• 関連の記事

「IT導入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

エイブリックなどが共同開発:
10万円の漏水検知システム開発キット 「DIY感覚」で手軽に構築
エイブリック、アットマークテクノ、ソラコムの3社は2024年2月7日、エイブリックの「バッテリレス漏水センサ」を活用した漏水検知IoT(モノのインターネット)開発キットを共同で開発したと発表した。10万円以下で、手軽に漏水検知システムを導入できることが特長だ。(2024/2/14)

製造マネジメントニュース:
サントリー食品、国内工場/倉庫約360拠点にトレーサビリティシステム導入
日立製作所はサントリー食品インターナショナルとともに、工場への原材料入荷から製造、物流、倉庫保管までの情報を一元管理するチェーントレーサビリティーシステムを開発した。(2024/2/9)

物流のスマート化:
山善が物流拠点に総合物流管理システムを導入 全事業部横断で運用へ
山善は、栃木県足利市にある物流拠点「ロジス足利」に、統合物流管理システムと倉庫管理システムを導入した。これにより、これまで家庭機器事業部が個別運用していたロジス足利を、全事業部横断で運用できるようになった。(2024/1/24)

顔認証:
奥村組、新オフィスに顔認証システム導入 入退室管理の有用性を確認
奥村組は都内に開設した新オフィス「クロスイノベーションセンター」に、DXYZ(ディクシーズ)の顔認証プラットフォーム「FreeiD(フリード)」を導入した。奥村組が事業拠点で顔認証による入室管理を導入するのは初めて。(2024/1/16)

施工:
鹿島建設、床版取替の施工を高速化 工期最大85%短縮
鹿島建設は、床版架設の工期を最大85%短縮できる「スマート床版更新(SDR)システム」を高速道路の床版取替工事に初適用した。SDRシステムの導入により床版取替工事に伴う交通規制の短縮が可能になる。(2024/1/16)

富士通株式会社提供Webキャスト:
PR:映像+AIで製造業の現場DXを加速、高精度な位置測位による実現方法とは?
工場の人の動線改善やモノの位置把握を目的に、位置測位システムを導入したものの、精度の低さや運用の大変さに悩むケースは多い。そこで注目したいのが、高精細な映像とAIを活用した人やモノの位置を高精度に検出するソリューションだ。(2023/12/28)

富士通株式会社提供Webキャスト
映像+AIで製造業の現場DXを加速、高精度な位置測位による実現方法とは?
工場の人の動線改善やモノの位置把握を目的に、位置測位システムを導入したものの、精度の低さや運用の大変さに悩むケースは多い。そこで注目したいのが、高精細な映像とAIを活用した人やモノの位置を高精度に検出するソリューションだ。(2023/12/28)

太陽光:
マンション屋上の太陽光発電で入居者の電気料金を割引、阪急阪神不動産が神戸市で
阪急阪神不動産が神戸市で販売する同社の分譲マンション「ジオ神戸三宮」において、太陽光発電で発電した電力を専有部の電気使用量から差し引き、各住戸の電気料金を低減するシステムを導入する。(2023/12/25)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト:
情シス部門の不安解消、事前にシステム導入効果を検証できるサービスとは
クラウドERPの登場によって、中堅・中小企業にもERP活用が広がっているが、導入効果はどれほどか不安を抱く企業も多い。そこで、クラウドERPを導入した場合に得られる価値を事前に評価する、アセスメントサービスが注目されている。(2023/12/20)

3Dプリンタニュース:
AM技術とソフトウェアプラットフォームの連携で協業、AM生産の導入を促進
MaterialiseとHPは、AM技術とソフトウェアプラットフォームの連携を目的とした戦略的パートナーシップを発表した。3Dプリントの効率と品質を工業水準に向上させることで、最終部品の量産に3Dプリントシステムを導入できるようになる。(2023/11/27)

蓄電・発電機器:
卒FIT風力に車載用バッテリーを併設、ユーラスエナジーが実証
ユーラスエナジーが「卒FIT風力」に定置用蓄電システムを導入。蓄電池の導入により発電所としての提供価値の最大化や、長期電源化に向けた事業継続性の確保に関する検証を行う。(2023/11/13)

製造業×生成AI インタビュー:
技術文書を100文字要約、アサヒビールがR&Dプロセスに生成AIを導入した2つの狙い
アサヒビールは2023年10月、R&D部門を主な対象として、マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」を活用した社内情報検索システムのPoCを開始した。社内情報検索システム導入の理由や、R&Dプロセスにおける生成AI活用の期待感を同社担当者に聞いた。(2023/11/8)

