• 関連の記事

「ガソリンスタンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ガソリンスタンド」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クレカ発行、消費者が「ポイントサービス」より重視することは?
クレジットカードを3枚以上持っているとした人は52.7%に上ったーー。そのような結果がマイボイスコム(東京都千代田区)による「クレジットカードの利用」に関する調査で明らかとなった。人々はどのようにカードを使い分けているのか。(2024/2/20)

孫泰蔵がシリコンバレーで見た自動運転車の未来 「移動にお金を払う時代」は終わる
連続起業家の孫泰蔵氏は「ほぼ日」の株主ミーティングに参加し、講演した。「AIによってこれから大きく世の中が変わる」と語った講演の内容をお伝えする。(2024/2/14)

地震で断水、解消まで約5日間 自宅で過ごすために役立ったもの・用意しておけばよかったもの
令和6年能登半島地震、羽咋市在住筆者の断水経験。(2024/2/3)

カーナビの“パイオニア”がスマホアプリに参入 「COCCHi」はサイバーナビの使い勝手を継承しているか?
「カロッツェリアカーナビゲーションのノウハウを搭載!」と謳われており、カーナビ専用機と同等の機能、使い勝手をスマホで活用できるというアプリです。、スマホ標準の地図アプリと比べて、どのような違いがあるのかという点にスポットを当ててレビューしていきましょう。(2024/1/23)

CODE BLUE 2023レポート:
リサーチャーが徹底分析 脅威アクターAmoeba(アメーバ)の実態とその手口を解き明かす
TeamT5は中国の後ろ盾を得て全世界で攻撃を展開している脅威アクター「APT41」(通称:Amoeba)を詳細に分析した。彼らの攻撃手段や戦術、細かな工夫からその狙いを解説しよう。(2024/1/19)

後藤祐樹、ボランティアで地震の被災地へドライブ “現地が大渋滞”の指摘受け「慎重に活動している者もいます」
すぐに現地に救援物資を届けた後藤さん。(2024/1/4)

日本の地方を救う“黒船”か:
6471室を一斉開業する欧州最大ホテルチェーン 「投資は回収できる」と自信のワケ
日本に商機を見いだした欧州最大のホテル運営、仏アコーは2024年4月1日、日本初上陸となる「グランドメルキュール」12軒と、東京・銀座などで展開している「メルキュール」11軒の計23軒、6471室を一斉開業させる。CEOへのインタビューから日本を“狙い撃ち”した理由や、市場攻略のカギに迫った。(2023/12/22)

赤字ローカル線は「バス転換」より「自家用車転換」 JR出身の専門家が提言
ローカル線の廃止といえば「バス転換」が主流だが、バスよりも自家用車に「転換」するべきだと提言する研究者がいる。その先には自動運転による課題解決も視野に入る。(2023/12/18)

アプリは配信開始済み:
大阪・関西万博の公式電子マネーが登場 その名は「ミャクペ!」
2025年4月から開催される予定の「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」に向けて、公式デジタルウォレットサービスが提供されることになった。サービス自体は11月1日(一部は2025年5月)から提供される予定だが、スマートフォンアプリは既にダウンロードできるようになっている。(2023/10/23)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「100年後の人にあって良かったと思われるもの」を目指して 浮川社長と浮川専務のMetaMoJiが進める現場のDX
世界情勢の不安定化や物価の高騰、そして継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第9回はMetaMoJiだ。(2023/10/23)

三菱商事、GSを輸入EVディーラーに、3年後に全国で100店規模で本格展開
三菱商事は、米テスラや韓国ヒョンデなど海外電気自動車メーカーのディーラー事業を全国のガソリンスタンドで展開する。(2023/10/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜガソリンの価格は分かりにくいのか 値引きの仕組みが複雑な理由
ガソリンスタンドの価格が分かりにくい。店の看板がいくつもあったり、値引きも複雑であったり。なぜこのような仕組みになっているのかというと………。(2023/10/20)

au PAYとPontaのキャンペーンまとめ【10月4日最新版】 最大10万ポイント還元や30%還元あり
10月が始まり、さまざまなキャンペーンが更新されている。今回はau PAYやPontaでのポイント還元施策やキャンペーンをまとめた。(2023/10/4)

