• 関連の記事

「赤外線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「赤外線」に関する情報が集まったページです。

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
赤外線リモコンの制限は解消された? 新登場の「SwitchBotハブミニ」Matter対応版を試す
家電も操作できるスマートリモコン「SwitchBot ハブミニ」に、Matter対応モデルが登場した。実機を使って試してみた。(2024/4/3)

データレートは115.2kビット/秒:
IrDAに準拠した赤外線トランシーバーモジュール
ビシェイ・インターテクノロジーは、IrDA準拠の赤外線トランシーバーモジュール「TFBS4xx」「TFDU4xx」シリーズのアップグレードを発表した。20%長いリンク距離と2kVまで向上したESD耐久性を提供する。(2024/4/3)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
ミリ波レーダーで高度な検知を実現する「スマート人感センサーFP2」を試す 室内の転倒検出や睡眠モニターも実現
人感センサーの多くは赤外線を使っており、センサーの範囲に人がいる、いないということしか検知できないものがほとんどだ。「スマート人感センサーFP2」はミリ波レーダーを使用しており、高度な検知が可能だ。実機を試してみた。(2024/3/28)

両面同時電子ビーム露光法で作製:
厚み100nm級の赤外線吸収メタサーフェスを開発
東京農工大学は、厚さが100nm級という極めて薄い「赤外線吸収メタサーフェス」を開発した。赤外線を用いたイメージングや物体検出、距離測定などの用途に向ける。(2024/3/8)

Innovative Tech:
道路標識に「人に見えないレーザー」照射 自動運転車を欺く攻撃 米国と日本の研究者らが発表
米カリフォルニア大学アーバイン校、米フロリダ大学、米Toyota InfoTech Labs、電気通信大学に所属する研究者らは、赤外線レーザーを用いて交通標識にスポット光を照射し、自動運転車の認識システムを誤認させる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/1/25)

ams OSRAM SFH 7018:
赤/緑/赤外のマルチLEDパッケージ、放射強度が約40%向上
ams OSRAMは、マルチLEDパッケージ「SFH 7018」を発表した。赤色、緑色、赤外線の3 in 1タイプで、同社の前世代品と比較して、総放射強度が40%以上向上した。(2023/12/28)

2023国際ロボット展:
“指先”に赤外線センサーを搭載することでロボットは何ができるのか
Thinkerは「2023国際ロボット展」において、同社の近接覚センサー「TK-01」について紹介するとともに、これを組み合わせて実現したロボットハンド「Think Hand F」を参考出品した。(2023/12/19)

ふぉーんなハナシ:
スマホに“三種の神器”だった「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線」が必須ではない理由
日本のフィーチャーフォンやスマートフォンには、かつて“三種の神器”と呼ばれるものがあった。「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線」だ。現在は必須といえなくなった理由を考えてみたい。(2023/12/18)

Innovative Tech:
自動運転車が検知できない“ステルスカー”は作れるか? 横浜国大が検証 肝は赤外線カットフィルム
横浜国立大学に所属する研究者らは、自動運転車から検知されない車両が作れるのかを検証した研究報告を発表した。(2023/12/6)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
アップデートで赤外線リモコン対応家電もMatter経由で利用可能に! スマートリモコン「SwitchBot ハブ2」を試した
スマートリモコンの「SwitchBot ハブ2」が、アップデートによって赤外線リモコン対応家電もMatter経由で利用可能になった。実際に試してみた。(2023/11/20)

自動給餌器「+Style もぐもぐウォッチャー」発売 スケジュール設定で餌をあげられる
BBソフトサービスは、自動給餌器「+Style もぐもぐウォッチャー」を発売。本体の高さを3段階に調節でき、乾燥剤ホルダー付きの蓋や残量が少なくなるとスマホに通知する機能、赤外線ナイトモード搭載のカメラも備える。(2023/11/9)

BAS:
ダイキン工業が遠赤外線と温風を組み合わせた暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を発売
ダイキン工業は、遠赤外線暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を発売した。体を芯から暖めて持続性のある遠赤外線と、温風を素早く吹き出し、広範囲を暖める機能を組み合わせた製品だ。(2023/10/16)

羽田卓生のロボットDX最前線(6):
「手先のイノベーション」を起こせ、産業用ロボットの可能性開く赤外線型の近接覚センサー
本連載では「ロボット×DX」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する。第6回は近接覚センサーを開発するThinkerを取材した。(2023/10/19)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
モルタル表面の温度差で9割の確率で浮き部を検出 金沢大が研究する法面診断システム
金沢大学が開発した「のりメンテナンス うきでるくん」は、ドローンで撮影した赤外線画像をAI分析し、モルタル吹付法面の浮き部を検出する。打音検査前のスクリーニングに活用することで、作業の効率化が期待されている。(2023/9/26)

