• 関連の記事

「iRobot」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iRobot」に関する情報が集まったページです。

アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は?
アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」や空気清浄機「クラーラ」などを月額制で利用できる有料サブスクリプションサービスをリニューアルする。最低契約期間を大幅に短縮する他、期間途中の解約に伴う違約金の廃止、サブスクリプションコースの簡略化など、改定内容は意外と多岐に渡る。この改定の狙いはどこにあるのだろうか?(2024/2/22)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】「アイロボット」はどんなロボットを作る企業?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/2/9)

つらい花粉症を和らげる秘訣は「対流花粉」対策――石井正則医師が伝える空気清浄機と床掃除の重要性
花粉症シーズンがやってきた。最近では、屋内外問わず「つらい」と感じる人が増えている。飛散量が例年並みと予想されている今シーズンをどのように乗り切ればよいだろうか。アイロボットジャパンの「住環境における花粉対策 メディア向けセミナー」でゲストスピーカーを務めた石井正則医師(耳鼻咽喉科)の話を聞いてみよう。(2024/2/8)

製造マネジメントニュース:
アマゾン買収断念で再び苦難に直面するアイロボット 大規模リストラも決行
Amazon.comは家庭用掃除ロボット「ルンバ」を手掛けるiRobotの買収に向けた両社の契約終了に合意したと発表した。EUの規制当局による買収の許可を得られなかったとしている。(2024/1/31)

Amazon、iRobotの買収を「EUの承認が得られそうにない」として断念 iRobotのCEOは辞任、大規模リストラも
Amazonは2022年8月に発表したiRobotの買収契約を終了したと発表した。EU規制当局の承認を得られないとの判断だ。iRobotはCEOの辞任を含む大規模リストラを発表した。(2024/1/30)

神社の年末大掃除の儀式で10台のルンバが稼働!? 思わぬ神職との連携プレーに「さすが」「嬉しそう」
アイロボットジャパンによる「ルンバのお助け大掃除プロジェクト」。(2023/12/13)

「できたできた!」の声が響くSTEMプログラミング出張授業 アイロボットジャパンの場合
アイロボットジャパンによるSTEMプログラミング出張授業が、東京・世田谷の下北沢小学校で開催された。対象となったのは小学2年生。「いちばんえらい人」の登場や、プログラミングロボットRoot100台の寄贈式もあった本授業で、子どもたちは何を学んだのか。(2023/11/15)

スマートホーム規格「Matter」が「1.2」に ロボット掃除機やエアコンをサポート
AppleやGoogleが参加するスマートホーム規格策定団体CSAが、スマートホーム規格「Matter 1.2」をリリースした。ロボット掃除機やエアコンなど、新たに9種類のデバイスをサポートする。(2023/10/24)

在宅ワークの良き相棒? Dreameのスティック型とAI機能付きロボット掃除機を試して分かったこと
ロボット掃除機の選択肢がグッと広がっている。高価格帯からエントリー帯までさまざまな選択肢がある中で、今回はDreameのフラッグシップモデルをチェックした。(2023/9/15)

ロボット開発ニュース:
iRobotは床だけでなく空気もきれいに、ルンバと自動連携する空気清浄機を発売
アイロボットジャパンは、ロボット掃除機の新製品「ルンバ コンボ j9+」など4機種とともに、新規事業として日本市場で先行発売する空気清浄機「Klaara(クラーラ) p7 Pro」を発表した。(2023/9/13)

ロボット掃除機「ルンバ コンボ j9+」と、ルンバと連動する空気清浄機「Klaara(クラーラ) p7 Pro」
アイロボットジャパンが、新型ロボット掃除機「ルンバ コンボ j9+」と、ルンバと連動する新型空気清浄機「Klaara(クラーラ)p7 Pro」を発表した。発表に合わせて、iRobot会長兼CEOのコリン・アングル氏らが姿を見せた。ここでは、ごみの吸引も水拭きも1台で済むルンバ コンボ j9+、完全密閉できれいな空気を届けるKlaara p7 Proを解説する。(2023/9/14)

ルンバと連携する「最も知能の高い空気清浄機」、アイロボットが発売 世界に先駆け日本で
アイロボットジャパンは12日、ルンバやブラーバと連携する空気清浄機「Klaara p7 Pro」(以下、クラーラ)を発売すると発表した。(2023/9/12)