「郊外で見かけるものあるある」が分かりすぎてうなずく人続出 「でかい薬局」「やたら見かけるスズキの看板」
でっかいショッピングモールがあるのも郊外あるある。(2023/9/16)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリン価格が高い! 税金の代わりに“財源”を確保する方法とは
ガソリン価格の高騰が止まらない。庶民の生活にダメージを与えているわけだが、価格を下げるためにどのような手があるのか。(2023/9/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会社人生「55歳の壁」突破策〜セカンドキャリアとしての起業〜
今も昔も、設備投資や従業員不要で始められる仕事はいくらでもある。しかも、ローリスクな割にハイリターンru.まではいかないが、ミドルリターンくらいの仕事は結構ある。(2023/9/14)

ロボット掃除機「ルンバ コンボ j9+」と、ルンバと連動する空気清浄機「Klaara(クラーラ) p7 Pro」
アイロボットジャパンが、新型ロボット掃除機「ルンバ コンボ j9+」と、ルンバと連動する新型空気清浄機「Klaara(クラーラ)p7 Pro」を発表した。発表に合わせて、iRobot会長兼CEOのコリン・アングル氏らが姿を見せた。ここでは、ごみの吸引も水拭きも1台で済むルンバ コンボ j9+、完全密閉できれいな空気を届けるKlaara p7 Proを解説する。(2023/9/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
飲酒運転で奪われる命と、責任の取り方
今週は米国メディアの日本語版Webサイトで興味深い法律のニュースを見掛けました。飲酒運転で子どものいる人を死なせた場合、加害者はその子どものための養育費を支払わなければならない、という法律です。(2023/9/9)

製造業IoT:
もはや電力線通信にとどまらないHD-PLC、パナソニックがNessumにブランド変更
パナソニック ホールディングスは、これまで高速電力線通信技術として展開してきた「HD-PLC」のブランド名を「Nessum(ネッサム)」に変更すると発表した。(2023/9/8)

NAVITIMEドライブサポーター、価格の安いスタンドを“なぞって”探せる機能を追加
ナビタイムジャパンが8月31日、カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」向けに「ガソリン価格なぞって検索」機能を提供開始した。指で任意をエリアを指定すると、価格の安い順でガソリンスタンドを検索できる。(2023/8/31)

ここがスゴイよ:
「高額プラン」の会員が約6割 コストコの「圧倒的成長」を支えるファン戦略と5つの強み
圧倒的な成長を続けるコストコ。大きな特徴は会員制で、高額なプランを選ぶ会員は約6割に達するという。一体なぜ、そんなことが起こるのか。コストコのファン戦略と利益構造の裏側を探る。(2023/8/31)

福田昭のデバイス通信(415) 2022年度版実装技術ロードマップ(39):
充電時間「ゼロ」を実現するバッテリ交換システム
今回は、電気自動車(EV)の充電インフラでも設計思想が全く異なる、バッテリ交換式システムをご紹介する。(2023/8/25)

BEVが次世代車の“本流”にならない4つの理由 トヨタ「全方位戦略」で考える
トヨタが「ル・マン24時間」に、将来的に水素エンジン(内燃機関)車で参戦する方針を発表し、その試作車を公開。水素エンジン車の投入はトヨタの脱炭素戦略における水素エンジン開発の本気度を示している。(2023/7/31)

福田昭のデバイス通信(413) 2022年度版実装技術ロードマップ(37):
電気自動車の将来を左右する充電インフラ(前編)
今回は、電気自動車の道路走行を支える充電インフラ(充電ステーション)の動向を説明する。(2023/7/31)

