• 関連の記事

「電動自転車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電動自転車」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自転車専門店「サイクルベースあさひ」が好調 “斜陽産業”のイメージ覆して急成長した理由
自転車専門店「サイクルベースあさひ」運営会社の業績が好調だ。斜陽産業と見られた自転車専門店で、異例の急成長を遂げているのはなぜか? 独自のビジネスモデルに迫る。(2022/1/19)

子どもが服を袖から脱ぐのはなぜ? その理由が分かった漫画に「あるある!」の声
なるほど、かわいい。(2022/1/7)

製品動向:
電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発、大林組と古河電工
大林組と古河電気工業は電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発した。今回の開発は電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを提供するLuupの協力を得て進めている。(2021/12/28)

これかっけぇ! バイクっぽい見た目の電アシ自転車「Oahus(オーハス)」登場
ヘッドライト、でけぇ〜!(2021/12/27)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

ヤマハ発動機の展望【後編】:
ヤマハ発動機・日高祥博社長に聞く「EVの先行き」 エンジンはなくならない
コロナ禍を追い風にして好業績を上げているヤマハ発動機。「電動アシスト自転車は欧州などからの注文が急増して生産が追い付かない状態」という日高祥博社長に、同社が得意とするパーソナルモビリティの展望やEV(電気自動車)の先行きなどを聞いた。(2021/12/16)

ヤマハ発動機の展望【前編】:
海外売上比率9割の衝撃 ヤマハ発動機・日高祥博社長が2年連続「DX銘柄」に押し上げた軌跡を追う
2輪、電動アシスト自転車、マリンといった事業まで幅広い分野を手掛けるヤマハ発動機。海外売上比率は約9割(89.6%)に上っており、まさに日本を代表するグローバルカンパニーだ。社内改革を進める日高祥博社長に今後の展望を聞いた。(2021/12/15)

MOSFETやIGBTを直接駆動:
新電元工業、ハイサイド/ローサイドドライバーIC
新電元工業は、耐圧622Vの素子を内蔵した2入力/2出力のハイサイドおよびローサイドドライバーIC「MCZ5606SC/MCZ5607SC」を発売した。(2021/12/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
全固体電池は、なにが次世代なのか? トヨタ、日産が賭ける巻き返し策
全固体電池とは、電解質を固形の物質とすることで、熱に強い特性を得ることができる電池のことだ。以前は理論上では考えられていただけであったが、固体電解質でリチウムが素早く移動できる物質が見つかったことで、開発は加速している。(2021/12/6)

急速に進むEV化:
ボッシュのクラウス・メーダー社長を直撃 ソフトウェアエンジニアを増やし「AIoT先進プロバイダー」へ
ドイツに本社のある世界的なテクノロジー企業であり、自動車部品サプライヤー大手のロバート・ボッシュの日本法人ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー社長にインタビューした。(2021/11/30)

産業動向:
Wi-Fi・机・ハンモックを設けた空間で渋谷を活性化、来街者の回遊性を高める実験
渋谷未来デザインは、日建設計と協業し、東京都渋谷区の地域活性化と混雑緩和を目的とした実証実験を2021年11月10〜13日に行った。(2021/11/29)

週末に「へえ」な話:
マンションに自転車店が駆けつけて、1日26万円も売れている理由
都市部のオフィスにキッチンカーが戻ってきた。カレーやハンバーなどを購入するためにビジネスパーソンが並んでいるわけだが、気になる店を見つけた。自転車の修理・点検である。移動営業をしてもうかっているのかどうか、気になったので担当者に話を聞いたところ……。(2021/11/27)

産業用ロボット:
ロボットの“腕”と“足”を強化、ASPINAがロボット向け薄型モーターを発売
ASPINA(シナノケンシ)は2021年11月9日、ロボティクス領域での製品展開拡充に向け、ロボット向けの薄型モーター2種類を開発し、同年11月中旬から販売受付を開始すると発表した。(2021/11/10)

工場ニュース:
電動アシスト自転車の生産能力を3割増強、パナソニック サイクルテックが柏原で
パナソニック サイクルテックは、大阪府柏原市にある柏原工場の生産体制強化に伴う設備投資を実施し、併せて環境負荷低減型設備の稼働を開始した。国内市場での電動アシスト自転車の需要増に対応する。(2021/11/2)

指紋認証ロック+“バッテリー目立たない”+20万円切り スマートなスポーツ電アシ自転車「WELB WL01」登場
「指紋認証」は便利そう〜!(2021/10/26)

コロナ禍で自転車が人気:
クラファン開始1時間で400万円獲得した「電動アシスト自転車」は何がすごいのか?
電動アシスト自転車がクラウドファンディング上にて開始1時間で400万円の資金を獲得した。コロナ禍で三密回避の乗り物として人気を集めているものの、なぜこんなに売れているのだろうか?(2021/10/25)

