• 関連の記事

「画像認識」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像認識」に関する情報が集まったページです。

トーク感覚で生成AIを利用できる「LINE AIアシスタント」開始 料理の写真でカロリー計算も
LINEヤフーは21日、「LINE」のトークルーム内で使える「LINE AIアシスタント」の提供を始めた。(2024/2/22)

人工知能ニュース:
ルネサスがエッジAIで処理性能130TOPSを達成、高い電力効率でファンレス動作も
ルネサス エレクトロニクスは「ISSCC 2024」において、新たなAIアクセラレータやCPUなど各種IPとの協調動作によりリアルタイム処理を実現するヘテロジニアスアーキテクチャ技術を開発したと発表した。AI処理性能で130TOPSを実現し、電力効率でも世界トップレベルとなる23.9TOPS/Wを達成したという。(2024/2/22)

深層学習モデルの仕組み【前編】
画像認識や生成技術の基礎「CNN」「GAN」とは? 押さえたい特徴と違い
主要な深層学習モデルとして「畳み込みニューラルネットワーク」(CNN)と「敵対的生成ネットワーク」(GAN)がある。両者には似通う点があるが、仕組みや使い方は異なる。その成り立ちから解説する。(2024/2/19)

Microsoft Copilot入門:
Microsoft Copilotの基本的な設定と使い方
Windows OSには、「Microsoft Copilot」や「Copilot in Windows」といった無料で利用可能な生成AI機能が実装されている。これらを活用することで仕事の効率化を図ることができる。本稿では、活用する前段階として、Microsoft Copilotを使う方法や設定などについて紹介しておこう。(2024/2/9)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」 米小売業との決定的な違いは?
セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。(2024/2/8)

Marketing Dive:
TikTokでバズった「アボカド」のブランドがレシピ生成AIを提供するの、なぁぜなぁぜ?
Avocados From Mexicoは、ユーザーがアップロードした画像を活用してユニークなレシピを生成するツールを開発した。(2024/2/7)

IIFES 2024:
リニア搬送システムで運ぶムダを最小化、物理現象再現可能な3Dソフトとの連携も
Rockwell Automation(ロックウェル・オートメーション、以下ロックウェル)は「IIFES 2024」において、軽量物搬送向けリニア搬送システム「MagneMover Lite」などによるデモを披露した。(2024/2/7)

現場管理:
AIで墜落制止用器具の不使用者を自動検知するシステム、レンタルを開始
西尾レントオールは、墜落制止用器具(安全帯)の不使用者を自動検知するシステムのレンタルを開始した。画像認識AI技術を活用し、フックを使用していない作業員を自動判定して通知するもので、レンタルにより現場導入のハードルを下げることで、墜落、転落事故防止を支援する。(2024/2/5)

モビリティサービス:
自動運転技術は低速域でも着実に進化、ホンダが道の駅で実証
本田技術研究所はアグリサイエンスバレー常総において、一般の訪問者を対象にした自動走行技術の実証実験を開始する。(2024/2/2)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

イノベーションのレシピ:
リコーの共創活動拠点「RICOH BIL TOKYO」が20倍に拡張、最新AIで課題解決を加速
リコーが、品川エリアにリニューアルオープンする顧客との価値共創活動拠点「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE TOKYO(RICOH BIL TOKYO)」を報道陣に公開。最新のAI技術を活用した同所の特徴やリニューアルオープンの狙いについて説明した。(2024/1/29)

船も「CASE」:
ユーザーと開発者が議論、自動運航船開発の“日本らしい進め方”
日本郵船(NYK)グループのMTIは、「Monohakobi Techno Forum 2023」を開催した。このイベントは自動運航船をはじめとする研究開発成果を報告するもので毎年開催されている。(2024/1/26)

AIで「きのこの山」だけ画像から消すシステム登場 「映す価値無しだよな?」「いや人気お菓子で瞬時になくなる」と抗争も勃発
たけのこだけ無くすこともできるそうです。(2024/1/25)

「消しゴムマジック」はPixelだけではない! GalaxyやXiaomiの“消しゴム”機能と比較してみた
近年Google Pixelシリーズの「消しゴムマジック」がテレビコマーシャルなどで話題となっているが、似たような機能が他社のスマートフォンにもある。今回は他社の同様な機能と「消しゴムマジック」を比較してみることにする。(2024/1/22)