経済産業省「工場セキュリティガイドライン」を読み解く(3):
被害事例から考える製造現場に必要なセキュリティ対策
本連載では、ガイドラインが示す、今必要な工場セキュリティ対策を解説する。最終回となる今回は、ランサムウェアの被害事例を基に、ガイドラインに沿ったセキュリティ対策を紹介する。(2023/7/31)

Cybersecurity Dive:
カナダのエネルギー企業を狙ったサイバー攻撃、石油・ガスの供給混乱が狙いか
カナダのエネルギー企業Suncor Energyがサイバーセキュリティインシデントの被害に遭った。このサイバー攻撃は石油・ガスの供給を混乱させる狙いがあったとみられている。(2023/7/29)

法制度・規制:
燃料電池車と水素インフラの普及に必要な政策とは? 経産省が中間とりまとめを公表
運輸部門の脱炭素化が求められる中で、その活用が期待されている水素。経済産業省が主催する「モビリティ水素官民協議会」では、このほど運輸部門における水素の利活用の方策などをまとめた中間とりまとめを公表した。(2023/7/21)

ただし毎日稼働が条件:
「花屋にお願いしてでもサービスを維持」 Amazonのラストマイル配送プログラム
顧客ニーズの多様化が進み、Amazonは配送サービスの質を保つのに苦慮しているようだ。小規模事業者に週7の配達を委託する「Amazon Hub Delivery program」は課題を解決するのか。(2023/7/19)

廃墟となったガソスタを再現!? トミーテック「廃業した給油所」ジオラマキット発売 「廃業した整備所」も
田舎の片隅にありそうな雰囲気。(2023/7/14)

楽天ペイが「スーパー還元」を武器に攻勢 課題の認知は“最大2.5%還元”の訴求がカギに
楽天ペイメントが7月12日、都内で事業説明会を開催した。楽天ペイメントの小林重信社長と、執行役員でマーケティング本部長の諸伏勇人氏が登壇。決済アプリ「楽天ペイ」の強みと、4つの「スーパー還元」キャンペーンを開催する意図を説明した。(2023/7/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
車中でもハンズフリーでAlexaが使える「Echo Auto」 第2世代モデルはどこが変わった?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。新型に生まれ変わった「Echo Auto 第2世代」はどこが進化したのだろうか。(2023/7/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
エンジン車の燃費は向上できるのか まだまだできることはある
クルマの燃費性能は、この20年ほどで急速に向上した。「もう限界でしょ」と思われている人もいるかもしれないが、まだまだできることはある。例えば……。(2023/6/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コストコさん、うちにも来て! 激化する誘致合戦 出店ラッシュはいつまで続く?
各地の自治体が、熱心にコストコを誘致している。どういった背景があるのか、各市町村の担当者に聞いた。モテモテ状態はいつまで続くのか。(2023/5/30)

ビッグデータ基盤から「ビジネスデータのAI分析基盤」に進化したDatabricks――笹 俊文氏に聞く
Databricks日本法人トップに、ビジネスアプリケーションデータを深く理解する人物が就任した。日本企業におけるデータ活用やAI活用のこれからについて話を聞いた。(2023/5/24)

スピン経済の歩き方:
「縮むニッポン」に適したビジネスは何か “盗まれない”最強の産業
人口が急激に減少していることを受け、さまざまなサービスが縮小している。多くの業界が厳しい環境に置かれているが、そんな中でも他国から「盗まれない」産業がある。それは……。(2023/5/9)

経済産業省「工場セキュリティガイドライン」を読み解く(1):
工場を取り巻くセキュリティ環境動向とガイドラインの全体像
本連載では経済産業省の「工場システムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドラインVer 1.0」が示す、今必要な工場セキュリティ対策を解説する。1回目は、最近の工場を取り巻く環境動向と、ガイドラインの全体像を紹介する。(2023/5/22)

