• 関連の記事

「エコロジー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:ECO誠チャンネル
質問!エコロジー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でエコロジー関連の質問をチェック

2022年に子供と一緒にやりたい「アウトドア体験」 2位は「空中アスレチック」、1位は?
アソビューは、2022年に子供と一緒にやりたい「アウトドア体験」「ものづくり体験」に関する調査を実施した。子供とやりたい「アウトドア体験」3位は「登山、エコツアー」、2位は「空中アスレチック」だった。1位は?(2022/1/22)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
M&A順調も炎上も/RISC-Vエコシステムの急速な興隆
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2021年12月の動向を拾いつつ、2021年全体を振り返ってみたい。(2022/1/14)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラの基盤となるKubernetes、基礎から“エコシステムの世界”まで解説
コンテナ管理プラットフォームの「Kubernetes」の採用が進んでいる。調査によると、企業規模が大きければ大きいほどKubernetesを大規模で導入しているという。既に出来上がりつつある、Kubernetesのエコシステムの世界を概観してみよう。(2022/1/7)

紀ノ国屋の「ニューイヤーハッピーバッグ」は限定カラーのエコバッグ付き 年末限定のドンペリ入り「お年玉袋」も
年末年始はちょっといいもの食べたい!(2021/12/28)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【前編】
Siemens Energyが「SAP ERP」をGCPに移行 その“エコ”な狙いとは
Siemens Energyはデータセンターの規模縮小を進めている。「SAP ERP」に加えて、製造部門やサプライチェーン部門に関連するデータを全て「Google Cloud Platform」に移行させる計画だ。その狙いは。(2021/12/27)

省エネ機器:
年間消費量を50%削減可能に、新たな地中熱冷暖房システムの開発に成功
ベルテクス(千代田区)とエコ・プランナー(福井市)はNEDO事業の成果を活用し、あらたな地中熱冷暖房システムの開発に成功。外気熱を使う従来の空冷式エアコンに比べ、施設などの年間の消費電力量を約50%削減できるという。(2021/12/21)

メモリ容量を最大2Tバイト増加:
「CXL」ベースのアクセラレータープラットフォーム
オープンな業界標準インターコネクト規格「Compute Express Link(CXL)」のエコシステムには、多くのベンダーが参加している。アクセラレーターも同エコシステムの一部で、米国のファブレス半導体メーカーであるAstera Labs(以下、Astera)が最近発表したCXL 1.1/2.0向けメモリアクセラレータープラットフォーム「Leo」も含まれる。(2021/12/21)

イーデザイン損保、マイレージアプリ「ノルク」リリース 健康でエコな移動を促進
 イーデザイン損害保険は12月9日、米コネクトIQラボが開発した「Miles」の技術とノウハウをもとにした「ノルク」の提供を開始すると発表した。「ノルク」は、ユーザーが移動した距離と手段に応じ「マイル」を付与し、貯まったマイルに応じて特典を提供するスマートフォン向けのアプリとなる。(2021/12/13)

4種類を用意:
ミスド、ポケモンとコラボの福袋 数量限定、26日から全国販売
ミスタードーナツはポケモンとコラボした「ミスド福袋 2022」を12月26日から数量限定で全国販売する。福袋にはドーナツの引換券とともに、エコバッグなどポケモンとコラボしたオリジナルグッズを同封。価格は1100円から5500円で、計4種類。(2021/12/2)

家電の緩衝材をひっくり返して「無敵要塞」のジオラマに エコでかっこいい再利用アイデア
ひっくり返して少し加工すると……。(2021/12/2)

12月1日から:
スターバックス、皇居外苑にエコ店舗 廃棄物量を40%減らす
スターバックス コーヒー ジャパンは、「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」をグランドオープンすると発表した。環境負荷の低減を目的とした店舗運営や実証実験を行っていく。店内にはどんな工夫が施されているのだろうか。(2021/11/30)

NTTドコモに聞く「エコノミーMVNO」の勝算 収益性や参画のハードルはどう見る?
NTTドコモの「エコノミーMVNO」が始動し、10月からはNTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEが、ドコモショップでの契約に対応。12月にはフリービットグループのトーンモバイルも、「トーンモバイル for docomo」の提供を開始する。そんなエコノミーMVNOの狙いをドコモに聞いた。(2021/11/30)

