• 関連の記事

「災害」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「災害」に関する情報が集まったページです。

国土強靭化:
国土強靭化新時代へ 災害時にリアルタイムで情報共有するブイキューブのコミュニケーション電子地図
災害発生などの緊急時での対応は、コミュニケーションの精度や効率性が問われる。ブイキューブでは、国土強靱化新時代に向け、リアルタイムな情報共有を支援する防災DXソリューション「V-CUBE コミュニケーションマップ」を自治体を中心に提供を開始した。(2022/7/1)

防災:
災害時要援護者の安否確認優先度を自動算出するシステムを開発、森ビル
森ビルは、内閣府の委託事業「スーパーシティー構想の実現に向けた先端的サービスの開発・構築などに関する実証調査業務」の一環として、3DマップとIoTデバイスのデータを用いた「災害時の状況可視化・情報連携システム」を独自開発した。今後は、「デジタル田園健康特区」に指定された長野県茅野市と連携し、システムの確立を目指した実証実験を行っていく。(2022/7/1)

山岳トンネル工事:
遠隔施工システムで山岳トンネル工事のロックボルト打設を完全機械化、清水建設
清水建設は、古河ロックドリルとともに、ロックボルトの遠隔打設装置(ボルティングユニット)を2基装備した「2ブームロックボルト打設専用機」による遠隔施工システムを構築し、富山県の「東海北陸自動車道真木トンネル工事」に実証導入した。今回の現場での実証施工では、穿孔やモルタル充填、ロックボルト挿入に至る一連の打設作業を完全機械化することに成功し、災害リスクの高い切羽直下での人力作業を不要にするとともに、サイクルタイムの短縮や施工の省人化にも効果があることを確かめた。(2022/6/30)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

火災保険データとSNSデータを活用:
Twitter投稿から「地域の自然災害リスク」を把握できるか あいおいニッセイ同和損保とJX通信社が実証実験
あいおいニッセイ同和損害保険とJX通信社は、火災保険の事故データとSNSデータを組み合わせて地域の自然災害リスクの実態を把握する実証実験を実施すると発表した。(2022/6/21)

受信方向を検出する機能を統合:
三菱電機、小型の宇宙光通信用光受信器を開発
三菱電機は、レーザー光線を利用した宇宙光通信の機能と受信方向を検出する機能を統合した「光受信器」を開発したと発表した。災害現場における状況把握などの用途で、大容量かつ高速、長距離の宇宙光通信ネットワークを構築することが容易になる。(2022/6/3)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「災害対策/BCP」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/5/30)

システム管理をスクリプトで自動化 京都大学がリアルタイム洪水予測にAzureを利用
京都大学防災研究所の防災技術政策研究分野は、台風による洪水などの災害解析に向けた降雨流出氾濫モデルの自動化を目的としてAzureを採用した。同研究所は、クラウドサービスを通じて研究結果を一般向けに提供することも検討している。(2022/5/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
いまさら聞けないRPOとRTO、コストバランスの良いDR計画策定の鍵は
サイバー攻撃の巧妙化や未曾有の災害などにより、BC/DR計画の重要性は年々高まっている。一方で必要以上の備えにより、不要なコストを負担することになるケースもある。最適な計画を立てるにはどうすればよいか。(2022/5/12)

エレコム、災害時やアウトドア利用にも便利なランタン機能付きポータブルバッテリー Makuakeで先行発売を開始
エレコムは、ランタン機能を搭載したポータブルバッテリーを発表、クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売を開始した。(2022/5/16)

NEWS
総菜大手がDRシステム刷新 ストレージの容量不足を解決した方法とは?
「RF1」「神戸コロッケ」などの総菜を手掛けるロック・フィールドは、災害復旧(DR)システムを刷新。ストレージの容量不足の問題を抱えていた同社が「Veeam Backup & Replication」で実現した手法と成果は。(2022/5/10)

防災・減災:
30社が参画する“デジタル技術×災害対策”のコンソーシアム「CORE」が5テーマで本格始動
2021年11月に14社が中心となって創設された防災コンソーシアム「CORE」が、デジタル技術を活用した防災・減災に関する5つのテーマを設けた分科会を発足し、新規サービスの創出と社会実装に向けた活動を開始した。(2022/5/9)