「これが何かわかります?」 ピンクの謎の粉が注目を集める SNSで懐かしむ声も
初めてみたという反応と懐かしむ声が寄せられています。(2023/5/1)

楽天ペイ、ポイントカード提示で最大10万ポイント還元
楽天ペイメントは、5月1日〜6月1日に「3人に1人当たる!楽天ペイ超トクトク祭」開催。対象店舗でキャンペーン条件を達成すると、抽選で最大1000%(上限10万ポイント)の楽天ポイントが還元される。(2023/5/1)

ノロノロ:
EV普及には急速充電を戦略的に進めるしかない
他の主要国と違って日本市場でのEV普及は亀のごとく遅い。その主な要因は充電設備の整備の遅れだ。この克服は、官民の協力なくしてはあり得ない。(2023/4/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの新社長就任で、どんなクルマが出てくるのか
トヨタ自動車の方針説明会で、どのようなことが語られたのか。中嶋裕樹副社長の説明パートを中心にトヨタのクルマづくりがどうなっていくかを見ていこう。(2023/4/11)

新大学生の池田レイラ、入学式で“大人っぽいスーツ姿” あっという間の18年に父「マジクリビツデンギョー!」
あっという間に大学生に。(2023/4/10)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタが奮闘する燃料電池は、再び脚光を浴びるのか
トヨタのFCEV「MIRAI」の販売台数がいまひとつである。直近の販売台数を見ると、月に24台だ。このままでは「近未来のカーボンニュートラル」は絵に描いた餅で終わってしまいそうだが、業界ではどのような動きがあるのだろうか。取材して分かったことは……。(2023/3/31)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ超長距離旅で分かった、“日本式”充電インフラの弱点 他のEVには致命的かも
昨年の11月末、Model 3で横浜から長崎の往復3000kmの旅をしてきました。前編では、長崎までの往路の様子をお伝えしました。本稿では、旅の主目的である、潜伏キリシタンゆかりの地巡りや復路におけるModel 3の運行状況を充電を中心にお伝えします。(2023/3/25)

特別賞は「トヨタ アルファード」:
クルマ関連事業者が選ぶ「いいクルマ」 特別賞は「トヨタ アルファード」、大賞は?
オートアフターマーケット連絡協議会は「クルマ屋さんが選ぶ “いいクルマアワード2023” 」を発表した。特別賞は「トヨタ アルファード」だった。6年連続で大賞に選ばれたのは?(2023/3/25)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
なぜ、セブン&アイは「ガソリン高騰でもうかっている」のか
決算書から日本経済を読み解く本連載。今回はセブン-イレブンやイトーヨーカ堂などを運営しているセブン&アイ・ホールディングスを取り上げていきます。(2023/3/24)

帝国データバンク調べ:
正社員を採用したい企業、コロナ前上回る 最も需要がある職種は?
帝国データバンクは雇用動向に関する企業の意識調査を実施した。正社員の「採用予定がある」と考えている企業は63.0%に上り、2年連続で上昇していることが明らかに。大企業ほど割合が高い傾向となった。(2023/3/22)

渡辺裕太、軽自動車の給油でまさかのミス&3万円超の出費 店員「あぁーやっちゃいましたかぁ」
あぁ……。(2023/3/16)

楽天ペイ&楽天Edyで最大10万ポイントが当たるキャンペーン 4月30日まで
楽天ポイントカード、楽天ペイ(アプリ決済)、楽天Edyは、4月30日まで「楽天ポイントメガ盛り!最大2000%還元キャンペーン」を開催。エントリーして決済すると、抽選で支払い金額の最大2000%分のポイントが当たる。(2023/3/1)

Oliveスタート、早速申し込んでみた かなりややこしいぞ
三井住友フィナンシャルグループが総力をあげるコンシューマ向けの金融統合サービス「Olive」が3月1日にスタートした。(2023/3/1)

