「ハイパーバイザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイパーバイザー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【最終回】“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る:
IBM PCから41年、そして現在へ PCとは何だったのか、改めて考える
23回にわたって連載してきた「PCの変遷」。最終回は、Intel vs. AMDの競争激化によるRISC陣営弱体化と、Arm、RISC-Vの台頭、そしてPCアーキテクチャとはいったい何だったのかという問題を考えます。(2022/8/9)

PR:「仕事をもっと楽しいコトに」――PCのライフサイクルを「コト化」
1939年、米西海岸の小さなガレージから事業をスタートさせて以来、革新的なテクノロジーを搭載した世界初の製品を次々と世に送りだしてきたHP。日本市場でレンタル事業とシステム事業を2本の柱に、IT機器と計測器をベストな形で提供してきた横河レンタ・リース。働き方が大きく変わる中、セキュリティを守りつつ、社員が快適で効率的に業務を進めるための両社の取り組みとは。(2022/7/29)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(176):
マルチテナントの経済性と厳格な機密要件を両立するMicrosoft Azureの「コンフィデンシャルVM」とは
Microsoftは2022年7月20日、Azure仮想マシンの新しい「DCasv5」および「ECasv5」シリーズと、これらのシリーズで選択可能な「Azure Confidential VM」の一般提供を開始しました。コンフィデンシャルVMは、セキュリティと機密性の要件が特に高い顧客向けのIaaSであり、Microsoft Azureのプラットフォームやクラウドオペレーターからも強力に保護されます。(2022/7/29)

embedded world 2022:
SiFiveの最新AI/ML向けRISC-Vプロセッサ
SiFiveは、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日)において、AI(人工知能)/機械学習(ML)アプリケーション向けRISC-VプロセッサコアIP「Intelligence」ファミリーである「X280」の最新バージョンを紹介した。(2022/7/26)

車載ソフトウェア:
異なる機能が混在するIVI開発を支援、車載Android向け仮想化ツールの最新版
BlackBerryは、Android Automotive OS向け「QNX Advanced Virtualization Frameworks」の最新版を発表した。GoogleのAAOS仮想化ツールの最新版「Trout 1.0」に対応し、信頼度や安全性の異なる機能が混在するシステム開発を支援する。(2022/7/21)

山市良のうぃんどうず日記(235):
システム要件に満たないPCをWindows 11へのアップグレードしたその後と、もう1台のPCをアップグレードした結果は……
本連載で少し前に、Windows 11のシステム要件を満たさないノートPCで稼働するWindows 10 Homeを、サポートされない構成であることを承知の上で、Windows 11 Homeにアップグレードし、その後、さらにWindows 11 Proにアップグレードしました。その後の状況をお知らせします。(2022/7/6)

embedded world 2022:
複数機能の統合を実現する車載リアルタイムプロセッサ
NXP semiconductors(以下、NXP)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日において、車載用リアルタイムプロセッサや産業/IoT(モノのインターネット)エッジ機器向けMCUの新製品に関するデモを展示した。(2022/7/5)

Citrix Hypervisorに複数の脆弱性 迅速にアップデートの適用を
CitrixはCitrix Hypervisorに関する複数の脆弱性について報告した。Citrix Hypervisorに影響を与えるIntelのCPUに関連する脆弱性にも対処している。迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/6/28)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナ/Kubernetesを自在に活用、モダンIT基盤の最適解とは?
コンテナやKubernetesを活用したITインフラとアプリケーションのモダナイズが不可欠となる一方、クラウド領域に分散したITインフラの運用を簡素化することも求められる昨今。この難題をクリアすべく、業界リーダー2社がタッグを組んだ。(2022/6/29)

なぜNVMeストレージが台頭したのか【後編】
SSDとNVMe、仮想化が出会ってストレージは変わった
NVMeなどのストレージ技術の台頭、仮想化の普及といった流れの中で、ストレージに求められるものも変わってきた。技術動向を扱った書籍を基に、注目点を抜粋して紹介する。(2022/6/15)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第4回】
VMwareのハイパーバイザー「VMware Workstation Pro」の主な機能とは?
「VMware Workstation Pro」は、「Linux」「Windows」搭載PCで使えるハイパーバイザーだ。その主な機能を簡潔に紹介する。(2022/6/9)