ドローン:
東京都江東区とドローンによる災害後の被災状況調査訓練を実施、ミラテクドローンら
ミライト・テクノロジーズとミラテクドローンは、東京都江東区と区内に災害が発生した場合を想定して、土木施設などの被災状況を、ドローンを活用して調査する訓練を行い、ドローンの有効性を確認した。(2022/5/6)

中小企業こそ備えておきたい
有識者に聞く、有事と平時の境界が曖昧になった今考えたいBCP
新型コロナウイルスの感染拡大以外にも、さまざまな災害による被害は企業規模の大小にかかわらず発生する。有事でも事業を継続するためには、どんな対策が必要なのだろうか。BCP(事業継続計画)の有識者に話を聞いた。(2022/5/9)

小寺信良のIT大作戦:
防災無線が地デジに 地域の災害情報が変わる
夕方になると流れてくる「夕焼け小焼け」などの放送。これは無線システムで構築されている。これが変わりつつあるという話。(2022/4/30)

NTTドコモモバイル社会研究所が分析:
災害が起きた時、家族との連絡方法「決めている」3人に1人
NTTドコモのモバイル社会研究所は防災に関する調査を実施し、「災害時における家族との連絡方法」についての分析結果を発表した。災害時に家族と連絡方法を決めている人は3人に1人で、10代と70代で高い傾向が見られた。(2022/4/28)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

1500人に聞いた:
災害に備えて準備している物 「懐中電灯」「飲料水」のほかにランクインしたのは?
近年、防災グッズに注目が集まっている。今回は災害時に備えて準備している物を聞いた。定番の「懐中電灯」「飲料水」のほかにランクインしたのは?(2022/4/20)

大阪市の地下街「ホワイティうめだ」に204面のデジタルサイネージ 災害時は防災情報を自動配信
デジタルプロデュース企業のクラウドポイント(東京都渋谷区)が、大阪市内の6地下街を管理・運営する大阪地下街の「ホワイティうめだ」全館に、204面のデジタルサイネージを設置した。(2022/4/19)

防災:
旭化成ホームズ、プッシュ型の災害時無人対応システムを運用開始
旭化成ホームズは、DX技術を用いたプッシュ型の災害時無人対応システム「災害BOT(仮称)」の運用を2022年2月から開始。風水や地震災害が生じた際に、同社のネットクラブ「HEBELIAN NET.」の会員向けにメールを送信する。(2022/4/18)

地政学リスクも顕在化:
人材不足よりサイバー攻撃より「自然」が怖い? デロイト トーマツが企業のリスク管理に関する調査結果を発表
デロイト トーマツは、2021年版の「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の結果を発表した。国内企業が優先的に対処すべきと考えているリスクの第1位は「異常気象、大規模な自然災害」だった。(2022/4/14)

ウクライナの地表変化を衛星データで検出 Edafosが解析画像を公開 キーウ、ブチャも
Edafosは9日、自然災害の発生時に被災した場所を特定する技術を用い、ロシアが侵攻したウクライナのキーウ近郊で地表が変化した箇所を抽出した結果を公開した。(2022/4/12)

プロジェクト:
復建調査設計とアジア航測、広島駅北側の3D都市プロジェクト開始
復建調査設計およびアジア航測は、「広島駅エリア デジタルツイン プロジェクト」を開始した。広島駅北側の「エキキタ」エリアをモデル地区とした3D都市モデルを作成し、災害リスクに関する情報や人流情報、地域の観光資源といった情報を重ね合わせる。(2022/4/7)

災害、テロ行為時の通信確立は万全か? CISAが2022年4月を「緊急通信月間」に指定
CISAは2022年4月を「緊急通信月間」に定めた。同組織が2007年から取り組む、「緊急通信ミッション」を強調し、米国における緊急通信能力の引き上げを目指す狙いがあると見られる。(2022/4/6)