メリット・デメリットを解説:
水素は「脱炭素社会」の救世主になれるか? ビジネスや日常生活をこう変える
水素はカーボンニュートラルの実現に極めて重要な役割を担うと期待されています。水素社会が実現されたら、ビジネスや日常生活はどう変わるのでしょうか? メリットやデメリットを整理しました。(2023/3/1)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
EV旅の秘訣は“満タン主義“との決別 テスラで「往復3000kmドライブ」(前編)
Tesla Model 3で横浜から長崎の往復3000kmの旅を敢行。前後編の2回に分けてバッテリーや充電など、EV旅で気になるポイントをお伝えしていく。(2023/2/3)

調査レポート:
土木・建築の仕事で役立つ資格1位は「建築士」、レビュー調べ
電気資格研究所JABOは、日本全国の10代以上を対象に「土木・建築の仕事で役に立つ資格」についてアンケート調査を実施し、結果を公表した。(2023/2/1)

科学で明らかに 世界で最もハンサムな顔ベスト10が発表、1位はレジェ=ジーン・ペイジ
2位は一時休業中のクリヘム。(2023/1/27)

物流のスマート化:
ENEOS、ガソリンスタンドを活用した配送効率化事業推進のための合弁会社設立
ENEOSは、ガソリンスタンドを活用した配送効率化事業の推進に向け、三菱商事と合弁会社を設立する。全国にあるガソリンスタンドを荷物配送の一時保管と最終拠点として活用することで、大型倉庫からの直接配送よりも走行距離を削減できる。(2023/1/26)

一番“ググられる”言葉は:
23年1月時点、日本で最もGoogle検索されたキーワード 3位「ヤフー」、2位「天気」、1位は?
フルスピードは、Googleの検索ボリューム上位100件のキーワードを調査した。3位は「ヤフー」、2位は「天気」という結果に。気になる1位は?(2023/1/24)

BEV普及の課題:
アウディ、持続可能な世界を実現するための「巻き込み力」
アウディの日本法人がSDGsをテーマにしたツアー「Audi Sustainable Future Tour」の2回目を岩手県八幡平市で開催した。アウディが企画したこの取り組みには、電気自動車(BEV)や再生可能エネルギーを日本で普及させ、持続可能な社会を実現させるための議論を深めたい狙いがある。(2023/1/18)

ガソリンスタンドごっこをする男の子のなりきりっぷりがすごい 物憂げに壁にもたれかかる姿がまるで大人のよう【米】
かっこいい。(2023/1/12)

動画を早送り:
“時短したい”若者の「タイパ」信仰が中高年にも!? 2023年も「倍速消費」がさらに拡大しそうな理由
「失敗したくない」「時短したい」若者が使っていた「タイパ」。この考え方が他の世代にも広がってきた。2023年の消費トレンドにどういった影響があるのか?(2023/1/3)

購入理由1位「補助金が出るから」:
乗っている電気自動車のメーカー 3位は「三菱」、2位は「ホンダ」、1位は?
スパコロは、全国20〜69歳の電気自動車保有者を対象に実施した「ユーザー意識可視化調査 電気自動車編」の結果を発表した。保有している電気自動車のメーカー1位は?(2022/12/26)

楽天ペイ、高速のサービスエリアで10%還元 東名高速、中央道など
楽天ペイメントは、NEXCO中日本管内のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)にて、楽天ペイのコード払い利用額の10%を還元するキャンペーンを行う。(2022/12/23)

PR:「顔認証」 「鹿せんべい」 「ボイス付」――自販機の新たな可能性を生み出す会社に、「次はこんな自販機どうですか? 」と聞いてみた
夢の自販機、本当にできちゃうかも?(2022/12/22)

【年末の洗車】「100均&家にあるもの」で簡単にできるマイカーぴかぴかお掃除テクニック
用意しますのは……「ウーロン茶」。え、これも活躍するのー?(2022/12/10)