「死亡交通事故ゼロ」を目指すSUBARU Lab:
PR:SUBARUの挑戦を支える、「AI開発を止めないストレージ」とは
「死亡交通事故ゼロ」を実現するため、技術開発を進めるSUBARU。従来の画像認識から進化するため、AI技術の導入を考える同社の前に立ちはだかった壁とは。(2024/2/2)

独断と偏見で選ぶ2023年の「ベストスマホ」5機種 カメラなら一択、復活を印象づけたメーカーも
筆者の独断と偏見で選ぶ「印象に残ったスマートフォン」をランキング形式で5つ紹介したい。国内だけでなく、海外で発売されたスマートフォンも対象にしている。全世界に復活を印象づけたメーカーもある。(2023/12/31)

現場に導入するコストや期間を削減:
たった2枚の画像で高度な判定、汎用外観検査AI
岐阜大学は、2枚の画像データだけでも高度な判定が可能な「汎用外観検査AI」を開発した。種類が異なる製品の検査も、1つのAIで行うことができる。このため、生産現場に導入するコストや期間を大幅に削減することが可能となる。(2023/12/28)

医療技術ニュース:
心で思い描いたイメージを復元する技術を開発
量子科学技術研究開発機構らは、人が心に思い描いた風景や物体などの「メンタルイメージ」を脳信号から読み出して、復元することに成功した。(2023/12/27)

大人の社会科見学:
ソニー、川崎重工、ユーハイム、パイオニア──各社が訪れる、MicrosoftのAI開発拠点が目指す道 実際に足を運んで実態を見てきた
世界で6番目の拠点となるMicrosoftの研究開発拠点が神戸にある。Microsoftとその顧客が「共創」してAIを活用した新しいアプリケーションを提供することを目指している。(2023/12/20)

PoC(概念実証)の基本ステップ【後編】
これなら分かる「PoC」で失敗しない“6つの原則”
新しいアイデアやプロジェクトの実現可能性を検証するに当たって、PoC(概念実証)には押さえておくべき6つのポイントがある。PoC全体の流れと、必要なステップを理解しよう。(2023/12/19)

電子ブックレット:
エッジ技術の総合展「EdgeTech+2023」会場レポ
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日、パシフィコ横浜)に出展した製品/サービスや、基調講演に関する記事をまとめました。(2023/12/18)

NVIDIAが独り勝ち AI業界「2023年の勢力図」を整理する
AIは大きくなるほど性能が向上する傾向にある。この傾向が理由で、AIの巨大化が今もなお続いている。そしてその結果としてAI業界のいろいろなレイヤーで激しい競争が繰り広げられ、業界勢力図の流動的な状態が続いている。どのレイヤーにどのようなプレイヤーがいて、勢力図はどう変化していっているのか。(2023/12/13)

Intel Ignite 2023:
Intel Ignite 2023で優勝! AV1やH.266を超える圧縮率を実現するDeep Renderの「AIベースの動画圧縮技術」って何?
Intelのスタートアップ企業支援プログラム「Intel Ignite」の2023年度プログラムでは、イギリスのDeep Renderが優勝した。同社は「AI技術を使った高圧縮率/高画質な動画コーデック」を開発しており、世界中から注目を集めている。AIベースの動画圧縮コーデックとはどのようなものなのか、話を聞いた。(2023/12/12)

2023 TRON Symposium:
オープン化で裾野広がるμT-Kernel 3.0、プログラミングコンテストを起爆剤に
「2023 TRON Symposium」では、TRONプロジェクトのRTOS「μT-Kernel 3.0」をテーマに大手マイコンメーカー4社が協賛する「TRONプログラミングコンテスト」が発表された。本稿では、このμT-Kernel 3.0関連を中心に2023 TRON Symposiumの展示を紹介する。(2023/12/11)