持ち歩きできる外出用の防災セット 簡易トイレなどが入った「災害常備ポーチ」をキングジムが発売
外出時の被災に備えるポーチ。(2022/4/6)

知っておきたい「授乳中の災害対策」を医師が解説 母乳とミルク育児、それぞれの備え方が参考になる
小さな命を守るため、日頃からしっかり備えましょう。(2022/3/30)

特集:コロナ/大災害時代のデータ保護大全(2):
クラウドネイティブな環境の災害対策とは? みんなの銀行に聞く「運用コストゼロ、運用負荷ゼロの究極のシステム」
若い世代に向けて新しい形の銀行サービスを提供しているみんなの銀行。同行のサービスはクラウドネイティブなシステム構成を取っているのが大きな特徴だ。CIOの宮本昌明氏に、クラウドネイティブ時代の災害対策について聞いた。(2022/3/31)

BCP:
中央開発、「地盤情報ナビ」に自然災害リスク一括見える化機能
中央開発は、運営する地盤情報配信サービス「地盤情報ナビ」に、誰でも利用できる「地盤リスク情報機能」と行政や企業担当者向けの「ボーリング調査概算見積機能」を新たに追加した。(2022/3/25)

サプライチェーン×DX:
NTTデータが提言 サプライチェーン強靭化には「デジタルツイン」が重要
コロナ禍、甚大化する自然災害、米中貿易摩擦、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃――。これまでの環境に最適化されたシステムの見直しを余儀なくされるような変化が起こる中、サプライチェーン強靭化のために何が必要か。IT技術はそのためにどのような貢献ができるのか。(2022/3/25)

節電効果も シャープのIoT家電、国内売上の7割以上へ引き上げ
シャープが、IoT家電の売り上げを2024年度までに国内の白物家電全体の7割以上に引き上げることを目指すと発表した。ウクライナ情勢や災害によって電力供給の逼迫や電気代の高騰が懸念される中で、付加価値をアピールしてシェア拡大を狙う。(2022/3/24)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
深まる災害対策とITの関係 スマホとモビリティは強い味方 いざという時のためのデータ保管術
3月16日に発生した宮城県で震度6強の地震。関東でも大きな揺れが伝わり、改めて防災意識が高まるきっかけとなった。2人の編集者が切っても来れない縁になった防災とITを振り返る。(2022/3/18)

OKIが防災DXで災害現場の状況確認を支援 インフラ構造物の劣化を予測するモニタリングサービス
OKIは、インフラモニタリングサービス「monifi」の販売を2022年4月に開始する。センサーで橋りょうなどインフラ構造物の振動や河川の水位など現場の情報を収集し、分析することで、インフラの劣化進行や災害状況を予測し、予防保全を最適化する。(2022/3/18)

携帯4社が災害支援措置を発表 福島・宮城県で料金減免、機器貸与など
NTTドコモとKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの携帯キャリア4社が、福島県沖で16日夜に発生した地震の影響を鑑み、料金支払期限の延長などの災害支援措置をとると発表した。対象地域は福島県と宮城県。(2022/3/17)

携帯各社で通信障害が発生 宮城県と福島県での地震の影響で
2022年3月16日、福島県沖で最大震度6強の地震が発生。通信各社は、一部の地域で携帯電話サービスが利用できない、または利用しづらい状況が発生していると案内している。楽天モバイルを除く3キャリアは災害用伝言板などのサービスを提供している。(2022/3/17)

通信各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供中 宮城県と福島県での地震で
東北沖で発生した地震の影響で、携帯キャリア各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供している。NTT東日本・NTT西日本は「災害用伝言ダイヤル」を提供中。手持ちの携帯電話やPCなどで安否情報の登録や確認が行える。(2022/3/17)

「食器などが割れた様です」 サンドウィッチマン伊達、福島県沖の地震で実家・仙台に被害 母も「久しぶりに怖かった」
被災地のファンからはブログの更新に感謝する声も。(2022/3/17)

携帯各社で「災害伝言板」始まる
自身の安否情報を登録したりできます。(2022/3/17)