欧州委員会、AmazonによるiRobot買収の調査を開始
EUの欧州委員会は、Amazonが昨年8月に発表したiRobotの買収について、独禁法関連の調査を開始したと発表した。委員会は、この取引でAmaozonがロボット掃除機市場での競争を制限する可能性があるとしている。(2023/7/7)

ルンバ、犬や猫を避けるようになる 「iRobot OS 6」投入、成長する家電アピール
アイロボットは1日、ロボット掃除機「ルンバ」の新しいソフトウェア「iRobot OS 6.0」を発表した。アップデートによる進化をアピールし、他社製品との差別化を図る。(2023/6/1)

第7回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
住まいのスマートホーム機器を一手に操作 三菱地所が提案する新しい暮らし方
スマートロック、スマートスピーカー、スマート照明。いまや身近になりつつあるスマートホーム機器。三菱地所の総合スマートホームサービス「HOMETACT(ホームタクト)」は「簡単に・利便性高く・安心して」の観点から、スマートホーム機器のある生活をさらに快適にものに変えるサービスだ。(2023/2/20)

ロケーション追跡の慣習は変わるか【後編】
ユーザーデータ収集企業がGoogle「位置情報収集」訴訟を無視できない理由
Googleに対して米国40州が起こしたロケーション追跡を巡る訴訟は、エンドユーザーのデータを収集する、あらゆる企業に影響があると専門家はみる。どういうことなのか。(2023/1/17)

ロケーション追跡の慣習は変わるか【中編】
プライバシー侵害“確信犯”を撲滅へ 「Google位置情報収集」問題で進む法整備
ロケーション追跡を巡る訴訟をきっかけに、米国でプライバシー保護に関する議論が進んでいる。エンドユーザーのロケーションを追跡している企業にとって、どのような影響があるのか。(2022/12/21)

ロケーション追跡の慣習は変わるか【前編】
Androidユーザーの居場所が丸見え Google「位置情報追跡」は何が問題だった?
エンドユーザーのロケーション追跡をめぐって米国40州が起こしていた訴訟は、Googleが約4億ドルの和解金を支払うことで決着した。そもそも何が問題だったのか。今回の和解が及ぼす影響とは。(2022/12/14)

ロボット掃除機「ルンバ」そっくりなポーチが宝島社から発売 底面デザインもリアル!
かわいい。(2022/11/7)

組み込み開発ニュース:
「iRobot OS」でソフトウェアシフトを明確化したルンバ、便利機能を拡張しやすく
アイロボットジャパンは、掃き掃除と拭き掃除の両方の機能を兼ね備えた家庭用清掃ロボット「ルンバ コンボ j7+」を同年11月11日から販売すると発表した。同時に「iRobot Genius」として展開してきたソフトウェアベースのホームインテリジェンスを「iRobot OS」と改め、家庭の情報を複数の家電で共有して活用できるようなソフトウェアプラットフォームとしての位置付けに進化させていく方向性を示した。(2022/11/2)

11月11日から:
今度のルンバは床も拭く 1台2役の最新モデル「コンボ j7+」を発売
アイロボットジャパンは、床の水拭きに対応したロボット掃除機「ルンバ コンボ j7+」を11月11日に発売する。従来はルンバでごみを吸引、ブラーバで水拭きという使い方だったが、新モデルは1台で2役をこなす。(2022/11/2)

水拭きもできる「ルンバ」登場、掃除中に“変形”、カーペットを濡らさない
アイロボットジャパンは1日、水拭き掃除もできるロボット掃除機「ルンバ コンボ j7+」を発売すると発表した。掃除中、状況に応じて変形する機構を備えた。(2022/11/1)

清掃中に変形するルンバが登場 水拭き機能も搭載した“2in1モデル”、約16万円で発売
掃除機ロボと床ふきロボが一体化。(2022/11/1)

AmazonのiRobot買収は喜劇か悲劇か【第4回】
“サブスクRoomba”爆誕か? AmazonのiRobot買収で何が変わるのか
Amazon.comがロボット掃除機「Roomba」で知られるiRobotを買収した。この買収によって、Amazon.comはRoombaを利用した“あるビジネスモデル”の確立を狙っていると専門家は考えている。それは何なのか。(2022/10/25)