自動車業界の1週間を振り返る:
EVプラットフォームをホンハイから買うか、VWから買うか
1週間おつかれさまでした。寒くなってきましたね。これを書いている10月22日は、関東で12月並みの気温となりました。ついこの間まで、ちょっと汗ばむような気温だったはずなのに、一気に冬になったような気がします。暖かくしてお過ごしくださいね。(2021/10/23)

ヤマハ、電動アシスト自転車「PASシリーズ」2022年モデルを発表 安心子乗せ対応モデル、日常使い/通勤通学モデルを一新
安心チャイルドシート搭載仕様から通学仕様まで、ラインアップめっちゃ豊富です。(2021/10/22)

電動自転車をモバイルバッテリーで充電、ホンダが開発 シェアサイクルの充電不足解消に
ホンダは、シェアサイクル用電動アシスト自転車の充電に、モバイルバッテリーを使えるシステムを開発したと発表。車両本体の電源に加え、モバイルバッテリーを2つ目の電源として利用できる。(2021/10/22)

電動システム:
電動自転車の電池切れをモバイルバッテリーが助ける、ホンダが2電源システム
ホンダは2021年10月21日、シェアサイクルで使用する電動アシスト自転車向けに「2電源システム」を開発したと発表した。ユーザーが持ち歩いているモバイルバッテリーを自転車につなげることでバッテリー残量の減少を補う。2022年中にシェアサイクル事業者と共同で実証実験を行い、将来の事業化に向けて検討を進める。(2021/10/22)

CloseBox:
Apple Watch Series 7は自転車「サイコン」の代わりになる? 買って走って分かったこと
買って試さなければ分からないことはある。そのために60km走ってきた。(2021/10/16)

ママチャリ並みの軽さと装備の電動アシスト自転車、パナソニックが発売
パナソニック サイクルテックは、バスケットや荷台、両立スタンドを標準装備して重量19.9kgの電動アシスト自転車「ビビ・SL」を12月に発売する。12万5000円(税込)。(2021/10/5)

業界最軽量の電動ママチャリ パナが12月発売
パナソニックは4日、一般的な「ママチャリ」タイプとしては業界最軽量の電動アシスト自転車「ビビ・SL」を12月3日に発売すると発表した。総重量は19.9キロで、同タイプの標準的な製品と比べて3キロほど軽く、駐輪や押し歩き時の負担を軽減。買い物や子供の送迎のほか、運転免許を自主返納した高齢者の利用を想定している。(2021/10/5)

組み込み開発ニュース:
2031年のワイヤレス給電市場は1兆5496億円と予測、小型電子機器が中心
矢野経済研究所は、世界のワイヤレス給電市場に関する分野別動向と将来展望を発表した。世界市場は、事業者売上高ベースで、2021年は前年比111.5%の4301億円、2031年は1兆5496億円に達すると予測している。(2021/10/4)

STORYCA(ストリカ):
アルパイン アウトドア用品をセットにしたカーシェアサービス開始
アルパインマーケティングは、車両と道具・装備をパッケージにした新しいカーシェアリング事業「STORYCA(ストリカ)」を9月15日に開始した。(2021/9/29)

石野純也のMobile Eye:
大幅リニューアルした「povo2.0」のインパクト 楽天モバイルにも影響あり?
auのオンライン専用ブランド「povo」が、その内容を大幅に変え、「povo2.0」に生まれ変わる。使いたいときだけ必要なデータ容量をトッピングする仕組みは定着するのか。povo2.0の料金の仕組みを解説しながら、KDDIの狙いや業界に与えたインパクトを読み解いていきたい。(2021/9/25)

9月23日から:
ドンキ、折りたためる電動自転車を発売 コロナ禍の移動手段として注目
ドンキは、折りたためる伝統自転車を9月23日に発売する。同社のオリジナルブランド「情熱価格」の新商品で、同社から折りたためる自転車の発売は初めてだという。コロナ禍の移動手段として自転車人気が高まっていることが理由。(2021/9/24)

Apple Watchが自転車ワークアウトの自動検出、電動アシスト対応 Apple、「watchOS 8」を配布開始
Appleは、新しいアクセス、つながり、マインドフルネスのための新機能を追加した「watchOS 8」を配布開始した。(2021/9/21)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
ワイヤレス給電、2031年に約1兆5500億円市場へ
矢野経済研究所は、ワイヤレス給電の世界市場(事業者売上高ベース)を調査、2031年までの用途別市場規模を予測した。市場規模は2021年の4301億円に対し、2031年は1兆5496億円に拡大する見通しである。(2021/9/21)