「EdgeTech+ 2023」:
汎用マイコンで画像認識を処理、STのエッジAIソリューション
STマイクロエレクトロニクスは「EdgeTech+ 2023」にて、汎用の32ビットマイコンで組み込みAI(人工知能)を実現するためのソリューションを展示した。組み込みAIソリューションは、同社が現在注力している分野だ。(2023/12/8)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、住友化学の活用法は? 最大50%超の効率化も
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第15回は、住友化学を紹介する。同社は10月から、自社版のChatGPTとして「ChatSCC」(チャットエスシーシー)を開発し、約6500人の全従業員を対象に運用を開始した。生成AIの活用は、同社のビジネスをどう飛躍させるのか。(2023/12/6)

画像生成基盤モデル「Emu」がベース:
Meta、テキストからの動画生成モデル「Emu Video」とマルチタスク画像編集モデル「Emu Edit」を発表
Metaは、最近発表した画像生成のための基盤モデル「Emu」に基づく2つの研究成果を発表した。拡散モデルに基づいてテキストから動画を生成するモデル「Emu Video」と、マルチタスク画像編集モデル「Emu Edit」だ。(2023/11/24)

今日のリサーチ:
「データ分析に基づくマーケティング」の取り組み状況は?――ITR「IT投資動向調査2024」
ITRが毎年実施している「IT投資動向調査」の最新版の結果から、前年に続きIT投資に旺盛な傾向が継続していることが分かりました。(2023/11/23)

ドローン:
国産ドローン「SOTEN」の拡張性を高めるオープンなSDKを共同開発
フィックスターズは、ドローンの拡張性を高めるオープンなソフトウェア開発キットの開発に向けてACSLと協業する。両社が人材や技術などを相互に提供し、実用性の高いアプリケーション開発のための環境整備を共同で進める。(2023/11/22)

Edge Tech+ 2023:
イノテックがRaptor Lake-P搭載の小型産業用PCを披露、顔認証などエッジAI向け
イノテックは、「EdgeTech+ 2023」において、インテル第13世代「Core」プロセッサ「Raptor Lake-P」を搭載する産業用PC「EMBOX TypeRE1283」を参考出展した。現在開発中で、2024年中ごろをめどに市場投入する計画である。(2023/11/22)

人工知能ニュース:
画像認識AIの現場実装作業が10分の1に、パナソニックHDが汎用基盤モデルを開発
パナソニックHDは、画像認識AIを現場実装する際に必要なアノテーションなどの作業負荷を大幅に削減可能な画像認識向けマルチモーダル基盤モデル「HIPIE」を開発した。(2023/11/22)

Windowsフロントライン:
OpenAIのお家騒動の実際とMicrosoftのAI開発の今後
突如沸き起こった、OpenAIを巡るCEOの解任からMicrosoftのサティア・ナデラCEOの登場を振り返り、この騒動と今後の影響を考察する。(2023/11/21)

Edge Tech+ 2023:
エッジデバイスをクラウドネイティブにするレッドハット、着々と事例も積み重ね
レッドハットは、「EdgeTech+ 2023」の出展に合わせて横浜市内で会見を開き、同年10月末に一般提供(GA)リリースを開始したエッジデバイス上でのコンテナ運用を可能にする「Red Hat Device Edge」のユーザーやパートナーの取り組みを紹介した。(2023/11/16)

自動車用ソフトウェア専門企画も:
生成AIゾーンを新設、300社が出展する「Edge Tech+ 2023」の見どころ
エッジテクノロジーの総合展「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日、パシフィコ横浜)の開幕を前に、運営事務局が報道機関向け説明会を開催し、その見どころを紹介した。(2023/11/14)

松尾豊東大教授が明かす 日本企業が「ChatGPTでDX」すべき理由
松尾豊東大教授が「生成AIの現状と活用可能性」「国内外の動きと日本のAI戦略」について講演した。(2023/11/10)

AI・データサイエンス超入門:
生成AI入門:議事録を答えるチャットAI(RAGアプリ)を作ってみよう【プログラミング不要】
生成系AIの導入が急速に広がる今、その有用性や活用法が気になる方へ。一例としてプログラミング不要で、“会議の議事録を基に質問に答えてくれる「独自のチャットAI」”の作成を試みます。社会人の目線で、実践的な生成系AIの雰囲気をつかみましょう!(2023/11/9)

