• 関連の記事

「Google Cloud Platform」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Cloud Platform」に関する情報が集まったページです。

Broadcomによる買収の影響はいかに? “新生”シマンテックはどこに向かうのか
Broadcomは2019年にSymantecのエンタープライズ事業を買収したが、これによって製品ポートフォリオにはどのような変化が生まれたのか。BroadcomとSB C&Sが製品ポートフォリオの詳細と日本の顧客に対する支援体制を説明した。(2022/8/2)

アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第3回】
ランサムウェア対策機能も強化 進化する“あの定番バックアップツール”とは?
ランサムウェアなどの脅威が広がる一方、ベンダーもその対策のための機能強化を実施している。米TechTargetの製品アワードから、バックアップおよびDR分野で注目の製品・サービスを紹介する。(2022/7/27)

テストの結果得られた4つの教訓とは:
「AWS」「GCP」「Azure」のストレージを比較テスト、その性能はコストに見合うのか
Cockroach Labsはクラウドサービスの性能を評価した「2022 Cloud Report」から、「AWS」「GCP」「Azure」について、OLTPアプリケーションの性能テスト結果を評価した。4つの教訓が得られたという。(2022/7/26)

Weekly Memo:
MicrosoftとOracle、GoogleがAWSとMicrosoft――濃淡が出てきたマルチクラウド連携関係、その行方を読み解く
クラウド基盤サービスのマルチ利用を巡って変化が出てきた。MicrosoftとOracleが連携強化するとともに、GoogleがAWSとMicrosoftの両社との連携に注力し始めた。濃淡が出てきたマルチクラウドの関係性の行方やいかに――。(2022/7/25)

プログラミング言語、ミドルウェアスキル、インフラスキル別の平均時給を紹介:
「Objective-C」が最も時給が高い開発言語に選ばれる理由とは overflowがデジタル人材の時給調査
overflowは、デジタル人材の副業と複業の時給に関するレポートを発表した。プログラミング言語別では「Objective-C」、インフラ別では「Kubernetes」の平均時給が高かった。同社は「需要に対して供給が追い付いていないスキルを持っている人材は、金額が高い傾向にある」と分析している。(2022/7/22)

サービス内容と制限の把握が大前提:
無料クラウドサービスは「無料」ではない、落とし穴はどこにあるのか
一部の大手クラウドサービスプロバイダーの無料サービスでは、「ほとんど警告なしに、恐ろしい額の請求が来る場合がある」。そうした事態を避けるための注意点を、Backblazeが解説した。(2022/7/21)

Google Cloudツールのユースケースもある:
Googleが激推しする「セキュリティのシフトレフト」とは? 効果と方法を解説
Googleはソフトウェア開発ライフサイクルにおけるセキュリティの「シフトレフト」が重要な理由を発表した。Google Cloud Platform上でシフトレフトを実現するユースケースも示した。(2022/7/20)

データセンターOS移行の成功法【前編】
Linuxはなぜデータセンターで人気なのか? 「オープンソース」より重要な理由
データセンターの円滑な運用には、サーバのOSの定期的な移行が欠かせない。OSを選定する上で有力な選択肢となるのが「Linux」だ。データセンターでLinuxが広く使われている背景には、何があるのか。(2022/7/14)

60以上の統計データを集計:
IoTデバイス100億台突破の“光と影” 次に伸びる分野と課題は
比較サイトのComparitech.comは、IoTの普及拡大が幅広い分野で進んでいることを示す60以上の統計データを紹介した。デバイスの普及台数は100億台を超え、幅広い分野で役立っているものの、システム構築に携わる人員が不足している。(2022/7/7)

BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【前編】
ブロードコムが買収のうまみを感じる“あのヴイエムウェア製品”とは?
BroadcomはVMwareの買収によって、クラウド市場で力を増す可能性がある。VMwareのマルチクラウド戦略と、その戦略が買収元のBroadcomに与える影響とは。(2022/7/6)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【後編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題は解消しない?
ECの独占禁止法に関する調査を受けたMicrosoftは、問題となったライセンス規約を変更すると発表した。だが専門家は同社の取り組みに懐疑的な見方を示す。それはなぜなのか。(2022/7/4)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第5回】
GCP“危ないAPI”の発見者が語る クラウドとオンプレミスの“根本的な違い”
クラウドセキュリティを万全にするには、どのようなことに気を付ければよいのか。「Google Cloud Platform」のAPIに潜む危険性を指摘した、Mitiga Securityに聞いた。(2022/6/28)