AmazonのiRobot買収は喜劇か悲劇か【第3回】
AmazonのiRobot買収が「公正な競争を脅かす」は本当か
Amazon.comのiRobot買収によって、スマートホーム市場の公正な市場競争が脅かされると、人権団体は懸念している。その理由とは何か。そもそも、こうした主張は現実的なのか。(2022/10/18)

AmazonのiRobot買収は喜劇か悲劇か【第2回】
AmazonのiRobot買収で「Alexa端末」がさらに売れる“なるほど”な理由
Amazon.comがiRobotを買収することでAmazon.comの音声アシスタント「Alexa」を搭載した端末がさらに売れる可能性がある、とアナリストは指摘する。その理由は。(2022/10/11)

AmazonのiRobot買収は喜劇か悲劇か【第1回】
掃除機「Roomba」で家中丸見え? AmazonのiRobot買収に懸念の訳
Amazon.comがロボット掃除機「Roomba」で知られるiRobotを買収することについて、20団体を超える人権団体が異議を申し立てた。プライバシー侵害の恐れがあることが理由だという。何を心配しているのか。(2022/10/4)

Amazon、今年2回目のプライムデーを10月11日、12日に15カ国(日本は含まれず)で開催へ
Amazonは今年2回目となるプライム会員限定イベントを10月11日と12日に15カ国で開催する。日本は含まれない。ホリデーシーズンのショッピングを早期に開始する形だ。(2022/9/26)

製造マネジメントニュース:
苦境のアイロボットをアマゾンが救う、17億ドルで買収へ
米国のアマゾン(Amazon.com)と掃除ロボット「ルンバ(Roomba)」などを手掛けるアイロボット(iRobot)は、アマゾンがアイロボットを買収することを発表した。買収金額は約17億米ドル(約2300億円)で、今後アイロボットの株主や規制当局の承認などを経て買収を完了する計画だ。(2022/8/9)

アマゾン、「ルンバ」の米アイロボットを買収
アマゾンは8月5日(米国現地)、ロボット掃除機「ルンバ」の米iRobotを約17億ドルで買収することで同社と合意した。iRobotのCEOは、コリン・アングル氏がそのままとどまる。Amazonは7月にサブスクでオンライン医療サービスを展開するワン・メディカルを34.9億ドルで買収する発表をしたばかりだ。(2022/8/8)

Googleさん特別編「Amazonさん」:
Amazonがルンバ買収で手に入れるご家庭の情報は大丈夫? FTCとの戦いが始まるか
Amazonがお掃除ロボット「ルンバ」のiRobotを買収すると発表しました。欲しいのはロボットではなくルンバが集める間取り情報かも? Amazonの天敵、リナ・カーンFTC委員長はどう出るでしょう。(2022/8/7)

米Amazon、「ルンバ」のiRobotを買収
米Amazonは5日(米国時間)、ロボット掃除機の「ルンバ」で知られる米iRobotを買収すると発表した。買収総額はiRobotの負債を含め約17億ドル。(2022/8/5)

機能向上:
史上最安のルンバ「i2」発売、3万9800円 普及を妨げる“ルンバパラドックス”とは?
アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバi2」を7月7日に発売した。「ごみの吸い残しがありそう」「効率が悪そう」「高価そう」というロボット掃除機への不安や不満といった“ルンバパラドックス”を払しょくするべく機能向上を図る。ルンバ史上最安価格の3万9800円で展開する。(2022/7/7)

4万円切る「ルンバ i2」発売 「史上最高のコスパ」
アイロボットジャパンは7日、掃除ロボット「ルンバ i2」を発表した。価格は3万9800円。「ルンバ史上、最高のコストパフォーマンス」という。(2022/7/7)

「ルンバ」の動きをプログラミングで再現 教育用ロボット「Root」に新カリキュラム
ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」で知られるアイロボットが、6月8日の「ルンバの日」に合わせてプログラミングロボット「Root(ルート)」の新しい教育カリキュラムを発表した。合わせて、ルンバをベースに開発された新型ロボット「Create 3」を教育市場向けに販売することも明らかにした。(2022/6/9)

「ルンバ」の動き再現するプログラミング教材、アイロボットが無償公開 日本未発売ロボットの貸し出しも
アイロボットジャパンは8日、小中学生向けのプログラミング教材「ルンバ エンジニアリングコース」を自社サイトで無料公開した。(2022/6/8)

