• 関連の記事

「北海道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!北海道→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で北海道関連の質問をチェック

ファミマ、食べられるストロー「コロネクッキー」再発売 ドリンクが売れる夏のプラ削減目指す
ファミリーマートは6月18日から、ストロータイプのクッキー「コロネクッキー」を北海道・東北・北関東・新潟県の約2200店舗で再発売する。昨年8月にも販売し、好評を呼んだ。プラスチック使用量の削減につながる商品として、アイスドリンクの需要が高まる夏に向け訴求する狙いだ。(2024/6/13)

2016年にTBS退社の小林悠、「アンヌ遙香」名義で事務所所属を報告 局アナ経験にも触れる
北海道と東京の2拠点で活動。(2024/6/7)

クマの足跡が点々と…… 北海道の畑で生々しい光景 「鉢合わせないでよかった」と恐れる声
被害は軽かったものの、またいつ来るかと思うと……。(2024/6/6)

「エグい」 最寄りのスタバに行こうとしたら…… 北海道の“驚きの広大さ”に「試される大地」
最寄り=近場ではない。(2024/6/4)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、7月以降に2自治体で追加実施
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」で2024年7月以降に2自治体が追加。北海道北広島市、千葉県茂原市で最大35%のPayPayポイントを還元する。(2024/6/3)

まるで「牛界の浜辺美波」 北海道の牧場で暮らす“美しすぎる乳牛”が発見され、540万表示の大反響
クリクリの目がかわいい。(2024/6/1)

冬の北海道で大活躍!? 雪道を難なく走るクローラー・ランクルがタフすぎる
冬の北海道で活用されています。(2024/6/1)

ヤリキレナイ川にオバケ川!? 二度見せずにはいられない北海道の河川名が話題 次々と新たな珍河川名も寄せられる
アイヌ語由来の河川名もあるようです。(2024/5/30)

日の丸半導体の復権なるか 北海道の「ラピダス」新工場、急ピッチで建設
次世代半導体の国産化を目指すラピダスが、北海道千歳市での新工場建設を急ピッチで進めている。(2024/5/29)

日の丸半導体の復権なるか 北海道の「ラピダス」新工場、経済効果は?
次世代半導体の国産化を目指すラピダスが、北海道千歳市での新工場建設を急ピッチで進めている。工場を起点に北海道を半導体産業の集積地とする構想も浮上し、地元は沸く。量産までの総投資額は5兆円で、経済産業省の補助金はすでに1兆円近くに達した。国主導の産業振興の新たなモデルケースとなるか、注目されている。(2024/5/29)

スピン経済の歩き方:
なぜヒグマ駆除が「日当8500円」なのか 背景に、働く人の責任感に甘えすぎる問題
北海道空知地方の奈井江町がヒグマ駆除のハンターたちに提示した日当が8500円だとして騒動になっている。周辺の自治体が「賃上げ」する中、なぜ同自治体だけ低賃金なのか。考えられる理由は……。(2024/5/29)

CLT:
札幌中心地に地上10階建て“耐火木質”の「キニナル ビルディング」開業、熊谷組と住友林業
北海道札幌市中央区で、住友林業と熊谷組が施工を手掛けた地上10階建て耐火木質ビル「木NINARU BLDG.」が開業した。(2024/5/24)

イオン北海道 物流の2024年問題に向け、商品の一部を海上輸送する実証実験を開始
イオン北海道は、釧路市や栗林商船と連携し、「イオン釧路店」「イオン釧路昭和店」に5月24〜25日に納品するくらしの品、衣料品の一部商品について、栗林商船のRORO定期船で海上輸送する実証実験を行う。(2024/5/22)

JR北海道、札幌駅のリニューアル発表 2029年度までの工事完了を予定
JR北海道は5月15日、札幌駅全体のリニューアル計画を発表した。現在実施中の新幹線工事に伴う改修を契機に、北海道の新たな玄関口として相応しい駅を目指す。(2024/5/20)

施工管理:
建設業界に特化したDX支援の新拠点を開設 トランスコスモスが北海道札幌市に
トランスコスモスは、建設業界に特化したDX支援の新拠点を北海道札幌市に開設した。デジタル施策の企画から導入/定着、アフターフォローまでをワンストップで提供する。(2024/5/20)

北海道が広島……? 地名がちぐはぐすぎる「ちょっと変な日本地図」に隠された“秘密”に「おもしろい!」「よくぞ調べた」の声
理由が分かると納得!(2024/5/20)

「難関国立大」現役合格率ランキング 上位の特徴は?
今回は卒業生に占める難関国立大現役合格者の割合を比較した、「難関国立大現役合格率ランク」をお届けする。対象大学は、東大、京大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、東京工業大、一橋大の9大学。(2024/5/17)