サーバレス活用に関する「3つの重要なテーマ」:
「サーバレスはクラウド活用で必要不可欠な要素になった」 Datadogがサーバレスの実態調査
Datadogは「サーバレスの実態調査」の結果を発表した。主要なクラウドベンダーで、サーバレス技術を利用している運用管理をしている割合は50%を超えていた。(2022/6/27)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【前編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題が緩和へ ただしAWSだと高いままの謎
Azure以外のクラウドサービスでMicrosoft製ソフトウェアを利用する際、料金が高くなる――。Microsoftはこのライセンス規約の緩和を進める。ただしAWSとGCPは緩和の対象外だという。その背景は。(2022/6/25)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第4回】
GCPに見つかった“危険な正規API”悪用問題 Googleはどう動いた?
「Google Cloud Platform」(GCP)の正規のAPIの中で、攻撃者に悪用される可能性があるものを、クラウドセキュリティベンダーのMitigaが発見した。同社の報告を受け、Googleはどのような対策を取ったのか。(2022/6/21)

overflowが副業採用決定者数に関する調査結果を発表:
企業の「こんなスキルを持った副業人材が欲しい」 トップは「TypeScript」「React」「AWS」
overflowは、デジタル人材の副業採用決定者数に関する調査結果を発表した。2021年度の年間採用決定者数は2020年度の3倍。プログラミング言語別に見ると、上位から「TypeScript」「Python」「Go」「Ruby」の順だった。(2022/6/17)

Supply Chain Dive:
なぜ研究開発に多額の投資をしたのか? UPS「伝説のCIO」のテクノロジー戦略
UPSは自動化の活用、より迅速で情報に基づいた意思決定のためのデータ活用など新技術を物流ネットワーク全体にわたって採用している。新技術導入を進めた同社元CIOは配送ドライバーとしての勤務経験があり、現在はSalesforceのCIOに転身した「伝説のCIO」だ。(2022/6/16)

Splunkがセキュリティとオブザーバビリティーの統合を強化 機能拡張「12のポイント」
Splunkは、同一のデータプラットフォーム上でセキュリティとオブザーバビリティーの統合を強化する新機能と機能拡張を発表した。今回の機能拡張について12のポイントを押さえる。(2022/6/16)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第3回】
セキュリティ専門家が「GCP」の正規APIに示した“重大な懸念”とは?
クラウドセキュリティベンダーのMitiga Securityは、「Google Cloud Platform」(GCP)の正規APIに“ある懸念”があると指摘する。それは何なのか。(2022/6/14)

CIO Dive:
クラウド市場戦国時代 AWSに吹く逆風はMS、Googleの追い風になるか?
AWSはクラウド市場シェア全体の約3割を占め、引き続きトップを維持しているが、幾つかの逆風に見舞われている。これを機にMicrosoftとGoogleは市場シェアを拡大できるか。米国アナリストが分析した。(2022/6/9)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第2回】
GCPの設定ミスが原因? 正規APIを悪用してVMを乗っ取る“驚きの手口”
Googleの「GCP」には、「設定ミス」が原因で悪用されてしまう恐れのある2つのAPIがある。どのような手口なのか。なぜ攻撃が可能になるのか。(2022/6/7)

マルチクラウドアクセスを想定、CIEMも提供:
MicrosoftがIDガバナンスを強化へ セキュリティ新ブランド「Microsoft Entra」発表
Microsoftは、ID管理とアクセス管理の新たな製品群「Microsoft Entra」を発表した。既存のAzureADに、新たにCIEMや分散型ID管理を加え、IDガバナンスソリューションとして統合する。(2022/6/3)

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【後編】
医師よりも高精度――Googleが「AIがん診断」に抱く自信と“2つの願い”
Googleは医療機器メーカーHologicと共に、AI技術による子宮頸がん診断支援システムの共同研究を進めている。このプロジェクトが目指すものと、両社の技術提携で生まれた診断アルゴリズムの評価は。(2022/6/3)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【後編】
オープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の違いとは?
オープンソースPaaS製品を利用すれば、ベンダーロックインを避けつつ、クラウドインフラの構築や管理を効率化できる可能性がある。2つのオープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の特徴を説明する。(2022/6/1)

Cloud Nativeチートシート(15):
かゆいところに手が届く実践「Prometheus」「Grafana」――PromQL、スクレイプ、Exporter、運用のためのポイント
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Observabilityのシグナル「メトリクス」について紹介し、「Prometheus」「Grafana」を使う上でのポイントを解説します。(2022/5/31)

