……実際は「デマ投稿」
6万以上の「いいね」を集めていました。(2024/3/22)

「サッポロ一番」最大の謎が解明? メーカー側もよくわかってない「切り胡麻フォント」のレイアウトに関わったとする投稿に注目集まる
「切り胡麻」だけなぜか筆文字。(2024/3/21)

シーチキンに幼虫混入? SNSの動画が波紋 メーカー「密封前に虫等が混入しても、生存できる環境ではない」と説明
投稿者は不信感をにじませている。(2024/3/21)

田代まさし、初の映画主演で入院「ものすごく緊張をして」 2023年逝去の伊集院静さんお別れ会を受け投稿
「伊集院さんの作品に僕が関われたことを大変名誉なことだと思っています」(2024/3/19)

笑いのセンスと料理の腕が良すぎる「オカンの弁当」が話題 豪快な弁当の数々に「最高」と爆笑 投稿者に話を聞いた
こんなお弁当、見たことない……!(2024/3/18)

「予言者いた」「先見の明」 大谷翔平選手&真美子さんの結婚を2021年時点で予言(?)している投稿が発掘され話題に
関係者かな?(2024/3/17)

晴れた日にベランダで布団を干していた投稿者、突然現れたカラスの珍行動に「あ゛あ゛あ゛あ゛!?!?(絶叫)」 爆笑ハプニングが600万表示
そ、そんなところから!?(2024/3/17)

京葉線のダイヤ改正は「見切り発車」だったのか それはXから始まった
JR京葉線のダイヤ改正を巡る1本の投稿が賛否を喚起し、JR東日本千葉支社を突き動かした。(2024/3/16)

羽田空港直結の温泉「肌ガサガサ」投稿拡散…… 住友不動産系の運営元「問題が無いことが確認された」と声明
3月15日に声明を発表しました。(2024/3/16)

床が鏡面のアート「下着を見に人が集まっている」投稿拡散 チームラボの展示で盗撮騒動
過去には警察へ引き渡しも。(2024/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。