リアルタイムな仮想化の簡素化に貢献:
x86ベースのCOMにハイパーバイザーを標準搭載、コンガテック
コンガテックは、x86ベースのCOMに、ハイパーバイザーを標準搭載する。システム統合のためのリアルタイムな仮想化を大幅に簡素化できる。(2024/2/27)

抽選でQUOカードPayが当たる
「デスクトップ仮想化基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/2/22)

特選プレミアムコンテンツガイド
「GPU仮想化」は何の役に立つ? 使うべき用途と避けるべき用途
GPUのリソースを論理的に分割して効率的に使えるようにする「GPU仮想化」は、用途によって向き不向きがある。使うべき用途と避けるべき用途を解説する。(2024/1/31)

ProxmoxはVMware製品の代替になるか? 複数製品の販売終了を受けてVeeamが検討を進める
VeeamはVMware製品の販売終了を受け、代替製品としてProxmoxに注目しているという。ProxmoxはOSSの仮想化コンテナプラットフォームで幅広いユーザーに支持されている。(2024/1/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「仮想化インフラ(サーバ/デスクトップ)の見直し」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ベアメタルクラウド」は「普通のクラウド」と何が違う?
クラウドサービスの一種として提供されている「ベアメタルクラウド」には、仮想化技術をベースにする通常のクラウドサービスにはない幾つかのメリットがある。改めてそのメリットを探る。(2024/1/17)

新時代のネットワーク像【前編】
クラウドでもSDNでもなく「新時代のネットワーク」に不可欠なのは“あの要素”
ネットワークの主要テーマと言えば、以前は仮想化やSDNが主流だった。しかしユーザーは新たなテーマへの関心を強めつつある。ユーザーコミュニティーであるONUGが指摘する新たなテーマとは。(2023/12/21)

サーバのセキュリティはなぜ「後回し」に?
面倒事がありがちな「サーバのセキュリティ対策」 どうすればいい?
激化するサイバー攻撃に対して、データセンターのサーバはセキュリティ対策が後回しになりがちだ。サーバのセキュリティ対策に及び腰になるサーバ管理者の本音は。仮想化インフラを効率的に保護する方法を探る。(2023/12/27)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「Windows」をやめて「Chromebook」を使う理由
GoogleのクライアントOS「ChromeOS」とアプリケーション仮想化ツールを利用することで、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みの狙いとは。事例を基に解説する。(2023/12/13)

石野純也のMobile Eye:
楽天の完全仮想化ネットワークを活用した「第4のキャリア」がドイツで誕生 そのインパクトを解説
楽天シンフォニーがネットワーク構築を支援するドイツの「1&1」が、12月8日(現地時間)に携帯キャリアサービスを開始した。同日開催されたイベントには、楽天グループの会長兼社長で、楽天シンフォニーのCEOを務める三木谷浩史氏が登壇。Open RANの意義や、この分野における楽天シンフォニーの強みを語った。(2023/12/11)

AWS、SPARCサーバを仮想化してAWSに載せる「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」発表
米AWSが、SPARCプロセッサを搭載したサーバ環境を仮想マシンとしてAWS上で提供する新サービス「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」を発表した。(2023/11/29)

Edge Tech+ 2023:
工場にも広がるコンテナ活用、オムロンの「仮想化制御プラットフォーム」が進化
オムロンは、「EdgeTech+ 2023」において、コンテナ技術を活用した「仮想化制御プラットフォーム」によるリアルタイムモニタリングのデモンストレーションを披露した。(2023/11/29)

いつもコンテナが最適とは限らない【後編】
「仮想マシン」と「コンテナ」の強みが分かる“根本的な違い”
仮想化技術として、企業におけるシステムの構築や運用に使われている「仮想マシン」と「コンテナ」には、どのような違いがあるのか。それぞれの仕組みの違いを踏まえて、得意なことと不得意なことを明らかにする。(2023/11/21)