電動化:
日本カー・オブ・ザ・イヤーはサクラとeKクロスEVに、軽EVの現実的な価格を評価
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2022年12月8日、第43回日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考結果を発表した。得点数で2位以下に大きな差をつけて、軽自動車タイプのEV(電気自動車)の兄弟車である日産自動車の「サクラ」と三菱自動車の「eKクロスEV」が受賞した。(2022/12/9)

日産と三菱の軽EVが「日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞 軽の受賞は初
日産自動車の軽EV「サクラ」が「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」と、軽自動車カテゴリーの「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞した。(2022/12/8)

電動化:
ENEOSの急速充電サービス向けにNECがマルチ認証・課金システム
NECは2022年11月21日、ENEOSが提供を開始したEV(電気自動車)の急速充電サービス「ENEOS Charge Plus」向けにマルチ認証・課金システムを提供すると発表した。(2022/11/22)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県羽生市で延べ1.7万m2の物流施設が着工、ロジランド
ロジランドは、2023年6月の竣工に向け、埼玉県羽生市で計画を進めていた物流施設「LOGI LAND 羽生IV」の開発を進めている。(2022/11/8)

道中、強そうなハスキーに遭遇した愛犬 圧倒的強者感を醸し出すワンコと「ぽか〜ん」と見つめる愛犬との対比が面白い【米】
圧倒的強者感。(2022/11/7)

定額洗い放題のセルフ洗車機サブスク、対応店舗が120店超え
スマホアプリを使いセルフ洗車機が利用できるサブスクリプションサービス「Wash Pass(ウォッシュパス)」の利用店舗数が120店を超えた(2022/11/4)

星3つの企業トリビア:
ミシュランガイド、なぜ「タイヤ」の会社が運営しているのか? グルメとタイヤの意外なつながり
グルメガイドの王様「ミシュランガイド」、発行元はフランスのタイヤメーカーだという。全く異なる業界だが、なぜタイヤメーカーから世界的なグルメガイドが生まれたのか?(2022/10/25)

この5年で50円以上値上がり:
長引くガソリン価格高騰 「高い!」と感じるレギュラー価格」はいくら?
パーク24(東京都品川区)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に、「ガソリン価格に関するアンケート調査」を実施した。(2022/10/21)

Microsoft Ignite Spotlight on Japanレポート:
メルセデス、コカ・コーラが採用 「インダストリアルメタバース」とは何か
「メタバース」と言うとエンタメのイメージが強いが、産業分野でも世界の大企業に利用されている。製造プロセスや物流プロセスの効率化だけでなく、環境に配慮した製造過程の実現にも資するという産業用メタバースの“実力”をメルセデスベンツやコカ・コーラの事例から探る。(2022/10/20)

GMOあおぞら銀、最大1.2%還元のMastercardデビット提供開始
GMOあおぞら銀行は10月17日、Mastercardブランドのデビットカードの提供を開始した。個人向けには年会費3300円の「Mastercardプラチナデビット付キャッシュカード」を、法人向けには年会費無料の「Mastercardビジネスデビットカード」を用意する。(2022/10/17)

EV普及の影響も調査:
脱炭素社会の進展が「マイナス影響」と回答した企業、この1年で増加 帝国データバンク調べ
脱炭素社会に向けた取り組みが世界的に広がる中、企業にはどんな影響があるのか。帝国データバンクが調査結果を発表した。(2022/10/6)

家計もつらいが:
企業もつらい値上げ コストが100円上昇しても、値上げできるのは36円
帝国データバンクは、価格転嫁に関するアンケートを行った。自社の主な商品・サービスにおいて、コストの上昇分を販売価格やサービス料金にどの程度転嫁できているか尋ねたところ、「多少なりとも価格転嫁できている」企業は70.6%となった。一方で、「全く価格転嫁できていない」企業は18.1%だった。(2022/10/4)