北海道でコンビニが出店している地域に色を塗ったら…… あの店が強すぎる結果に「圧倒的じゃないか」
地元企業が強すぎる。(2024/5/16)

ヤマダデンキ、JR東、高島屋も……各社が急速に「銀行サービス」を開始したワケ
百貨店の高島屋や航空会社のJAL、プロ野球の北海道日本ハムファイターズなど、金融業界以外の企業が次々と銀行サービスに参入し話題を呼んでいる。さらにこの4月には、JR東日本も「JRE BANK」の名称で銀行サービスを開始すると発表した。なぜ今、銀行以外の企業が金融サービスに注目するのか。(2024/5/13)

太陽光:
北海道初のペロブスカイト太陽電池の導入実証、日揮らが本格始動
日揮、エネコートテクノロジーズ、苫小牧埠頭がペロブスカイト太陽電池の実用化に向けた実証実験を本格始動。北海道エリアでのペロブスカイト太陽電池の実証は、国内初の取り組みになるという。(2024/4/26)

“チケット売れ行き不振?”報道噴出も…… 岡崎体育、北海道ライブで見た光景に「やれるんだ俺は」「キャリアの1ページに刻まれそう」 最後まで信念貫く
よかった。(2024/4/24)

JR北海道、新しいプレミアムな観光列車「赤い星」「青い星」を発表 26年春に運行開始
JR北海道は4月17日、「スタートレイン計画」の概要を発表した。新しい観光列車として「赤い星」「青い星」(各4両編成)を製作し、2026年春から運行予定だ。(2024/4/23)

JR北海道、新たな観光列車「赤い星」「青い星」発表 デザイナー水戸岡さん「最後の仕事」
(2024/4/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道「新幹線開業後」の明るい未来  札幌〜旭川間60分、札幌〜新千歳空港25分
JR北海道が4月1日、「JR北海道グループ中期経営計画2026」を発表した。厳しい経営状況が続くが、明るい話題もいくつか見られる。今回はこの計画に書かれた明るい未来を、鉄道経済目線で紹介する。(2024/4/13)

西友、北海道と九州の店舗をイオン・イズミに譲渡 今後は本州エリアに経営資源を集中
西友(東京都武蔵野市)は4月3日、北海道および九州の店舗事業を譲渡すると発表した。代表取締役社長の大久保恒夫氏は、事業譲渡について「今後は当社が最も熟知する本州をコア地域として、そこで展開する200強の店舗に経営資源を集中させるため」と説明した。(2024/4/4)

2024年5月上旬までの契約締結を目指す:
Rapidusが後工程のR&Dでエプソン千歳事業所の活用を検討
セイコーエプソンは2024年4月2日、Rapidusの半導体後工程における研究開発機能の一部をセイコーエプソン 千歳事業所(北海道千歳市)に設置する方向で協議を進めていると発表した。契約締結は2024年5月を目指している。(2024/4/3)

PR:「磁気テープにデータ保存していた企業」はDXと業務効率化をどう実現したのか 従業員のITリテラシー向上も トヨタ北海道の改革に迫る
(2024/3/29)

モス、4年ぶりの定番商品は「プレミアム」 国産牛100%使用で、ごほうび需要を獲得へ
モスフードサービスは3月27日、新しい定番商品として「新とびきりチーズ 〜北海道チーズ〜」(690円)を発売する。期間限定商品「新とびきりベーコン&チーズ 〜北海道チーズ〜」(760円)も同時に打ち出し、約2カ月間で350万食の販売を目指す。(2024/3/23)

カラフルな熱帯魚が泳ぐ“北海道のある川”の謎を追う 浮上した疑惑に「ヤバ」「うわぁ……」絶句と驚きの声集まる
雪景色の中で熱帯魚。なぜ?(2024/3/20)

材料技術:
リグノセルロースナノファイバーを添加した塗料の性能試験を実施
ユアサ木材は、リグノセルロースナノファイバー(LCNF)を添加した塗料の性能試験を実施した。北海道道東地域に約100haの社有林を保有する同社と林産試験場が共同で取り組み、間伐材や未利用材の高付加価値化を図る。(2024/3/19)

北海道内の移動距離を本州と比較したら…… 感覚がバグるマップ画像に「これが北海道」「大きすぎる」
マジか……。(2024/3/17)

赤ちゃん、北海道ならではのお出掛け方法が驚きのかわいさ 「ベビーカーより楽チンそう」「笑っちゃった」
これで寝られるのがすごい。(2024/3/10)

官民一体で先端半導体の国産化へ、熊本に続き北海道千歳市でも来年稼働に向け工場建設進む
熊本県に続き、北海道でも半導体工場建設が進んでいる。道内の空の玄関口・新千歳空港の南北に伸びる滑走路と並行する国道36号を隔てた美々地区で、手掛けているのは次世代半導体の量産化を目指す「Rapidus(ラピダス)」。(2024/3/6)