「アプリケーション仮想化」はどう役立つのか【後編】
“Windowsをやめた”ホテルチェーンが「Chromebook」を使い始めた理由
アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みを導入したホテルチェーンの狙いとは。(2023/11/10)

抽選でQUOカードPayが当たる
「デスクトップ仮想化基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2023/11/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/11/9)

「アプリケーション仮想化」はどう役立つのか【前編】
「Chromebook」で“Windowsアプリ”が使えると何がうれしいのか?
アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、端末に依存せずにさまざまなアプリケーションを実行可能になる。その具体的なメリットとは。(2023/11/2)

Canon EXPO 2023:
試作仮想化を進めるキヤノン、事業部をまたいでシミュレーションモデルを活用
キヤノンおよびキヤノンマーケティングジャパンはプライベートイベント「Canon EXPO 2023」を開催し、同社のモノづくり力の強みについて紹介。さまざまな事業部門をまたいで開発/設計プラットフォームを構築し、その中で試作仮想化技術のライブラリーの蓄積などを進めていることを紹介した。(2023/10/25)

VPN機器だけが問題ではない
自社のデータセンターを狙う「ランサムウェア」の被害を最小限に抑えるには
ランサムウェアをはじめとしたマルウェアの被害を防ぐには、エンドポイントだけでなくデータセンターも守る必要がある。自社サーバのセキュリティを強化し、仮想化インフラを保護するためのヒントを探る。(2023/10/24)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
仮想化データストレージの営業を難なくこなす、新人営業マン向けの基礎知識
ユーザーのアプリケーションサーバは、仮想化サーバ上で動くことが一般的となっている。その仮想化環境の中で使われるのが、「仮想化データストレージ」だ。この分野において、新人営業マンが身に付けるべき基礎知識を紹介する。(2023/10/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
サーバ仮想化の意外なデメリット10選 「VM構築が簡単過ぎる」はなぜ駄目か?
サーバ仮想化は、ハードウェアの運用管理に掛かるコストや手間を削減するといった幾つものメリットがある一方、実はデメリットもある。それは何なのか。解決方法とは。(2023/9/28)

Robloxの生成AIチャットbot「Roblox Assistant」で仮想世界構築
ゲーム作成・共有プラットフォーム「Roblox」は、プロンプト入力で仮想環境を生成できるAIチャットbot「Roblox Assistant」を発表した。また、アバターを写真とプロンプトで生成するAIツールも発表した。(2023/9/10)

VMware Explore 2023:
VMwareがネットワーク仮想化NSXをマルチクラウド化、複数クラウドのネットワーク/セキュリティを統合する「VMware NSX+」を発表
VMwareはネットワーク仮想化のVMware NSXをSaaS化し、マルチクラウドに対応した「VMware NSX+」を発表した。ユーザー側が自由に、セルフサービスでネットワーク/セキュリティを構成・運用できる新機能も実装した。(2023/8/28)

楽天モバイル退任のタレック・アミン氏がコメント「簡単な決断ではなかったが、正しいと信じている」
タレック・アミン(Tareq Amin)氏が8月7日、楽天モバイルの共同CEO(最高経営責任者)、Rakuten Sympony(楽天シンフォニー)のCEO、楽天グループの副社長を退任した。アミン氏は楽天モバイルの仮想化技術をけん引してきた人物だ。アミン氏はビジネス向けのSNS「LinkedIn(リンクトイン)」で在籍時に成し遂げたことなどをつづった。(2023/8/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/8/7)

“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第3回】
Windows機もMacも全て“シン”になって用語「シンクライアント」の定義が崩れる
限定的な機能や部品を搭載したクライアントデバイスが、シンクライアントデバイスだ――この定義が揺らぎつつある。背景にあるのは、仮想化技術やクラウドサービスの普及に合わせたクライアントOSの変化だ。(2023/7/29)