満足度の高い「タイヤ専門店」 3位「タイヤガーデン」、2位「ミスタータイヤマン」、1位は?
oricon MEは、満足度の高い「タイヤ専門店」ランキングを発表した。(2022/9/27)

キター! ホンダ、二輪車も「電動化」本格推進 2025年までに10車種、全車「全固体電池搭載」目指す
“電動大型モデル”も3車種チラ見せ、キター!(2022/9/13)

「EPP」「EDR」「MDR」と何がどう違う?
EDRの正しい選び方をベンダー&SIerが解説、マルウェアの被害を防ぐ要件とは
Emotetをはじめ高度化するマルウェアにより、ビジネス停止に追い込まれた例も多数報告される中、企業にはエンドポイントセキュリティの強化が求められている。その核となる「EDR」の選び方を、ベンダーとSIerの視点から解説する。(2022/9/12)

小さいクルマだから「小回りがきく」とは限らない!? 「最小回転半径」って何のこと?
小回りきく扱いやすさってけっこう重要なポイントです。(2022/9/8)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
クルマ好きの米国で、自動車メディアはカリフォルニア州の規制をどう報じたか
「終わりの始まり」だそうです。(2022/9/1)

DXを進める空港の取り組み【後編】
コロナ禍で勝負――DXを目指す空港が「Rise with SAP」を導入した狙い
「Rise with SAP」はSAPがクラウドで提供するERPパッケージだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)実現を目指す空港はRise with SAPを導入した。どのように活用するのか。(2022/8/29)

今日のリサーチ:
価格上昇を実感、「スーパーマーケット」や「ガソリンスタンド」で約8割――CCCマーケティング総研調査
ティッシュ・トイレットペーパー、ガソリン、さらにはペットフード、ネット代やスマホ代、塾・習い事の費用など、インフレの痛みがじわじわと強まっているようです。(2022/8/17)

「PayPayカード利用速報サービス」開始 不正利用もすぐ分かる
PayPayは、8月3日から「PayPayカード利用速報サービス」を提供開始。PayPayカードの利用情報をプッシュ通知やメールで知らせるため、万が一不正利用があった際もすぐに気付ける。(2022/8/2)

BEVで勝負:
アウディが仕掛けるEVとSDGs戦略 次世代パワートレインはEVで確定
アウディは2026年以降に全世界で発表するモデルは全て電気自動車で、33年を最終期限として内燃エンジンの生産は段階的に廃止する。岡山県真庭市で実施したツアーの様子と共にEVとSDGs戦略をひもとく。(2022/7/15)

海外コンビニエンス絶好調:
セブン&アイ、初の売上高10兆超えへ 競合イオンを突き放す原動力は
セブン&アイ・ホールディングスは2023年2月期第1四半期の連結決算を発表した。海外事業が絶好調で、今期の売上高「10兆超え」を見込む。競合イオンを一気に引き離し、小売業の圧倒的トップへ。(2022/7/11)

“石油王の娘”の意外な正体とは? 言い方を変えるだけて面白い肩書きになってしまうという話
ちりめん問屋のご隠居を名乗りたい。(2022/7/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
月1250円で誰でも鉄道・バスが乗り放題「9ユーロチケット」導入、ドイツ政府の狙いとは
ドイツ政府は1日、「9-Euro-Ticket(9ユーロチケット)」とよばれる「公共交通機関乗り放題チケット」の7月分を販売開始した。このチケットを使用すれば、一部を除く、ほぼ全ての公共交通機関が9ユーロ(約1250円)で1カ月間乗り放題となる。(2022/7/8)

鉄道・バスで「Visaのタッチ決済」が1年で38倍に “キャッシュレスの島”沖縄の現状
鉄道やバスで「Visaのタッチ決済」の導入が広がっている。Visaは6月30日にオンライン説明会を実施し、タッチ決済を推進する狙いを語った。“キャッシュレスの島”となりつつある沖縄から、琉球銀行と東京バスの担当者が登壇し、キャッシュレス化の現状が紹介された。(2022/7/1)