銀行が考えるデータの生かし方【前編】
Citiがバンキング業務を変えた理由 顧客は同じ話に“もううんざり”
金融機関Citigroupは、パーソナライズされたサービスを顧客に提供することを重視している。そのためにはデータに基づく新たなシステムを導入する必要があった。取り組みの背景と併せて、どのような仕組みを導入したのかを紹介する。(2023/10/30)

地場の建設会社が手本にしたい建設DX:
「北野建設」社長に聞くー企業風土も含む、IT改革に踏み切った地方建設業のDX戦略【全文公開】
IT導入は、多くの地方建設会社が必要性を認識つつも戸惑い、仮に採用しても使いこなせず放置してしまうケースをよく耳にする。しかし、長野で創業した地域密着型の地場ゼネコンは、IT全社導入を敢行し、建設業のデジタル変革へ踏み出すことに成功したという。(2023/10/27)

建設DX加速へ:
「クラウド上に仮想建築」で建設現場どう変わる? 大成建設と日立がシステム開発へ
ゼネコン大手の大成建設と日立グループは、仮想空間「メタバース」で建築物の意匠や構造を確認しながら、発注者と施工者が承認作業を進められるシステムの開発を始めた。建設業界では従来、紙の図面を用いた作業が続いてきた。システムの導入で「生産プロセスのDX」を図り、業務の効率化や働き方改革につなげたい考えだ。(2023/10/5)

京セラ 再エネ電力供給ビジネスに参入 自社の太陽光発電システムから電力調達
住宅や企業の工場に初期投資なしで太陽光発電システムを導入できるサービスを展開し、余剰電力を京セラがビジネスに活用する。(2023/9/29)

Computer Weekly日本語版+セレクション
ゲノム解析で分かった「HDDの限界」と「SSDの可能性」
フランスの医療協力連合は、ゲノム解析に使用するストレージシステムを刷新した。従来のストレージシステムに抱えていた課題と、新ストレージシステム導入による“想定以上”の成果とは。(2023/9/27)

NEWS
野村信託銀行がクラウド型の「銀行業務統合システム」を導入 その理由は?
野村ホールディングス子会社の野村信託銀行が、業務効率化や顧客との関係強化に向けてクラウド型の銀行業務統合システムを導入した。システム選定の背景を紹介する。(2023/9/27)

NEWS
老舗みそメーカーが「SaaS型経費精算システム」で紙書類を60%削減
老舗みそメーカーのマルコメがクラウドサービス型の経費精算システムを導入した。会社全体で毎月の申請にかかる作業時間を約100時間削減できる見込みだ。どのような課題を解決できたのか。(2023/9/22)

調査レポート:
建設業界の「勤怠管理システム」導入状況を調査 「従業員の使いやすさ重視」が6割超
建設業特化のIT製品やSaasの比較メディア「現場TECH」は、建設業界で勤怠管理システムの導入状況を把握するため、建設業従事者202人を対象にWebアンケートを実施した。(2023/9/19)

組み込み開発ニュース:
ミリ波センサーによる非接触検知の使用感を試せる評価キット
SMKは、同社のミリ波センサー「Milweb」による非接触検知を試せる評価キット「MAK」を開発した。非接触検知を活用したサービスの開発やスムーズなシステム導入を支援する。(2023/9/4)

複雑な運用・管理、煩雑な業務から解放:
コストも削減 中堅・中小企業の業務システム課題を劇的に解消するクラウドERP
事業規模の拡大に合わせて複数のシステムを導入した結果、運用・管理が煩雑になってしまう中堅・中小企業は多い。統合されたクラウドERPを導入すれば、面倒な管理に煩わされずにビジネスの状況をリアルタイムに見極められるだろう。(2023/8/29)

四谷大塚、元講師が女子生徒盗撮で「責任を痛切に感じる」 教室内をリアルタイムで見られるシステム導入へ
「全社を挙げて再発防止に全力を尽くす所存です」と述べています。(2023/8/18)

セミナー:
PR:製造業の10年先を見据えたDX! 戦略の策定からシステム導入までの成功を学ぶセミナー
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/8/1)

ゼンハイザーが先進の高音質会議システムを採用した貸会議室を南青山にオープン 製品体験ルームとしても利用可
ゼンハイザージャパンは、三菱地所が所有する南青山のテナント向け貸会議室にQ-SYSの会議システムを導入したと発表した。(2023/7/27)