Microsoftの「Dev Box」正式リリース 開発環境を丸ごとクラウドPC化して提供
米Microsoftが、開発環境をクラウドPCとして丸ごと仮想環境で用意し、デスクトップ仮想化経由で利用できる「Dev Box」の正式リリースを発表した。(2023/7/12)

DaaS市場はプラス成長:
NTTデータ、富士通、日鉄ソリューションズなど上位に IDCが国内DaaS市場シェアを発表
IDC Japanは、国内クライアント仮想化関連市場のシェアを発表した。DaaS市場の2022年の売上額は1090億円で、シェア1位はNTTデータだった。(2023/7/3)

KDDIが5G基地局のエッジサーバにデルのIAサーバを採用
通信キャリアにおいてエッジ装置のオープン化が進んでいる。KDDIは大阪市で商用展開を開始したO-RAN標準の5G仮想化基地局向け特定設備に「Dell PowerEdge」サーバを導入した。効率化と低消費電力化を目指す。(2023/6/29)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【後編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“仕組み”で比べる
「VMware Horizon」と「Citrix Virtual Apps and Desktops」は、どちらも広く使われているデスクトップ仮想化製品だ。両製品の機能を比較する際に確認するとよいポイントを説明する。(2023/6/27)

Broadcom610億ドル買収劇の行方【前編】
BroadcomのVMware買収に「待った」が掛かった理由
半導体ベンダーBroadcomは、仮想化ソフトウェア市場で支配的地位にあるVMwareを買収する。その優越的地位が市場に悪影響を与える可能性を危惧して、英国政府が調査に乗り出している。(2023/6/23)

セミナー:
PR:設計者に働き方改革を、3D CAD環境のデスクトップ仮想化がもたらす価値
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/6/21)

福田昭のデバイス通信(405) 2022年度版実装技術ロードマップ(29):
次世代移動体通信「6G」を具現化する技術(後編)
前編に続き、「6G」を実現するために必要な要素技術を解説する。仮想化端末、メタサーフェス反射板、通信衛星などの技術を簡単に紹介していく。(2023/6/21)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【中編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“コストとリスク”で比較
2大デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」「Citrix Virtual Apps and Desktops」。両製品をどのような観点で比較すればよいのか。ポイントになるのが「コスト」と「ベンダーロックインのリスク」だ。(2023/6/20)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/6/7)

オンプレミスVDIよりDaaSを選ぶ動きが広がる
快適になったがコストが想定以上に増える事例も、DaaSのコスパを高めるポイント
PCを仮想化する仮想デスクトップインフラは、管理者・ユーザーの双方にメリットがある。近年はパブリッククラウドベースのDaaSを選ぶ動きがあるが、想定を超えるDaaSのコスト増加に悩む企業が散見される。なぜこうした事態が生じるのか。(2023/3/23)

激動の仮想デスクトップ市場【第4回】
CitrixでもVMwareでもない「デスクトップ仮想化」の“主役”はあのベンダー
Citrix SystemsやVMwareが合併や買収の手続きを進める裏で、デスクトップ仮想化市場で独自の立ち位置を確立させたベンダーがある。それはきっと誰もが知る“あのベンダー”だ。(2023/3/22)

激動の仮想デスクトップ市場【第3回】
「BroadcomがVMwareの仮想化事業を売却」があり得ない理由
半導体ベンダーBroadcomが仮想化ベンダーVMwareを買収する。Broadcomは買収先企業の、収益性が低い事業を廃止してきた歴史がある。この方針はVMwareの事業にどのような影響をもたらすのか。(2023/3/15)

激動の仮想デスクトップ市場【第2回】
TIBCOとの合併はCitrixにとって喜びなのか、苦しみなのか
デスクトップ仮想化ベンダーCitrix Systemsはデータ分析ベンダーTIBCO Softwareと合併した。合併がCitrixにもたらす影響とは。主力製品の動向を基に、Citrixの今後を予想する。(2023/3/8)