クリスピー・クリーム・ドーナツの福袋はかわいい「トラ」型ドーナツ入り ロゴ入り限定エコバッグもセットに
みんなでわいわい食べたいセット。(2021/11/21)

“セブン-イレブンのレジ袋”風エコバッグ発売 白いほうと茶色い“お弁当用”をセットで
セブンマイルプログラムの特典アイテムが、好評につき一般販売へ。(2021/11/19)

Sweet12月号のふろくは「でかっ」と驚くミッフィーのエコバッグ 超大容量で買い出しのお供に最適です
大きくても軽いのがうれしい。(2021/11/16)

エプソン、スマホ印刷の利便性を高めたエコタンク採用A4インクジェット複合機3モデル
エプソンは、エコタンクを採用したA4出力対応インクジェット複合機の新モデル計3機種を発表した。(2021/10/28)

製造マネジメント インタビュー:
サプライチェーンから外されないためのサイバーセキュリティ対策
サプライチェーンの安全性確保を目的としたサイバーセキュリティ対策は「プロセス」と「エコシステム」の2つの観点から取り組む必要がある。特に最近では、大企業の要請で対策に取り組む中小企業も少なくない。対策を怠りチェーンから外されることは大きな経営リスクだ。(2021/10/27)

ソフトウェア定義されたメモリ管理を実現:
Samsung、CXL関連ポートフォリオにソフトウェアを追加
Samsung Electronics(以下、Samsung)は、同社初のCXL(Compute Express Link)製品を強化するため、同プロトコルの採用促進やエコシステムの拡張を促すよう開発されたソフトウェアツールを、CXL製品ポートフォリオに追加した。(2021/10/26)

Microsoft、オープンソースプロジェクトに1年分のAzureクレジットを提供
米Microsoftが、オープンソースのプロジェクトにMicrosoft Azureの無償クレジットを提供する「Azure credits for open source projects」の開始を発表した。提供理由は「私たちが参加し、依存しているオープンソースのエコシステムへの還元」としている。(2021/10/6)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
2020年度に“グローバルシェアトップ”パナソニックの次なる換気事業戦略、中国とベトナムに製販一体の新工場稼働
パナソニック エコシステムズは、1928年に換気扇の生産を開始して以降、国内外で換気事業を展開し、2020年度には換気扇の台数ベースでグローバルシェアNo.1に至った。現在はコロナ禍での換気ニーズも後押しし、中国や東南アジアの旺盛な需要に応じるべく、生産拠点を強化するなど、次の100年を見据えた事業戦略を展開している。(2021/10/5)

工場ニュース:
パナソニックがベトナムに換気扇新工場を稼働、2025年度に約300万台の生産目指す
パナソニック エコシステムズとパナソニック ライフソリューションズベトナムは2021年9月27日、ベトナムのビンズオン省に新工場を建設し、同年10月13日から天井扇と換気扇の生産および出荷を開始する。(2021/9/28)

ワークマン、空気で保温するエコ防寒着「ポンプウェア」に新製品投入 2900円から
同社は地球温暖化対策のため、地球環境への負荷が少ない事業モデルと製品開発を強化する。(2021/9/22)

産業動向:
パナソニック エコシステムズ、中国・順徳でIAQ機器新工場
パナソニック エコシステムズが、中国の広東省佛山市順徳区に熱交換気システム、空気清浄機などIAQ機器の新工場「順徳第一分工場」を建設。グローバル生産拠点として、熱交換気システムを2021年度12万台、2023年度には20万台の生産を目指す。(2021/9/22)

“中に餡を詰め込める”と話題のギョーザエコバッグ 開発者を取材したら商品への愛情がすごかった
開発者「中身の柄は実は最初のアイデアでは“餃子のレシピ”だった」(2021/9/5)

「ほしい」「宇都宮市民としては見逃せない」 中に“餡”を詰め込めるギョーザのエコバッグが話題に
このデザインは天才的……!(2021/8/28)