クラウドニュースフラッシュ
Googleがクラウドで奇策 「AWSやAzureと“戦わずに勝つ”」戦略とは?
Googleが進める「Google Cloud Platform」の拡充戦略や、NTTドコモの新しい仮想マシンサービスの発表など、クラウドに関するニュースを取り上げる。(2022/6/1)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第1回】
悪用されると危険なGCP「2つの正規API」とは? VM乗っ取りの恐れも
クラウドセキュリティベンダーのMitiga Securityが、攻撃者に悪用される恐れのある「Google Cloud Platform」(GCP)のAPIを発見した。GCPに潜む危険を解説する。(2022/5/31)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【前編】
AzureをやめたらWindowsライセンス料金が60億円増えた――その笑えない理由
Microsoftは「Windows」「Office」といった同社製品を競合クラウドサービスで使用する際のライセンス料金を高くしている。これは欧州の独占禁止法に違反している可能性がある。問題解決に向けて、同社はどう動くのか。(2022/5/30)

コンテナベースの機械学習基盤を大解剖(1):
リクルートのエンジニアが詳説、クラウドネイティブな「機械学習基盤」を内製した理由
リクルートのエンジニアが内製している機械学習基盤について詳しく解説していく本連載。初回はリクルートでクラウドネイティブな機械学習基盤を内製した理由について。(2022/5/24)

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【前編】
子宮頸がんを「AI」で撲滅へ Googleと医療機器メーカーの挑戦とは
Googleと医療機器メーカーHologicは、AI技術ベースの子宮頸がん診断支援システムを共同開発した。「子宮頸がん撲滅」のために両社が目指すビジョンは。(2022/5/20)

サプライチェーン改革:
サプライチェーン強靭化のため、まずは現地・現物主義からの脱却を
新型コロナウイルス感染症に続き、ロシアとウクライナを巡る地政学的リスクなど、サプライチェーンに多大な影響を与える事象が続く中、製造業はどのように供給網のレジリエンス向上に取り組むべきか。現状と展望について、Anaplanジャパン 社長執行役員の中田淳氏に話を聞いた。(2022/5/12)

「意図しないSSHポート開放」を防ぐセキュリティ対策も紹介:
「ほとんどのサービスでクラウドを活用」――DeNAが突然のコスト請求で泣かないためにしている工夫とは?
大規模サービスを展開する国内ITベンダー6社による「6社合同SRE勉強会」が2022年3月12日に開催された。ディー・エヌ・エー(以後、DeNA)は「Public CloudのさまざまなDeNA的管理手法」と題し、ほとんどのサービスをパブリッククラウド上で運用している同社における「コスト管理」と「セキュリティ管理」のための取り組みを紹介した。(2022/5/12)

連休中の勉強にいかが? パブリッククラウドの教材情報4選、2022年版
2022年もゴールデンウイークが始まる。連休中の勉強のお供として、ITmediaで2022年に取り上げた記事の中から、パブリッククラウドの学習に使える教材を4つ紹介する。(2022/4/28)

プロセッサ2種の併用で高速化
「CPU」と「GPU」の得意なタスクの違い “やってはいけない”使い方は?
CPUに加えてGPUを併用する動きがある。GPUはグラフィックス処理用ではなく、CPUのタスクを肩代わりする役割として活用が進む。2つをどう使い分けるのが賢い選択なのか。(2022/4/28)

クラウドエンジニア100人超に聞く、活用中のパブリッククラウドランキング 国産サービスの順位は?
クラウドエンジニアは勤め先でどんなパブリッククラウドを使っているのか──クラウドの運用保守などを手掛けるクラウドエースがこんなランキングを発表した。上位にはAWSなどの“3大クラウド”がランクイン。国産サービスの順位は?(2022/4/27)

クラウドの垣根を越える
Microsoft Defender for CloudがAWSとGCPをサポートする合理的な理由
「Microsoft Defender for Cloud」は、Microsoftのクラウドセキュリティ体制管理および脅威保護ツールだ。同ツールはAzureだけでなくAWSとGCPをサポートする。Microsoftの真意とは?(2022/4/25)

NEWS
楽天グループがGoogle Cloudの「BigQuery」を採用 その狙いは?
楽天グループは、全社的に利用するデータウェアハウスにGoogleの「BigQuery」を採用した。同社がデータ分析システムのクラウド移行を決意した課題と、「Google Cloud Platform」を採用した理由は。(2022/4/21)

Java言語および開発、マイクロサービスなどのトレンドを網羅:
年次Java開発者調査結果、Perforceが発表
Perforce Softwareは、Java開発者を対象とした年次調査結果をまとめた報告書「2022 Java Developer Productivity Report」を発表した。(2022/4/19)