福島県沖地震により広範囲で停電発生 携帯3社は災害用伝言板設置
3月16日午後11時36分ごろ、福島県沖で最大震度6強の地震が発生。東京電力ホールディングスによると、地震の影響により関東の広い範囲で停電が発生している。同社は現在設備への影響を確認中。(2022/3/17)

中国のAI/GPU競合の利益となる可能性:
NVIDIAのハッキング被害は、「国家規模の災害」
NVIDIAは、ハッカー集団にデータを盗まれ、データ身代金を要求される被害にあったことを明らかにした。米国ワシントンD.C.の研究グループによると、その脅威アクターはまだ特定されていないが、中国国内のNVIDIAの競合メーカーを支援している可能性があるという。(2022/3/15)

「避難所に行った時に困っていたのはトイレ」 サンドウィッチマン、被災地へトイレトレーラー寄贈
東北魂義援金に集まった約2000万円を宮城県からの提案でトイレトレーラーとして寄贈。(2022/3/11)

笠井信輔、東日本大震災を振り返る「ぼう然と立ち尽くすしかない状況」 当時の被災地の写真を公開
東日本大震災から11年。(2022/3/11)

東京海上日動 被災データで最適支援 ボランティア後押し 細かく需要把握
東日本大震災の発生から11日で11年を迎える。同大震災以降も大規模自然災害が相次ぎ被災者支援に向けた動きが活発化する中、東京海上日動火災保険は災害ボランティア支援団体との協業を始めた。(2022/3/11)

東京海上日動 データ活用で最適支援 ボランティア後押し 細かく需要把握
東日本大震災以降も大規模自然災害が相次ぎ被災者支援に向けた動きが活発化する中、東京海上日動火災保険は災害ボランティア支援団体との協業を始めた。2022年度からは契約者の被害状況に基づくデータの有効活用と、それによる被災地支援の最適化に乗り出す。(2022/3/11)

蓄電・発電機器:
家庭の防災対策、8割が「長期・大規模停電」を想定せず 「電力依存度」は4割が自覚
伊藤忠商事は2022年3月7日、「在宅避難と停電」をテーマとした防災対策に関する実態調査の結果を発表した。約8割の回答者が何かしらの防災対策をしているものの、自然災害時および長期・大規模停電時の行動シミュレーションについては、「今までしたことがない」が全体の約65%を占めたという。(2022/3/10)

被災地と自分のために今できること、学べることは? 東日本大震災からまもなく11年
まだ被災地は復興途中。(2022/3/8)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第3回】
リスクが測れない事業継続管理者はいらない スキルをどのように生かすか
リスクを測るスキルや危機管理スキルは、事業継続管理者に必要不可欠だ。これらの能力を生かすと、災害が起こる前にどのような準備ができるのか。準備の際にどのような要素を重視するといいのか。(2022/3/3)

防災:
丸の内エリアを対象とした災害時の情報連携プラットフォームの機能を拡張、三菱地所
三菱地所は、公共交通機関のTwitter情報と自動連携し、災害対策機関での情報共有と帰宅困難者向けの情報発信を行うプラットフォーム「災害ダッシュボードBeta」を開発した。今後は、千代田区とともに、防災対策や首都直下地震に対するスマートシティーの機能として、2022年度中に災害ダッシュボードBetaを丸の内エリアに実装していく見込みだ。(2022/2/25)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(10):
【第10回】自然災害を未然に防ぐAI最新研究、降雨量や斜面崩壊を“LSTM”で予測
連載第10回は、自然災害の被害を未然に防ぐためのAI活用例として、水位や降雨量の予測などの最新研究を紹介します。(2022/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(前):
オーディションに落ちたあの日、僕は夢を失った
アニメの声優に憧れて来日した韓国の青年。だが夢は破れ、天災で就職もままならず、コンビニやネットカフェでアルバイトをする日々が続く――。(2022/2/22)

初代『ゴジラ』のボードゲームが上陸! 怪獣として東京をぶっ壊すか知事として人々を避難させるか
「ワードウルフ」などを手掛けたボードゲームデザイナーの川崎晋さんと怪獣災害戦略ボードゲームシリーズ「Kaiju on the Earth」のスタッフによって制作。(2022/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。