エコロジーとくまだよ:暑すぎる夏、おいしく「エコ」に取り組める冷たいものといえば?
毎日食べたい。(2021/8/22)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(2):
コンテナ実行基盤「Kubernetes」の構成要素とエコシステムを解説――ネットワーク、シークレット管理の仕組み
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第2回はKubernetesを用いたクラスタ構築の手順やKubernetesの構成要素についてネットワーク、シークレット管理を中心に解説します。(2021/8/20)

海外医療技術トレンド(74):
EUのワクチンパスポートを支える分散型連携基盤と「トラスト」
本連載第61回で、欧州連合(EU)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けデジタル接触追跡アプリケーションの越境連携エコシステムを紹介したが、今回は、ワクチン接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)を取り上げる。(2021/8/16)

AI規制の「方向性は同じ」としつつ懸念:
議論呼ぶ欧州AI規制法案「健全なエコシステム形成を阻害する恐れ」経団連が意見発表
経団連らは、欧州AI規制法案に対する意見を発表した。経団連が目指す「信頼できる高品質AIエコシステム」の構築と方向性は同じだとしつつ、一部に懸念を呈した。(2021/8/11)

製造マネジメントニュース:
世界の製造業に影響を与えるビジネストレンドのトップ5を発表
Gartnerは、2021年の世界の製造業に影響を与えるビジネストレンドのトップ5を発表した。「デジタル+プロダクト・エクスペリエンス」「トータル・エクスペリエンス」「データ・マネタイゼーション」「エコシステム・パートナーシップ」が上がっている。(2021/8/11)

新製品も続々登場:
堅調に成長するCXLエコシステム
Micron Technologyが3D XPointの開発から撤退したことが話題となった。急速に台頭するインターコネクト規格「Compute Express Link(CXL)」に注力することを選んだためだという。だがもちろん、CXL関連製品を発表したのは、同社が初めてではない。(2021/8/10)

おいしいeco麺プロジェクト:
日清食品チルド、「ラ王」チルド麺の賞味期限延長 常温で50日間保存可能に
日清食品チルド(東京都新宿区)は、地球環境に配慮した商品を積極的に提案する「おいしいeco麺プロジェクト」について、「賞味期限延長」「エコ包装」の対象商品を2021年9月より拡大する。対象商品は「鍋焼 日清ラ王」の2商品と「日清のラーメン屋さん」ブランド全5商品。(2021/8/5)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HarmonyOSで独自エコシステム構築を図るHuawei 協業が大きなカギに
Huaweiが発表した「HarmonyOS 2」は、スマートフォンを中心にタブレットやスマートウォッチ、家電やIoT機器に搭載することで、エコシステムの強化を目指す。HarmonyOS 2は発表直後の1週間で1000万ダウンロードを記録したという。一方、スマートフォンの展開には他社に後れを取っており、「P50」シリーズだけで関心を集めるのは厳しそうだ。(2021/7/14)

材料技術:
LIXILが欧州メーカーと樹脂窓を共同開発、リサイクルのエコシステム構築も本腰
LIXILは、ドイツの樹脂押出材メーカーであるプロファイン(Profine)と共同開発した樹脂窓の新製品「EW」を発表。世界トップクラスの断熱性能を達成するとともに、端材の使用率を従来比で3倍に高めるなどリサイクル性を高めたことを特徴とする。(2021/7/6)

おばあちゃんちで見た柄だ! 昭和のグラス「アデリアレトロ」のパッケージがエコバッグに
このグラスおばあちゃんちで見た!(2021/7/12)

Intelのみが残った3D XPoint:
「Optane」導入加速を支えるエコシステム
現在、「3D XPoint」メモリの分野では、Intelの「Optane」だけが唯一の選択肢であるため、3D XPointの導入を加速し、エコシステムを構築していくには、プレイヤーたちにサポートを提供する必要がある。(2021/7/2)

コインチェック国内初のIEOを7月1日実施 Hashpaletteがトークン売出で9億円超調達
コインチェックは7月1日に、国内初となるIEOを実施し、Hashpaletteが発行するトークン9億3150万円分を一般に売り出す。資金調達だけでなく、トークンエコノミーの構築を支援することをうたっており、仮想通貨関連事業者にとって新たな機会がもたらされるかもしれない。(2021/7/1)