事例で学ぶAIガバナンス:
AI「保護率39%」、児相は一時保護見送り…… 三重の“4歳女児暴行事件”をAIガバナンス観点で考える
三重県津市で4歳の女児が親から暴行され、死亡した。この事件に関わった児童相談所では、人手不足を理由にAIを活用したシステムを導入。この件では、一時保護率39%と判断したため児童の保護が見送られていた。AIガバナンスの観点から、改善点を考える。(2023/7/20)

製造現場向けAI技術:
AIを活用して工場の事故削減をアシストするシステムを導入
シナモンAIのトラブル情報分析ツール「Incident AI」をベースにした「KY サジェストシステム」が、三菱ガス化学の工場に導入された。国内にある5つの工場で、事故や労働災害の削減に役立てる。(2023/7/20)

顔認証:
大林組が大阪万博の建設現場にパナソニック コネクトの顔認証を導入 1日5000人の入退場管理を想定
大林組は、2025年大阪・関西万博の建設現場に、手ぶらで入退場チェックができるパナソニック コネクトの顔認証システムを導入した。(2023/7/19)

製造IT導入事例:
技術伝承や人材育成をデジタル化、MHIECがスキルマネジメントシステム導入
Skillnoteのクラウド型スキルマネジメントシステム「Skillnote」を、三菱重工環境・化学エンジニアリングが導入した。導入により、スキル管理のデジタル化と、データに基づいた組織的な技術伝承や人材育成が可能になった。(2023/7/13)

中堅・中小企業のIT導入の障壁は深堀りすると闇が深い? 企業が「文化の変革」よりも重要視していること
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業のIT導入を阻む障壁についてユーザ企業とITベンダーとの間で認識にズレがある。項目によっては10ポイント以上の認識のズレが存在していることが判明した。(2023/7/4)

生産性を高めるための製品選定とは:
PR:「PCのリプレース、基幹業務システムの導入、ペーパーレス化」 業務改革の成功企業はこう動いた
東美商事はPCのリプレースのタイミングで自社に合った働き方を実現した。何が成功要因だったのだろうか。(2023/8/1)

中小企業の2割は売上を「Excelや紙」で管理 システム導入が進まない背景
日々多額のお金が動く企業経営において、「売上管理」は重要な業務の1つだ。システムで管理して正確さを追求し、効率化を行う企業も多いが、中には導入コストの課題などが原因でアナログ管理を続けている会社も。なぜシステム導入は進まないのか。(2023/6/22)

必要だと思っていても予算には限りがある
「IT導入補助金」は何に使える? “ITで業務変革”を迷わず始めるヒント
インボイス制度への適合、働き方の変化など、ITを活用した業務変革は待ったなしの状況だ。ただし課題の優先順位付けは簡単ではない。どこからどう進めればよいのか。中小企業のIT活用を支援する「IT導入補助金」の概要とともに解説する。(2023/6/21)

製造IT導入事例:
グループ横断での部品情報連携に向け「mcframe PLM」を導入
ビジネスエンジニアリングのPLMシステム「mcframe PLM」を、ニッコウ電機が導入した。同システムの導入により、グループ横断での部品、部材の情報連携が可能になった。(2023/5/29)

Restaurant Dive:
40代は「デジタル老害」か? レストランでのQRコード利用に関する意識調査
業務効率化のためQRコードを使ったメニューや注文、決済のシステムを導入するレストランが増えている。消費者にはまだQRコードが浸透していないことから、QRコードを利用したシステムで効率化を図るというレストランの計画には難航が予想される。(2023/5/26)

鉄道に学ぶプロジェクト成功の秘訣【後編】
英高速鉄道HS1が“トラブルなし”でシステム刷新を完結できた理由
英国のネットワークベンダーであるTelentは、国際高速鉄道HS1の主要駅の通信システム刷新や、新システム導入を成功させた。障害を抑えることに成功した理由は、何だったのか。(2023/5/25)

蓄電・発電機器:
佐渡島の火力発電所に大型蓄電池を設置、再エネ導入と系統安定化に活用
東北電力ネットワークが新潟県の佐渡島に保有する火力発電所に、大型の蓄電システムを導入。太陽光発電と組み合わせ、電力需給の最適化をはかりながら再エネの活用を広げる計画だ。(2023/5/24)

PLMシステムで業務改革:
PR:3Dデータと紙の共存から脱却 農機メーカーがPLMシステムで社内大改革
製造業がDXを進める中で、紙ベースの業務プロセスからの脱却を図るため、PLMシステムによる情報の一元化を目指す企業も多くみられる。PLMシステム導入のポイントや実現可能な未来について、PTCのWindchillを使って業務効率化に成功した三菱マヒンドラ農機に話を聞いた。(2023/5/12)