求めるな、求められろ!:
お悩みその18 会社に都合よく使われていると感じる(44歳 男性 組み込みエンジニア)
耳かっぽじってよく聞け。会社はお前のやりたいことをやらせてくれる場所じゃねえ。会社がやりたいことをお前にやらせるところなんだよ!(2023/11/6)

「諦めるしかないのか……」 中国の人気ブランド「SHEIN」で繰り返される“悪質パクリ販売” クリエイターが語った“憤り”と「限界」
SHEINの「パクリ問題」に苦慮するクリエイターに話を聞きました。(2023/11/5)

GoogleマップにAI採用の複数の新機能 レンズでの周辺情報表示など
GoogleマップにAI採用の5つの新機能が追加される。5月に予告されたイマーシブビューでのナビやGoogleレンズでの周辺情報表示などだ。(2023/10/27)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマ発の倒れないバイク「モトロイド」が進化、スクーターへの展開も
ヤマハ発動機は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」のプレスカンファレンスにおいて「MOTOROiD 2」の動作デモンストレーションを行った。(2023/10/27)

人工知能ニュース:
パーティション学習を用いた顔認証技術で人種や性別の認証エラーを削減
パナソニック コネクトは、人種や性別による顔認証の精度差を軽減する技術を開発した。ディープラーニングのパーティション学習を顔認証に適用し、4つの人種の認証で最高精度を達成した。(2023/10/27)

生成AI 動き始めた企業たち:
企画書作り「1週間→1日」に 住友生命の生成AI活用法
住友生命保険は7月から職員約1万人を対象に、ChatGPT技術を基に独自開発したチャットシステム「Sumisei AI Chat Assistant」を導入。これまで作成に1週間を要した企画書が、わずか1日で完成するなどの成果に結びついているという。(2023/10/27)

ドローン:
セコムが2024年春に発売する国産ドローンXXの実力 AI活用で“警備DX”の先へ
セコムは、人や車を画像認識AIで検知する国産の次世代機「セコムドローンXX」を開発した。AIに加え、雨や風の中での自動運用を可能にした飛行性能で、XXの名の通り、フィジカルセキュリティに限らず災害対応やインフラ点検などの多用途(X)でドローン市場そのものの変革(X)を目指す。(2023/10/20)

頭脳放談:
第281回 OpenAIも参入とうわさの「AIチップ」は何を行うチップなのか? その用途は?
OpenAIが独自のAI(人工知能)チップを開発しているという報道があった。OpenAIが正式に発表したものではないが、かなり確度が高そうだ。AIチップとはどういったものなのか、どういった用途に使うものなのかを簡単に解説しよう。(2023/10/20)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、電力会社はどう向き合う? 九州電力の活用法
電力業界の中でいち早く、生成AIの全社導入を始めた九州電力。これまでも自社設備の保守や維持管理にAIを活用し、ノウハウを有する。これから生成AIの活用にどんな道筋を描いているのか。(2023/10/20)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
今さら聞けない「生成AI」の仕組みや活用の注意点をこっそり学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第13回は「生成AI」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/10/19)

生成AI 動き始めた企業たち:
長文の技術資料を“数十秒”で確認可能に アサヒビールの生成AI活用法
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第12回は、アサヒビールを取り上げる。同社は9月から、生成AIを用いた社内情報検索システムの試験導入を始めた。新たな技術をどのように業務に生かしているのか。(2023/10/16)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(5):
「画像認識AI」で現場の安全衛生を支える! 頻発する“工事事故”を防ぐ建設ICT【連載第5回】
連載第5回は、現場の「安全衛生管理」で、作業員の危険行動を自動検知する「画像認識AI」について、複数の活用事例を交えながら解説します。(2023/10/13)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマハ発動機は3輪オープンEVを初公開、前後輪操舵で操縦を楽しく
ヤマハ発動機はJAPAN MOBILITY SHOW 2023の出展概要を発表した。3輪フルオープンのEV「TRICERA」など6モデルを世界初公開する。(2023/10/12)

生成AI 動き始めた企業たち:
電話対応、最大54%の時短に JR西日本の生成AI活用術
「生成AI 動き始めた企業たち」第11回はJR西日本。AIベンチャーと協業し、オペレーターの電話業務にかかる時間を最大54%削減に成功した。今後、生成AI活用にどのような道筋を描いているのか。(2023/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。