エネルギー管理:
系統強化に向けた「海底直流送電線」、北海道-本州と九州-中国エリアで整備の方向に
再エネ大量導入への対応と電力系統のレジリエンス強化を目的に、地域間連系線の増強に向けた検討が進んでいる。なかでも注目したいのが北海道〜本州間と九州〜中国間の増強だ。このほど政府の委員会において、両エリアにおける海底直流送電線の導入に向けた検討が行われた。(2024/3/6)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
リテールメディアを変える「エッジAIカメラ」 サツドラが導入後に得た成果とは?
エッジAIの活用がさまざまな業界で広がっている。エッジAIを生かしたリテールDXに挑んでいる北海道のドラッグストア「サツドラ」では、どんな効果が生まれたのか――。(2024/3/6)

1つの島にヨーロッパが濃縮されている!? キリバス共和国の都市名が適当すぎると話題
北海道の北広島市みたいな感じかな。(2024/3/3)

北海道民が紹介する日々の除雪作業! スコップでサクサク整える様子は大変そうだけど見ていて爽快!
毎日ご苦労様です……。(2024/2/29)

ラピダス、米新興とエッジAI向け半導体で協業 千歳市の新工場で量産化を目指す
次世代半導体の国産化を目指すラピダスは2月27日、米国の新興企業TenstorrentとエッジAI(人工知能)向け半導体の開発・製造で協業すると発表した。エッジAI向け半導体の開発に定評があるテンストレントと組み、現在、建設中の北海道千歳市の新工場での量産化を目指す。(2024/2/27)

普通列車が“連続する7日”乗り放題となる「北海道&東日本パス」、JR東日本とJR北海道が発売
価格は大人1万1330円、小児5660円。発売期間は2月20日〜4月16日。利用期間は3月1日〜4月22日。(2024/2/19)

なぜ北海道「人口5000人の町」に23億円の企業版ふるさと納税が集まったのか
のべ23億円以上の企業版ふるさと納税を集めた「人口5000人の町」が北海道にある。理由を町長に聞いた。(2024/2/8)

「aespa」KARINA、日本でファンと“2度”も……「すごい縁ですよね」 北海道旅行中の驚きエピソードを披露
KARINAにジンギスカンおごってもらえる世界戦どこ。(2024/2/7)

「嘘みたいな埼玉の写真を撮った」 大雪の日に撮影したセイコーマートの景色に「北海道なんでしょ?」「完全一致」と驚きの声
埼玉の景色とは思えない……!(2024/2/7)

北海道大樹町が進める「宇宙」産業への誘致 人口増も実現したまちづくりとは?
北海道十勝地方にある人口5000人ほどの大樹町。なぜ、大樹町は宇宙産業の誘致を半世紀近くも続け、宇宙開発の拠点であり続けたのか。黒川豊町長に聞いた。(2024/2/7)

NEWS Weekly Top10:
radikoでラジオは聴けるけど、あえて携帯ラジオを買いたい理由
筆者は在宅勤務なこともあって、ラジオをよく聴いている。インターネットラジオ「radiko」のおかげで東京にいながら、関西から北海道まで、いろいろな番組を聴いている。一方で、昔ながらの携帯ラジオも買った方がいいのではないか、と最近よく思う。(2024/2/5)

右耳は札幌・左耳は十勝 AirPods Proを北海道で紛失した人の「探す」アプリの表示がじわじわくる
推定頭幅約200キロ。(2024/2/1)

ドコモ、全国の自治体でdポイント/d払いキャンペーン 2月は北海道今金町や千葉県香取市で最大30%還元
NTTドコモは、2月1日から全国の自治体でdポイント/d払いキャンペーンを開催。北海道今金町や愛知県江南市、佐賀県佐賀市などで支払い金額の最大30%分のdポイントを還元する。(2024/2/1)

標識が5年で破損も「少なくない」 北海道の厳しい環境を思わせる沿岸バスの実情
停留所の写真がすさまじい……!(2024/2/1)

北海道暮らしの女性YouTuber、車中で暴風雪に遭遇→ホワイトアウトで立ち往生 食料はギョニソ1本「最悪の結果です」
すごい光景だ。(2024/1/29)

医療機器ニュース:
北海道の3病院を結んだ「視て触れる」遠隔視触診の実証実験に成功
NTTコミュニケーションズらは、「視て触れる」新しい医療通信システムを開発し、北海道内の中核病院3拠点を結んだ遠隔視触診の実験に成功した。視覚情報と診察動画を統合、伝送し、遠隔で触覚を再現できる。(2024/1/24)

“マイナス18度”でしゃぼん玉を飛ばそうとしたら…… 驚きに満ちた北海道での光景に「神秘的」「美しい」の声
まるで魔法を使ったかのよう。(2024/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。