STマイクロ STHS34PF80:
ビル自動化システム用の赤外線センサー
STマイクロエレクトロニクスは、ビル自動化システム向けに、人間の存在や動きを検知する赤外線センサー「STHS34PF80」を発表した。静止しているか否かに関わらず、人間の存在を検知できる。(2023/8/31)

3Dスキャナーニュース:
高精度な3Dデータを取得できるハンディー型カラー3Dスキャナー
APPLE TREEは、ハンディー型カラー3Dスキャナー「IREAL M3」の販売を開始した。赤外線平行レーザーと赤外線VCSEL構造光の2種の光源を採用し、作業現場で産業デザイン製品や美術品、人体などの高精度な3Dデータを取得できる。(2023/8/15)

材料技術:
透明性を保持しながら赤外線を反射する、自動車向け高遮熱フィルムを開発
東レは、ガラス並みの透明性を保持しながら太陽からの赤外線を反射する、自動車向けの高遮熱フィルムを開発した。電波透過性を有し、自動運転に用いる第5世代移動通信システムに対応できる。(2023/7/13)

組み込み開発ニュース:
分析用の赤外線撮影が可能なデジタルアーカイブ向けIRカメラを発売
OMデジタルソリューションズは、赤外線を使った調査、研究用途に適したデジタルアーカイブ向けIRカメラ「IRシステム」の受注を開始した。最大8000万画素のハイレゾショット機能で、高精細な赤外線撮影ができる。(2023/6/22)

ロボット開発ニュース:
自動走行ロボット向け2眼遠赤外線カメラセンサーを開発
ザクティは、自動走行ロボットや無人搬送車向けに2眼遠赤外線カメラセンサーを試作開発し、実証実験をした。悪環境でも人物検出が可能で、安全な自動走行を可能にする。(2023/5/24)

Innovative Tech:
レーザーポインター内蔵コンタクトレンズ、フランスチームが開発 見ているモノに画像投影
フランスのIMT Atlantiqueに所属する研究者らは、装着者が見ているものに赤外線レーザーポインターを照射して画像を投影できるコンタクトレンズを提案した研究報告を発表した。(2023/5/11)

Meta、マルチモーダルAI「ImageBind」をオープンソース化
Metaは、マルチモーダルなAIモデル「ImageBind」をオープンソースで公開した。テキスト、画像および動画、音声、深度(3D)、熱(赤外線)、慣性測定単位(IMU)という6種類のモダリティをサポートする。「メタバース」生成にも使えそうだ。(2023/5/10)

ams OSRAM SPL S1L90H_3:
小口径の表面実装赤外線レーザーデバイス
ams OSRAMは、110μmと小口径の表面実装赤外線レーザーデバイス「SPL S1L90H_3」を発表した。ドローンやロボット、ビル管理システム、FAといった短パルスのLiDARアプリケーションでの用途に適する。(2023/4/19)

従来品に比べ、感度は3倍以上:
CNTを用いた非冷却型赤外線イメージセンサーを開発
NECは、赤外線の検出部に半導体型カーボンナノチューブ(CNT)を用いた「非冷却型赤外線イメージセンサー」を開発した。同様の従来品に比べ、3倍以上の感度を実現している。(2023/4/12)

Innovative Tech:
スマートテレビのリモコン操作から個人情報を盗み出す攻撃 屋内のIoTエアコンなどを悪用
香港中文大学などに所属する研究者らは、スマートテレビを操作する家庭用の赤外線(IR)リモコンからIR信号を取得し、機密情報を抽出する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/4/3)

embedded world 2023:
組み込みAIでシャワーの節水/利便性向上、ドイツ新興
ドイツの組み込みAIスタートアップAITADが、組み込み技術の展示会「embedded world 2023」(ドイツ・ニュルンベルク)において、組み込みAIによって低コストかつプライバシーに配慮したシャワー監視ソリューションを実現する、無線赤外線センサーモジュールを展示した。(2023/3/20)

SB C&S、Matter規格に対応したスマートリモコン「SwitchBotハブ2」発売
SB C&Sは、Matter規格に対応したスマートリモコン「SwitchBotハブ2」を販売開始。赤外線送受信範囲が強化され、温度や湿度、照度センサーで室内環境を精確に把握できる。(2023/3/16)