知らないと損?業界最前線:
「ルンバ」を中国勢が猛追、日本メーカーの今後は? 最新ロボット掃除機市場
ロボット掃除機の代表的な製品といえば「ルンバ」。2002年の初代モデル発売以降、約20年間、国内シェアは1位。これを猛追するのが中国メーカーで、一方、日本メーカーは急速に存在感を失っている。今後さらに普及が進むだろうロボット掃除機について、市場動向を見ていく。(2022/6/2)

ルンバ、Siriでの音声操作に対応 アイロボットが大規模アップデート実施
アイロボットジャパンは4月6日、ロボット掃除機「ルンバ」と、床ふきロボット「ブラーバ」(無線LAN対応製品)の大規模なソフトウェアアップデートを行うと発表した。「iRobot Geniusホームインテリジェンス」のバージョンが4.0になった。Siriによる音声操作などに対応した。(2022/4/6)

「ルンバ」大規模アプデ 「Siri」による音声操作など追加へ
アイロボットジャパンは6日、お掃除ロボット「ルンバ」と床ふきロボット「ブラーバ」(Wi-Fi対応モデル)の大規模なソフトウェアアップデートを発表した。(2022/4/6)

サブスクプラン3カ月無料キャンペーンも:
広角カメラを使って障害物を効率的に回避――ロボット掃除機「ルンバ j7/j7+」が日本上陸 2月10日発売
米iRobotのロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」の新モデルが日本でも登場する。本体に搭載した広角カメラによって障害物をより効率的に避けられるようになった他、クリーンベース(ゴミ収集機)付きモデルではベースのデザインを横長とすることで、外観をスッキリとさせている。(2022/2/2)

ペットのうんち、吸い込んだら新品交換 新しいルンバはAIに自信
アイロボットジャパンは2日、床に散らばった靴下や電源コード、ペットの排泄物などを正確に避けて掃除するというロボット掃除機「ルンバ j7+」を発表した。(2022/2/2)

赤い彗星も地に落ちたものだな…… シャアザクのプラモをボコったルンバに「丸い悪魔」「ルンバ・ラル」の声
認めたくないやつ。(2022/1/22)

製品動向:
三菱地所がスマートホームサービスの提供を開始、東京都港区の新築マンションに導入
三菱地所は、さまざまなIoT機器をまとめて制御するスマートホームサービス「HOMETACT」を開発し、2021年10月末に提供を開始した。(2021/11/11)

小寺信良のIT大作戦:
Amazonのロボット「アストロ」、日本の家庭に居場所はある?
Amazon初の家庭用ロボット「アストロ」。日本で販売するかどうかは不明だが、現在の機能は日本市場にマッチするだろうか。(2021/10/5)

ルンバ新モデルにペットのフンを避ける機能 フンを床に広げてしまう悲劇を回避
フンの模型を使ってアルゴリズムを訓練。(2021/9/10)

製品分解で探るアジアの新トレンド(50):
「ルンバ対中国製」の構図で競争が進むお掃除ロボ
中国Xiaomi系のロボット関連機器を手掛けるRoborockの多機能お掃除ロボットが2020年末に発売された。日本では大型家電量販店の独占販売となっており、ネット広告やTV-CMなどでも見かけることがあるほどにイチオシ製品として扱われている。今回は、Roborockの最上位機である「S6 MaxV」を分解した。(2021/7/6)

Amazonプライムデー、日本で最も売れたのは?
Amazonがプライム会員向けに毎年開催する特別セール「プライムデー」。今年世界で最も売れたのは「FireTV Stick 4K」。Amazon製品以外ではiRobotの「Roomba 692」などがよく売れた。日本では飲料や洗剤が好調だった。(2021/6/24)

iRobotのロボット掃除機サブスクサービス「ロボットスマートプラン+」がリニューアル
アイロボットジャパンは、同社が提供するサブスクリプションサービス「ロボットスマートプラン+」のアップデートを発表した。(2021/6/8)

ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る
アイロボットジャパンはロボット掃除機「ルンバ i3+」を2月26日に発売する。ルンバが戻ってくると自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付きで価格は9万9800円(税込)。(2021/2/17)

AI・機械学習の用語辞典:
身体性(Embodiment)とは?
用語「身体性」について説明。物理的に身体が存在することによる効果を論じる問題を指す。現状のコンピュータ/人工知能は必ずしも身体性を有していないので、人間と同じようには知能を獲得できないとされる。(2021/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。