AUTOSARを使いこなす(24):
AUTOSAR CP入門(その1)RTOSがAUTOSAR理解の壁になっている?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第24回からは、AUTOSAR CP(Classic Platform)の導入拡大の大きな障壁になっているであろう、スケジューラ方式による開発からRTOSを用いた開発への移行で求められる知識をまとめた「AUTOSAR CP入門」をお送りする。(2022/6/7)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第3回】
Macユーザーが「VMware Fusion」を使う前に知っておきたい注意点
「VMware Fusion」は「Mac」の可能性を広げる一方、Macのスペックによっては快適に動作しない可能性がある。FusionをMacで動かすときの注意点とは。(2022/6/3)

医療機器ニュース:
医療機器を含む複数認証を取得した、組み込みハイパーバイザー製品を発売
BlackBerryは、リアルタイム組み込みハイパーバイザー製品の最新版「QNX Hypervisor for Safety 2.2」の提供を開始した。医療機器用ソフトウェアの最高機能安全基準など、複数の認証を取得している。(2022/6/1)

VMware ESXiを標的とする新たなランサムウェアが見つかる 推奨される対策は?
VMware ESXiを標的とする新たなLinuxベースのランサムウェア「Cheerscrypt」が見つかった。ハイパーバイザーを標的にした攻撃は被害の拡大を招く可能性があるため注意が必要だ。(2022/5/31)

GPUの用途と主要製品の違い【後編】
NVIDIAとAMD、“人気GPU”の違いとは? 何を見て選ぶべき?
GPUの主要ベンダーであるNVIDIAとAMD。GPU市場で主流になっている両社の製品にはどのような違いがあるのか。企業が検討すべきポイントは。(2022/5/30)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第2回】
Macユーザーが「VMware Fusion」を使うと“あれ”がMacで動かせる
「Mac」向けのハイパーバイザー「VMware Fusion」は、Macで「macOS」以外のさまざまなOSを実行できるようにする。そのメリットとは何か。Fusionの機能を説明する。(2022/5/27)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第1回】
「VMware Fusion」「VMware Workstation Pro」の違いとは? VMwareの2大ハイパーバイザー
VMwareのハイパーバイザー「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」は、何が違うのか。双方の主な特徴を整理しよう。(2022/5/16)

ゼロトラストを超えていけ――IBMが日本市場に特化したセキュリティ施策を発表
日本IBMは新たなセキュリティ戦略として「Beyond Zero Trust」を打ち出した。「オーケストレーション」「インテリジェンス」「ローカライゼーション」という3つの要素に沿ったソリューション群を提供し、顧客のセキュリティ環境を保護する。(2022/5/10)

サーバ仮想化は死なず
コンテナ時代でも進化を続けるサーバ仮想化、7つのトレンド
すっかり影が薄くなったサーバ仮想化だが、進化や改善が終わったわけではない。クラウドやコンテナといったイノベーションの中で生まれたサーバ仮想化のトレンドを紹介する。(2022/4/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(123):
Windows 11対応PCなら確実に使える高度なセキュリティ機能とは
ご存じのように、Windows 11のシステム要件はWindows 10と比べて大幅に条件が増えました。その理由の大きな部分を占めているのが、サイバー脅威からユーザーやデバイスを保護するさまざまなセキュリティ機能を標準で利用できるようにすることです。(2022/4/26)

チップからクラウドに至るまで保護機能を提供:
Microsoft、ゼロトラストの原則に基づいたWindows 11の新しいセキュリティ機能を紹介
Microsoftは、Windows 11の今後のリリースでは大規模なセキュリティ更新によって、チップからクラウドに至るまで保護機能を提供することを明らかにした。(2022/4/21)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(122):
絶対に失敗しない! Windows 11のOSイメージ展開のためのSysprepと応答ファイルの使い方
マスターPCで作成し、「システム準備ツール」で一般化したイメージをベアメタルPCに展開する作業は、大量のクライアントPCをキッティングする作業を効率化するために古くから用いられてきました。この方法は、最新のWindows 11でも利用可能です。(2022/4/12)

セキュリティ製品は難しいが、理解する努力を怠ると攻撃を受ける恐れも:
PR:今のセキュリティ対策に求められるのは「これを入れれば大丈夫」という発想からの脱却と脅威を直視する姿勢
DXを支えるセキュリティ対策を議論するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2022春」が開催された。目まぐるしく環境が変化する現在、DXを加速するためのセキュリティ対策の在り方や、実戦的で投資対効果の高いセキュリティ対策が多数紹介された。本稿ではその中から、名和利男氏の基調講演とヴイエムウェア/SB C&Sの技術セッションの内容をお届けする。(2022/4/11)

