• 関連の記事

「被災地」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「被災地」に関する情報が集まったページです。

泥かきのスコップにロープをつけると腰の負担を軽減できる 被災時に役立つライフハックに「広まりますように」「試してみよう」
立った状態で泥かきが可能に。(2022/8/10)

災害大国ニッポンを救う地盤調査技術:
【新連載】住宅建築時になぜ地盤調査が重要なのか?〜その目的と歴史〜
本連載では、だいち災害リスク研究所 所長の横山芳春氏が、地震や液状化などの予防策として注目されている地盤調査について解説します。第1回となる今回は、地盤調査の重要性を説きつつ、地盤調査の歴史を振り返りながら、現在主流となっている調査手法について取り上げます。(2022/8/1)

ZEB:
熊本県荒尾市の老人ホームの建て替えで「ZEB Ready」を実現、NECファシリティーズ
NECファシリティーズは、杏風会から、熊本県荒尾市にある老人ホーム「白寿園」の建て替え工事プロジェクトを受注し、建て替えを完了して、2022年4月末に引き渡しを完了した。建て替え後の白寿園は、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギー収支をゼロにすることを目指し、「ZEB(Net Zero Energy Building)」シリーズ4分類のうち「ZEB Ready」に該当する。(2022/7/5)

au通信障害、復旧を遅らせた「輻輳」って何? 過去にはドコモも
7月2日に発生し、現在も完全復旧には至っていないKDDIの大規模通信障害。原因は音声通話処理に関する部分で「輻輳」(ふくそう)が発生したためだというが、そもそも輻輳とはどのようなもので、なぜそれが通信障害を引き起こすのか。輻輳の原因と対策を解説する。(2022/7/4)

防災アイテムが月1回届く“備蓄定期便”、フェリシモから登場 「被災後3日間」に備えるセット
セットには水なしで栄養を取れるゼリーや、バッグに入れたままスマホ操作ができるサコッシュなどが含まれます。(2022/6/2)

体温と太陽光で発電 充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」登場
充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」が登場した。外気と体表面に1度でも温度差が生じれば発電できる。ストレッチやリラクセーションを通した健康管理支援サービスを「Re.Ra.Ku」を運営するメディロムが、米国シリコンバレーのスタートアップ企業MATRIX INDUSTRIESと共同開発した。(2022/5/9)

イーロン・マスク氏によるツイッター買収は終わりの始まりか、あるいは何かの始まりなのか
イーロン・マスク氏によるTwitter買収が世界中で波紋を起こしている。彼が目指す自由な発言の場とはどういうことか。TwitterというSNSの特性から読み解く。(2022/4/28)

エシカル・スピリッツ:
酒粕や廃棄ビールが“ジン”に! 担当者が「廃棄物の可能性は無限大」と語るワケ
酒類業界で再生型蒸留プラットフォームを目指すベンチャーがいる。それが「エシカル・スピリッツ」だ。廃棄素材の酒粕を使用したクラフトジンの生産など、酒類業界で長年廃棄処分されている原料に着目。それらを活用した酒造りを展開している。(2022/4/7)

トヨタコネクティッドとマイクロソフト、AIとコネクティッドカーを組み合わせたプロジェクト推進
トヨタコネクティッドと日本マイクロソフトはAIやIoT、コネクティッドカーを組み合わせたプロジェクトを進めている。社会課題を解決するプラットフォームの提供を目指す。(2022/4/5)

5G:
自動配送ロボやドローン、音楽を用いた4つの5G事業を採択、サムライインキュベート
東京都が推進する「5G技術活用型開発等促進事業」で、2021年8月からスタートアップを支援するプロモーターとして採択されたサムライインキュベートは、最長3カ年度の長期サポートで、5Gイノベーションの街中実装と事業化を推進するアクセラレータプログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」を主催し、今回のプログラムで採択された4社のスタートアップを発表した。(2022/4/1)

「食器などが割れた様です」 サンドウィッチマン伊達、福島県沖の地震で実家・仙台に被害 母も「久しぶりに怖かった」
被災地のファンからはブログの更新に感謝する声も。(2022/3/17)

「避難所に行った時に困っていたのはトイレ」 サンドウィッチマン、被災地へトイレトレーラー寄贈
東北魂義援金に集まった約2000万円を宮城県からの提案でトイレトレーラーとして寄贈。(2022/3/11)

三浦翔平&桐谷美玲、夫婦で「3.11検索」表明 佐々木希やみちょぱら多数芸能人がシェア
3月11日、絶対に忘れられない日。(2022/3/11)

笠井信輔、東日本大震災を振り返る「ぼう然と立ち尽くすしかない状況」 当時の被災地の写真を公開
東日本大震災から11年。(2022/3/11)