※編集部注:2023年11月3日、本記事に関するアンケートを記事最下部に追記しました:
PR:「熱くなりにくい黒色」で、自動車開発の未来が変わる? 化学メーカー・DICが生んだ「近赤外線コントロール黒顔料」のスゴさ
黒は熱くなる、の常識が壊れるっ……!(2023/3/13)

維持管理:
岩盤面から流出する水を定量評価する「水検知手法」を実用化へ、戸田建設
戸田建設は、近赤外線カメラデータを利用してトンネル切羽などの岩盤面から流出する水を定量評価する水検知手法を開発した。岩盤面から発生する湧水を迅速かつ定量的に評価できるため、その情報を施工や維持管理に活用することで、工事の安全性や経済性の向上につなげられる。(2023/2/17)

ams OSRAM SFH 47278AS A01、SFH 47267AS A01:
車室内モニタリングシステム向け赤外線LED
ams OSRAMは、車室内モニタリングシステムにおける、広角カメラのアスペクト比4対3に適合した矩形ビームを提供する赤外線LED「SFH 47278AS A01」「SFH 47267AS A01」を発表した。(2022/12/27)

遠赤外線ヒーターの人気メーカー 3位「コロナ」、2位「アイリスオーヤマ」、1位は?
商品の比較サイト「Picky's」を運営するrentryが「遠赤外線ヒーター」に関する調査を実施し、人気メーカーランキングを発表した。(2022/12/22)

PR:スマホとワイヤレスで接続 赤外線サーモグラフィーカメラ「FLIR ONE Edge Pro」の魅力とは?
赤外線サーモグラフィーカメラは、建築やリフォーム、漏水診断、電気設備の点検など、幅広いシーンで活躍する。そんな赤外線サーモグラフィーカメラとスマホをワイヤレスで連携して使える製品「FLIR ONE Edge Pro」が登場。片手にFLIR ONE Edge Proを、もう片方の手にスマートフォンを持つといった使い方ができる。(2022/12/15)

近赤外帯域の透過率は1.7倍に:
産総研、高電子移動度の透明導電フィルムを開発
産業技術総合研究所(産総研)は、従来のITO膜に比べ電子移動度が6倍以上で、近赤外帯域の透過率を1.7倍に高めた「フレキシブル透明導電フィルム」を開発した。赤外線監視カメラや車載カメラの性能を向上させることが可能となる。(2022/12/9)

FAニュース:
工場設備やキッチンの温度監視、200℃まで測定可能なサーマルダイオード赤外線センサー
 三菱電機は2022年12月6日、オンラインで記者会見を開き、赤外センサー「MelDIR(メルダー)」の新製品として200℃まで測定可能な80×60画素の「MIR8060B3」を開発し、2023年2月1日からサンプル提供を開始すると発表した。発売は2023年5月を予定している。(2022/12/7)

Innovative Tech:
スマホで「隠しカメラ」を手軽に見つけられるアプリ 赤外線カメラを付け、熱画像を取得 米国チームが開発
米セントルイス・ワシントン大学、米テネシー大学に所属する研究者らは、熱画像で隠しカメラを見つけられるアプリを提案した研究報告を発表した。(2022/12/5)

画角も最適化し、低コストに:
小型で組み込み可能なToFカメラモジュール、日本ケミコン
日本ケミコンは「CEATEC 2022」(2022年10月18〜21日、幕張メッセ)で、ToF(Time of Flight)カメラモジュールを初出展した。赤外線を利用して距離測定を行える組み込み可能なモジュールで、外形寸法が35×24×8mmと小型なことが特長だ。(2022/11/7)

製品動向:
累計販売数が1億個の人感センサーの製造工程を津工場で披露、パナソニック EW社
パナソニック エレクトリックワークス社は、焦電型赤外線センサー「PaPIRs」の販売数が2022年5月時点で累計1億個に到達したことを発表した。(2022/10/27)

車載電子部品:
1つの光源で白色光と近赤外光、ヘッドランプに内蔵してナイトビジョンに
京セラは2022年10月11日、白色レーザーと赤外線レーザーを1つの素子に組み込んだ光源をヘッドランプに使ったナイトビジョンシステムを開発したと発表した。2027年に車載用として事業化することを目指し、研究開発を進めていく。(2022/10/13)

Black Hatでハードウェアハック!(2):
BadUSBを赤外線リモコンで遠隔操作する「IR-BadUSB」
筆者の今岡通博氏がハッカーの祭典「Black Hat」に投稿した、ハードウェアの改変を中心にしたハッキングの事例を紹介する本連載。第2回は、赤外線リモコンを使ってBadUSBを遠隔操作する「IR-BadUSB」だ。(2022/9/21)