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第2回】
Web黎明期からあった「CDN」に企業が最近になって注目する理由
CDNは1990年代に登場して以来、Webの進化に合わせて変わってきた。Webコンテンツの多様化、クラウドサービスの拡大などが背景にある。CDNの変遷と最新機能を紹介する。(2022/4/19)

キリがないOSSの脆弱性や人手によるミス、開発工数増にどう対応すべきか:
PR:DXを急ピッチで推進する凸版印刷が「GitHub Advanced Security」で実現するOSSセキュリティ対策とは
凸版印刷は2020年4月に全社横断でDX施策を推進する「DXデザイン事業部」を新設した。同事業部でサービス開発を行うICT開発センターは、開発プロセスをモダン化し、DevSecOpsを推進するコード管理プラットフォームとして「GitHub Enterprise」と「GitHub Advanced Security」を導入して、その活用範囲を広げている。GitHubの選定理由や感じたメリット、今後の展望などについて、ICT開発センターのメンバーに聞いた。(2022/4/21)

セキュリティ分野へ本格参入:
「責任共有モデルでなく運命共有モデル」 Google CloudのMandiant買収につながる戦略
Google Cloudは2022年3月、セキュリティベンダーのMandiantを買収すると発表した。実現すれば、Google Cloudによるセキュリティビジネスへの本格参入を象徴する出来事になる。同社は、クラウドセキュリティは運命共有モデルに基づくべきだという考え方を強調している。(2022/4/5)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【前編】
SLAの「99.9%」は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法
IaaSにあるデータやアプリケーションを安定して利用できる状態にするには、IaaSの可用性を高める必要がある。必要な可用性を検討する際のポイントを説明する。(2022/4/1)

「『予測できないものは受け入れられない』という企業文化はもったいない」:
「失敗を経験して改善することが大切」――3つのハードルを乗り越えたデンソーがクラウドネイティブに感じた「価値」
クラウドを活用した新しいサービスを外注ではなく内製で開発する――容易ではない組織風土の変革を実現してきたのがデンソーだ。アジャイルやクラウドネイティブ技術を活用するに当たって超えてきた失敗や、クラウドネイティブに感じる「価値」を同社クラウドサービス開発部SREチームの佐藤義永氏が語った。(2022/3/31)

AutoML OSS入門(終):
最も人気なAutoML OSSは? 注目のAutoMLクラウドサービスも紹介
AutoML OSSを紹介する本連載最終回は連載内で紹介したOSSの比較と、これまでに紹介できなかった幾つかのOSSやAutoMLクラウドサービスを概説します。(2022/3/24)

文科省が基幹システムをフルクラウド化、中央省庁で初 AzureとMicrosoft 365活用
文科省が、基幹システムを「Microsoft Azure」と「Microsoft 365」でフルクラウド化し、1月から運用している。日本の中央省庁が基幹システムをフルクラウド化するのは初という。(2022/3/23)

GCPが一部サービスの料金を改定、値上げも値下げも 10月から
米Googleが、クラウドサービス「Google Cloud Platform」について、一部サービスの価格を10月1日に改定する。リージョンを跨ったデータの複製などが対象になるという。(2022/3/15)

CIO Dive:
2022年の戦略が明暗を分ける? 注目すべきクラウドトレンド3選
10社に9社がクラウドを導入する時代、クラウド戦略の失敗はそのままビジネス価値の低下につながるといっても過言ではないだろう。米国のクラウドトレンド動向から今後の戦略を探る。(2022/3/10)

ITリーダー1300人に聞いた
Kubernetesユーザーが最も困っていること
コンテナ運用を容易にするはずのKubernetesが、ITリーダーたちを苦しめている。Kubernetesのこの課題はDX推進にとってのリスクにもなるという。何が問題なのか。(2022/3/9)

ハイブリッド/マルチクラウドを使いこなす:
PR:増え続けるデータを効果的に活用するために――クラウドストレージ基盤の理想像を考える
データ活用に注力する企業が増え、ストレージのハイブリッドクラウド/マルチクラウド化が進んでいる。「FinOps」という新たな考え方を含め、企業が抱えるストレージの課題とそれを解決するために活用すべきサービスの在り方を、ネットアップのポートフォリオを例に考える。(2022/3/3)

Google Cloud純正のシステム構成図作成ツールが登場 作図通りのデプロイも可 無料
米Googleが、GCPのシステム構成図を作成できるWebサービス「Google Cloud Architecture DiagrammingTool」の提供を始めた。利用料は無料。(2022/2/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。