「3.11」検索で10円寄付 ヤフーとLINEが東北支援施策 東日本大震災から11年
ヤフーとLINEは3月11日、ユーザーが「Yahoo! 検索」と「LINE Search」それぞれで「3.11」と検索すると、両社が10円ずつ(計20円)寄付する東北支援施策を2022年も開始した。(2022/3/11)

東京海上日動 被災データで最適支援 ボランティア後押し 細かく需要把握
東日本大震災の発生から11日で11年を迎える。同大震災以降も大規模自然災害が相次ぎ被災者支援に向けた動きが活発化する中、東京海上日動火災保険は災害ボランティア支援団体との協業を始めた。(2022/3/11)

東京海上日動 データ活用で最適支援 ボランティア後押し 細かく需要把握
東日本大震災以降も大規模自然災害が相次ぎ被災者支援に向けた動きが活発化する中、東京海上日動火災保険は災害ボランティア支援団体との協業を始めた。2022年度からは契約者の被害状況に基づくデータの有効活用と、それによる被災地支援の最適化に乗り出す。(2022/3/11)

被災地と自分のために今できること、学べることは? 東日本大震災からまもなく11年
まだ被災地は復興途中。(2022/3/8)

ZOZO、ウクライナ支援のTシャツを製作 売り上げ全額を寄付へ
ZOZOはロシアによる軍事侵攻を受けたウクライナの人々を支援するためのチャリティーTシャツを製作。売り上げの全額を寄付する。(2022/3/2)

日本初のロボット遠隔オペレータースクール 無人宅配もお任せ
歩行速ロボットの運行管理者を育成する「ロボットオペレータースクール」が岡山県倉敷市に開校した。ロボの遠隔監視オペレーターを育成するスクールは日本初という。同社は「人とロボが共生する社会の発展に貢献したい」としている。(2022/2/22)

ドコモが“空飛ぶ電波中継局”の全国運用スタート 災害時でも即座にエリア復旧
NTTドコモが「ドローン中継局」の全国運用を始めた。災害時に被災地上空でドローンを飛ばせば、現場到着から約1時間で周囲を通信エリア化できる。(2022/2/9)

北京オリンピック開会式でサモア選手が上半身裸の民族衣装で入場 不参加のトンガ選手「砦を守ってくれた」
五輪開会式の風物詩になりつつあります。(2022/2/5)

「イル・ディーヴォ」カルロス・マリンが53歳で急逝 東日本大震災復興に尽力「いつも日本の人々のことを考えている」
世界中のファンから悲しみの声が寄せられています。(2021/12/20)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

モビリティ×デジタルは何を創造するか:
トヨタとNTTが「ウーブンシティ」で目指す未来
トヨタが建設中の「ウーブンシティ」はどのような街になるのか。トヨタとNTTが考えるスマートシティのあるべき姿とは。(2021/11/11)

WAONもApple Pay対応開始 ご当地WAONも発行可能に
イオンリテールは10月21日、電子マネーWAONがApple Payに対応したと発表した。専用のWAONアプリのほかApple Payのウォレットから、新規でWAONを発行したり、既存のWAONカードを取り込んだりできる。(2021/10/21)

電車が止まった日、混乱しつつも塾から帰宅した小学生のエピソードがためになる 母親に詳細を聞いた
非常時対応の参考に。(2021/10/15)

紗栄子、地震発生で“オリジナル防災セット”に注文殺到 「防災の点検や見直しを」と意識向上を訴える
備えは大事。(2021/10/8)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「スイートプリキュア♪」10周年 震災の年に描かれたシリーズ屈指の“優しいラスト”
「#キボウレインボウ#」は、プリキュアソング史に残る名曲なのですよ。(2021/9/23)

鉄道のJR東がバス自動運転に取り組むワケ
今後数年をめどに運転支援などへ導入するとして、バスの実証実験について実証実験を進めるJR東日本。傘下にバス会社も持つとはいえ、鉄道会社のJR東日本がなぜバスの自動運転に取り組むのか。実証実験の全体像を振り返りつつ、JR東日本の狙いを説明する。(2021/9/22)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
自然水害の最新動向や政府の防災対策と流域治水関連法の概要、国交省
国土交通省は、さまざまな自治体に都道府県や市町村などの関係者が一堂に会する「流域治水協議会」を設立し、流域治水協議会では、流域治水の情報を国民に発信する「流域治水プロジェクト」を2021年3月に策定した。また、政府では、流域治水の対策を円滑に行えるようにするため、「流域治水関連法」を2021年5月10日に公布し、一部を除き年内の施行を予定している。(2021/9/10)