「シュパット」1000万個突破 “シュパッと”たためるエコバッグ
引っ張るだけで“シュパッと”一気にたためるバッグ「Shupatto」(シュパット)の累計出荷数が1000万を突破した。(2021/6/30)

EE Exclusive:
スマホ搭載デバイス分析 〜完全分離されたAppleとHuaweiのエコシステム
米中間の貿易戦争が悪化の一途をたどる中、この2大経済大国の関係が破綻する可能性を示す、「デカップリング(Decoupling、分断)」というバズワードが登場している。しかし目の前の問題として、「本当に分断は進んでいるのだろうか」「マクロ経済レベルではなく、世界エレクトロニクス市場のサプライチェーンレベルの方が深刻な状況なのではないだろうか」という疑問が湧く。(2021/6/30)

ヒロシの「バイク買いました」写真に大喜利コメント殺到 「これが最新のエコバイク」「毎月パーツが届くのかな?」
真相やいかに。(2021/6/28)

視点:
モビリティを構成する5つのエコシステム
モビリティが提供する機能の幅が広がっている。“移動”という従来よりの機能に加え、コネクテッドサービスで多様なサービスを提供し、リラックスできる空間を作り上げ、災害時には電力の供給源になったりしている。そして、新たなプレイヤーが進出を始めている。(2021/6/28)

「めっちゃかわいい」「発想が天才」 無印良品のエコバッグを「無印良品の紙袋」風に刺しゅうする人現る
クロスステッチによるロゴがすてき。(2021/6/27)

Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期
Googleが、ChromeブラウザでのサードパーティーCookie完全廃止の目標日程を延期した。2023年後半を目標とする。「正しく行うにはエコシステム全体でより多くの時間が必要であることが明らかになった」としている。(2021/6/25)

コンビニ各社が「食品ロス」削減を目指す:
ローソン、AI活用した「値引き」実証実験 ファミマ、セブンの動向は?
ローソンが6月22日にAIを活用した値引き実験を、東北地区の一部店舗で実施すると発表した。ファミマも「エコ割」を発表。セブンの値引き導入も効果を出している。各社の動向を比較してみよう。(2021/6/22)

再エネ比率40%超でコロナ禍からの復興目指せ――道府県の協議会が提言
「2050年カーボンニュートラル」を、コロナ禍からの復興と地域社会の活性化につなげていくために。創立10周年を迎えた自然エネルギー協議会が、政策提言書を取りまとめた。(2021/6/18)

加盟店1万6000店が対象:
ファミマ、7月から「エコ割」推奨 食品ロス3割減を狙う
ファミマが7月から値引き販売を促進する「エコ割」を始める。全国の1万6000店のフランチャイズチェーン加盟店が対象。食品ロス3割減を目指す。恵方巻問題などコンビニと食品ロスの関係は根深い。セブンとローソンでも食品ロス問題に取り組んでいる。各社の動きを見てみよう。(2021/6/16)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
スマホ搭載デバイス分析 〜完全分離されたAppleとHuaweiのエコシステムーー 電子版2021年6月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2021年6月号を発行しました。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)は、『スマホ搭載デバイス分析 〜完全分離されたAppleとHuaweiのエコシステム』です。ダウンロードは無料です。ぜひ、お読みください。(2021/6/15)

スカーフのようにバッグの持ち手に巻ける「結んでお出かけスカーフエコバッグ」 エコバッグの持ち忘れをおしゃれに防げます
テキスタイルデザインもかわいい。(2021/6/14)

Microsoft Officeに数年にわたって存在した4つの脆弱性が発見される
Microsoft Officeに4つの脆弱性が見つかった。Microsoft Officeエコシステムのほぼ全てに影響するという。しかも、この脆弱性は数年にわたって存在していたと考えられている。(2021/6/10)

「HEIKO」のファンシーな包装紙がエコバッグやマスクに ノスタルジックな動物や汽車のデザインに癒やされる
どこかで見たことがあるかわいい柄たち。(2021/6/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。