軽量ワイヤレスマウスも展開:
Razer、超低遅延を実現する赤外線式キースイッチを採用した薄型ゲーミングキーボードを順次発売
米Razerは、ハイスペック仕様の薄型ゲーミングキーボード「Razer DeathStalker V2 Pro」を発表した。米国英語配列モデルは8月26日、日本語配列モデルは9月9日に発売される予定だ。(2022/8/19)

製造業IoT:
家電リモコンの赤外線データベース、エアコン9724機種や照明1196機種などに対応
SMKは、家電機器のリモコンで用いる赤外線データのクラウドデータベース「SMK IRライブラリ」について、無償トライアルサービスの提供を開始した。同ライブラリにより、さまざまな家電機器をスマートフォンやAIスピーカーなどで操作できる。(2022/6/28)

ライブラリーをクラウド上に構築:
SMK、IRデータの無償トライアルサービスを開始
SMKは、家電製品のリモコンより送信される赤外線(IR)データを「SMK IRライブラリー」としてクラウド上に構築し、無償でIRデータを取得できる「トライアルサービス」を始めた。ライブラリーを活用すれば、スマートフォンなどから既存の家電機器を操作するシステムの開発が容易になる。(2022/6/14)

一面桃色に染まった「絵のような写真」が幻想的と話題 “赤外線”が生み出す現実離れした美しさにグッと引き込まれる
こんな世界に行ってみたい。(2022/6/8)

Innovative Tech:
夜でも太陽光発電を使うには? “宇宙へ放射される赤外線”に注目、電気に変換する技術を開発
オーストラリアのUniversity of New South Walesと英ケンブリッジ大学の研究チームは、夜間でも太陽光発電に似た原理で電力を生成するシステムを開発した。夜に地球から宇宙に向けて放射される赤外線の熱を利用して電気エネルギーに変換する。(2022/6/1)

ガラケー世代にはぶっ刺さる? ドコモ歴代400台が総登場 動画「iモード卒業公演」公開
NTTドコモは、歴代のガラケー400台以上が登場する動画「iモード卒業公演」を公開した。ガラケーの着信音で「仰げば尊し」と「歓喜の歌」を演奏し、センター問い合わせや赤外線通信、ワンセグなどiモードあるあるやトレンドを振り返る内容になっている。(2022/3/4)

Innovative Tech:
肉眼では見えないQRコードを埋め込む技術、米MITと米Metaが開発
米MIT CSAILと米Facebook Reality Labs(現Meta Reality Labs)の研究チームは、QRコードやArUcoマーカー、バーコードなどの肉眼では見えない2次元タグを埋め込み、赤外線カメラを通して読み取れる技術を開発した。(2022/2/3)

組み込み開発ニュース:
高画素化進む遠赤外線センサー、パナソニックが非球面レンズの量産コストを半減
パナソニックが高解像の遠赤外線センサーに必要な遠赤外非球面レンズの量産技術を開発。硫黄やセレンなどを含むカルコゲナイドガラスと、同社がデジタルカメラ向けなどに培ってきたガラスモールド工法と金型技術を組み合わせることにより、従来工法と比べて高歩留まりかつコストの半減を実現した。(2022/1/28)

製造現場向けAI技術:
AIと近赤外線センサー活用で検査速度を約6倍に、技能継承も容易化
HACARUSは2022年1月6日、化学品メーカーである第一工業製薬の製造工程において、近赤外線カメラによる撮影や人工知能によって従来比約6倍の検査速度を実現する検査技術を開発したと発表した。(2022/1/7)

メタテクノがデモを展示:
端末を“後付け“で非接触操作対応にする赤外線センサー
ソフトウェアの受託開発事業を手掛けるメタテクノは「ET&IoT 2021」(2021年11月17〜19日、パシフィコ横浜)で、赤外線センサーを使った非接触のセンシングソリューションを展示した。(2021/11/19)

新世代Apple Watch用血糖値センサー、台湾企業EnnostarとTASが開発か
心拍数、SpO2だけでなく血糖値も計測可能な赤外線LEDを、台湾企業が開発中といううわさ。(2021/10/26)

車載デバイス:
赤外線ガス分析をリアルタイムでポータブルに、実車測定やインライン検査で活用へ
堀場製作所は2021年7月29日、赤外線ガス分析をより迅速に小型の機器で実現できる独自技術「IRLAM(アーラム)」を開発し、同技術搭載の4製品を同日に発売すると発表した。(2021/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。