激動の仮想デスクトップ市場【第1回】
仮想化の雄Citrixがデータ分析のTIBCOとまさかの合併の“謎”
データ分析ツールベンダーのTIBCOと合併した、仮想化ベンダーのCitrix Systems。両者はなぜ合併したのか。この変化がもたらす影響とは。合併のいきさつと影響を説明する。(2023/3/1)

エッジコンピューティング:
オムロンが産業用PCをクラウドネイティブへ、「Red Hat OpenShift」の採用で
レッドハットは、オムロンが産業用PC向けに開発を進めている「仮想化制御プラットフォーム」のPoC(概念実証)のコンセプトモデルに、Kubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift」が採用されたと発表した。(2023/2/28)

ドコモ、5G基盤で障害発生→AWSで代替が可能に 実証実験に成功
ドコモが、自社の仮想化基盤上とAWS上にそれぞれ構築した5Gコアネットワークを接続し、有事に切り替える設計の実証実験に成功した。設備の故障時などに基盤を切り替えることができ、通信の安定性向上が見込めるという。(2023/2/22)

Microsoft、M1、M2 MacでWindows 11をサポート ParallelsのArm版を認定
M1およびM2 Macでも仮想化した「Windows 11」を利用できるようになった。Microsoftが「Parallels」の最新版でこれらのMac上のWindows 11を公式に認定した。(2023/2/17)

解決!Python:
[解決!Python]venvモジュールで作成した仮想環境のPythonをバージョンアップするには
venvモジュールの--upgradeオプションと--clearオプションを使って、既存の仮想環境で使用するPythonのバージョンをアップグレードする方法を紹介する。(2023/2/14)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
現役SEが徹底議論、仮想化基盤として最適なのは3Tier構成とHCIのどちら?
仮想化基盤として、3Tier構成とハイパーコンバージドインフラ(HCI)のどちらを選べばよいか、悩む担当者も多いだろう。それぞれを比較した際にどのようなメリット・デメリットがあるか、現役SEが実情を明らかにする。(2023/2/8)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト
3TierかHCIか? 「移行」「運用管理」「保守」で考える最適解
仮想化基盤の選定において悩ましいのが、3TierとHCIのどちらを選ぶべきかという点だろう。本動画では、どちらにも精通した現役SE2人が「移行」「運用管理」「保守」に焦点を当て、両者の違いを比較、解説していく。(2023/2/8)

解決!Python:
[解決!Python]venvモジュールでの仮想環境時に最新バージョンのpipをインストールするには
venvモジュールで仮想環境を構築した後でパッケージをインストールすると、pipを最新バージョンにするように推奨されることがある。これを避けるために、最初から最新バージョンのpipを仮想環境にインストールする方法を紹介する。(2023/2/7)

解決!Python:
[解決!Python]venvモジュールを使って仮想環境を構築するには
venvモジュールはPythonに標準で添付される仮想環境構築用のモジュールである。これを使って仮想環境を構築したり、その環境を有効化/無効化したりする方法を紹介。(2023/1/31)

KDDIら、オープン化した5G仮想化基地局を運用 2024年に本格展開へ
KDDI、サムスン電子、富士通は、大阪市内でO-RAN標準インタフェース準拠のオープン化した5G仮想化基地局の商用展開を開始。2022年2月に商用通信に成功した基地局にソフトウエア更新を行ったもので、2024年からの本格展開を目指す。(2023/1/24)

自動運転技術:
PR:自動運転技術の開発を加速するシミュレーション、仮想環境の構築はどうする
ADASや自動運転システムを開発するには膨大な回数の試験が必要であり、もはや実車を用いた試験ではカバーしきれない。自動車業界において導入されている仮想環境を用いたシミュレーションを容易にするのが、MathWorksのソリューション「RoadRunner」と「RoadRunner Scenario」だ。(2022/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。