箱を開けて、電源を入れるだけ:
PR:高度なファームウェア攻撃に対抗する、たった1つの簡単な方法
従来のセキュリティ対策ソフトウェアでは対策できないサイバー攻撃が増えている。企業規模を問わない攻撃が仕掛けられる理由と多層防御の「間隙」を狙う手段、企業が攻撃に対抗するための「シンプルな対策」とは。(2022/3/31)

アプリケーションの互換性も99.7%心配なし:
PR:ハイブリッドワークの要となる「Windows 11」 移行時の3つの疑問に答える
コロナ禍で業務生産性を向上させるために「ハイブリッドワーク」の基盤として「Windows 11」の導入を検討する企業が増えている。アプリケーションの互換性やセキュリティなど、Windows 10からの移行に関する疑問に日本のマーケティング担当者が答えた。(2022/3/1)

車載ソフトウェア:
ソフトウェアデファインドビークル開発向けの車載統合プラットフォーム
NXP Semiconductorsは、SDV開発向けに、車載統合プラットフォーム「S32G GoldVIP」を発表した。「S32G」プロセッサを使用し、SDVのリアルタイム処理やアプリケーション開発に対応する。(2022/3/28)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは? 「Oracle Cloud VMware Solution」との違いは
AWSやOracleはIaaSでVMware製品を実行するためのサービスを提供している。こうしたサービスの代表格であるAWSの「VMware Cloud on AWS」の特徴と、Oracleの競合サービスとの違いを説明する。(2022/3/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(206):
Windowsで[F8]キーが届かない理由と、「sos」オプションが届かない理由!
WindowsはWindowsブートマネージャーがブート構成データからOSのブートエントリとその設定を読み取って、Windowsローダーによって起動します。Windows Vistaからのこの仕組みは、多数のカスタマイズオプションを提供しているのですが、誤解されているものや、今では全く使い物にならないものもあります。(2022/3/24)

2022年第3四半期に提供開始:
NVIDIAがデータセンター向けGPU「NVIDIA H100」を発表 新アーキテクチャ「Hopper」を採用
NVIDIAが、新アーキテクチャのデータセンター向けGPUを発表した。現行のAmpereアーキテクチャから演算能力やデータ点速度を引き上げた他、別売の専用ハードウェア(ラック)を用意することで最大256基のGPUをより高速に連結できる仕組みも用意した。(2022/3/23)

組み込み開発ニュース:
NVIDIAが新GPUアーキテクチャ「Hopper」を発表、AI処理性能は4000TFLOPSへ
NVIDIAは「GTC 2022」の基調講演において、新たなGPUアーキテクチャである「NVIDIA Hopperアーキテクチャ」と、Hopperを搭載するGPU「NVIDIA H100 GPU」を発表。H100は、800億ものトランジスタを集積しており、自然言語認識AIの開発で用いられているトランスフォーマーモデルの精度を落とすことなく処理性能を大幅に向上できるという。(2022/3/23)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】
ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし
ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。(2022/3/22)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】
VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット
アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。(2022/3/14)

Windows 11で“本物のLinux”を体験:
「Ubuntu on WSL 2 on Windows 11」でコンテナ環境を構築してみよう
WindowsでLinuxを利用できる「WSL」に注目が集まっています。Windows 11のWSL 2に用意したUbuntuでコンテナを利用する開発環境を構築する方法を紹介します。(2022/3/8)

VMwareから来たNutanix CEOが考えていること(1):
ハイブリッド/パブリッククラウドにNutanixはどう関わっていくのか
ハイブリッド/パブリッククラウドの時代がいよいよ来ようとしている。ハイパーコンバージドインフラで成長してきたNutanixは、これにどう関わっていくのか。CEOのラジブ・ラマスワミ氏に直接聞いた。(2022/3/2)

Google Cloud、乗っ取られて暗号資産を無断採掘しているインスタンスを見つける「VM threat detection」発表
Google Cloudに、暗号資産の無断採掘を防ぐための新機能「VM threat detection」が登場。ハイパーバイザからインスタンス内のメモリを分析することで不正利用などを発見する仕組みという。(2022/2/9)