CloseBox:
Apple Watch Series 7があれば自転車の“サイコン”は不要? 速度・距離を読み上げ、電動アシストにも対応
Apple Watch Series 7は自転車対応が進んだ。その詳細を今ある情報から推測する。(2021/9/16)

歩くように乗る(!?)新感覚の自転車「ウォーキングバイシクル」のレンタルサービス登場 千葉公園の散策に
何これかわいいな、もちろん電動アシスト付きです。(2021/9/15)

使う目的は?:
普段使う自転車、1位は「ママチャリ」、2位は? 「乗れるけど日常的に使用しない」が半数
流通業向けシステム開発のプラネット(東京都港区)は、自転車に関する意識調査を実施した。(2021/9/13)

わぁぁ現代のローラースルーGOGOだ! かわいすぎる3輪電動バイク「GOGO!R」爆誕
スイスイ〜っと走れそうです。(2021/8/30)

2100億円超:
コロナ禍のブームが追い風 20年度の自転車販売市場は過去最高を更新
帝国データバンクの調査によると、自転車販売市場が20年度に売上過去最高を更新した。コロナ禍による感染リスクの低い移動手段としての人気の高まりや、ウーバーイーツなどの配達員の自転車需要が増えたことが要因のようだ。(2021/8/30)

電動アシスト自転車で汗だくに 「しょせんは自転車か」と思った初体験漫画のオチに「笑った」「同じ体験した」
この脚力ならどこまでも漕いでいける……!(2021/8/22)

おぉぉ〜「ケイリン先導車」の技術を市販車に 東京五輪公式電動アシスト自転車「XU1」登場、パナソニックから
「ケイリン」競技にも注目〜!(2021/8/3)

自転車のシェアリングサービスによって変わる不動産の条件
(2021/7/31)

東京五輪ケイリン先導車の技術を用いた電動アシスト自転車、パナソニックが発売
パナソニック サイクルテックは30日、「東京2020オリンピック」のケイリン競技に提供した先導車の技術を取り入れた電動アシスト自転車「UX1」を発表した。価格は25万1000円(税込)。(2021/7/30)

注目の自転車シェアリングサービス「HELLO CYCLING」 都市に対する2つのビジョン
(2021/7/30)

「キュィィィン」新世代の電動バイクをサクッと体験 レンタル819が「電動バイクレンタルサービス」開始 1時間1300円から
モデルによってはキュィィィンと静かに鬼加速するとのことですよ。(2021/7/26)

足こぎバイクで廃線跡を走るこのカイカン 気分爽快大満足「大館・小坂鉄道レールバイク」に乗ってきた
何と言っても元ホンモノ! レールの上を自力で走るこの喜び(電アシ付き)。(2021/7/24)

製造マネジメントニュース:
“中間”領域の小型モビリティを創る、ヤマハ発動機のCO2削減戦略
ヤマハ発動機は2021年7月19日、カーボンニュートラル実現に向けた同社のCO2削減の戦略と具体的な取り組みに関する説明会を開催した。同社は2050年までにスコープ1と2のCO2排出量を86%(2010年比)、スコープ3の排出量を90%削減する目標を掲げている。(2021/7/23)

高根英幸 「クルマのミライ」:
電動キックボードは日本の交通に馴染むのか
電動キックボードの実証実験が、全国の何カ所かの都市で始まっている。電動キックボード自体は、保安部品を装備して登録しヘルメットを被れば、原付きバイクと同じように最高速度時速30キロで車道の左側を走行することができるものだ。(2021/7/19)

“現代版セグウェイ”はこれからのモビリティになるか ネックは時速制限?
(2021/7/15)

安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
ママとしても奮闘中の安田さん。(2021/7/14)

電動アシスト折りたたみ「台車」登場 重い荷物もスイスイーっと運ぶよ
いろいろはかどりそう……!(2021/7/12)

19万8000円:
バイクと自転車を両立した「こがない自転車」発表 手軽な移動手段目指す
電動モビリティを開発、販売するEVスタートアップのAmpereは、「こがない自転車」をコンセプトにした電動原付「KOGUNA(コグナ)」を発表した。価格は19万8000円。(2021/7/10)

1970年代レトロバイクイメージの電動バイク「KOGUNA」発売、19万8000円から
あれれ、エンジンねーぞ? あ、電動バイクかー。(2021/7/8)

おぉぉ! ペダル付き電動自転車、法解釈変更で「車両区分チェンジ」可能に ペダル走行するときは原付→自転車へ
何がすごいの? これまでと何が違うの?(2021/7/6)

フット後藤、かなーりお高い高級自転車「BROMPTON」キメ顔で購入 カスタムパーツ盛りまくりで合計金額は……?
ついついオプション買い足しちゃう気持ち分かる。(2021/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。