BIM:
“長谷工版BIM”とサッシメーカー4社が連携、情報化生産でサッシ製造のフローを短縮
長谷工コーポレーションは、サッシメーカー4社とともに、“長谷工版BIM”で、サッシ製作図の作成から図面承諾までを一気通貫で行える情報化生産のシステムを開発した。システム導入により、作図時間の短縮や長谷工とメーカーとのヒューマンエラーが防げる。(2023/4/25)

SaaS対決特別編:
取引デジタル化の最前線 インフォマートの戦略とは?
BtoBプラットフォームは、企業間のやりとりをデータ化し業務効率化を図るシステムであり、請求書・契約書などデジタル化が特徴。大手企業が導入すれば、取引先も参加しやすくなり、効率的にID数を増やせる。しかし、導入タイミングが重要であり、既に他のシステムを導入している企業が対象となる場合、並行利用が問題となることもある。インフォマートはフード業界向け電子商取引プラットフォームで成功し、コロナ禍や電子帳簿保存法の導入で、企業のデジタル化ニーズを満たすプロダクトとなっている。(2023/4/20)

狭小スペースに商機:
消えた学食を救え ファミマが無人コンビニで「初」の取り組み 新たな鉱脈探る
ファミリーマートは4月10日、大森学園高等学校内に無人決済システムを導入した店舗をオープンした。高等学校への導入は初となる。飽和化したコンビニ市場の次の鉱脈は?(2023/4/11)

なぜ? 「Suica」がサーバ型に移行する理由 25年近く稼働する“安全神話”の象徴に何が
JR東日本はSuicaで新改札システムを導入し、これまで駅改札でローカル処理を行っていた運賃計算をサーバ処理に移管していく。改札機で計算することで高速処理と耐障害性を実現していたSuicaだが、なぜサーバ型に舵を切るのか。(2023/4/5)

「Suica」に新改札システム 運賃計算を改札機からサーバに移行 首都圏は23年夏ごろから
JR東日本は、交通系IC「Suica」について2023年度から「センターサーバー方式」を採用した、新しい改札システムを導入すると発表した。これにより、サービスの拡張や処理速度の向上など、ニーズの多様化に対応するという。(2023/4/4)

1月から運用開始:
首都直下地震でも“待たせない” 損保ジャパン、コールセンターにAI導入 狙いは?
世界有数の災害大国・日本。損害保険ジャパンは、大規模災害時、コールセンター(事故サポートセンター)に顧客からの問い合わせが殺到したり、対応する社員が出社できなかったりといった状況を想定し、あるシステムを導入した。(2023/3/31)

DXを構成する「4つの変革」を学ぶ【前編】
DXの基本「業務プロセスの変革」を新システムで実現するなら“この3点”に注意
「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の一環として業務プロセスの変革を目指す過程で、プロセス簡略化と効率化のために新システムの導入を検討する場合がある。混乱を避けるために確認すべき3つの要素とは。(2023/3/27)

有人の時間帯も:
シャトレーゼ、西麻布店を「24時間無人販売」に 無人決済で早朝・夜間ニーズに対応
和洋菓子大手のシャトレーゼ(山梨県甲府市)は、「シャトレーゼ西麻布店」(東京都港区)に無人決済システムを導入し、3月25日から「24時間無人販売店舗」としてリニューアルオープンすると発表した。24 時間営業とすることで、早朝や夜間の買い物ニーズにも対応する。(2023/3/20)

DX時代のPLM/BOM導入(11):
PLMとBOMの基礎知識(2):PLMの進化の歴史を振り返ろう
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第11回は、PLMに求められる機能の歴史を解説する。(2023/3/8)

ゲノム解析とストレージ【第4回】
ゲノム解析機関があえて「非サブスクのストレージ」を選択 成果は想定以上に
フランスの医療協力連合SeqOIAは、膨大な量のデータを処理するゲノム解析用に、新しいストレージシステムを導入した。どのような調達方法を採用し、どういった成果が上がったのか。(2023/3/8)

全店舗で運用開始:
くら寿司、迷惑行為を防ぐ新システム導入 「異常検知」→「客に声掛け」をどう実現するのか
くら寿司は3月2日から、迷惑行為を防ぐ「新AIカメラシステム」を全店舗に導入する。どういった仕組みで異常を検知するのか。(2023/3/2)

くら寿司、迷惑行為対策で新AIカメラシステムを導入 寿司カバーの不審な開閉を検知して本部に通知
(2023/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。