リアルタイムOS列伝(19):
オープンソースRTOS「seL4」の紆余曲折からマイクロカーネルの進化を俯瞰する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第19回は、コモンクライテリアなどにも対応する第3世代マイクロカーネルのオープンソースRTOS「seL4」を紹介する。(2022/1/31)

Gartner Insights Pickup(242):
現代的なネットワークセキュリティアーキテクチャ構築で知るべき17の略語とコンセプト
ネットワークアーキテクチャの変化に伴い、ネットワークセキュリティには、信頼性の高い定番技術と新技術を組み合わせた新しいアプローチが求められている。(2022/1/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(202):
Windows Serverにおける新旧ホットパッチの話
「ホットパッチ」は、Windows Serverの一部のエディションで利用可能な、再起動不要のセキュリティ更新機能です。このホットパッチ、実は、アーキテクチャは異なるものの、10年以上前に導入され、その後使われなくなった機能であることをご存じでしょうか。(2022/1/26)

日本向けの展開は未定:
Windows PC版「Google Play ゲーム」のβテストが香港、韓国、台湾でスタート 「Instant Play」対応ゲームを中心に利用可能
Googleが2021年12月に突然発表した「Windows PC版『Google Play ゲーム』」。そのβテストが、アジアの3地域で始まった。日本での展開は現時点で未定だが、サービスに関する通知を受け取るメールサービスに登録することは可能だ。(2022/1/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(201):
知らぬ間に進化を続けるHyper-V
Windowsが標準でサポートするハイパーバイザーといえば「Hyper-V」です。Windows Server 2008(x64)で初めて登場してからしばらくは、新機能追加や機能強化が次々に行われました。しかし、Windows Server 2016以降、目に見える劇的な変化というものが少なくなったような気がしませんか。(2022/1/13)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【後編】
仮想マシン(VM)用セキュリティソフト「AppDefense」「Sophos for Virtual Environments」「McAfee MOVE AntiVirus」の違い
仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。(2022/1/11)

Androidの1月月例更新開始 「致命的」な1件含む35件の脆弱性修正
GoogleはAndroidの月例セキュリティアップデートをリリースした。「致命的」な1件を含む35件の脆弱性を修正した。(2022/1/5)

クラウドニュースフラッシュ
セブン&アイが「AWS」にグループ各社のシステムを集約する“挑戦的な理由”
新システムのインフラにクラウドサービスを採用したJR九州とセブン&アイの事例や、AWSサービスの利用動向調査の結果など、クラウドの主要なニュースを6つ紹介する。(2021/12/29)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Workstation Pro」の基礎 Hyper-Vとの比較ポイントは
Microsoftの「Hyper-V」とVMwareの「Workstation Pro」。自身に適したハイパーバイザーはどちらか。ここではWorkstation Proの概要を見ていこう。(2021/12/22)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【前編】
仮想マシン(VM)のセキュリティ対策で見落としがちな5つの落とし穴
安全に仮想マシン(VM)を運用するためには、適切なセキュリティ対策が不可欠だ。VMのセキュリティ対策で見落としがちなポイントを説明する。(2021/12/21)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【前編】
手元のPCでVM(仮想マシン)が動く 「Hyper-V」のいまさら聞けない長所と短所
MicrosoftとVMwareはそれぞれ、個人利用や小規模な利用に適したハイパーバイザーを提供している。まずはMicrosoftの「Hyper-V」のメリットとデメリット、適した用途を説明する。(2021/12/13)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit 2021:
最新SoC「Snapdragon 8 Gen 1」では何が変わるのか? カメラからセキュリティまでを解説
Qualcommが発表した新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 1」は、下り最大10Gbps、上り最大3.5Gpbsの高速通信が可能になる。カメラの画像処理性能も強化され、明暗の激しい場所や暗所などよりキレイに撮影できるようになった。カメラが常時オンになることで、セキュリティレベルも向上した。(2021/12/10)

「準仮想化」を理解するためのポイント【後編】
「準仮想化」の意外な注意点とは? 使えるハイパーバイザーとOSは?
準仮想化を実現する際に必要なのがハイパーバイザーとゲストOSだ。準仮想化ハイパーバイザーの機能と、ゲストOSとして利用できるOSを取り上げる。(2021/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。