「タイヤ値上げ、嫌?」 夏タイヤは「グレードを下げて安く」したい人が30代で2割に GfK Japan調査
「安ければOK」な人も多くなっていますね。(2022/6/25)

タイムアウト東京のオススメ:
まるでクラフトビールのガソリンスタンド、TAP&TUMBLERが恵比寿に登場
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/6/21)

中尾明慶、50年前のアメ車がぶっ壊れて「終わった……」 「非常にマズイ状況」「直るの1年後だと!?」
手が掛かるほどかわいいのです。(2022/6/17)

「世界はなぜEV一択なのか」 トヨタ社長に“直球質問”してみた 【回答全文あり】
国内外でガソリン車から電気自動車(バッテリー式電気自動車、BEV)にシフトする動きが進む中、人々に「次世代自動車=EV」という認識が浸透しつつあるように感じる。豊田章男社長に「世界はなぜEV一択なのか」と直球質問した。(2022/6/11)

電気自動車:
ENEOSがNECから受け継いだEV充電事業をスタート、再エネ100%の急速充電も
ENEOSは2022年6月6日、NECから承継したEV(電気自動車)用充電器の運営事業を開始したと発表した。NECから事業譲渡を受けたのは充電器4600基で、主に普通充電器となる。充電器の運用管理システムはNECが引き続き提供することで合意している。ENEOSは充電器の運営と管理業務を担う。(2022/6/7)

DXによる製造業の進化(1):
DXとは何か? その本来の意味と4つの進化形態
国内企業に強く求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、製造業がどのような進化を遂げられるのかを解説する本連載。第1回は、そもそもDXとは何なのかを説明する。(2022/6/6)

データで導くプライシングの技術(4):
収益力を考えた価格管理は何を優先すべきか
今稼ぐ力を最大化するための価格管理において何を優先すべきだろうか。価格決定に影響する要素から何をどう優先するかその判断指針を整理する。(2022/5/31)

日産SAKURAは軽自動車のゲームチェンジャーになり得るか?
日産自動車が、以前から予告していた軽BEVの「SAKURA」を発表した。5月20日の会見で、日産の星野朝子副社長は「軽の常識を変えるゲームチェンジャー」とSAKURAを評した。(2022/5/20)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
いまだに新車でボディーコーティングしてるの!? 現場のプロに聞くペイントプロテクションフィルム最新動向
西川善司さんによる国産高級スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」連載、今回は前回に続き、車体の保護について。(2022/5/18)

EV化が生み出すモビリティの多様性
EV化によって、未来のモビリティの可能性が拡張され、これまでの自動車製造における制限が取り払われ、自動車の多様性が生み出されるだろう。(2022/5/16)

Yahoo! MAPに追加機能:
ヤフー、「EV充電スポットマップ」提供開始 全国2万カ所を網羅
ヤフーは自社の地図アプリ「Yahoo! MAP」で「EV充電スポットマップ」の提供を始めた。電気自動車(EV)用の充電スポットの場所や、充電料金などを確認できる。自社の地図アプリのユーザー増とともに、日本国内でのEVの利便性向上につなげる。(2022/4/27)

帝国データバンク調べ:
ロシアのウクライナ侵攻、日本企業にも直撃 幅広い業界でマイナス影響広がる
帝国データバンクの調査によると、ロシア・ウクライナ情勢が自社の業績へ「マイナスの影響がある」と見込む企業は50.3%だった。(2022/4/11)

海外コンビニエンスストア事業が好調:
セブン&アイHD、そごう・西武の売却意向を表明 イトーヨーカドーはどうする?
セブン&アイHDは2022年2月期通期の連結決算を発表した。海外コンビニエンスストア事業が好調で、前年比130.5%と大幅に成長した。そごう・西武などの国内事業の売却意向についても言及した。(2022/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。