組み込み採用事例:
無人通信施設の漏水監視に採用された、バッテリー不要の漏水センサー
エイブリックの「バッテリーレス漏水センサー」が、東日本電信電話の無人通信施設に採用された。漏水した設備や場所を遠隔地から監視、制御でき、敷設工事やメンテナンスが不要なため、保守作業員の負担低減に貢献する。(2021/9/6)

PR:災害に備えてAnkerのポータブル電源を 陸前高田市に聞く「被災時、電気がなくて困ったこと」
(2021/9/1)

ダンボール組立式のテント「DAN DAN DOME」一般発売へ 雨が降っても大丈夫な強靱さ
めっちゃ快適そう。(2021/8/19)

紗栄子、西日本の豪雨被害に支援表明 「避難所へのお弁当の差し入れから」と迅速に動き出す
本当に頭が下がる。(2021/8/18)

イノベーションのレシピ:
雨に耐えるダンボールテントは再組立も可能、東洋製罐が“捨てる”を意識し開発
東洋製罐グループが被災地から観光地までさまざまなシーンで活用できる組立式ダンボールテント「DAN DAN DOME」を開発。4畳半(江戸間)ほどの広さと大人が立っても頭がぶつからない十分な高さを持つドーム型テントで、東洋製罐グループの技術力を生かした直感的な組立作業や降雨に耐え得る耐水性などが特徴だ。(2021/8/17)

DAN DAN DOME:
東洋製罐、組み立て式のダンボールテント発売 独自技術で高い耐水性を実現
老舗総合容器メーカーの東洋製罐グループが、組み立て式のダンボールテント「DAN DAN DOME」を発表した。(2021/8/16)

メカ設計メルマガ 編集後記:
東京五輪開催中にもう一度振り返っておきたい「みんなの●●プロジェクト」
違う視点で表彰式をご覧いただきたく。(2021/8/3)

Japan Drone2021:
ドローンは災害対応にどう役立つか?台風19号と福島県沖地震で見えてきた課題と可能性
2019年の令和元年台風第19号と2021年2月の福島県沖地震時に、福島県南相馬市とテラ・ラボがどのように連携し、災害対応にあたったのかを、南相馬市 市長の門馬和夫氏と、中部大学発ドローンベンチャー企業テラ・ラボ 代表取締役の松浦孝英氏(テラ・ラボ代表取締役)が「Japan Drone2021」のシンポジウムで報告した。両者の説明では、ヘリコプターの弱点を補い、非常時にこそ活躍の場が広がるドローンの災害対応での有効性を提言した。(2021/7/14)

Japan Drone2021:
球体ドローン「ELIOS 2」のデモと、独自プラットフォームで運用する“送電線点検”など4用途のドローンシステムを訴求
「Japan Drone2021」でブルーイノベーションは、「ELIOS 2」の機体の展示と合わせて、プラントをイメージした模型内部でのデモ飛行を行った。他にも、独自開発したプラットフォームBEP(Blue Earth Platform)をベースに、「送電線点検」「工場内自動点検」「倉庫内在庫管理」「災害用物流」の4用途に応じるドローンサービスについて、パネル解説とそれぞれに使用する機体を紹介した。(2021/7/12)

Japan Drone2021:
20時間飛び続ける大型機で広域災害を支援、福島に未来と希望をもたらすテラ・ラボのドローン事業
福島県南相馬市を中心に、災害支援の研究開発を進めるテラ・ラボ。「Japan Drone2021」の出展ブースでは、災害時の情報収集用大型ドローン3機(うち2機はモックアップ)と、後方支援する移動管制システムなどを披露した。展示パネルでは、2021年秋に竣工予定の「TERRA LABO Fukushima」の基本仕様を公開。復興支援として地域企業とともに産業集積を目指し、住民が未来と希望を持てる社会とまちづくりを進めている。(2021/7/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「朧」
「NARUTO」だと男性、「バジリスク」だと女性。(2021/7/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「陽炎」
「シュリーレン現象」の一種らしい。(2021/6/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「紅蓮」
アニメ見てると、いつの間にか読めるようになってるやつ。(2021/6/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「土龍」
ヒント:〜の唄(2021/6/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「陸でなし」
「陸」なのかこれ。(2021/6/27)

【なんて読む?】今日の難読漢字「篝」
ヒント:〇〇り(2021/6/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「外郎」
「郎」だけど、こういう名字がある。(2021/6/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「豌豆豆」
豆宛豆豆(2021/6/24)

BCP:
地震発生後10分で“建物の被災可能性”をシミュレート、清水建設が開発した不動産クラウドの新オプション
清水建設とプロパティデータバンクは、地震が発生した直後に、気象庁が公表する各地の震度と、建物個別の構造や階数、設計年(新耐震基準適用の有無)を掛け合わせ、建築物の被災可能性をシミュレーションして評価するシステムを開発した。(2021/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。